旅行サイトに関する情報を掲載していきます。 各サイトを研究し各サイトの特徴などを紹介しています。

バクーの観光地


バクー

カスピ海のほとり、風と石油と城壁の街
かつて二重の城壁で囲まれていた要塞都市バクー。現在は内壁だけが残り、迷路のような旧市街を造っている。ここにはモスクやミナレットなどがあり、シルクロードの中継地、東西の文化交流の場の役割を果たしてきた。旧市街の必見ポイントはシルバン・シャフ汗の宮殿だ。丸屋根のモスク、議会場、霊廟など、イスラムの影響が濃く残っている。旧市街全体を見るなら乙女の望楼やキーロフ公園へ。特にキーロフ公園からは世界一大きい湖・カスピ海まで見渡せる。バクーとは「風の街」という意味。カスピ海からの風はシルクロードの時代からこの街に吹きつけている。

バクーのツアー



桃源郷のような大自然と6大世界遺産☆アゼルバイジャン・ジョージア・アルメニア☆コーカサス3国周遊・陸路で国境越え  ブランド:ファイブスタークラブ☆ ホテル:サフィアイン(バクー)、シェキパーク(シェキ)、ホテル・シャルデン(トビリシ)、ロイヤル・プラザ(エレバン) キャリア:カタール航空 指定 滞在都市:バクー、シェキ、トビリシ、エレバン 








【東京発着】コーカサス3ヵ国フリープラン・異国情緒漂うアゼルバイジャン・コーカサスの山を望むジョージア(グルジア)・世界最古のキリスト教国アルメニアの旅8日間・カード決済可・全食事付き  ブランド:クロノス・インターナショナル ホテル:アンバーホテル又は同等クラス(バクー)、ギャラリーパレスホテル又は同等クラス(トビリシ)、ベストウエスタンコングレスホテル又は同等クラス(エレバン) キャリア:エミレーツ航空、カタール航空 のいづれか 滞在都市:バクー、トビリシ、エレバン 



バクーの観光地

アゼルバイジャン  世界観光スポット事典