旅行サイトに関する情報を掲載していきます。 各サイトを研究し各サイトの特徴などを紹介しています。

一休.comレストラン(山下町・中華街)

このページはアフィリエイトプログラムを利用した 一休.comレストラン の紹介ページです。
アフィリエイトプログラムの詳しい説明は下記のサイトを参照してください。
    VALUE COMMERCE(バリューコマース) LinkShare(リンクシェア) TG-アフィリエイトプログラム 


一休.comレストラン は、ワンランク上のレストラン予約ができます。地域やジャンルからカンタン検索、ネット予約。一休だけの限定メニューやお店・メニューの写真・利用者の感想などレストラン情報満載。記念日ディナー、接待に是非ご利用ください。

神奈川県のエリア


みなとみらい  山下町・中華街  横浜駅前  箱根・小田原  湘南・その他  川崎・横浜郊外  新横浜 


山下町・中華街のレストラン一覧

重慶飯店 横浜中華街新館(3F個室)/ローズホテル横浜(じゅうけいはんてん よこはまちゅうかがいしんかん)
重慶飯店が作り出す中華四川料理は安全安心を一番に国産の有機食材を積極的に取り入れ、四川料理の特徴である多種の山椒や香辛料、薬草などを使用して中華料理本来の精神「医食同源」を基本に、健康的でヘルシーなお料理をお客様に味わって頂けるメニューをご用意致します。横浜中華街の喧騒をのがれ、悠久の時が流れる空間で“一菜一格百菜百味”をお楽しみ下さい。
レストランスペースで旬の食材を愉しむ、個室で中華四川料理のフルコースを堪能する。
横浜中華街のランドマーク“ローズホテル横浜”にゆったりとした空間が広がります。アラカルトメニューや季節のお薦め料理を愉しむなら1階のレストランスペースへ、ご家族やご友人とのお集まりやご接待なら四川料理のコース料理を堪能できる3階の個室レストランへ。シチュエーションに合わせてお食事スタイルをお選びいただけます。お待ち合わせはローズホテル横浜のオリエンタルな空間が広がるロビーで。お食事前のお時間もゆったりとお過ごしいただけます。
重慶飯店スターシェフ、陳一明が創り出す、麻・辣・酸・甜・苦・香・鹹の一皿を。
四川料理の調理人は「五品八品の使い方にたけている」と言われ、各種の香味野菜、香辛料の組み合わせにより、香りよく複雑な風味を作り出し、様々な料理を生み出しています。重慶飯店フードコンテスト2008で見事最優秀の栄冠を得た陳一明シェフのメニューは、伝統を守りながらも常にオリジナルの味を追求する挑戦の一皿でもあります。隔月に開催されるシェフドパーティーは顧客の皆様の交流の場所としても恒例のイベントとして定着しています。


RISTORANTE REGA(リストランテ レガ)
石川町駅徒歩1分の隠れ家リストランテ。御来店していただいた全てのお客様に満足してお帰りいただきたい、スタッフ一人一人のそんな思いと共に、素敵なひと時をお過ごしください。
イタリアを彷彿とさせるファザードとクラシカルな店内
重厚な黒い扉を開けると、イタリアのカンティーナをイメージした曲線を描く天井やサーモンピンクの壁、イタリア直輸入のカトラリーが特別な空間を演出し、大切な人との時間を華やかに彩ります。フォーマルな食事会や記念日のお祝いなど、様々なシーンでお使い下さい。
ローマでシェフを務めたオーナーシェフの技とセンスが光る、本格イタリアン
お客様に喜んでいただきたいというシェフの思いは、パンからプティフールまで全て自家製というこだわりに表れています。1日2度仕込む10種程の自家製生パスタは特に好評です。食材にはもちろんこだわり、契約農家から数日おきに届く有機野菜や、日本各地の漁港から届けられる新鮮な魚介、北海道産黒毛和牛などを使用した料理は、どれも絶品です。
心温まる接客
料理と共に気持ちのこもった接客は、オープン当初より今現在もお客様からご支持いただいております。心地よい空間で美味しい料理を、お好みのワインと共にごゆっくりお楽しみください。


Oriental Beach Motomachi(オリエンタルビーチモトマチ)
上質なリゾートホテルをコンセプトにした当店で上質なホスピタリティーを味わいください。私どもは“リゾートとは?”を日々模索しております。 リゾート特有のくつろぎ感を味わっていただくことが、私達のOriental Beach Motomachiにおける使命だと考えております。“お客様滞在時間5時間”を目標に、気がつくとあっという間に時間が過ぎるオリエンタルマジックを体感してください。
心地よい風を感じさせるオリエンタルリゾートレストラン
横浜元町ショッピングストリートにある「オリエンタルビーチ元町」。店内はビルの中にあるとは思えない上質なアジアンリゾートのような空間が広がっています。 らせん階段にシャンデリアが輝くエントランスを抜けると、響く水音と水面に揺らめく光に自然と心が解き放たれ、極上のリゾートタイムを満喫していただけます。 手彫りの装飾が美しいタイ製インテリアで彩られたダイニングのソファ席、自然の風を浴びながらアジアンリゾートで過ごせるテラス席など、贅沢な時間を過ごせるお席をご用意し、お客様をお待ちしております。
味わい深いオリエンタル創作料理
イタリアンをベースにナンプラーなどアジアの調味料でアレンジした、リゾート感あふれる創作料理をご提供いたします。 食欲をそそるスパイシーな薫りと素材のうまみが活きる深い味わいで、アジアの高級リゾートを訪れている気分に浸れること間違いありません。
シェフからのメッセージ
オリエンタルな空間にエスニックな料理…店名を聞き、そう想像されるお客様は多いと思います。もちろんそれは私達のコンセプトであり、守らなければならないものです。 しかし、その定義にとらわれすぎることなく、また、ジャンルにさえ縛られすぎずに常に新しいものに向かってゆく…それが私達の料理、ラックバッグ・キュイジーヌだと考えております。 王道や定番のお料理からまったく新しいものまで、この最高のリゾート空間の中で味わっていただけたら幸いです。


ル・ノルマンディ/ホテルニューグランド
横浜、山下公園前ホテルニューグランドタワー5階。ハーバーフロントに位置するパノラミックレストラン「ル・ノルマンディ」は、大西洋の華と呼ばれた豪華客船ノルマンディ号のダイニングルームをコンセプトにレイアウトされた、ホテルニューグランドの象徴とも言うべきメインダイニング。ヨーロッパを代表するフランス人デザイナー、P・イヴ・ローションによる、劇空間を演出した1930年代インテリアは、窓の向こうに広がる眺望とともに、味わっていただきたいオリジナルメニューのひとつ。
伝統ある本格フランス料理を、新しいアレンジでお楽しみいただけます
ホテルニューグランドのフランス料理は、初代料理長サリー・ワイルの招聘に始まります。S(エス)・ワイルの通称で親しまれた彼は、優れた料理の腕前だけでなく、フランス料理そのものへの柔軟な考え方で、日本のフランス料理界を大きく変えていきました。その第一が日本初となるア・ラ・カルトの導入です。従来ホテルではコース料理しか提供されなかったのですが、S・ワイルは一品料理の充実を図り、めいめいが好きなものを注文できるようにしました。
横浜港を一望できる豪華な空間
そして彼は積極的に厨房からグリルに出て、お客様に「料理のお味はいかがですか」とご挨拶に回りました。フランス料理の楽しみ方を日本に伝える。そんなS・ワイルの思いをいまも引き継いでいるのが「ル・ノルマンディ」なのです。


バー・シーガーディアン ツー/ホテルニューグランド(バー シーガーディアンツー)
重厚な雰囲気のなか、濃密な大人の時間が流れていく英国調の正統派バー。寡黙でいて味わい深いおもてなしは、ホテルニューグランドの血統。グラスの音と会話が静かに重なる社交場は、心を酔わせて止みません。サボイのカクテルブックにも紹介されている、世界的なカクテル「ヨコハマ」。横浜へ来たら当バーで本場の「ヨコハマ」をと、注文される方も多い。そのほか、人気の「バンブー」等、ニューグランドならではのカクテルを味わえる。
歴史の重みと味わい深さが感じられる重厚な雰囲気の正統派バー
43席ほどの店内は入ってすぐにカウンター、その奥にはライトアップされた中庭を見渡せるテーブル席が広がります。英国調のクラシックなチェアやソファがランプスタンドの灯にぼんやりと浮かび上がり重厚な雰囲気が感じられます。お客様同士の目線が合わないように気配りのきいた店内には静かなジャズが流れ、グラスの音と会話が静かに重なり、人々の心を酔わせ、濃密な時間が流れていきます。
サボイのカクテルブックにも紹介された世界的に有名なカクテル「ヨコハマ」を本場で…
当ホテル人気ナンバーワンのカクテルは、サボイのカクテルブックにも紹介された世界的な「ヨコハマ」。横浜の美しい夕陽をイメージして作られた、ほんのり朱色のこのカクテルは、非常にフルーティーで飲みやすい味わいです。また、横浜で生まれ、世界に広がっていった「バンブー」というカクテルも、外せない逸品です。この「バンブー」はホテルニューグランドの前身、横浜グランドホテルのルイス・エッピンガー支配人が考案したとされています。当時横浜を訪れた来航者によって世界のカクテルブックでも紹介れています。
大仏次郎、石原裕次郎、松田優作が愛したバー
シーガーディアンIIは、サザンオールスターズの「Love affair〜秘密のデート」の曲中に「シーガーディアンで酔わされて〜」と歌われ、かつては大仏次郎や、石原裕次郎、松田優作などの著名人に愛されていました。チーフバーテンダーの太田は、俳優とのコラボレーションカクテルを創作したり、テーマに沿ったオリジナルカクテルを考案したりと、常に新しいものを生み出す、シーガーディアンIIを背負う一流バーテンダーです。


ストラスブール(ストラスブール)
「本格フレンチをカジュアル空間にて」
その名はフランス、アルザス地方の美しいグルメの街“ストラスブール”から。昼間は明るい日差しが降り注ぎ、ディナータイムは間接照明がやさしく店内を照らし出します。壁には女性の方が最も美しく映えるという色、ライトグリーンをカラーコーディネイトしました。
シンプルな店内はシーンを問わずご利用頂けます
「店内は本当にシンプルなんです。なぜならストラスブールには素敵なお客様がたくさんいらっしゃるから…。だから余計なオブジェは何もいらないのです。」お友達と、ご家族と、カジュアルに、時にフォーマルに、フレンチを味わいたい時、是非「ストラスブール」でお過ごし下さい。
ストラスブールのお料理は本格的なフランス料理
オーナーシェフ・小山英勝 浅草生まれ。日本各地の料理店で修業後、渡欧。スイスの小さな無名店から世界トップレベルのフランス三ツ星レストランまで、およそ5年間滞在する。帰国後、銀座レカン、エクセレント・コースト、クイーン・アリスなどの料理長を経て独立。2003年横浜関内に本店「ストラスブール」。2006年姉妹店「ストラスジュール」を開業し現在に至る。
美味しい料理への第一歩はまず素晴らしき食材達との出会いです
お皿にはシェフ自らが買い付けた新鮮な鎌倉野菜がたくさん添えられています。技法はフレンチにこだわりつつも独自の料理スタイルと現代のニーズも柔軟に取り入れたお料理が多くの方々より支持を受けています。また、料理だけではなく、ワインにもこだわっております。手造りによる自慢のワインセラーには、本格的フランス料理店に相応しいワインを常備200種類、約800本のワインを取り揃え静かにその時を待っています。お客様のお好みやシチュエーションに合わせてご用意致します。


隨縁亭 ホテルモントレ横浜店(ずいえんてい)
窓からは緑豊かな山下公園通りの向こうに横浜港の景色が広がります。明るい白木のインテリア、フローリングと銀杏並木とが一体となった開放感あふれる空間で、京懐石をベースとしたオリジナル料理をお楽しみください。落ち着いた雰囲気の個室もございます。
四季折々の豊かな食材に心を込めて…
横浜散策の折にちょっとぜいたくにランチを気の合う仲間とお楽しみになりませんか。京料理の伝統を会席料理にて気軽にお楽しみください。
開放感あふれる空間でひとときを
眼下には山下公園の緑とその向こうに横浜港が。四季折々の景色がご宴席に花を添えてまいります。窓のある個室(14名までの座敷。各種ご宴席にご利用ください)


リストランテ グランドゥーカ(Ristorante Granduca)
シチリア島に本店のある「リストランテ グランドゥーカ 」。気軽に本場のイタリア料理を楽しめる家庭的なリストランテです。シェフはイタリア中部トスカーナから南はシチリア島まで5年以上現地にて経験を積み郷土料理を中心に新鮮な食材とスローフードにこだわり、素材とのバランスを繊細に考え提供しております。それぞれの料理に合うワインも多種ご用意。パーティーなどにも最適です。旬な素材を使った本場南イタリア料理の醍醐味を、ゆったりとした空間でご堪能ください。
閑静な住宅街に佇む落ち着いた雰囲気のお店
JR石川町駅から徒歩1分、グランドゥーカの赤と緑の旗が目印です。天井は南イタリアの太陽を、青いテーブルクロスと壁は深緑は地中海をイメージ。広めなテーブルでゆったりと寛げる空間です。
シェフこだわりの食材
鎌倉や市内産のお野菜、三崎港や築地からの新鮮な魚介類、神奈川産ブランドポーク やまゆり豚など、地元のこだわりの食材を仕入れています。また日本を代表する和牛の短角牛なども取り入れます。これらを用いた南イタリア料理を是非ご堪能ください。ワインもイタリア全土から厳選して仕入れておりますので、合わせてお楽しみください。
オーナーシェフ 斎藤 竜治
イタリア料理の世界に若くして覚悟を決め、東京、横浜などの各イタリア料理店で10年修業を重ね渡伊。本場イタリアでの活躍は、シチリアの星付きリストランテでシェフを務め、当時は新聞や雑誌にも掲載される働きをしてきた。イタリアでは、トスカーナからシチリア島まで、5年以上イタリア修業を積む。シチリアの郷土料理を中心に新鮮な食材とスローフードの文化にこだわり持ち、素材とバランスを繊細に調理する事をモットーとしている。シェフはワインも大好き、南イタリアを中心に多種ご用意しています。


聘珍樓 横浜本店(へいちんろう よこはまほんてん)
創業130年。日本に現存する最古の中国料理店として多くのお客様にご愛顧いただいております。50人を越える厨師たちが腕をふるう本格料理の数々。2〜3人の飲茶から、450人のパーティまで存分にご利用いただけます。
SINCE1884 日本で広東料理を紹介したのは、私たち聘珍樓です。
1884(明治17年)創業以来、日本に現存する最古の中国料理店として多くのお客様にご愛顧いただいております。街の様子も人々の暮らしもずいぶん変貌しましたが、聘珍樓のおもてなしの心と職人気質は変わりません。「良き人、素晴らしき人の集まり来る館」という聘珍樓の名にこめられた想いのように、お客さまにひたすらつくし、新鮮な素材を前に一流の厨師たちが日夜、腕を磨いていく。心と技が生みだす本格広東料理は、私たちの誇りです。
本場の味にこだわれば、磨き抜かれた技と厳選素材にたどりつきます。
広東料理は「食材廣州」とたとえられるように、山海の幸の幅広い食材をふんだんに使って多種多彩に仕上げます。その特徴は、素材の持ち味を最大限に生かして調理すること。火を通しても、鮮度を殺さずに天然の旨味を引き出し、あっさりと、しかも味わい深く仕上げます。聘珍樓の味は、新鮮でかつ上質な食材の追求、有機無農薬野菜の多用。そして、すべて素材の持ち味を十二分に引き出すために、調理には、化学調味料や添加物を使用しておりません。


横濱元町 霧笛楼(よこはまもとまち むてきろう)
選りすぐりの新鮮で安全な食材、ご来店頂くお客様の健康に気遣い野菜をふんだんに使用したメニュー創り、バターや生クリームを極力控え新鮮なオリーブ油をベースに創られる。素材の持ち味と自然の美しさを生かす野菜のソース、現代にマッチしたより軽やかな味のハーモニー、そのすべてが口の中で渾然一体となり始めて完成される一皿。仏蘭西料理の伝統を大切に温め、新しい文明を柔軟に受け入れてきた横濱を知り、その土地の風土・人・街の影響を存分に感じとり創り上げる「横濱フレンチ」
横濱のノスタルジックな歴史・文化・伝統を大切に、東洋と西洋で創り上げる横濱フレンチ
明治の開港時代、元町より中華街に通じる前田橋から眺めた百段坂あたり、此処は大佛次郎の小説「霧笛」の舞台となりました。元町通りから1本入った仲通りに静かに佇むレストラン、東洋と西洋の風が吹きぬけた港町横濱。その風土を存分に享受し創り上げる霧笛楼の味わい。そのすべてが、レストランパティスリーに生かされ、親しまれております。そんな横濱のノスタルジックな、歴史・文化・伝統になぞられたテーマ性を守り続けどこか懐かしい古き良き横濱の薫りを、皆様にも、是非味わって頂きたいのです
新鮮で安全な食材とお客様の健康に気遣い野菜をふんだんに使用したメニュー創り
新しい文明を柔軟に受け入れてきた横濱の良さを認識し、街・風土の影響を存分に感じ取る事を常に念頭におき、日本そして横濱ならではの時代にマッチした「理想の料理」を目指し、日々邁進している。1957年横浜生まれ、1990年霧笛楼、総料理長、’97横浜シェフクラブ「リグレック」会長、’02フランス ポールボギューズ氏推薦のピエールオルシー氏を招き、横浜・フランス リヨン姉妹都市、食のイベントを行い、地域の文化活動・活性化に力を入れている。
新鮮で安全な食材とお客様の健康に気遣い、素材の持ち味と自然の美しさを生かすお料理
ご来店頂くお客様の健康に気遣い、素材の持ち味と自然の美しさを生かす野菜をふんだんに使用したお料理、バターや生クリームは控え、新鮮なオリーブ油をベースにお創りいたします。仏蘭西料理の伝統を大切に温め、新しい文明を柔軟に受け入れてきた横濱の良さを知り、その土地の風土・人・街を存分に感じ、和と洋のニュアンスが溶け合う「横濱フレンチ」をお楽しみください。


上海料理 状元樓(しゃんはいりょうり じょうげんろう)
創業1955年、上海料理の老舗「上海料理 状元樓」。1920年代の「老上海」をイメージした、異国情緒あふれる優雅な雰囲気の店内。ビジネスやプライベート、様々なシーンでご利用いただけます。伝統的上海料理を初め、旬の素材を生かしたおすすめメニューから当店自慢のフカヒレの姿煮、毎日8時間掛けて作るコクのある白湯スープを堪能いただけます。また上海から調達した調度品に囲まれながら、旧き良き時代の上海の雰囲気を料理と一緒に堪能出来ます。
1920年代の、神秘的な中国とヨーロッパモダンを併せ持つ「老上海」
1920年代のフランス租界時代の上海邸宅をモチーフにしたノスタルジックな雰囲気の店内です。内装材から照明器具、調度品に至るまで上海で調達し、租界時代のモダンな雰囲気を再現しています。フロアーごとに雰囲気が異なり、利用目的ごとに使い分ける事が出来ます。2階にはカップルシート、3階には100名まで収容出来る宴会場、5階には個室をご用意しております。様々なコンセプトを持ち合わせています。ゆったりとした時間が流れる空間で最上級の贅沢をお愉しみいただけます。
伝統的上海料理からオリジナルメニューまで素材を活かした料理を取り揃えております
上海料理は煮込み料理が得意で、フカヒレの煮込みやスープが有名です。厳選された食材を調達し、当店自慢の白湯スープで煮込み、シェフが一流の味に仕上ます。鶏ガラと豚骨を毎朝8時間掛けて煮込んで作る濃厚な白湯スープと、鶏ガラだけのさっぱりとした清湯スープをほどよくブレンドしたオリジナルスープ。食材にしっかりと味が染み込み、こってりとした濃厚な深い味わいを作りだしています。伝統的な上海料理をはじめ、医食同源に根ざしたメニューをご用意しています。


KATIA Staub & Wine(カティア ストーブ & ワイン)
港町、横浜・関内にフレンチをベースにしたビストロ&ワインバーがオープン。フランス、アルザス地方の伝統的ホーロー鍋を使用する『STAUB』料理をはじめ、素材や季節にこだわったビストロメニューをの数々をご堪能ください。ワイン好きの方はご注目!!!上質ワインを驚く価格でお楽しみいただけるのも当店の魅力です。
一流シェフによる大人気のSTAUBココットを使用した旨み溢れるビストロメニュー
素材の旨みを閉じ込めるフランス*アルザス地方のSTAUB料理。“シェフ松本和幸“が腕を奮うビストロメニューに、ソムリエが厳選したバリュー感溢れる上質ワインをあわせてどうぞ。三國氏のもとで修行した一流シェフの味がリーズナブルにお楽しみ頂けます。
【STAUBメニュー 例】 イベリコ豚ソーセージと羊挽肉のカスレ 1300円 、フランス産ひな鳥のロースト 1600円、天然赤海老・ムール貝・帆立・鮮魚のブイヤベース1800円など。カジュアルフレンチを中心に約40種の料理。
ソムリエ厳選のワインをバリュープライスでご提供しております
上質ワインを良価格で飲めるのが当店の魅力!驚愕のプライスにワインラヴァーの皆様にも満足していただけること間違いなしです。ボトルワインの価格帯は2500円〜15000円と幅広く取り揃えております。大さん橋や横浜スタジアムからも徒歩圏で、日本大通り駅、関内駅、馬車道駅から近くてアクセスも便利です。
アンティーク調の洗練された大人のワインビストロ
人気デザイナーが内装を手がけた洗練された空間。店内はアンティーク家具を配した大人の雰囲気。扉を開放するとテラスを越えて心地よい潮の香りを感じられることも。大切な方と素敵な時間をお過ごしください。


葉がくれ寿し(ハガクレズシ)
銀座・浅草・神田で21年間修業し、平成12年にここ横浜 関内に葉がくれ寿しをオープンさせました。魚好きの御客様のご期待に応えながら13年、夫婦二人で店を切り盛りしています。食材すべてにこだわったお寿司を是非ご賞味ください。
寿司ネタ、わさび、海苔、お茶にまでこだわる
当店の自慢は、毎朝横浜中央市場で仕入れる天然にこだわったネタの数々です。常時20種類以上の刺身、寿司ネタ、10種類近い焼き物、煮物を用意いたしております。刺身、寿司ネタは、旬の最も脂の乗った鮮度抜群の物を、その時の一番の水揚げから、四季折々の焼き物や極上の干物も各種取り揃えております。その他、佐渡のコシヒカリ、御殿場産の本わさび、有明産の海苔、静岡茶など全てにおいてこだわりを持っております。
〜葉がくれの由来〜
始まりは店主が修行した店の暖簾分けでした。今はその店はありませんが、佐賀出身の当時の親方が、鍋島藩士 山本常朝の武士道を記した書「葉隠」の名から用いたのがその由来です。葉隠れには「朝毎に懈怠(けたい)なく死して置くべし」と記され、常に正しい判断をせよと書かれています。当店でも、その精神を継承し、お客様のために常に正しい判断をし、「美味しかった。また来るよ」と言って頂けるように日々精進致しております。


Alte Liebe(アルテリーベ)
アルテリーベでは、31年間のドイツ料理店として培った礎とオーストリアハンガリー帝国時代のウィーン宮廷料理をコンセプトに、伝統と歴史を加味した新しい料理をご提供いたします。オーストリアハンガリー帝国時代の料理の文献を研究し、また、ウィーンのシェフやドイツ系フランス人のシェフとのコラボレーションにより得た経験、積み重ねてきた歴史から生まれてくるいろいろな新しいアイディアがメニューに生きています。アルテリーベのお料理を音楽とともにゆっくりお楽しみ下さい。
バイオリンの調べに酔いしれて…
ヨーロッパより招聘したトリオによる生演奏。彼らの奏でるクラシックやジャズが天井の高い優雅な空間に心地良く響きわたる。室内は、豪華客船のメインダイニングさながらの雰囲気に包まれ、生み出された旋律が、ゲストの心を魅了する。まるで20世紀初頭のヨーロッパにタイムスリップしたような感覚を覚える。アルテリーベには、日常にはない「時間(とき)」がある。
ウィーンの芸術様式で統一された室内
歴史的街並みの色濃く残る日本大通りに佇むアルテリーベ。室内は、シャンデリアから床や家具など細部に至るまでウィーンの芸術様式を統一。足を一歩踏み入れると、ここが日本であることをしばし忘れさせてくれる。温かい心で心地良く提供される料理は、アルテリーベ40年の歴史と伝統に新たな技法への探究心が生み出したヨーロピアンキュイジーヌ。ミュージックレストランとして名を残す横浜の名店で、至福の時を…。


創作 フレンチ ショウズ鉄板ダイニング(ソウサクフレンチショウズテッパンダイニング)
関内にある、鉄板焼きを楽しめるダイニングバー、創作 フレンチ ショウズ鉄板ダイニング。JR関内駅北口より徒歩1分。 横浜市営地下鉄関内駅よりすぐの地下に入ったおしゃれなお店。お手頃な価格で、肉・ステーキといった定番の鉄板焼きから、 遊び心いっぱいのオリジナル鉄板焼きまで幅広いメニューを取りそろえ皆様をお迎えいたします。
温かな光空間
オーナーのこだわりを表す半個室は接待や仲間との集まりに最適な空間です。少人数でのご会食から、誕生日会などの皆様で楽しめる貸切パーティーまで、多様な場面でご予約を承っております。二人の幸せの門出や、大切な記念日にも、創作 フレンチ ショウズ鉄板ダイニングに足を運んでみてはいかがでしょうか。
最高級熊本県産特選黒毛和牛サーロインプレミアム和王
社)日本食肉格付協会「枝肉肉質ランク」の最上級格付5等級と上位格付4等級を獲得した枝肉を持つ、生後28ヶ月以上のJA熊本経済連の黒毛和牛であること。さらに、12段階に分けられている霜降りの度合い(BMS値)が6段階以上のものだけが、『和王』という名を受けることできます。この「和王」を扱うのは、関東、東京・横浜では当店のみが扱っております。是非一度ご賞味ください。


LADY & DUKE(レディーアンドデューク)
元町中華街駅エリアに佇む、一軒家レストラン「LADY & DUKE」。横浜にありながら、開放感たっぷりのオープンテラスと内装と華やかなグリル料理はまるでゲストハウスに招かれたよう。滞在時間も無制限に、、、、格別な時間を味わって
清潔感と開放感、横浜で感じるリゾート、、、
清潔感あふれる白を基調とした、モダンアジアン家具が並ぶ開放感溢れる空間です。開放感溢れる吹き抜けのメインダイニング・若手アーティストの作品が並ぶソファー席・重厚感のある個室などその日その時の気分でセレクトできる多彩な空間を備えています。屋根付きのテラス席もあり、爽やかな風を感じてお食事を楽しめます。
渾身を込めたグリル料理たちを
シェフが選ぶお肉やお魚、近郊で採れる旬野菜を使って作られるダイナミックな料理はLADY & DUKEならでは。更にはテーブルを彩る前菜にパスタ、更にはシェフの心の込もった料理を感じて欲しい。


デュ・ヴァン・ハッシシ(Du Vin HACHISCH)
西麻布で17年培った本格フレンチはそのままに、開放感のあるアーバン・リゾート・レストランとして、横浜中華街で新たに歩み始めました。日常からほど近い場所にありながら、遠くのリゾートで英気を養ったような時間をすごして欲しいという願いをこめ、フレンチというかしこまったイメージではなく、気兼ねなく最高のワインやお料理を楽しめる食空間です。ひと時のリゾートディナーを、お腹のベルトも心のベルトも、緩めておいで下さい。
スタイリィッシュなアーバン・リゾート・レストラン
日本にありながら各国文化が共存する横浜。そこには東アジア最大といわれるチャイナタウン。横浜中華街があり、毎日休むことのない活気に溢れています。心が躍らされる雑踏をくぐり抜け、路地をひとつ曲がると、ガラス越しに木の柔らかい雰囲気のエントランス。木の扉を開けば、ランプからこぼれる穏やかな光が迎えてくれます。溢れんばかりの緑が高い天井にきれいな影を映し出すダイニングが広がり、リゾートテラスをイメージしたカウンター席を見た瞬間、一瞬で少し前までの喧騒を忘れ、リゾートへトリップします。
日本の食材を独創的なフレンチに 『心に響く衝撃的なお料理を通して感動を貴方に』
フレンチの基本を守り、その上に新鋭の調理法と遊び心を取り入れ作り上げる、無限の独創世界をお楽しみ頂けます。身近な食材も味わった事のないお料理になって登場します。例として…夏の冷製鮎パスタ、ウナギのスモークフリカッセ、白子のエスプーマー仕立てとアンキモ、真鴨のサルミソース、など…西麻布での17年では、定番のシェフの味に安らぎを感じて頂きながらも、季節ごとの斬新的な盛り付けや味付けにて数々の感動を提供し、多くの著名人にも愛されておりました。横浜でも、お料理を通じて皆様に感動を提供させていただきます。
居心地の良い、大人の空間
オールドヴィンテージからグランヴァンなどの高級フランスワインを多数揃え、好評いただいております。さらに、カジュアルな雰囲気の中、気軽にワインを楽しんで頂くため、長きにわたり信頼しているフランスの伝統的な作り手のワインをセレクトし、お手ごろなDailyワインもバリエーション豊富に御用意しております。シェフの料理をよく知るソムリエが、お料理やそれぞれのお好みにあわせ、自慢のワインを提供しています。ワインをよく知る方も、そうでない方も、安心して良質なワインをお楽しみいただけます。


ビストロ・エルミタージュ(ビストロ・エルミタージュ)
横浜関内・イセザキモールにあるビストロ「エルミタージュ」は、おひとりさまでも、カップル、グループでも居心地が良い店。フレンチのテクニックをベースとした創作料理を中心に提供しております。有機野菜や鮮魚など独自のルートから仕入れた厳選食材による料理は横浜のオシャレな雰囲気とマッチします。
知る人ぞ知る大人の隠れ家
イセザキモールの端に位置する当店。伊勢佐木商店街からちょっと路地に入ったところ、更にビルの地下。そのため、その存在は通りがかりで見つけることは難しい隠れ家的なお店となっています。


料理に対する姿勢が最高の味付けに
元町・霧笛楼で修行されたオーナーシェフは、仕入れる素材の目利き、アラカルトで出される創作のメニュー、味はどれをとっても一級品。カウンターの前はガラス張りになっており、その先が厨房になっています、カウンター越しにシェフの働きぶりを見ることが出来、シェフの手際の良さがよく見えます。そして、料理一品一品をしっかり味見をしている姿を見て、料理への真摯な姿勢をお客様一人ひとりが肌で感じることができ、接客のホスピタリティや、さりげない気遣いが食事をさらにおいしくさせてくれます。
新鮮な食材を生かした料理で多くのファンを魅了するビストロ
鮮度にこだわった料理で多くのファンを持つビストロ「エルミタージュ」。様々な料理に紫大根、赤カブ、黄金蕪、金時人参などの京野菜をつけ添えられ、しかも何気なく乗っているその野菜たちもすべて有機野菜。カルパッチョはからすみのパウダー状のものがちりばめられ、梅肉のソース、ビネガーオイルが添えられ、カワハギの肝が添えられ、カワハギ、メジナ、イシガキダイの三種の白身魚も驚くほどの鮮度で食べることができます。新鮮な食材を用いた料理をご堪能ください。


タワーレストラン ヨコハマ(THE TOWER RESTAURANT YOKOHAMA)
生まれ変わった横浜マリンタワーの4階。山下公園の緑と横浜港を一望できる開放的なコンチネンタルレストラン。様式やジャンルにとらわれず、日本人に馴染みのあるイタリアンやフレンチを洋食として捉えた、トラディショナル・コンチネンタル・キュイジーヌ。様々な料理に合わせたワインを豊富に取り揃えております。大切な記念日や誕生日、特別な日のディナーに是非どうぞ。
港の風景を臨む開放的なテラスのあるコンチネンタル・レストラン
温もりを感じるウッドを多用したクラシカルな空間は、開放的なテラスへと続き、港の景色を臨む心地よい佇まい。お天気の良い日は眩い太陽の光を浴びながら特別な時間をお過ごし頂けます。
また、プライベートな会食や接待に最適な個室も完備。8名〜12名様までご利用できます。
横浜のシンボルとして輝き続けるマリンタワーで最高のひと時をお過ごしください。
都内一流ホテルで研鑽を積んだシェフのローストビーフは絶品格別です
厳選された地場野菜をはじめ、県内の三崎港や相模湾で水揚げされた素材を使用した料理は横浜ならではの洋食がベースとなっております。特製のローストビーフは、香味野菜の香りを含んだ焼き油を何度も回しかけ、肉の旨みを逃さないよう丁寧に焼き上げます。その他にも地産の食材を活かした洋食をご提供いたします。


Le Salon de Legumes(ル サロン ド レギューム)
ル サロン ド レギュームとは家庭にもある「台所」、太陽の恵み「野菜」の意味を持ち、「驚きを生み出す」「恵みを感じる」「共に育む」、そして「大切な食卓をもてなす」という意味も含まれています。「Salon」とは原意で宮廷や貴族の邸宅を舞台にした社交界をサロンと呼ばれていました。自宅に招き食卓を囲むような時間と生産者が手塩にかけた野菜の晴れ舞台、そこに人々が集い、笑い・刺激・感動をエッセンスとし「食卓」の存在感を時代に合わせた一皿に思いをのせ創造していく、そういうレストランであり続けます。
フランスから届いたアンティークドアを開けると広がるマルシェの先のレストラン
馬車道駅から1分、みなとみらい・赤レンガからも歩いて10分以内と、雰囲気たっぷりの場所に立地しておりますので、デートや横浜散策の際にお気軽にお使い頂けます。店内はぬくもりのあるフランスアンティークの数々とハンドメイドの家具がそろった空間、オープンキッチンから感じる呼吸感を優しい味わいのお料理と一緒にお楽しみ頂けます。まずは肩の力を抜きマルシェのように揃った数々の地野菜を前に身体の中から元気になって頂きたいと思っております。
四季折々の旬を感じる新鮮な地野菜で織り成すライトフレンチの数々
オーナー自ら畑に行き、見て聞いて信頼した生産者から毎朝届く新鮮な活きた地野菜を丁寧に仕立てます。県下でも旬に合わせて沢山の種類の野菜を生産に取り組んでいる方々が多数いらっしゃいます。そのような方々から頂くその時期しか楽しめない本来あるべき形の旬にこだわり、貴重な地野菜を取り入れたお料理でおもてなし致します。クラッシクのフレンチを熟知したシェフが旬の野菜本来の持ち味を引き出す素材重視の優しい味わい「ライトフレンチ」をご堪能下さい。
一皿一皿に込める生産者の努力への敬意と野菜の生命力への感謝
県下であればすぐに生産者に会いに行き、話を聞き、成長する過程を知ります。一緒に土を触り、匂いをかぎ、雑草の種類を勉強し、畑の周囲の環境を教わり、歴史を感じ、一緒に収穫を手伝います。食卓とは元来、生産者が居なくては成り立ちません。生産者の方々の思いをどのように食卓に届けるのか、健全な食卓とは何か。それを少しお手伝いさせて頂く、この思いがレストランをオープンしたきっかけでもあります。沢山の生産者に支えられ日々を迎えられることを感謝し、お客様に大切な食卓の時間をおもてなし致します。


マリーンルージュ・マリーンシャトル
いつもと違う横浜を味わいたいなら、「マリーンルージュ」で。大きな窓からはベイブリッジ、赤レンガ倉庫、みなとみらいなど、移り行く横浜港の景色がご覧頂けます。船上では厳選した旬の食材を使ったシェフ特製のコース料理をお楽しみ下さい。大切な方との記念日に、ワインが似合うロマンチックで贅沢なひとときを、マリーンルージュがお届けします。
大人の雰囲気漂う、日常を忘れるレストランシップ
桟橋から見える真っ白な船体に一層目立つのは、「横浜港に沈む夕日に映る波頭」をイメージして作られたマリーンルージュのかわいいピンクのロゴ。乗船前からワクワク感が高まります。メインダイニングは大人の雰囲気漂う、ゆったりした空間。恋人と語らいながら、移り行く横浜港の景色と行き交う船を眺めているだけで時間が経つのも忘れそう。3階には横浜港の爽やかな潮風を受けながら、360度のパノラマビューが体感できるスカイデッキで船上ならではのひとときをお過ごし下さい。
夜景に負けない、船上という非日常の空間で楽しむディナー
総料理長の鈴木 裕司は都内ホテルやフレンチレストランでの修行を積み、2009年にマリーンルージュの総料理長に就任。2ヶ月ごとに旬の食材を取り入れたオリジナルメニューは見た目で楽しんでいただくことはもちろん、「最後まで美味しく召し上がって頂きたい」思いで取り組んでいます。
港町・ヨコハマの“特等席”
船上でのひととき。そこには日常では味わえない楽しみがあります。マリーンルージュでは美味しいお食事、フレンドリーなスタッフがお客様が快適にお過ごし頂けるよう、心を込めてお手伝いをさせて頂きます。優しい日差しを受けながらのランチクルーズ、ランドマークタワーの向こうに沈む夕日を眺めながらのサンセットクルーズ、横浜港の夜景に包まれるディナークルーズ。大切な方との記念日に、横浜の絶景夜景が楽しめる“特等席”にようこそ。


ZET the west&grill(ゼットザウエストアンドグリル)
山下公園の目の前に2012年11月にオープンしたばかりの、チャコールグリルレストラン。店名の“the west”は、フレンチ、イタリアンなどを中心とした“ヨーロッパを食す”という意味に由来です。今までにない高級感とオアシス感をコンセプトにした空間での至福のひと時を是非ご体感ください。随所に天然の大理石や木などを使用した店内のは。横浜のライトアップに見とれながら、近港で揚がった魚介類や契約農家から仕入れる無農薬野菜などを是非ご賞味ください。
ラグジュアリー・オアシスをコンセプトとした至福かつ非日常な空間
ラグジュアリーな雰囲気でありながらも、随所に自然を感じられるオアシスな空間です。オアシスの自然な雰囲気は、木材や石材などの自然素材を使用した温かみのある空間で表現しております。チャコールグリルのライブ感が味わえるメインダイニングには、横浜港のシンボルである氷川丸を望むロマンティックな窓際テーブル席もございます。さらに、大人の時間を過ごせるラウンドソファ席やプライベートが約束された個室もご用意しております。
安心かつ安全な多彩な料理の数々は、味だけでなく目でも楽しめます
数々の有名レストランを手掛けるフレンチの奇才・植木将仁氏が監修しフレンチ、イタリアンなどを中心に特注のチャコールグリルを使用し近港から採れる新鮮な魚介を使用しております。食材は安心・安全であることを配慮し、契約農家から届く無農薬野菜を中心に調理しております。地元で生産、消費する地産地消を推進するメニューを提案しております。
高級感溢れる空間とエンターテインメントの心でおもてなしいたします
当店は常にホスピタリティの心と愛を持ってお客様に向き合いおもてなしすることを心がけております。お料理は味だけでなく、目で見ても楽しめるエンターテインメント性の高い演出を施しております。空間のテーマはラグジュアリーオアシス。高級感とオアシス感を絶妙なバランスで融合いたしました。メインダイニング、サブダイニング、バーカウンター、ラウンジ、プライベートルームと5つに別れ、そのどれもが日常を忘れさせてくれる空間です。



ドゥ エピセ(deux epicer)
epicerとは、フランス語でスパイスを効かせるという意味。四川の中華料理に西洋のエッセンスを加えたヌーベルシノワをお愉しみ頂けるダイニングです。季節感あふれる食材を活かしながらスパイスの香り豊かに、そしてフレンチのように美しくアレンジいたしました。シノワズリーテイストを随所に散りばめたスタイリッシュな落ち着いた空間で、ボルドー・ボンタン・ド・コマンドリーの称号を贈られたソムリエが厳選するワインとヌーベルシノワの新鮮な驚きに満ちた一皿との幸福なマリアージュをお楽しみください。
横浜 元町に相応しい 大人のためのスタイリッシュなチャイニーズダイニング
中華街、山下公園に程近い華やいだ大人の町、横浜元町。そのメインストリートにひっそり佇むダイニング。地下への秘密めいた階段へ忍び込めばシノワズリーテイストを随所に散りばめた黒を基調にしたスタイリッシュな落ち着いた空間にゆったりしたテーブル配置。中華街の喧騒とは対極のロマンティックなチャイニーズダイニングの雰囲気です。横浜元町に相応しい、洗練された優雅なひと時をお楽しみください。
ミフランス料理のように華麗な新感覚中華料理
フランス料理のように綺麗に盛りつけられた料理は中華料理の基本を生かしながらもシェフの感性を最大限生かした、新感覚の中華料理です。四川料理のベースを生かしつつ、匠にアレンジされた料理の数々をソムリエ厳選のワインとともに是非お楽しみください。リーズナブルなワインからグランヴァンまで約40種類ご用意しております。グラスでお楽しみいただけるワインも常時8〜10種類ご用意。お料理ごとにワインもお楽しみ頂けます。
スタイリッシュな店内には、落ち着いた雰囲気の個室も
4名様までの落ち着いた雰囲気の個室もご用意しております。ご会食やご接待、人生の節目や大事な会に是非「deux epicer」をご利用くださいませ。


イル・ジャルディーノ/ホテルニューグランド
アンティパストから、パスタ、デザートまで。正統イタリア料理をカジュアルな感覚でお楽しみいただけます。大きなガラス越しに、パティオの緑が広がる開放的な空間づくりはR.バリーによるもの。この陽気なレストランでは、仕草も、音も、香りも、味わいを引き立てる、心にくいスパイスです。
大きな窓からパティオの緑が広がる、開放的な空間
ここ『イル・ジャルディーノ』はアメリカで活躍するR.バリー氏が空間を演出しています。ライトブラウンとホワイトを基調とした店内は、可愛らしいタイルにクラシカルな照明。ゴージャスなシャンデリアを備え、落ち着いた雰囲気を醸し出しています。また、夜になると、大きな窓から望むパティオがライトアップされ、時間を忘れるほど美しい空間となります。
陽の光がそそぐ開放的な店内で、太陽の恵みいっぱいの一皿を・・・
イル・ジャルディーノ料理長、冨澤 寛は2代目料理長伊藤洋光に師事し、2013年3代目料理長に就任。ホテルニューグランド伝統の「味」と「スタイル」を継承しイル・ジャルディーノのコンセプトである「正統派イタリアンをカジュアルに」を守りつつ、素材を吟味し、その持ち味を最大限に引き出せるように手を加えていく、シンプルでいて奥の深い味わいの正統派イタリアンをお届けいたします。


ストラスジュール(ストラスジュール)
ストラスジュールは、一日わずか5組のお客様だけのためにご用意されたフレンチ懐石料理店です。「上質なる至福のひと時を」。当コンセプトを基にお客様に“満足”をご提供致します。
日常からかけ離れた上質な空間
席数は16席の小さなお店ですがそこは日常からかけ離れた「上質な空間」・・・。店内中央には和紙をコーティングした大きなカウンターテーブルなど、「和」の持つ落ち着きと素晴らしさを随所に取り入れました。シンプルかつ上品な店内は大切な記念日や大人の方が過ごすに相応しい雰囲気です。
オーナーシェフ・小山英勝
日本各地の料理店で修業後、渡欧。スイスの小さな無名店から世界トップレベルのフランス三ツ星レストランまで、およそ5年間滞在する。帰国後、銀座レカン、エクセレント・コースト、クイーン・アリスなどの料理長を経て独立。
2003年横浜関内に本店「ストラスブール」
2006年姉妹店「ストラスジュール」を開業し現在に至る。
料理人としてその愛と技法を駆使した料理をご提供
ストラスジュールはアラカルト料理のご提供ではなく当日入荷の素材達と対話し、料理人としてその愛と技法を駆使し最高の状態でお客様にご提供できますようシェフのおまかせメニューを基本としております。シェフ自らが買い付ける新鮮な鎌倉野菜、日本海とぎ漁港より直送される海の幸フランス産の鴨やフォアグラ、国産黒毛和牛などなど美味しい料理への第一歩はまず素晴らしき食材達との出会いです。フランス懐石料理店に相応しいワインを多数取り揃えておりますのでお客様のお好みやシチュエーションに合わせてご用意致します。


横浜瀬里奈 浪漫茶屋(ヨコハマセリナ ロマンジャヤ)
街の喧騒を一歩離れ地下へ続くエントランスを抜けると、そこには古き良き横浜の異国情緒と大正浪漫溢れる重厚で優美な空間があります。ゆったりと流れる贅沢な時間の中、厳選した神戸牛・本黒毛和牛の「しゃぶしゃぶ・すてーき・牛なべ」そして旬の食材を使用した四季折々の日本料理をお楽しみください。
一歩足を踏み入れるとそこは異空間。華やかでエキゾチックな店内
関内駅から徒歩3分、横浜の中心地に店を構える「横浜瀬里奈 浪漫茶屋」。大正浪漫薫るエキゾチックで豪華な雰囲気のホール席、ゆったりとしたテーブルで時が過ぎるのを忘れてお過ごし頂けます。個室は5名様から25名様までお使い頂けます。陶芸レリーフのある重厚なお部屋はご接待・記念日等でお客様からご好評いただいております
鮮やかな霜降りの極上肉。こだわりのA5ランク神戸牛と上質な本黒毛和牛
厳選した神戸牛・本黒毛和牛を「しゃぶしゃぶ・すてーき・牛なべ」それぞれの味でお楽しみ頂けます。「しゃぶしゃぶ」は創業以来秘伝の「ごまだれ・ポン酢・辛味ダレ」で。特に当店のごまだれはクリーミーでやみつきになる美味しさです。「すてーき」は400度まで熱した天然石で焼き上げる「石焼すてーき」と料理人が炭火で調理する「炭火焼すてーき」をご用意しております。どちらも遠赤外線効果でお肉がふんわりジューシーに焼きあがります。「牛なべ」は横浜発祥の牛肉料理、霜降りの牛肉に相性抜群の割下でお楽しみ下さい。
横浜瀬里奈は おかげさまで創業40周年
創業以来、横浜の食通に愛され続けている横浜瀬里奈 浪漫茶屋。2世代、3世代で通われているご常連のお客様にご支持頂いてりいる、美味しい神戸牛・本黒毛和牛料理を、贅沢に流れる時間の中、ゆっくりとお召し上がり頂けます。創業40年の老舗の味をお楽しみ下さい


ブラスリー ミリー ラ・フォーレ/ローズホテル 横浜
美食にこだわる『ローズホテル横浜』のレストラン。四川料理を横浜中華街に紹介した「重慶飯店」がルーツである『ローズホテル横浜』は、お客様をおもてなしする「お食事」に格別のこだわりがございます。本場の味にこだわった「重慶飯店」による中華四川料理、ブラスリー ミリーラ・フォーレ料理長、横田伸明がプロデュースするバターを使わないヘルシーなフレンチ。堅苦しさを取り払った上品なカジュアルな雰囲気の中、本格的な美食をご堪能いただけます。
中華街の中に、最高のラグジュアリー、ヘルシーなフレンチで皆様をお迎えいたします
中華街の正面玄関に位置するローズホテル横浜の1階にある『ブラスリーミリー ラ・フォーレ』は、食にこだわる横浜中華街の中でフレンチを提供する数少ないレストランです。横田シェフのヘルシーなお料理とシニアソムリエのセレクトしたリーズナブルなワインをお楽しみ頂けます。自家製ブレッドやパティシエが作るデザートもお食事の楽しみのひとつ。毎日でも食べたくなるフランス料理を目指して旬のお野菜をたっぷり使ったメニューを心がけています。
ブラスリー ミリー ラ・フォーレ料理長 横田伸明明
ゲストの皆様に「おいしかった!また来週、来よう!」と思っていただけるヘルシー・フレンチ料理とおもてなしの気持ちをしっかりと込めた真心のサービスで皆様をお迎えさせて頂きたく、支配人を始めとしてスタッフ一同で心がけています。そして小さな感動を皆様のテーブルにお届けできますよう調理にメニュー作りにあたっております。チャイナタウンならではの素材も積極的に取り入れて、一仕事手間隙かけた料理をミリーラ・フォーレのオリジナルメニューとして取り入れています。是非お楽しみ下さい。
時には贅沢に、最高の料理とワインのマリアージュの中、至福の時をお届けいたします
シェフ横田伸明の繊細な味わいにはすっきりとしたキレとコクのあるシャンパーニュ、その風味に深みを与えるオーストリアワインの柔らかな酸味、時にしっかりとした味わいの中にもデリケートなニュアンスのあるカベルネソーヴィニョン種を使った仏ボルドーの赤ワインなど、フレンチ料理とワインの相性は最高です。ブラスリーミリーラフォーレではフランス産を中心に100種類以上のワインを取り揃えております。きっと今まで知らなかったフレンチ料理とワインとの驚きのマリアージュに出会えることでしょう。


エスカーレ ホテルモントレ横浜店
横浜港を臨む大きな窓、昼は窓の下に広がる山下公園の緑やベイブリッジ〜房総半島に至るパノラマ、夜は横浜の絶景をご覧いただきながら、本格フレンチをお楽しみいただけます。
絶景によいしれながら エスカーレ
お料理は、フレンチをベースに旬の素材をふんだんに使用したエスカーレのオリジナル。窓から見渡す景観が贅沢なインテリアです。どこまでも続く空と海に抱かれて、特別な一時をお過ごし下さい。月毎に季節の味覚をお皿に込めて、想い出に残る美味しさをお届けします。
季節毎に創り出される料理
横浜マイスターの称号を持つ総料理長の元、季節毎に創り出される料理は歴史と伝統に基いた自慢の品々。近隣で開催される花火大会の日には臨場感溢れる全て特等席。ご家族やご友人とのちょっと特別なお食事や結婚記念日、誕生日のご利用に大好評を頂いております。そしてホテル内レストランならではのラグジュアリー感も人気の秘訣。 一度食べたら又食べたくなる、パン専用のソースや一つ一つ丁寧に包んで焼き上げた「牛フィレ肉とフォワグラのパイ包み焼き」等、ここでしか味わえない料理も多数ご用意。皆様のご来店を心よりお待ちしております。