旅行サイトに関する情報を掲載していきます。 各サイトを研究し各サイトの特徴などを紹介しています。

一休.comレストラン(箱根・小田原)

このページはアフィリエイトプログラムを利用した 一休.comレストラン の紹介ページです。
アフィリエイトプログラムの詳しい説明は下記のサイトを参照してください。
    VALUE COMMERCE(バリューコマース) LinkShare(リンクシェア) TG-アフィリエイトプログラム 


一休.comレストラン は、ワンランク上のレストラン予約ができます。地域やジャンルからカンタン検索、ネット予約。一休だけの限定メニューやお店・メニューの写真・利用者の感想などレストラン情報満載。記念日ディナー、接待に是非ご利用ください。

神奈川県のエリア


みなとみらい  山下町・中華街  横浜駅前  箱根・小田原  湘南・その他  川崎・横浜郊外  新横浜 


箱根・小田原のレストラン一覧

ITOH DINING by NOBU(イトウダイニング バイ ノブ)
世界中のセレブリティーを魅了し続けるスーパーシェフNOBUこと松久信幸氏とのコラボレーションによりNEW STYLEのレストランが箱根強羅に誕生致しました。
We open the new style restaurant with super chef NOBU MATSUHISA at HAKONE GORA.
300坪の広大な敷地で箱根の自然を感じながら、ゆったりと非日常的な時間をお過ごし下さい
建築家 松田恵蔵氏、日本を代表する左官職人 久住有生氏、世界的に有名な和紙の芸術家 堀木エリ子氏によって造られた店舗は、正に古来からの芸術の町 箱根に新しい風を吹き入れることでしょう。
お料理と共に美を感じていただければ幸いです。
ITOH DINING オーナーシェフ 伊藤啓輔
ジャンルにこだわらず様々な料理店にて修行をし、2001年ITOH DINING KOBE、以後OSAKA、KYOTO、そして自身の最も尊敬するスーパーシェフ 松久信幸氏とのコラボレーションにより2011年箱根強羅にNEW STYLEのレストランを出店する。
シェフの傍ら、JSA認定ソムリエ、利酒師の資格も持ち、自身の作る料理に合うワインリストが人気。
世界を魅了するNOBU STYLEを鉄板焼でお楽しみ下さい
長い歳月を掛け、やっと完成しました、世界で唯一の NOBU × ITOH DINING のコラボレーションを箱根強羅の自然の中でお楽しみ下さい。
今までに全くなかった料理、定番の人気メニューをその日ごとにコースとして組み立てます。


強羅花壇 茶寮
四季折々、厳選された旬の素材を用いた本格懐石料理を、料理旅館「強羅花壇」内のお座敷「茶寮」にてお召し上がりいただけます。「強羅花壇」内の個室のお座敷にて、箱根の自然を愛でながら同敷地内「懐石料理花壇」とは一味違ったワンランク上の懐石料理をお楽しみいただけます。掘りごたつ式のお座敷もございますので、海外からのお越しの方やおみ足の悪い方にもご利用頂けます。季節の彩りと素材の味わいが生かされた本格懐石を心ゆくまでご堪能ください。
料亭旅館「強羅花壇」内にある個室のお座敷「茶寮」にてお食事が頂けます
戦後、緑豊かな箱根の地に閑院宮家より譲り受け創業、平成元年に全面改装を経て、現在の「強羅花壇」が誕生しました。平成3年には世界的に有名なホテルレストラングループ「ルレ・エ・シャトー」の厳選な審査を受け加盟店となり、海外からの賓客からも高い評価を得ています。伝統的な「和」の素材を用いながら現代的な感覚で表現された館。その一角に誂えたお座敷「茶寮」では、静謐な時の流れの中、上質な時間をお過ごし頂けます。
四季折々、厳選された旬の素材を用い、四季の彩りを映した本格懐石料理
旬の味わいをそのままに大切に一品一品丁寧に仕上げたお料理を提供しております。全国各地からの選りすぐりの素材と相模湾、駿河湾の新鮮な魚介類を用い、修練された技術で表現された本格懐石料理は、味のみならず、四季の彩りを映した料理で眼をも喜ばしてくれます。料理人が丹精を込めて拵えた料理を心のこもった「和」のおもてなしでお客様へお届けいたします。箱根の豊かな自然を愛でながらの至福のひとときを、彩り鮮やかな旬の懐石料理とともに是非お楽しみくださいませ。


レイクビューラウンジ イル・ラーゴ/箱根ホテル富士屋ホテルレイクビューアネックス
芦ノ湖畔を目の前に望むレイクビューラウンジ「イル・ラーゴ」。全面ガラス張りの店内からは、青々と茂る芝生と太陽の光にきらめく芦ノ湖をご覧いただけます。昼は、景色を眺めながら優雅にティータイム、夜は雰囲気を変えてカクテルを片手に語らいのひと時を。またランチタイムには、ビーフカレーやナポリタンなどのライトミールもお楽しみいただけます。時々刻々と移り変わる箱根の景色とともに、ゆったりとした時間を是非ご堪能ください。
優しい陽が差し込むレイクビューラウンジ
箱根ホテルのプライベートガーデンに面しているレイクビューラウンジ「イル・ラーゴ」は、全面ガラス張りの開放感のある造り。ガラス越しに差し込む優しく温かい陽の光が穏やかな寛ぎの時間を演出してくれます。また、芦ノ湖にも面していることから四季折々の箱根芦ノ湖周辺の景色をご覧いただけます。まるで景色全体が1つの絵画のような感覚をお楽しみいただけます。箱根散策の合間などに気軽にほっと一息をつきに立ち寄れる温かい雰囲気溢れる空間です。
ほっと安らぐメニューの数々
ランチタイム(11:30〜14:30)には、スイーツメニューのほかに、シェフ自慢のビーフカレーや懐かしい味わいのナポリタンなどのライトミールもお楽しみいただけます。また、昔から皆様にご好評をいただいているのが、オリジナルブレンドコーヒーです。イル・ラーゴだけのオリジナルブレンドで豆の深く心地よい香りと程よい苦味が特徴です。個性溢れるスイーツとの相性も抜群です。また、夜にはシェイカーの音がこだまするバーに変わります。カクテル片手に2人で語らいのひと時をお過ごしください。
箱根ホテル自慢のコーヒー
レイクビューラウンジ「イル・ラーゴ」のこだわりといえば、オリジナルブレンドコーヒー。箱根ホテルの為だけにブレンドされた長年愛され続けている自慢の味です。豆の深い香りと程よい苦みが特徴のコーヒーは、スイーツとの相性も抜群。芦ノ湖を臨む絶好のロケーションで、コーヒーを片手に寛ぎのひと時をお過ごしください。


ザ・フジヤ/富士屋ホテル
昭和5年(1930年)に建てられたメインダイニングルーム「ザ・フジヤ」は、日光東照宮をモデルに造られており、高山植物や花鳥が描かれた見ごたえのある格天井と彫刻が見事です。クラシカルな雰囲気の中、創業当時からの伝統を現代の富士屋風にアレンジしたフランス料理をお楽しみいただけます。
数え切れない見事な彫刻と和洋融合の妙
メインダイニングルームの中には、数多くの彫刻が存在します。入り口パッセージには、日光東照宮を思わせる「見ざる 言わざる 聞かざる」の三猿。ダイニングの回りには、干支や花鳥の彫刻。他にも、ライオンやスポーツの彫刻があります。全体の装飾は、寺社仏閣を思わせますが、アジアンテイストなど異文化も融和した、不思議な空間です。尚、ダイニングの彫刻は、東京柴又「帝釈天」の法師守護図の作者「加藤寅之助氏」による作品です。


菊華荘/富士屋ホテル(きっかそう)
明治28年(1885)に皇室の宮ノ下御用邸として建てられた歴史ある建物です。落ち着いた佇まいの旧御用邸の別館は、数奇屋風書院造りの純日本建築と庭園をそのままの形で残しており、長押に残る菊の御紋などが昔日を今に伝えています。その庭園も、当時の皇室庭師によって造られた回遊式庭園で、禅の意思を表した心の字をかたどって作られた「心字池(しんじいけ)」も当時のままです。そんな往時の気品と風格の中で、日本料理をごゆっくりご堪能いただけます。<登録有形文化財><「近代産業遺産」認定>
「菊華荘」の名前の由来、御座所にある菊模様の釘隠し
現在、食事会場として使用している場所は、「御座所」と呼ばれる広さ約60坪の和室です。この御座所は「田」の字形に配置された4部屋「菊・桐・楓・桜」からなっていて、床の間のある12畳の菊の間は富美宮内親王専用の居室で、桐の間は寝室でした。柱は全て木曽檜で造られています。現在も四方の柱には当時の「かや」をつったヒモが残されており、富美宮内親王や昭和天皇が過ごされた時間に入り込んだようです。他にも菊をかたどった引き手や手の込んだ細工が施された欄間など見所満載です。
旧御用邸で味わう、旬の食材を使った気品と風格の本格日本料理
2006年3月15日、富士屋ホテルの和食料理長に就任した「粒来雄二」。美味しいものを味わっていただきたいという願いを込め、技術と心を磨きながら旬の素材を生かした料理をお届けします。お昼は、季節の食材を並べて楽しめる引出し弁当から会席料理までを、夜は料理長の技が光る本格会席料理をご用意しております。季節感を大切に、1品1品丹精こめてお作りしたお料理の数々を、旧御用邸の雰囲気とともにごゆっくりとお愉しみください。


イル・ミラジィオ/箱根ホテル(富士屋ホテルレイクビューアネックス)
昼は太陽の光にきらめく芦ノ湖をご覧いただきながらモダンなお料理が並ぶブッフェスタイルのお食事を。夜は料理長こだわりの食材から生まれる見た目も美しいフランス料理をご堪能いただけます。時々刻々と変わりゆく景色とあたたかいおもてなしにゆったりと至福の時間をお過ごし下さい。
芦ノ湖と富士山を望む最高のロケーション
アーチ状の天井はまるでヨーロッパを彷彿させるデザイン。高い天井が開放感を生み出し、天気の良い日はアーチを描く窓から庭続きに芦ノ湖と富士山をご覧いただけます。ランチタイムにお召し上がりいただけるのは、カジュアルな雰囲気の中、色鮮やかな料理がずらりと並ぶブッフェスタイルのお食事。また、ディナータイムには、夕刻を迎えるにつれ変わりゆく空と湖の色を眺めながら、創作フレンチをお楽しみいただけます。

ホテル自慢の料理の数々
ランチブッフェでは前菜からデザートまで様々なお料理が並び、ライブキッチンコーナーではシェフ自らローストビーフのカッティングサービスを行っております。ディナータイムでは、料理長・小池智宏が贈る、食材選びにもこだわった見た目も美しいコース料理をご用意しております。

至福の時間を味わっていただくために
お客様に至福の時間を過ごしていただくため、ロケーション、お料理のほかワインにも力をいれております。国籍を問わずソムリエが選んだワインを取り揃えております。その季節ごとに変わるお料理とお客様のお好みに合わせ、ソムリエがとっておきの1本をご提案いたします。最高のロケーションとお料理、あたたかいサービスとともに、箱根での至福の時間を是非ご堪能下さい。


ダイニングルーム フレンチ/ハイアット リージェンシー 箱根 リゾート&スパ(だいにんぐるーむふれんち)
ハイアット リージェンシー 箱根 リゾート&スパは、日本で有数の温泉地として名高い神奈川県箱根町強羅にあるリゾートホテルです。メインダイニングのダイニングルーム -フレンチ- では、美味しい香りが漂うオープンキッチン、山々に囲まれた美しい景色を楽しみながら、「フレンチ プロヴィンシャル(フランスの田舎料理)」をコンセプトとした家庭的で暖かさの感じられるお料理をお召し上がりいただけます。
ダイナミックなオープンキッチンを配した躍動感溢れるメインダイニング
ダイニングルーム -フレンチ-は、ダイナミックなオープンキッチンを配した、躍動感溢れるメインダイニングです。キッチンの活気を感じられるテーブルや、煉瓦や木材で仕切られたセミプライベートのテーブル、ワインセラーに囲まれた煌びやかなテーブル等、様々な空間で「フレンチ プロヴィンシャル クッキング(フランスの田舎料理)」をコンセプトとしたお料理をお召し上がりいただけます。季節感溢れる、彩り豊かなお料理の数々をカジュアルに、そしてごゆっくりとご堪能ください。
箱根の四季をイメージした家庭的な暖かさの感じられるフレンチをどうぞ
一年を通して変化していく樹々や植物の様子を、お皿の上でも味わい楽しんでいただきたいと、箱根の四季をイメージし、季節ごとに最も旬な地元の食材をふんだんに取り入れたお料理をご用意しております。家庭的で暖かさの感じられるお料理には、地元の新鮮な食材、フランス産のバターやチーズ、厳選した素材をダイナミックに使用しております。また、リゾートならではのリラックスした雰囲気を引き立てる、ワインやカクテル、日本酒も豊富に取り揃えております。


オーベルジュ オー・ミラドー
シェフ勝又の珠玉の頂点。フレンチの匠の世界を味わう。食と時が融けあうオーベルジュの悦楽。豊かな自然環境の中で味わう、地方フランス料理の魅力と、食との新しい出会いがある。オーベルジュをスタートして23年が過ぎ、東京時代に求めた地方ならではの魅力あるレストラン、オーベルジュ作りをしてきました。大都市では求められないものがここにはたくさんあります。美酒、美食と共にリフレッシュし良い旅の思い出を。あまりに贅沢なひと時をご堪能ください。
西と東、天と地が出会い、そこで生まれた、かけがえのない時の演出
芦ノ湖を望む緩やかな丘の上に、優美な姿を見せるコリドーテラス。緑深い箱根の森を背景に、輝くように白く印象的なフランス式庭園。祝福された森と食と、そして出会い。1986年に日本で初めて誕生した「オーベルジュ オー・ミラド」は箱根の芦ノ湖に近い緑豊かな環境にある。建物は23年の歴史を持つレストランのある小ぢんまりとした本館、ブライダル施設を備えたシャトー風のパヴィヨン・ミラドー、和とアジアのモダンが融合したコロニアル・ミラドーに分かれ、今宵も郷土性あふれる勝又ワールドをお楽しみ頂きます。
ビストロブームを巻きおこした「オーナーシェフ勝又 登」
六本木・麻布でビストロブームを巻き起こした「オーナーシェフ勝又登」が、1986年に開業。三島の農園野菜、駿河、相模の両湾からの新鮮な魚介、天城シャモ、箱根豚、愛鷹牛などの恵まれた食材に囲まれたこの地で腕を振るいます。


箱根・翠松園 紅葉(はこね・すいしょうえん もみじ)
清々しく、風雅なその名前は、かつて三井家の別荘として知られた国登録有形文化財、『翠松園』を敷地内に擁することに由来します。料理長自ら厳選した旬の食材をつかい、高級感の中に落ち着きのあるシーンを演出します。エントランスのモダンさとは反対に、歴史ある建物から感じられる風情をお愉しみいただき、ここでしか味わえない逸品をご賞味下さいませ。
季節によって表情を変える樹齢200年を超える紅葉がお出迎え
レストラン「紅葉」:メインダイニングはかつて、三井家の別荘として使用され、国登録文化財の趣深い和風建築「翠松園」。プライベート感を重視した個室や鉄板を目の前にしたカウンター席など、思い思いにお食事を楽しんでいただけるお席をご用意いたしました。
バー「伊都」:スタイリッシュな中にもマホガニーやウォルナットの木肌がぬくもりを感じさせるバー。旬のフルーツでつくるカクテルやめ厳選されたウィスキー、1点もののワインリストも充実。グラスを傾けながらゆったりした時の流れをご堪能ください。
料理長自ら各地に足を運んだ厳選素材と職人の技術が融合した和の真髄
四季折々の旬の食材を料理長自ら厳選し、器にもこだわったベーシックな日本料理をご用意しております。移りゆく季節を愉しみながら春夏秋冬の芳醇な食をご体験下さいませ。
厳選素材と料理人のこだわり・創造力の結晶
その時季の一番美味な食材を全国から取り寄せ、とことん「だし」にこだわった日本料理は『箱根・翠松園』でのご滞在を印象づける大切な一つです。料理長と会話を弾ませながら、名物料理ののプレゼンテーションにも是非ご注目下さい。


鉄板焼きレストラン 山桜/箱根ホテル富士屋ホテルレイクビューアネックス(てっぱんやきれすとらん やまざくら)
箱根・芦ノ湖畔に佇む箱根ホテルの1階に位置する「山桜」。箱根では数少ない鉄板焼きレストランです。食材は料理長自ら選んだものばかり。イセエビなどの豪華な魚介類もお楽しみいただけます。また、お料理に合わせたワイン、日本酒、焼酎などもご用意しておりますので、シェフとの会話も楽しみながら、贅沢なひと時をお過ごしください。

シェフとの語らいもお楽しみください…
入り口を入るとそこには、黒く力強い大理石のカウンター席が。コの字型のこじんまりとしたカウンターではシェフの華麗でダイナミックなナイフさばきを目の前でご覧いただけます。食材の香ばしい香りや食材から出る心地よい音は、更に食欲をかきたて、ホテルならではのきめ細やかなサービスは至福の時間を演出してくれます。また、日ごとに変わるシェフとの語らいの時間も旅の良い思い出に。食後は、雰囲気を変えてロマンチックなバーでのひと時をお楽しみください。
華麗な手さばきで活きる食材の数々
鉄板焼きレストラン「山桜」で使用している食材は、料理長自ら選んだものばかり。鉄板焼きに欠かせないイセエビは、素材そのものの味をお楽しみいただけるよう、味噌と醤油のシンプルなソースでお召し上がりいただきます。シェフの巧みな手さばきによって活きる食材の旨みをぜひご堪能ください。

寛ぎのひと時を過ごしていただくために…
芦ノ湖畔に佇むリゾートホテルの中にある、鉄板焼きレストラン 「山桜」では、リゾートならではのゆったりとしたひと時を過ごしていただくためにこじんまりとした温かい雰囲気の店内になっています。まるで自分の別荘で家族や友人とプライベートな時間を楽しんでいるようなそんな親しみやすい空間創りやサービスを目指しております。美味しい食事と湖正面という絶好のロケーションと共に箱根での寛ぎのひと時をお過ごしいただければと思います。


懐石料理 花壇/強羅花壇内(かいせきりょうり かだん ごうらかだんない)
自然豊かな箱根強羅の地に昭和初期に建てられた旧宮家の別邸は中世ヨーロッパを想わせる瀟洒な佇まい、内観は典雅なアールデコ様式の意匠が施されています。かつて晩餐会が開かれたダイニングや様々な趣きの個室があり、各種のお集まり、ご家族やご友人など大切な人と時間を過ごすには最適の場所です。全国各地より厳選された旬の素材や地の新鮮な魚介類の旨味を引き出し一品、一品丁寧に仕上げた懐石料理は四季の彩りを鮮やかに表現されています。美しい四季の移ろいを感じながら宮家の往時の栄華に浸り、至福のひとときをお過ごし下さい。
歴史の中で味わう懐石料理
昭和5年に閑院宮載仁親王によって夏の別邸として建てられた館は、外観は中世ヨーロッパの面影を残すハーフティンバー方式、内観の意匠は20世紀初頭のモダンなアールデコ様式になっています。19世紀末、ベルエポック華やかりしフランスに留学なさっていた宮様の趣味の良さが随所に見られ、往時の栄華が偲ばれます。かつて晩餐会が開かれたダイニングや趣のある個室があり、用途によってご利用頂けます。また、窓外から見える日本庭園や優美な箱根連山の風景に四季の美しい移ろいがご堪能頂けます。
四季折々の恵みで彩る旬の膳
相模湾や駿河湾で獲れた新鮮な魚介類や全国各地の厳選された旬の素材の旨味を引き出し一品、一品丁寧に仕上げられた本格懐石料理です。味のみならず、四季の移ろいを映した彩り鮮やかな盛りつけは目をも喜ばせてくれます。献立は月替わりで事前にご連絡頂ければアレルギーや素材の苦手など対応させて頂いています。オーソドックスな懐石料理の中に和の素材を元にオリジナリティ溢れるデザートは女性のお客様のみならず甘味の苦手なお客様にも喜ばれています。また、松茸料理や越前蟹など特別懐石料理も季節によってご用意しております。
最高の癒しを、お食事と合わせて
サービスに関しては形式はレストランであっても、お客様を大切にする「和」のおもてなしを心がけています。料理に関しては素材の旨味を引き出すように一品、一品丁寧にお作りすることは元より、熱い物は熱いうちに、冷たい物は冷たいうちにお客様にお召し上がり頂けるよう努力しています。また、ただお料理だけを出す懐石料理のお店という枠にとらわれず、エステプラン、入浴プラン、岩盤浴プランなどお客様に十二分に喜んで頂けるよう意欲的に取り組んでいます。