旅行サイトに関する情報を掲載していきます。 各サイトを研究し各サイトの特徴などを紹介しています。

一休.comレストラン(六本木)

このページはアフィリエイトプログラムを利用した 一休.comレストラン の紹介ページです。
アフィリエイトプログラムの詳しい説明は下記のサイトを参照してください。
    VALUE COMMERCE(バリューコマース) LinkShare(リンクシェア) TG-アフィリエイトプログラム 


一休.comレストラン は、ワンランク上のレストラン予約ができます。地域やジャンルからカンタン検索、ネット予約。一休だけの限定メニューやお店・メニューの写真・利用者の感想などレストラン情報満載。記念日ディナー、接待に是非ご利用ください。

東京都のエリア


銀座  赤坂・半蔵門・溜池山王・虎ノ門  東京駅・丸の内・日本橋  新橋・汐留・竹芝  恵比寿・代官山・中目黒  六本木  青山・表参道  新宿・代々木  渋谷・原宿  西麻布・麻布十番  品川・天王洲  神楽坂・飯田橋・四ツ谷  池袋・目白  白金・広尾  お台場  上野・浅草・押上・東陽町  田園調布・自由が丘・二子玉川  日比谷・有楽町  吉祥寺・西東京  神田・御茶ノ水・水道橋 


六本木のレストラン一覧

サーティーセブン ステーキハウス アンド バー(37 Steakhouse & Bar)
37 Steakhouse & Barは、本場ニューヨークなどのステーキハウスに引けを取らないプライムステーキをご用意する本物のステーキハウス。おすすめは21日熟成された厚切りのオーストラリア和牛のポーターハウスステーキや、赤身と脂身のバランスが絶妙なブラックアンガス種のリブステーキ。価格も本格的なステーキハウスの常識を破ったリーズナブルな価格でお楽しみ頂けます。ワインはカリフォルニア産やオーストラリア産を中心に厳選。バーエリアではお酒だけでも気軽にご利用頂けます。
東京タワーを眺めながら洗練された空間で最高のステーキを
約160席を誇る店内は、ダイニングエリアとバーエリア、ラウンジエリアでからなり、ディナータイムは六本木ヒルズの森タワーや東京タワーの見えるラウンジ席が人気。天気のいい日のランチやブランチは眺めのいいテラス席もおすすめです。バーエリアでは、食事前の軽い一杯や、お待ち合わせなど、お飲み物だけのご利用でもお気軽にどうぞ。また、店内の奥には8〜24名様まで収容可能な個室も完備。広大な空間を活かした大人数でのパーティーや宴会にもフレキシブルにお答えいたします。
お薦めは現地熟成21日+自家熟成14日=計35日熟成のブラックアンガスビーフ
赤身と脂身のバランスが絶妙なブラックアンガスビーフのリブステーキを、現地での21日間熟成に加え、更に14日間の自家熟成を行い、計35日間熟成。丁寧に熟成をさせることで、更に柔らかくなり、旨み成分のアミノ酸が増して風味も豊かに。凝縮された牛肉の旨みをご堪能頂けます。もう一つのお薦めは、サーロインとテンダーロイン(フィレ)の2種類のお肉が楽しめる21日熟成のオーストラリア和牛ポーターハウスステーキ。日本人の口に合い、アンガス牛よりもちょっと上品な味わいです。
シーフードや前菜も充実。ワインはカリフォルニア産、オーストラリア産から厳選
サラダ、前菜、パスタなど豊富なメニューをご用意しております。もちろんお勧めはステーキですが、ステーキ以外のメインディッシュもご用意しておりますので、「今日はお魚」という気分のときは、37自慢の魚介メニューをどうぞ。お食事の最後には自慢のデザートもお忘れなく。ワインはカリフォルニア産やオーストラリア産を中心に厳選。ボトルで1本4000円台のお手軽なものから、高級ワインまで、バラエティ豊かなボトルの数々をお楽しみ頂けます。


ユニオンスクエア東京(Union Square Tokyo)
“Union Square Tokyo”は、ニューヨークの人気レストラン『Union Square Cafe』の海外初の姉妹店として、2007年に六本木ミッドタウンにオープンしました。1985年にダニー・マイヤー氏によって創られた『Union Square Cafe』は、競争の厳しいニューヨークのレストランシーンにおいて、常にニューヨークのレストランガイド「ザガット・サーベイ」でトップランク評価を得ており、ニューヨーカー達に愛され続けています。
スタイリッシュなニューヨークスタイルの温かい雰囲気
『welcome home!』をコンセプトとした店舗デザインは、創業者であるダニー・マイヤー氏の東京の新しい家として、大切なゲストを心より迎え入れる空間を意識しています。木材とレンガをメインに使用した内装は、窓の外に広がる緑豊かな庭園の景観と融合し、スタイリッシュなニューヨークスタイルの温かい雰囲気を演出しています。店内は、バー、キッチンダイニング、メインダイニング、プライベートルーム、ガーデンテラスの5つのゾーンに分かれていて、お客様それぞれがご利用されるシーンに応じて使い分けいただけます。
松田 好史 / 総料理長
20歳で福岡から上京後、渋谷の『ラ・ロシェル』にて料理人としての道をスタート。1998年にワンダーテーブル入社。「Vento横浜店(旧:Bellini横浜店)」の料理長を経て、2007年、Union Square Tokyo の料理長として就任。ニューヨークのUnion Square Cafeのパートナー 兼 Executive Chef である Michael Romano 氏と共に、季節の素材を活かしたニューアメリカ料理をつくりあげています。
旬の食材を使う/食材の良さを活かす/シンプルな組合せ/イタリアンスピリット
メニューは、ヨーロッパのニツ星、三ツ星レストランで実績を積み、『Union Square Cafe』にて数々の賞を獲得してきたスターシェフ、マイケル・ロマーノ氏の監修の下、総料理長の松田好史が日本の食材を最大限に活かして腕を揮う、アメリカ料理にイタリアンスピリットを加えたニューヨークスタイルの斬新な料理。バリエーション豊富な野菜やフルーツを使ったサラダ、珍しいパスタ料理の数々に加え、当店でも人気のスモークステーキ等、既成概念に捉われない斬新なニューヨークスタイルのアメリカ料理をお試しください。


ニコラス六本木
日本に初めてナチュラルゴーダチーズを使ったピザを紹介した1954年創業のモダンイタリアン。老舗の伝統と手法は頑なに守り続けながら新しいメニューにも日々挑戦し、豊富なメニューを取り揃えて皆様に愛される店作りを目指しております。カジュアルでもフォーマルでもカップル・ご家族・同僚とご利用頂けます。
老舗の風格 テラスが臨める店内と人気の個室
六本木一丁目にありながら、老舗の風格が漂う店内。テラスを眺めながら非日常的な空間で、ゆったりとディナーを楽しめる席をご用意しております。6名様〜24名様までご利用頂ける完全個室が大人気で、パーティーなどにもご利用頂けます。
日本で初めて紹介されたピザなど、昔ながらのこだわりの逸品
ナチュラルゴーダチーズが絶妙な仔牛肉のカツレツチーズ焼き、リコッタチーズとリガトニパスタが特徴的な自家製ラザニア、数種類の香辛料とフェンネルが絶妙なニコラス特製そソーセージなど、お客様から愛され続ける味を創業時から守り続けています。
ナチュラルゴーダチーズを使った手作りピザ
生地もチーズも具材もその日に使う分だけ仕込むすべてが手づくりのピザです。生地が厚めでモチモチとした食感と、コクのある味は、ニコラス特製ピザソースとナチュラルゴーダチーズを使用しているため。このピザの作り方を初めて日本に紹介したのが、創業者のニコラスです。1954年の創業当時と全く変わらないものを現在も使用しております。伝統を守り続ける変わらない味と新しいメニューの融合を目指し、皆様のご利用ご来店をお待ちしております。


タワーズ/ザ・リッツ・カールトン東京
ザ・リッツ・カールトン東京の45階に位置する「タワーズ」は、レストランから東京タワーとスカイツリーが眺められることからその名がつけられました。フランスの三ツ星レストランや世界の美食都市で経験を積んだホテル副総料理長 フランクリー・ラルームが監修するメニューの数々は、様々な土地の料理を現代風にアレンジしたモダンビストロスタイル。日本国内で採れた季節折々の食材を使い、洗練された都会的な味わいに仕上げてご提供いたします。眺望豊かなサービスの行き届いた上質な空間で、記念日のお祝いやご家族や親しい方々との大切なひ
東京タワーと東京スカイツリー(R)の両方が見渡せるレストラン
東京タワーをはじめとする高層階からの眺望を楽しみながら、忘れられないひとときをお過ごしください。


イル・ムリーノ ニューヨーク(Il Mulino New York)
ニューヨーク本店に続く第2号店として、2003年12月19日 六本木ヒルズ 六本木けやき坂通りにダイニング102席、ラウンジ58席のスペースでオープンいたしました。ザガットが評する「最高の食材、ガッツィー&ガーリッキーな味」を東京で再現。ニューヨークで最も予約の取りにくいレストランの実力を東京・六本木でご体験ください。
Ill Mulino New Yorkの料理の特徴は「ガッツィー&リッキーな味」
品質にこだわった究極の食材を用い、ガーリックやオリーブオイルをふんだんに使用した“男性的”な料理をご提供いたします。多くのイタリアンレストランで見られる斬新な盛り付けに重きをおいたトレンドとは一線を画す、新しい料理セグメント“ファイン・イタリアン・キュイジーヌ”です。
「Il Mulino New York」の歴史
イタリア・アブルッツォ州出身の兄フェルナンドと弟ジーノのマーシ兄弟は10代半ばから調理の世界に入りました。ローマをはじめヨーロッパ中のトップレストランで修行を重ねた後にニューヨークへ渡り、1981年グリニッジヴィレッジに「Il Mulino New York」をオープン。評判は瞬く間に広がり、一躍ニューヨーク中のエグゼクティブやセレブリティが通い詰める人気店に。開店3年目からは「ザガット・サーべイ ニューヨーク版」のイタリアン部門で第1位となり、その後、19年間連続No.1となりました。
INTERIOR
ダイニングは、木のブラウンと温もりのあるアイボリーを基調にしたクラシカルな装い。本店同様、ワインの木箱と食材を積み上げたディスプレイがアクセントになっています。


CROSS TOKYO(クロストーキョー)
「究極の一皿ではなく、日常の一皿を…特別な一瞬ではなく、日常の一コマを…」を合い言葉に六本木という土地で日常使いでき、気軽に立ち寄ってホッとでき、皆様から頼られる食事処・飲み処「ユージュアル(日常)ダイニング CROSS TOKYO」。”ヒト、モノ、コト”が食を通し、様々に「クロス=交差・交流」しつつも、皆様の日常に溶け込む場所でありたいという想いより、海外帰りのシェフ3人がフランス料理とイタリア料理をベースとし、時に和のテイストも加えつつも奇をてらわずにシンプルで分かりやすい料理をご提供。
様々なステンドガラスで装飾され圧倒的な存在感を放つユージュアル(日常)ダイニング
空間デザインは森田恭通氏が手がける。912枚のステンドグラスの散りばめられた店内から、けやき坂を眺めながらの食事は圧巻。ゆったりとした空間には100席以上の席をご用意。加え、個室は接待などで使える5〜10名様仕様と家族連れやデートなどに使える2〜4名様仕様の2部屋を完備、レースカーテンで仕切られた半個室が3卓あり、お一人様大歓迎のBARは食事も出来る(6席のみ)。広いメインフロアを活かし、貸切で披露宴やイヴェントをする事も可能。音響設備・プロジェクターも完備している為、様々なニーズに対応出来る。
料理長渾身のこだわり抜いた食材がシンプルかつクセになる美味さで深夜まで楽しめる
毎週1度のみ空輸で入荷するバッファローモッツァレラを丸ごと使用した「カプレーゼ」。福岡魚市場直送の天然魚のみを使用した「カルパッチョ」や「ブイヤベース ドゥ フクオカ」。「ホッと」できる「リゾット・ジャポネーゼ」は蟹や海老のコンソメスープをかけるリゾット。レモンのゼストが絶妙なハーモニーを生み出している「生雲丹のリングイネピッコロ」。赤牛の前スネとトモスネの粗挽き使用の「クロスバーグ」には中身にフランス産フォアグラを潜ませてテーブル前で焼き上げる。デザートには「温かなティラミス」をなどをご用意。
様々な人やクリエーター、生産者との「クロス=交差・交流」を大切に日常使い出来る
鮮魚は福岡魚市場より天然魚のみを直送したり、ハーブは「大多喜ハーブガーデン」のオーガニックのハーブを使用。野菜はオリジナルのサラダワゴンで皆様の卓へ向かい、一つ一つ丹念にサラダを作る。けやき坂にちなんで「けやき材で製作した飾り皿。カトラリーは柳宗理。スタッフユニフォームはメーカーズシャツ鎌倉とのコラボオリジナルユニフォーム。店内装花はMisiaなどの舞台装花をも担当する日本を代表するMassa氏が担当。メニューブックには博多織を採用したり、様々なこだわりも料理と共に堪能していただきたい。


月季花 六本木(ユエ・ジー・ホァ)
東京ミッドタウンから徒歩1分。中国の路地(胡同)にある小粋な食堂をイメージした「月季花 六本木」。バラを意味する「月季花(ユェ・ジー・ホァ)」では、バラ色のロゼワインも豊富に取り揃えています。 名物の北京ダックをはじめ、ふかひれなどの高級食材、新鮮な野菜、おいしい点心、等々、100を超えるメニューをご用意。 おいしい中国酒をはじめ、ビール、焼酎、ワイン、カクテルとお酒も50種類以上の品揃え。どんなお好みのお客様にもきっと気に入って頂けるはずです。
中国の路地(胡同)にある食堂をイメージした店内
2013年7月にリニューアルした店内は、白を貴重にし、天井を高くした開放感のある雰囲気です。3階建で、全フロアでイメージのちがう造りになっておりフロアごとの貸切も可能です。6名定員の個室も3つございます。 季節によってはバラの花もお楽しみいただけます。東京ミッドタウンから徒歩1分というロケーションながら都会の喧騒を離れた、ほっと落ち着ける空間です。
当店自慢の北京ダック。肉付きの広東式か皮と脂を食べる北京式か選べます
当店名物の北京ダックは、下味をつけた肉の旨味を味わう広東式と、皮の香ばしさを楽しむ北京式、2つの味からお選びいただけます。さらに美味しい点心や饅頭をはじめ、厳選された季節の食材を使用した、斬新な中国家常菜をご提供いたします。
バラを意味する「月季花」で、中国料理とロゼのマリアージュを
当店では、バラを意味する店名にちなんでロゼワインも豊富に取り揃えております。中国料理とワインを楽しむ優雅な時間をお楽しみ下さい。 ロゼ以外のワインや中国酒のほか、各種カクテルなど、女性にお喜びいただけるお酒も豊富に揃えております。


ラ・ファランドール(ラファランドール)
六本木の路地裏に佇む、隠れ家フレンチレストランLA FARANDOLE - ラ ファランドール -。クラシックをベースに、身体に優しい料理を追求しながら、日本国産の旬の食材を使用し、フランス料理の文化と懐の深さを表現することを目指しております。1日3組限定の予約制となっておりますので、落ち着いた店内でフランス料理をゆっくりとお楽しみいただけます。
1日3組様限定 落ち着いた店内でゆっくりとお食事を
六本木の路地裏に佇む、1日3組様限定の隠れ家フレンチレストラン。暖かさを感じる煉瓦造りの外観は一軒家を思わせ、わずか14席の店内には、ワイズバッシュの絵が飾られ、レイノーのお皿や、リーデルのグラスなどテーブルウェアにもこだわった落ち着いた空間となっております。季節ごとの旬の素材を使用したコースメニューで楽しいひと時をお過ごし下さい。
素材の持ち味引き出す 何度食べても美味しい料理
国産の旬の食材を中心に、伝統的な手法と考え抜かれた独自の発想で、手間暇を惜しまず作りだされる料理は、輪郭のはっきりした、それでいて身体に負担のかからない料理を生み出します。ワインも常時300種類のフランスワインを取り揃え、料理にあったワインをご提供いたします。いつ来ても飽きない味、何度食べても美味しい料理をご提供できるよう精進しております。


ヌッフデュパプ 六本木(ヌッフデュパプ ロッポンギ)
岩手・盛岡で18年地元に愛され続けて来た「ヌッフデュパプ」が東京・六本木に進出!食材の宝庫である岩手から話題の赤身牛「短角牛」、「白金豚」、「ほろほろ鳥」春は山菜、秋はキノコと旬の美味が届きます。全て18年の間にオーナーが築き上げた生産者との信頼関係の上に成り立っていますのでどうぞ安心してお召し上がり下さい。「美味しくて楽しい!」を追求して来たヌッフが提案する岩手の食材を、フレンチのアクセントでお愉しみください!
六本木の喧噪から一歩入り、出雲大社東京分祀の向かいにオレンジがきれいに映える店内
印象的なオレンジ色の壁が暖かさと元気を与えてくれます。オレンジは食欲を増す色だとも云われています。店内はテーブル28席、カウンター5席、個室8〜10席と各種パーティや静かなご接待にと様々な使い勝手のある仕様です。「縁結び」の神様である出雲大社の「気」を受けて恋人同士の会話も弾みます!貸切パーティ、立食ブッフェなど、随時ご相談承っておりますのでお気軽にお申し付けください。
清らかで素朴な岩手の風土を映す食材を盛り込んだピュアなお料理
岩手・三陸からは海の幸が、山深い岩泉からは山の幸が、盛岡近郊の農園からは畑で樹上で完熟させた風味の濃い野菜が届きます。続々と集まる素材を活かすのは及川淳至シェフ。30年以上のキャリアを持つシェフの料理は、丁寧な下ごしらえに支えられたピュアで重さを感じさせない味わいです。目先のテクニックではなく、心から安らかになる料理を提供致しております。岩手のワインはご存知でしたか?今、進化著しい岩手のワインをはじめ ワインも豊富に取り揃えております。岩手風土の料理と共にお愉しみください!
今注目の赤身肉 「いわて短角牛」の炭火焼を堪能ください
ヌッフデュパプ一番のオススメは、「いわて短角牛」。霜降りにならない赤身の肉は、ヘルシーかつ肉本来の旨味を味わえます。牧野に放牧される夏期に自然交配するため月齢など個体差のある短角牛を扱うには経験の積み重ねが必要です。この短角牛を最高の状態で味わっていただくために専用の熟成庫で管理しております。炭火でしっとりと焼き上げた赤身肉の旨さは絶品の一言!ぜひ一度お試しください。


黒田屋(くろだや)
牛肉で有名な銀座吉澤から仕入れた黒毛和牛、伊勢海老、鮑、雲丹など魚介類は刺身で食することができる程に新鮮な極上食材をダイナミックに鉄板焼でお楽しみいただけます。料理も、サービスも直球です。記念日や接待など様々なシーンでみなさまにお楽しみいただけるようにスタッフ一同心よりお待ちしております。
香ばしい香りが立ち込める黒を基調とした落ち着いた店内はサービス料、個室料無料です
食材本来の美味しさをダイレクトに季節毎の旬を楽しめる料理と笑い声が溢れる店内。鉄板ダイニングのライブ感や醍醐味をとことん味わいたいという方にはカウンターがおすすめです。おふたりの記念日や、8名様までのご友人同士、接待などできればプライベートルームとして利用されたいという方におすすめの個室、10〜12名様までご利用いただける半個室をご用意しております。
シェフ 木下 剛『黒田屋』のスペシャリテをアラカルトで、おすすめのコースと併せてご紹介
木下 剛
鉄板焼レストランにおける1番の特等席、カウンター席でお客さまへの調理とサービスを担当いたします。食材への想いもひと際熱く、どんな素材でも必ずその旨みを引き出してくれるという厚さ3.5cmの特注鉄板で、ご注文の品をやさしく丁寧に焼き上げます。サーロインステーキは銀座の老舗肉屋「吉澤商店」から、選りすぐりの雌の処女牛を。もうひとつのレコメンドは、「エコファームアサノ」の有機野菜。ルッコラを初めて日本で栽培したパイオニア的存在のつくり手・浅野さんから直送していただく鮮度抜群の野菜です。
リラックスして心地よく、料理を楽しんでいただく心のこもったサービス
十人十色の個性を感じさせるスタッフの面々が心をこめてサービスの基本をきちんと勉強した上で、それぞれの持ち味を活かしたサービスがご提供できるよう、日々精進の想いで皆さまをお迎えします。サービス料/個室チャージ無料です。

【バースデー、記念日のお客様】
デザートをメッセージ付プレートにてご用意いたします。ぜひみなさまのご要望をお聞かせください。(要予約)


串揚げと季節の料理 角の蛸笑(クシアゲトキセツノリョウリ カドノタコショウ)
六本木ミッドタウンのすぐそばの静かな路地にあり、こだわりと確かな自信を持ったサクサクの串揚げをメインに旬の食材をストレートに楽しめる和食のお店。大切なお食事の時間をより一層愉しんでいただく厳選されたお酒も多数取り揃えております。落ち着きをもったこだわりの和空間で食材の走り・盛り・名残をさまざまなシーンで味わっていただけます。また、それぞれのシーンに合わせたおもてなしで幅広い年齢層の方に楽しんでいただけます。
古材が醸す懐かしい温もりのある和空間
六本木ミッドタウンのすぐそばにひっそりと佇むお店。唐草模様ののれんをくぐると…古材を使用した木の醸しだす温もりがどこか懐かしい空間で揚げたての串揚げと旬の味覚を存分に楽しんでいただけます。落ち着いた空間で大切な日を過ごしていただくのはもちろん、御接待でも利用出来るテーブル席2つと半個室を2部屋をご用意しております。落ち着きをもったカウンター席では職人との食談義に華を咲かせるのも楽しみの一つ。
気さくなスタッフがシーンに合ったおもてなしでお出迎えさせていただきます。
究極の串揚げと季節の食材を生かした和食
当店の串揚げは素材の持ち味を徹底的に追及し、1本1本串打ちから揚げ具合・味付けすべてにこだわりを持った究極の串揚げでございます。もちろん串揚げに使用する油もこだわりを持ち、当店ではトランス脂肪酸ゼロの純正大豆油を使用してる為、揚げ物が苦手な方でも必ず愉しんでいただけると思います。また、料理長による季節感あふれる四季折々の厳選された鮮魚・野菜の素材を生かした和の料理をご堪能できるのも当店の自慢です。
こだわりの温もり空間を味わい旬を愉しむ
角の蛸笑とは、最近では見る機会も少なくなってきた欄間がどこか懐かしくついつい長居してしまいそうな温もり空間で素材を生かした究極の串揚げと、こだわりの和食とのコラボレーションを愉しでいただける六本木の隠れ家的なお店です。その日の食材で決まる“おすすめの逸品料理”やお客様のシーンに合わせた“おまかせコース”で素敵な食事空間を演出いたします。ご来店していただいたお客様からの“うまいっ!!”“おいしい”のお言葉がすべてです。


RISTORANTE L’OSTERIA(リストランテ オステリア)
美しいものを愛し、食べることを愉しむ。そんなエピュキュリアンのようなイタリアンマインドを料理の中に、店の空間に、スタッフのサービスに実感していただけるのが、ここ<オステリア>です。イタリアの伝統の味わいに日本人の味覚に合ったアレンジを加味したコンテンポラリーイタリアンレストラン。白とイエローを基調に、明るく落ち着ける店内は、毎日の生活を思い切り楽しんでいる笑顔の素敵な大人達が集う店。それが「オステリア」という名のレストランです。
リストランテとしての気品を感じられる落ち着いた空間。
白とイエローを基調に、明るく落ち着いた雰囲気のダイニング空間。天上のテンペラ画は、イタリア・ヴェネト出身の若手アーティストがオステリア(居酒屋)の牧歌的な風景を、独特なタッチで「リストランテ オステリア」のために描いたものです。お皿の上の料理と共に、店内に居ながらにしてイタリアの豊穣感を感じさせてくれます。自然光あふれるテラスでは、季節の光と空気を体に浴びながら、ランチメニューの中にも季節を感じていただけます。またディナータイムにはライトアップの演出により開放的な空間をお楽しみいただけます。
老舗イタリアンの若き料理長
料理長は石神 治氏。1974年生まれ。茨城県出身。18歳の時は、地元でサラリーマンをしていたが、料理人の道を目指し、20歳で調理師学校に入学。21歳で外苑前「ヴィザヴィ」、そして26歳の時に「オステリア」へ。若き料理長として活躍している。「オステリア」の料理は、伝統的なイタリアンに、日本人の味覚に合ったアレンジを加味したコンテンポラリーイタリアン。特に青森県産ワタリガニのトマトクリームソース リングイネはオープン当時からの定番人気メニュー。これを楽しみに来店される方もかなり多い。
ハイクラスカジュアルイタリアン
六本木イタリアンの中でも老舗格の「オステリア」。リストランテと聞かれると一見敷居が高そうですが、居酒屋という意味の店名には、肩肘張らずリラックスしてお食事を楽しんでいただきたいという思いを込めております。料理は北イタリアを中心に各地方に根づいた郷土料理をベースに産地直送の有機野菜や鮮魚など素材を生かした料理をお出ししています。美味しいものを適量、的確にサービスするというスタイルで、お客様の体調やお好みにも合わせております。食べることを愉しむエピキュリアンのためのリストランテでありたいと思います。


旬房 / グランド ハイアット 東京(しゅんぼう)
四季折々、選りすぐりの日本の味覚を大胆かつ繊細な仕事で仕立て、供する「旬房」。
おもてなしの精神を礎に、動と静、伝統と進取という異なるスタイルの「和」を融合
穏やかな自然光に包まれたフロアに大胆に配された岩や椿の樹が、小気味よいリズムを与える空間です。

おもてなしの精神を礎に、割烹と懐石、動と静、伝統と進取という異なるスタイルの「和」を融合させた、ユニークな美味創造の粋をお楽しみください。
四季折々の新鮮素材を選りすぐった、真の日本の味覚をご堪能ください
旬房の割烹エリアには、石壁と趣深い土壁を使った個室が2つ。いずれも掘り炬燵式で、どんなお客様にもお寛ぎいただけます(写真)。

また、全て個室からなる離れの料亭は、エクスクルーシブで洗練された空間。日本料理の神髄をご堪能いただけます。(個室料は別途頂戴いたします。また、料亭は3日前までの完全予約となっております。)


ビルボードライブ東京(Billboard Live TOKYO)
音楽に抱かれて夜を過ごす。美味しい料理とお酒を心ゆくまで愉しむ。そんな上質な都会の夜を演出するクラブ&レストラン、それが“ビルボードライブ”。100年以上の歴史を持ち、世界で最も信頼される音楽ブランドである“ビルボード”の名のもと、世界の、そして日本のトップクラスのアーティストが出演。そのパフォーマンスを堪能する至福の時間のために、一流シェフによる料理と選りすぐりのドリンク、快適なインテリアをご用意して、皆様をお待ちしております。
世界標準のクラブ&レストラン「ビルボードライブ東京」
世界の文化と芸術が行き交う六本木。このグローバルなエリアで最も注目される東京ミッドタウンガーデンテラス4階が「ビルボードライブ東京」へのエントランス。六本木駅か ら地下通路でのアクセスも可能な最高のロケーションで「ビルボードライブ東京」の伝説の夜をご堪能ください。また、「都心の上質な日常」をコンセプトとした「東京ミッドタウン」にふさわしく、3層吹き抜けの開放的なフロア構成。開演前にはステージ後方の全面高透過ガラスに広がる都心の夜景もお愉しみいただけます。
上質のメニューをリーズナブルに、そして贅沢に
クラブ&レストランである「ビルボードライブ東京」の魅力は、ステージのパフォーマンスだけに留まりません。季節の素材を活かした美味しいお料理と本格的なカクテル、ワイン、シャンパンもご用意したドリンクもまた「ビルボードライブ東京」ならではのパフォーマンス。それぞれの特別な夜を、より上質に、よりリーズナブルに過ごしていただけるようにそんな思いでお待ちしております。レストランとしての「ビルボードライブ東京」もぜひお楽しみください。
Music Lovers
登場するアーティストも、AOR、ジャズ、ソウル/R&B、ロック、クラブ・ミュージック、J-POP……と多彩な顔ぶれ。上質な日常を愛し、なにより音楽を愛する、そんな豊かな感性を持った都会の大人たちにふさわしいエクスクルーシブなラインナップをお約束します。都会の大人たちが一日を締めくくるのにふさわしい、そんな「ビルボードライブ東京」ならではの「時間と空間」をご堪能ください。


ピッツェリア・トラットリア ナプレ 東京ミッドタウン店(ピッツェリア トラットリア ナプレ トウキョウミッドタウンテン )
表参道の本店同様、25種類のラインナップを誇る本格的なナポリ風ピッツァと南イタリアの郷土料理をベースにしたカジュアルな料理が自慢です。ミッドタウン内という地の利のよさもあって、その味を求めて多くの著名人の方々にもお越しいただいております。サッカーの日本代表監督を務めるアルベルト・ザッケローニ氏もその中のひとり。同氏がいつもオーダーしているトマトソースを使わない、水牛のモッツァレッラ、プロシュート・コット、バジルで作るピッツァはいつしか「ピッツァ・ザック」として定番メニューのひとつに。
爽やかな色使いの開放感溢れる店内と、40席を超える広いテラス席
東京ミッドタウンでテラス席はもちろん、窓から眺める桜並木を楽しめる最高のロケーションにあるピッツェリア。店内には表参道の本店同様、ナポリの名工を招聘して造りあげた薪窯を配置。大きな窓から差し込む光が白を基調とした爽やかな店内をより明るく開放感溢れる空間に演出いたします。東京ミッドタウンという“今”を発信するランドマークで本格的なナポリピッツァをお楽しみください。また、40席を超える広いテラス席も擁しており、気候のいい日はぜひその開放感あふれる雰囲気を楽しみつつ料理を味わってください。
本場のナポリピッツァをはじめ、南イタリア郷土料理をベースにした、前菜や料理の数々
外はカリッ、中はモチモチのナポリ風ピッツァ。1999年のオープン時より10年間、ナプレではナポリから招聘した名工・故ナターレ・フェラーラ氏による薪窯を使用してきましたが、2005年、2代目となる薪窯がナターレ氏の息子ステファノ・フェ ラーラ氏の手により完成しました。フレッシュトマトで作るマルゲリータエクストラをはじめ、その窯を使って焼き上げるピッツァはナポリ伝統の味とオリジナル合わせて25種あまりをラインナップ。また南イタリアの郷土料理をベースにした前菜や料理もお楽しみ下さい。


オービカ モッツァレラバー 六本木ヒルズ店(OBIKA MOZZARELLA BAR 六本木ヒルズ店)
“Obika Mozzarella Bar”は、イタリアのローマで2004年にオープンしそれまでにない新しいスタイルの飲食店として人々の話題を集め、その後NYやLondonなどへ出店し、2008年アジア進出1号店として六本木ヒルズのけやき坂にオープンしました。“Obika Mozzarella Bar”という店名は、イタリア語“Ecco Qua”(さあ、どうぞ)のナポリ地方の方言である“Obika”(オビカ)に由来し、お客様をいつでも「さあ、どうぞ」とお迎え入れる当店のスピリットがこめられています。
白いモッツァレラチーズを引き立たせる黒を基調としたシンプルでスタイリッシュな空間
“Obika Mozzarella Bar”では、白いモッツァレラチーズを引き立たせる黒を基調としたインテリアが、シンプルながらもスタイリッシュな空間を演出しています。“Sushi Bar”を手本にして店内中央に配置されたカウンターには、フレッシュ・モッツァレラチーズをはじめとした新鮮な食材がディスプレイされ、そのカウンターを中心に、テーブル席、屋外にはテラス席が設けられております。また個室もご用意いたしておりますので、様々なシチュエーションでご利用ください。
イタリアから空輸される最高級のフレッシュ・モッツァレラチーズをお楽しみ下さい
“Obika Mozzarella Bar”で使用するフレッシュ・モッツァレラチーズは、イタリア国内でも、カンパーニャ地方で採れる水牛の乳のみを原料とし、伝統的な製法と基準のもとに作られた最高級品です。ミルク本来の甘さと適度な塩分に加え、弾力のある歯ごたえとジューシーさが特徴です。生ハムやサラミなど10種類以上の具材と組み合わせた Mozzarella Bar Menu や、自慢のモッツァレラチーズをたっぷり使ったオリジナルサラダやパスタなどがお楽しみいただけます。
食材に対する強いこだわりと50種類のイタリアワイン
“Obika Mozzarella Bar”では、食材に対する強いこだわりとして、新鮮、高品質、旬、イタリアで日常的に使われる、職人技によって作られるといったコンセプトに基づき選定にあたっています。また店内壁面に整然と並ぶのは常時ご用意している、50種類のイタリアワイン。“Obika Mozzarella Bar”では、有名銘柄のワインや高級ワインではなく、イタリア各地でクオリティの高いワインを生産するワイナリーの中からリーズナブルで美味しいワインを選んで、ご提供いたします。


ザ・ロビーラウンジ&バー/ザ・リッツ・カールトン東京(ザ・ロビーラウンジ&バー)
ザ・リッツ・カールトン東京のスカイロビーの中心に位置し、伝統的なアフタヌーンティーやシグネチャードリンクとともに、リッツ・カールトン伝統的なサービスがお楽しみいただける「ザ・ロビーラウンジ&バー」。
優雅なお時間をお寛ぎください。
ザ・リッツ・カールトン東京の45階、お客様をお迎えするメインロビーに位置する『ザ・ロビーラウンジ&バー』は、お待ち合わせや語らいの時間を特別なものにします。
ゆったりとソファが配置された天井高、8.1mのラウンジは開放感にあふれ、アメリカ人デザイナー フランク・ニコルソン氏による温かみのあるインテリアと、時間の移ろいに合わせた生演奏が彩りを添えます。
伝統的なアフタヌーンティーセットをはじめとする厳選された世界の茶葉のセレクションで、「ザ・リッツ・カールトン東京」ならではの優雅な午後をお過ごしください。


中国飯店 六本木店(チュウゴクハンテン ロッポンギテン)
時代とともに変わり続ける中国飯店。食文化は過去の歴史をふまえつつ、これからも洗練されていきます。中国飯店では中華料理をとおして、これからも食の洗練を体現していきます。これは目新しい料理を生み出し続けるといった意味ではありません。歴史の中で育まれてきた食材の活かし方を考えてゆくという姿勢です。
中国飯店グループの歴史と伝統を感じさせるクラシカルな店内
六本木駅から徒歩3分、明るく落ち着いた空間を有する六本木店。クラシカルな雰囲気が、これから運ばれくる料理への期待を誘います。2階には少人数様から最大80名様着席いただけるおもてなしの個室をご用意しております。大小ご宴会、ご接待に適したプライベートスペースとして是非ご活用ください。カジュアルな雰囲気の1階では、家族連れやお友達同士などお気軽にお越しください。是非一度、本格中華に舌鼓を打ちながら楽しい一時にご利用下さい。
本場上海のコックが作る正統派上海料理
料理は本場上海のコックが作る正統派上海料理。40年変わらぬ味でお客様のご来店をお待ちしております。名物の上海蟹や黒酢の酢豚など伝統的な料理を守りつつも進化を続けております。北京ダックやフカヒレの姿煮など定番の中華料理の他、野菜料理などの定番メニューもご用意しております。夜中でも多くのお客様に中華料理を楽しんでいただけるように深夜まで営業をしておりますので、是非ご来店下さい。


ステーキハウス ハマ 六本木本店
1964年に六本木にて開業し、鉄板焼きの元祖として半世紀の歴史を持つ「ステーキハウス ハマ」。現在では、青山一丁目のそばに店を構え今もなお多くのお客様に愛されております。ステーキハウス ハマでは、すべてお客様の目の前で食材を調理いたします。メインとなる牛肉はすべて国産の黒毛和牛を扱い松阪牛や近江牛などをご用意しております。魚介や野菜も旬なものを取り揃えております。個室も完備しており、様々な用途にご利用いただけます。
ステーキハウス ハマの本店「六本木本店」様々な個室をご用意しております
かつてあった乃木坂の地に、リニューアルして戻ってまいりました。4階建ての茶色いビルとなっております。中に入るとウエイティングルームがあり、先に進むと牛肉を保存しているショーケースやワインセラーがあり各部屋へご案内いたします。ステーキハウス ハマ 六本木本店は個室を完備しており、大切な記念日でのご利用や、大事な接待、さらには団体様でのご利用も可能です。すべての個室に鉄板を備え付けており、お客様の目の前で調理させていただきます。
鉄板焼き一筋のベテランシェフが最高のステーキを焼き上げます
鉄板焼き一筋のベテランシェフがお客様の料理を、目の前でお焼きいたします。メインのステーキはもちろんのこと、魚介や野菜もお焼きいたします。牛肉は国産の黒毛和牛を使用し、松阪牛や近江牛をご用意しており、最高のステーキをご堪能くださいませ。魚介も活アワビや活才巻海老などをご用意、野菜も旬な食材を厳選し数種用意しております。飲み物も各種取り揃えており、特にワインは豊富にご用意しております。フランス産はもちろんのこと各国のワインもございます。
食材は目の前の鉄板で調理、ハマでしか味わえない料理も…
ハマのこだわりの一つとして、すべてのお客様の目の前で食材をお焼きするというスタイルを全店でおこなっております。テーブルサービスでは味わえないサービスをご堪能ください。牛肉も料理長が選び抜き、さらに熟成させ一番おいしく食べられる牛肉をお客様に提供いたしております。また、一品料理にもフォアグラを岩のりの和風ソースに付けて召し上がって頂いたり、山芋のサラダといったオリジナル料理もございますのでぜひ一度ご賞味くださいませ。


side door(サイドドア)
新鮮な素材を皆様に提供するレストランとして「レストランサイドドア」は2000年にOPENいたしました。産地直送した肉、魚、野菜、ハーブを炭火で最高の状態のまま皆様に楽しんでいただいています。
味だけではなく視覚も楽しませる空間
エントランスから一歩中に入ると吹き抜けの空間となっており、地下とは思えない開放感がある空間が広がっています。ラウンジフロアとレストランフロアがあり、レストランフロアにはバーも併設されています。バーには様々な色に変化するレインカーテン(天井から水が流れ落ちる)があり、水の滴り落ちる水音がお越しになるゲストの皆様を優しくお出迎えします。その他にもシャボン玉をイメージしたガラスのオブジェが吹き抜けから空中に浮かんでおり、味だけではなく視覚も楽しませる空間となっています。
全国各地より取り寄せた新鮮素材を皆様に
産地より直送の魚と野菜…「レストランサイドドア」の特長は何といっても新鮮な素材を最高の状態のまま皆様に楽しんでいただくことです。特にハーブは、契約農家から直送しております。山梨県上野原から直送した当店で提供しているハーブは朝畑で摘んだものをその日のうちに皆さまのテーブルにお運びしております。素材の新鮮さ、ハーブ本来の美味しさを割愛することなく楽しめ、肉や魚とオリジナルドレッシングを併せた味は食する人を選ばず、誰もが気に入っていただけるはずです。
ここででしか味わえない逸品、21日間熟成させた看板料理「エイジドビーフ」
「エイジドビーフ」とは一定期間熟成させた赤身肉のことを言います。最大の魅力は何と言っても香りです。その他にも熟成からくる柔らかさやジューシーさ、旨味の凝縮感など普段一般的に食されているものとは大きな違いがあり、一度口にしその美味しさの虜になる方も少なくありません。当店では国産赤身肉を21日間熟成させ、空気に触れている50%近くを削ぎ落とし、旨味が凝縮されている中心部分だけを炭火でじっくりと焼き上げます。このようなプロセスを経る事によってたんぱく質が分解され、アミノ酸が増えた最高の状態となります。


六本木 遊ヶ崎(ロッポンギ アソビガサキ)
“安全に娯楽が楽しめる場所”を探していた源頼朝が、わざわざ舟を使って遊びに来た、という由来の残る遊ヶ崎(現在の神奈川県三浦市城ヶ島)。その名前を受け継ぐ『六本木 遊ヶ崎』は都心に現れた大人の為の遊び場です。本物が分かる大人だからこそ楽しめる「一流の遊び」をぜひご体験ください。
やわらかな灯りに照らされた黒塗りの外観
六本木交差点から芋洗坂を下りきった閑静なエリアに佇む黒塗りの外観。暖簾をくぐれば、都会の喧騒から、大人の癒し空間へとお客様を誘います。店内には、日本人として初めて大英博物館で個展を開き、世界的にも評価の高い、澤田痴陶人の焼き物をはじめとした数々の美術品が展示され、お客様の特別な時間を鮮やかに演出します。
料理を通じて季節を楽しむ
懐石料理では、四季折々の厳選された旬の食材を随所に取り入れ、築地や三崎港の魚介を提供させていただいております。また季節ごとの献立に合わせ、ソムリエが厳選したオーガニックワインや食通も唸らす極上霜降り葉山牛もご用意致しております。睦月の献立では、節分に因んだ前菜から始まり、この時期ならではの石川県能登直送黄金蟹や川豚の白子のパイ包みなど、是非ご賞味して頂きたい。お料理を多数ご用意致しております。
価値のある美術品と、季節感溢れる生花をあしらいお客様をお招きします
ご接待やご会食、記念日や誕生日のお祝いなど、特別な日のお食事にぜひご利用ください。お席はカウンター席の他、2〜4名様までご利用可能なお座敷掘りと、2〜8名様までご利用可能なテーブル席の個室をご用意しております。


てんぷら山の上Roppongi(てんぷらやまのうえろっぽんぎ)
その日の朝、仕入れた旬の素材を、こだわりのオリジナル配合の100%胡麻油でからりと揚げる。絹布のごとき軽やかな衣、揚げてなお際立つ素材の滋味。旬の味を真に活かすのは、料理人の心入れひとつ。1954年創業、神田駿河台「山の上ホテル」と時を同じくして開店した「てんぷら 山の上」。ホテルと同様に多くの文豪に愛され続けた伝説の味は、今も変わることなく受け継がれ東京ミッドタウンでもお楽しみいただけます。
四季折々を楽しめるガーデンを望むカウンターや、落ち着いた雰囲気のテーブル席を用意
ガラス越しに四季折々のミッドタウン・ガーデンを望むカウンター。落ち着いた雰囲気のテーブル席や座敷をご用意いたしました。見応えのある組子細工や格天井を随所にあしらった純和風の空間で江戸前てんぷらをお楽しみください。
職人の技と心を添えて
山の上では一人の揚げ手が二つの鍋を使います。魚介は高温でからっと、野菜は低温でさくっと。四季折々の食材の旬。そして、食材が音でしらせる食べ頃と言うもう一つの旬をお召し上がりください。刺身でも召しあがれる活海老を天ぷらにすることで海老の旨みと甘味がひきだされます。また、下ごしらえした食材を保管するのに氷の冷蔵庫を使用しています。適度な湿度で食材を乾燥から防ぎ、冷蔵庫特有の匂いがつきません。
油の鮮度
厳選された旬の食材をオリジナル配合の100%胡麻油を使用しています。一つは胡麻を生のまま搾り、色や匂いがほとんど無い太白胡麻油。もう一つは胡麻を極々軽く煎ってから搾り、ほんのりとした胡麻風味の極上胡麻油。この2種類をオリジナルの配合により使用し、絹のように繊細な衣を纏った独自の江戸前てんぷらを洗練された職人技でご提供いたします。また、胡麻油は注ぎ足しをせず、数人前を揚げるごとに新しい胡麻油に入れ替えます。常に鮮度の良い状態を保つことにより匂いが付かず食材本来の味を引き出します。


鉄板焼 織部(てっぱんやき おりべ)
2010年8月11日、六本木交差点付近に「高級食材を気軽に」をコンセプトにリーズナブルなお値段で食事をゆっくり召上がって頂きたく、大人の隠れ家として鉄板焼 織部をオープン致しました。厳選黒毛和牛をはじめ、フォアグラ、雲丹、活鮑、活伊勢海老や旬の食材と共にワインなどお楽しみ下さい。
六本木の大人の隠れ家 落着いた空間で極上のお食事を
賑やかな六本木交差点から一遍、店内に入るとジャズの流れる和モダンな内装。鉄板前のカウンター席にて出来上がる料理を見ながらのお食事や、テーブル、個室などでゆっくり過ごして頂けます。記念日、接待など大切な方と過ごして頂くには最適の空間。店内唯一の個室は8階より六本木交差点を見下ろす景色。
和と洋の厳選食材の融合。極上創作鉄板焼
10年以上の経験を持つシェフが、厳選した食材を鉄板にてバラエティー豊かに調理した創作鉄板焼。黒毛和牛、鮑、伊勢海老などを含んだコースは勿論、裏メニュー多数のアラカルトなどシェフにお任せで召上がるなど用途は様々。シンプルに塩と山葵だけで召上がって頂いたり、様々なソースにて召上がって頂いたりと和と洋の食材の融合をお楽しみ下さい。
高級厳選食材をリーズナブルに
鉄板焼 織部ではお客様に少しずつ沢山の種類を召上がって頂きたくお得なコースを各種ご用意致しております。 記念日、接待、宴会とご利用目的に応じたコースが御座います。メニューに無い食材や召上がりたい料理など御座いましたらお気軽にご相談下さい。又、ご予算等ご相談頂ければ、出来る限り対応させて頂きます。


Oysterbar&Wine BELON 六本木(オイスターバー&ワイン ブロン ロッポンギ)
プチビストロ風な落ち着いた雰囲気の店内で、全国より直送された新鮮な生牡蠣を味わえます。今や生牡蠣は一年中安全に食べられるものです。海水がきれいで温度が低い海域や技術の進歩で一年中おいしい牡蠣があります。全て産地直送で安全で鮮度の良い牡蠣をご提供しております。生牡蠣は常時10種類以上、牡蠣料理も豊富にご用意しております。それぞれ違う味わいの牡蠣に合わせることができるよう、ワインも100種類揃えております。その他、手づくりのイタリアンでお楽しみください。
落ち着いた雰囲気でガラスのアイスベッドに牡蠣が並びます
ガラス張りのシャンパンセラーが目印の路面店。木の温もりのある雰囲気の中でくつろぎの一時をお過ごし頂けます。またお席はソファー席主体となりますのでゆっくりとお食事を楽しめます。壁には当店のテーマでもある牡蠣の絵が書かれています。カウンターには迫力のあるガラスのアイスベッドがあり、その日の入荷の生牡蠣が飾られています。ガラス張りの特注のシャンパンセラーには常時20種類以上のシャンパーニュが並び、その他約80種類のワインとともにお料理に合わせたワインのご提案をさせて頂きます。
全国から産地直送、鮮度抜群の生牡蠣と牡蠣料理の数々
全国のお付き合いのある牡蠣産地よりその時に一番身入りの良い牡蠣を厳選して10種類以上取り寄せています。国産の真牡蠣は一年中、もちろん海外のものも。岩牡蠣も春の壱岐の春香から始まり夏にかけては日本海や愛媛、茨城などからも入荷いたします。もちろん牡蠣料理も焼き牡蠣からパスタ、リゾットなど豊富に取り揃えております。また、その他経験豊富なシェフが旬の魚介類や野菜で作る季節感いっぱいのワインに合うイタリアンや自慢の炭火で焼く肉料理もお楽しみ頂けます。
入口脇の特注シャンパンセラーに並ぶシャンパーニュを中心にワイン100種類以上
それぞれに全く違う味わいの生牡蠣はもちろん、牡蠣料理、季節の素材を使ったイタリアンに合わせてワインはソムリエ厳選の100種類以上ご用意しております。特にミネラル豊富な白ワインやシャンパーニュを中心にセレクトさせており、牡蠣の専門店ならではのシャブリコレクションもございます。90年代の熟成された白ワインや著名な生産者のものなど数多く取り揃えております。シャンパーニュは今流行りのレコルタンはもちろん、クリュッグ、ボランジェなどのメゾンものも多数ございます。


Botanica(ボタニカ)
植物を意味するボタニカという名のごとく、葉のモチーフが描かれたエントランスの大きなガラス壁面や、天然素材を使用したインテリアなど自然との調和をはかった開放的な空間が魅力です。さらにボタニカを象徴するのが店内と同じくらいの広さをもつガーデンテラスです。四季を感じさせる緑・花・水があしらわれた自然豊かなガーデンを眺めながら華やかなイタリア料理の数々をお楽しみ頂けます。都会の喧騒を忘れ心地よい美空間でゆったりとしたひと時をお過ごし下さい。
緑豊かなガーデンテラスと洗練されたインテリアが織成す美空間はまさに都会のオアシス
コンラン&パートナーズによってシンプル&モダンにデザインされた空間には、確かな目で選び抜かれたハイセンスなインテリアの数々。陽射しが燦々と降り注ぎ、明るく清潔感ある広々とした店内は、グリーンとブラウンを基調とした温もりに溢れた心やすらぐ雰囲気を演出しています。ボタニカのもう一つの魅力であるガーデンテラスには、人気ガーデンデザイナーの吉谷桂子氏による植栽で四季折々の花々を楽しむことができます。サー・テレンス・コンラン自らデザインしたテラスラウンジの「イタリアチェアー」が一層爽やかさを演出しています。
自然溢れる美空間で旬の食材やハーブを取り入れた華やかなイタリア料理を堪能
緑豊かな爽やかな空間との調和を大切に、旬の食材やハーブをふんだんに取り入れたオリジナリティ溢れるイタリア料理をお楽しみ頂けます。色鮮やかな料理の数々、大胆かつ繊細な盛り付けも印象的です。ランチ、ディナー共にお好みの料理を選べるプリフィクスコースで、いつもより少しだけお洒落に、肩肘張ることなくカジュアルにお楽しみ頂けます。
都会の喧騒を忘れ、緑溢れ心和む美空間で美食に舌鼓
都会の喧騒を忘れさせる開放感と洗練された美空間で、極上の料理と共にゆったりとした時間をお過ごし頂けます。春から秋にかけての天気の良い日にはテラス席でお食事を楽しめリゾート気分さながらの贅沢なひと時を。穏やかな陽射しの中、青々と輝く草花を眺めながらのランチタイム、ビルの夜景がロマンティックな雰囲気を演出するディナータイム、二つの異なる表情と、さらに季節の移ろいを感じることのできる空間は、非日常でありながら心安らぐ時間をお約束します。


ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション(ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション)
ジョエル・ロブション氏が創り出す料理の世界は、世代や性別を問わず、すべてのお客様にお楽しみ頂けます。会社帰りに友人と、恋人と、家族と、夫婦で…など、様々なシーンにあった上質なスタイルを提供していきます。従来のフランス料理はコース料理の注文がメインでしたが、「ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション」では、その日の気分で自由に料理を選んで頂く事ができ、『グラスワインとお勧めの1デッシュで軽いフレンチを』、『今日はとっておきのワインを開けてフルコースで』など、お客様の様々なニーズにお応え致します。
キッチンがすべての中心になるカウンター席メインの店内が“コンビビアリテ”を創出
店内はパリのエスプリが感じられるオープンキッチンスタイルで、キッチンの周りにラウンドタイプのカウンターと椅子を設置しており、お客様には、厨房の中で食事をしてるような感覚を体験して頂くことができます。お客様と料理人がコミュニケーションをとりながら、お勧めのお料理を紹介したり、お客様のご要望に応じたお料理を提案したりする“コンビビアリテ”の世界を創出していきます。また、フランスの著名なデザイナー、ピエール・イブ・ロション氏による店舗デザインが、シックな居心地の良い空間を実現しています。
厳選した最高の素材を使った、21世紀をリードする“シンプル・フレンチ”
「最高の素材を選び、その自然な味を強調し、さらに高みに持っていくこと、それが料理である」とジョエル・ロブション氏が語るように、「ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション」では、素材のクオリティを追求していきます。そしてその上質な素材からインスピレーションを得た独創的なメニューで、ジョエル・ロブション氏だからこそ創り出すことができる豊かな味わいを提供していきます。ランチもディナーもア・ラ・カルトが中心になるので、その日の気分に合わせて自由なチョイスが可能です。
六本木、パリ、ラスベガス、ニューヨーク、ロンドン、香港…世界に発信する新しいフレンチ
コンセプトは“コンビビアリテ(懇親性)”。161坪の店内はオープンキッチンの周囲をぐるりと囲む44席のカウンターがメインで、これまでのフランス料理店にはなかったスタイル。カウンター越しに「今日のおすすめは何?」と気軽にシェフと会話を交わしながら、リラックスしてお楽しみ頂けます。素材の持ち味を最大限に引き出すシンプルな料理は、フレンチだけでなく、日本の寿司やスペインのタパス(小皿料理)などもヒントにしています。ロブション氏が提案する、誰も出会ったことのなかった新しいフレンチの世界です。


ギリシャレストラン スピローズ(Spyro’s 六本木店)
「ギリシャレストラン スピローズ」は東京の六本木にあるギリシャ料理レストランです。青と白を基調にしたインテリアは、エーゲ海と美しい空の青、そしてギリシャのシンボルともいえる白亜の建物をイメージしています。ギリシャの伝統料理からアレンジのきいたモダンな創作料理まで、豊富なメニューをそろえ皆さまのご来店をお待ちしております。
六本木のスタイリッシュな空間でギリシャ料理をどうぞ
青と白を基調にしたインテリアは、エーゲ海と美しい空の青、そしてギリシャのシンボルともいえる白亜の建物をイメージしています。ギリシャの石畳を思わせるアクセントもプラスです。お洒落なカウンター席は、海外にきたような臨場感。お一人様でのお食事、お酒だけのお客様もバーカウンターでゆっくりお楽しみいただけます。奥の半個室のスペースは、デートや飲み会など、親しい仲間とのお集まりにご利用ください。
ギリシャ料理とは
ギリシャ料理は地中海料理の一種で、オリーブオイルをたっぷり使うことが最大の特徴です。オリーブオイルと健康増進との関連は日本でもよく語られていますが、オリーブオイルの消費量はギリシャが世界一。日常の食生活に上質なオリーブオイルを多用するギリシャの人々の食を通した健康には近年高い関心がよせられています。
数千年の歴史を誇るギリシャワイン
ギリシャはワインの産地として非常に長い歴史を持っています。紀元前の時代から、エジプト周辺の広い地域でブドウ栽培が行われていたことはよく知られていますが、後にブドウの品種改良にはげみ栽培技術を向上させたのはギリシャであり、ワイン製造技術もギリシャから全ヨーロッパに広がったといわれています。ヨーロッパワイン発祥の地といえるギリシャでは、現在でもたくさんの上質なワインが生産され、数千年の歴史を誇るワイン造りが各地で盛んに行われています。


ROOTS 六本木(ルーツ ロッポンギ)
水のせせらぎに癒される非日常的空間。総大理石のカウンターに、VIP個室は、女子会から デート・記念日など様々なシーンにご利用頂けます。 お料理は、厳選和牛や旬の新鮮野菜・フォアグラなどの鉄板焼きをはじめ、様々な種類をご用意しております。
目の前に広がる光り輝くラグジュアリーな空間…
ミッドタウン・六本木交差点からすぐの場所に構えるROOTS六本木。総大理石のカウンターは圧巻の8m、完全個室は最新カラオケを完備しており、店内に入ると非日常空間が溢れています。料理や外観・内観は当然のこと、店内の細部にまでこだわった“大人のための”ダイニングで、お客様に至福のひと時をご堪能頂けるよう努めてまいります。
厳選素材を使用した鉄板焼をご堪能ください
厳選和牛や旬の新鮮野菜・フォアグラなどの鉄板焼きをはじめ、様々な種類をご用意しております。ラグジュアリーな空間でお洒落に頂く鉄板イタリアン…。お酒も豊富な種類を揃えているため、お料理に合わせてお召し上がりください。
様々なシーンでご利用頂ける当店
女子会からデート・記念日などにご利用下さい。メインフロアーには、100インチプロジェクターも完備しておりますので、2次会など50名様のパーティーにも対応いたします。六本木駅から徒歩1分の好立地に所在する当店で、優雅なひと時をお過ごしください。


細小魚/六本木ホテルS内(イサナ)
細小魚は西麻布の裏路地にひっそりと佇む小さな鮨屋です。場所柄、海外からのお客様も多く様々な国々のお客様に鮨や和食の魅力を伝えたいという思いから英語表記でSushi Barと名付けさせていただきました。今や世界に誇れる文化となった鮨。そんな鮨を国籍も性別も関係なく一人でも多くの人に食べていただきたい。細小魚は一般の方でも気兼ねなく楽しめるリーズナブルな鮨屋を目指し続けます。
家族、仲間と「ささやかな」幸せを分かち合える場
細小魚(いさな)とは文字通り細く小さな魚という意味で、いささ(小さい、ささやかな)などを意味する言葉が語源で一説には(磯魚)という意味もあります。今日の日本において鮨や日本料理は世界に誇るべき文化になりました。豊かな海の幸を使った鮨は日本人のみならず世界中の人々の心を捉えてやみません。四季折々の食材を使った美味しいお鮨と料理を食べながら飲むお酒、大切な人や気の置けない仲間との語らい、細小魚はそんな日本人の原点であるささやかな幸せをゲストの皆様が感じられる小さな空間でありたいと思います。
旬の食材を使用 1貫1貫に魂をこめる
細小魚では信頼のおける仲買が選んだ食材や店主自ら市場で仕入れた旬の食材を使った江戸前鮨・和創作料理を楽しんでいただけます。食材は旬の素材を中心に安全で美味しいものであれば高級ブランドや形式に固執することなく幅広い目線で仕入れます。また化学調味料は一切使わず酢、塩、醤油などの調味料も妥協はしません。江戸前の基本は大切にしつつも和食や創作料理の良い部分も取り入れた柔軟で体にやさしいお料理を常に心がけています。
性別も国籍も関係なく誰しもが気兼ねなく楽しめる鮨屋
有名高級店がひしめき合う西麻布の中で当店は一般の方にも気兼ねなくリーズナブルに楽しめる鮨屋を目指しています。堅苦しいマナーなどはございません。女性同士やお一人でのお食事の方、言葉の壁がある海外からのお客様など、今まで鮨屋のカウンターで食事をする機会が少なかったお客様にもお鮨の魅力を知ってもらいたいと思っております。お得意様のご接待、お誕生日や結婚記念日など特別な日のお食事のご相談も承ります。末永く愛される居心地の良い空間を皆様と一緒に育んでいければ幸いです。


けやき坂 / グランド ハイアット 東京(けやきざか)
けやき坂は、産地を厳選し、旬にこだわった新鮮で個性的な食材の数々、食材を焼く匂い、音、ディスプレイやデザイン、そして、シェフとお客様の対話によるコミュニケーションなどによって、レストランで過ごしていただく時間を多角的に楽しんでいただける、“スタイル=演出”のある革新的な鉄板焼です。
食材を選ぶ楽しみ。ダイナミックに料理を仕上げていくシェフ。
店内に足を踏み入れると、まるでマーケット(市場)のように食材がディスプレイされています。シェフとのコミュニケーションをお楽しみいただきながら、お客様に食材を選んでいただき、 それを目の前の鉄板テーブルでダイナミックに焼き上げていきます。
美味しい一皿に出来上がるまでのプロセスをつぶさにご覧いただける、そんな楽しみも鉄板焼「けやき坂」の魅力。料理とともにご堪能いただけるワインや焼酎、日本酒なども幅広く取り揃えている他、鉄板で仕上げるデザートもご用意しています。


レストラン 尾前 ゼックス/鉄板焼(restaurant オマエ XEX 鉄板焼)
魚介類を中心とした寿司割烹と、特選和牛をメインとした鉄板焼。旬の多種多様な食材を現代国際人の味の好みに合わせ、日本国内の選りすぐりの素材や世界各国の調味料を使い、表現した料理の数々は、国内外のセレブリティを魅了してきました。
大人の美空間で、特別なひとときを
1階はバーと、白木一本の寿司カウンター。地下には大小2つの鉄板焼カウンターにプライベートルーム。そして2階には暖炉を有するソファーラウンジ。
大理石の鉄板焼カウンターを囲む照明は、シャンパンの泡をイメージしたデザインで優しい灯を演出。眼の前で食材が焼かれていく香りや音が食欲をそそり、鉄板の上に心もとろけます。都会の喧騒から離れた「大人の隠れ家」で特別な時間をお約束。


六緑 / グランド ハイアット 東京(ろくろく)
一枚岩と天然木、流水を配したダイナミックな空間で、職人の確かな腕による旬の握りをお楽しみいただける「六緑」。新鮮な海の幸を中心に、日本ならではの美意識と独創性から生み出される江戸前寿司の数々をご堪能ください。
開放感あふれる雰囲気の中、職人の確かな腕による寿司をお楽しみください
新鮮な海の幸を中心に、日本ならではの美意識と独創性から生み出される寿司の数々は、きっと食通にもご納得いただけることでしょう。

店内は、現代的でありながらも日本の伝統を表現したスーパーポテトの杉本貴志氏によるデザイン。幅広い日本酒のセレクションも取り揃えております。
自然光の差し込むプライベートダイニングで楽しむ江戸前寿司
石造りのフロアに、大きなパイン材のテーブル、ガラスの壁面からは自然光が差し込む、完璧なまでに潔い空間です。

ビジネスやお祝いの席はもちろんのこと、小規模な同窓会などにもお使いいただけます。(個室料を別途頂戴いたします)


マデュロ / グランド ハイアット 東京
大人のためのシックなバー「マデュロ」。揺らめくガスランプの炎と大きなガラスのパーティションが印象的です。ゆったりと成熟した空間で、希少な銘柄のウイスキーやシガーとともに上質な大人の宵をお楽しみいただけます。海外より迎えたアーティストによるライブミュージックに耳を傾けながら、特別な夜をお過ごしください。
贅沢な時間が流れる大人のためのシックなバー
店内は、プロのジャズシンガーによる生演奏が楽しめます。スタイリッシュでシックな空間は、華やかなパーティーにも最適です。結婚式の二次会プランもご用意しています。お二人の記念すべき日をいっそう華やかに彩ります。
豊富なお酒とサイドメニューが贅沢な夜を演出いたします
シグネチャーカクテルのモヒートをはじめとするファインクオリティのカクテル、希少なウイスキーなど豊富にご用意しています。また、ドリンクにあわせて各種タパス料理やデザートもお愉しみいただけます。


Max Bordeaux Bistronomie par Ryuzu(マックスボルドー ビストロノミー パー リューズ)
六本木ミッドタウンの目の前に位置する絶好のロケーション!スタンディングでも、ゴージャスなソファーでも個室でも。スタイリッシュに楽しめるボルドーワインレストラン&バー。ボルドーの1級シャトーもグラス1杯から楽しめます。
エノマティックマシーン&カードシステム
店に足を踏み入れるとまず目に入る、数台並んだ専用サーバーの存在。ワインギャラリーも兼ねたこのサーバーは、チャージ型のプリペイドカードで利用することができます。ワインの酸化を防ぎ、一定の品質や適温で必要な量だけ注ぐことができるため常時48種用意されるボルドーワインを30mlの少量からグラス売りで飲むことができ、それにより本当に飲みたい1本を見つけることが可能です。
ビストロノミースタイルのお食事も堪能できます。
ミシュラン2つ星の「レストラン リューズ」のエグゼクティヴ・シェフ 飯塚 隆太氏による全面的な料理監修により、世界に類をみない、ボルドーワインにアプローチする“ビストロノミー”スタイルのお食事をご堪能頂けます。店内ではもちろんボトルでもご注文頂けますので、アラカルトでもコースでも、様々にニーズにお応えします。


六本木農園(ロッポンギノウエン)
全国各地の農家さんから直接届く旬の野菜を中心に、素材を活かした創作料理をお愉しみいただけます。『地域と都市を繋ぐ』をコンセプトに、素材の特徴、生産者さんのこだわり、地域の魅力などをスタッフが一皿ごとに心を込めてご紹介します。お客様の目の前で生産者さんがこだわりを語る『農家ライブ』など、ユニークなイベントも数多く行なっています。
六本木にいることを忘れてしまう、洗練された中にもどこか懐かしさを感じさせる空間
古い一軒家を改装した店舗は、農家の財産である「土」をテーマに、幾重にも重なる全国の土が壁面を覆うエントランスや、土や白漆喰が塗られた客席など洗練された中にもどこか懐かしさを感じさせる空間。オープンキッチンで明るい雰囲気の一階メインフロア、土壁に囲まれゆったり過ごす地下フロア、東京のど真ん中で空を見上げながら過ごす屋外スペース(FARM&YARD)など、様々なシーンに合わせてご利用いただけるお席をご用意しております。
食材1つ1つに込められたストーリーをお伝えしたい!生産者さんの想いを料理に込めて
私達は単に美味しい料理、体によい料理を目指している訳ではありません。シェフやスタッフが全国各地で出会った生産者さん、こだわりを持って生産している食材、地域が大切に守ってきた伝統文化など、素材の奥に隠されたストーリをお料理に込め、感動とともにお伝えしたいと考えています。お料理だけでなく、全国の酒蔵を回って集めた日本酒、国産ワイン、農家さんから届くフレッシュフルーツや搾りたてジュースを使ったオリジナルカクテルなど、ドリンクも幅広く取り揃えております。
パーティや、大切な方との特別なお食事に
六本木にいることを忘れてしまうほど、開放的で居心地の良い空間は、パーティや、カップルなど記念日のお食事にもぴったり。ご予算に合わせたお料理と、温かいスタッフのおもてなしが、他では味わえない特別な一日を演出します。パーティは、テラスの個室スペースがおすすめ。グリーンの見える、開放的な空間が、愉しい気分を一層盛り上げてくれます。記念日のお客様にはゆっくりとくつろげるお席を。メッセージを入れたデザートプレート付きプランもご用意しております。


VIVADDIO(ヴィヴァディーオ)
六本木・ミッドタウンからほど近い隠れ家的空間です。アットホームでお客様との距離感を大事にしているので、どこまでご要望に応えられるか、をモットーにお料理とドリンクをご提供しております。新鮮な食材を使用したフレッシュなイタリアンは、フレンチでも修行を重ねたというシェフの個性が垣間見えます。大切な方と、ゆったりとしたひと時をお過ごし頂ければ幸いです。
ミッドタウン至近 深夜まで営業の大人の“隠れ家空間”
ミッドタウン至近に立地しながらも、六本木の喧騒から隔絶された静かで落ち着いた大人の隠れ家です。温かい照明とこじんまりとした店内で、アットホームな雰囲気。深夜まで営業しているため、今から!という時にもご利用頂けます。
200本を越えるワインと、ドリンクに合うおつまみの数々
契約農家から仕入れた有機野菜と旬の食材を使ったフレッシュなイタリアンがベース。フレンチでも修行したというシェフの個性が光るお料理の数々は、派手さはありませんが、シンプルでどれもドリンクに合うものばかりです。特にマッシュルームのパスタはおすすめです。またワインはイタリアを中心に、フランス・アメリカ・カリフォルニア・スペインと約200本ほど種類豊富に揃えております。さらに、ウィスキー・ブランデー・日本酒・焼酎もございますので、お好みの1杯を見つけて下さい。


ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ
食事やお酒を気軽な雰囲気の中で楽しめるフランスの庶民的なカフェ“ブラッスリー”。現代のフランス料理を築き上げたフランス料理界の巨匠ポール・ボキューズ氏によるブラッスリーの日本第一号店として、ボキューズ氏のエスプリを受け継ぎ、正統なフランス料理の技法に基づいたブラッスリー料理をご提供しています。 国立新美術館内、逆円錐型の斬新な設計の上に広がる空間でキラキラ輝くライトとガラス越しの夜景に囲まれた幻想的な空間で、ここでしか味わえない特別感をお楽しみください。
天空のミュージアムレストラン
国立新美術館内、逆円錐型の斬新な設計の上に広がる天空のミュージアムレストラン。昼間は窓から注ぎ込む明るい日差し溢れる明るく開放感溢れる雰囲気、そして夜は東京タワーなどガラス越しにキラキラ輝く夜景に囲まれた幻想的な雰囲気をお楽しみいただけます。
アートと料理のコラボレーション
ポール・ボキューズ氏の料理の基本は「良い素材、良い火加減、良い味付け」。基本に忠実で、奇を衒うことが無く、シンプル。一度食べるとまた食べたくなるような、安心感を与えてくれる味わいが特徴です。当店では代表的なブラッスリー料理を多く取り揃えております。また、何と言っても注目は、各展覧会にちなんだ期間限定特別メニュー。芸術鑑賞後の余韻に浸りながら、お皿の上で表現されたアートと料理のコラボレーションをお楽しみください。
天空のミュージアムレストランで味わう巨匠ポール・ボキューズの味
ひとりでも多くの人に正統なフランス料理を伝えたいという願いから生まれたポール・ボキューズ氏のブラッスリー。まさに天空にいるような非日常の気分で、ボキューズ氏のエスプリを受け継いだブラッスリー料理、展覧会にちなんだコラボレーションメニューをお楽しみください。


チャイナルーム / グランド ハイアット 東京(Chinaroom)
広東・北京・上海・四川の中国四大料理の代表的なお料理や本格的な飲茶をお召し上がりいただけるチャイニーズレストラン。
広東・北京・上海・四川の中国四大料理の代表的なお料理や飲茶をお楽しみください
広東・北京・上海・四川の中国四大料理の代表的なお料理や本格的な飲茶をお召し上がりいただけるチャイニーズレストラン。ビジネスシーンやご家族の集いでのご利用に適した個室を6室(うち、セミプライベート3室)完備したスタイリッシュな空間で経験豊かなシェフが創り出すこだわりの食材を活かしたオーセンティックな中国料理の数々を心ゆくまでお楽しみください。最大の個室は20名様までご利用いただけます。


フィオレンティーナ / グランド ハイアット 東京(Fiorentina)
イタリアン カフェ「フィオレンティーナ」では、旬の素材を活かしたイタリア各地のお料理をお召し上がりいただけます。明るい自然光が差し込むスタイリッシュな空間で、オーセンティックなイタリア料理をお楽しみください。
旬の食材を活かした、オーセンティックなイタリアン カフェ
「フィオレンティーナ」が位置するのは、ホテルのロビーフロア。オーセンティックなイタリア各地の料理をお楽しみいただける、モダンなイタリアン カフェです。爽やかな朝日が差し込む店内でのブレックファストを始め、ランチ、ディナーではアンティパスト、ピッツア、リゾット、パスタ、そしてメインコース各種など幅広くとり揃えております。
14:30からのティータイムには、ケーキメニューはもちろん、パスタ、サラダそしてデザートを盛り付けた「シエスタプレート」もご用意しています。
オープンエアのテラス席で楽しむイタリア各地の料理
「フィオレンティーナ」のテラス席は、六本木けやき坂通りとテレビ朝日通りを臨みながら寛いでいただけるスペース。

春には桜・初夏には新緑、と季節折々の自然をお楽しみいただきながら、開放的なテラス席でお食事をお楽しみいただけます。営業時間内はいつでもご利用いただけます。


ESTADO六本木(エスタードロッポンギ)
7タイプの個室空間が至福のリラクゼーションタイムを演出、極上のひとときをお過ごしいただける「ESTADO Roppongi」。お料理は、こだわりのヨーロピアン料理をカラオケルームでご堪能頂けます。ワンランク上の大人の飲み会や女子会に是非ご利用ください。
とっておきのこだわりをご用意
銀器からソファまでこだわりの機能美デザインを追及。極上の心地よさに、パラダイスの美学、優雅な時間をESTADOは、ご提供いたします。グランスイートの各部屋は隠れ家のような至福のリラクゼーションタイムを演出し、各部屋の自由なスタイルも充実。大人数のパーティタイムを贅沢にご満足いただけるお部屋から、洗練のリゾート感溢れる小さなお部屋まで7タイプ。
こだわりのアジアン料理とヨーロピアン料理
ご宴会、パーティには、こだわりのヨーロピアン料理をご堪能頂けます。おすすめのメニューは「横浜ローザのグラタン」。横浜ローザとは、創業1965年の横浜ではよく知られたグラタン専門店です。懐かしい味わいのベシャメルソースがふくよかで飽きが来ません。牛乳がたっぷり入ってバターは浮いて来ないように控え目で、弱火でじっくりと練りあげます。


ゼックス アタゴ グリーンヒルズ / サルヴァトーレ クオモ ブロス(XEX ATAGO GREEN HILLS Salvatore Cuomo Bros.)
東京タワーを間近にする愛宕グリーンヒルズ・森タワーの最上階。イタリアン「Salvatore Cuomo Bros.」からは東京タワー、ベイエリア、そしてよく晴れた日には富士山が華やかに見える極上空間。地上180m42階の大人の空間で、東京のパノラマビューが一体となって深い満足を味わっていただけます。料理はもちろん本場ナポリピッツァをはじめ、魚介がたっぷりのパスタやフォアグラやトリュフを使った贅沢な逸品まで多彩に御用意しております。
視界いっぱいに広がるゴージャスな東京夜景 大人だけの時間を愉しんで
昼は陽光降り注ぎ、夜はまばゆい夜景が素晴らしいXEX ATAGO GREEN HILLS。ロケーションや料理の良さだけではなく、魅力はなんと言っても10,000本も揃うボトルワイン。グラスワインも赤白ともに12種類以上揃うので、その時の気分に合う最高の1杯に出会えるはず。また、食後には併設のバーに移動して、シガーを愉しんだり、毎夜開かれる外国人アーティストによるJAZZやR&Bのライブに身をゆだねては。
ナポリの伝統を昇華させ、洗練されたイタリアン
厳選された食材を丁寧な調理法で、しかも甘美なまでの空間で愉しんでいただける「Salvatore Cuomo Bros.」は、本場ナポリピッツァを日本で一躍有名にしたパイオニア、サルヴァトーレ・クオモがプロデュースするリストランテ。特注の薪窯で焼き上げるもちもちのナポリピッツァや、有機野菜や産地直送の魚介を使ったアラカルトメニューが豊富に揃い、特別な日の夜を思い出深く演出いたします。


エディション・コウジ シモムラ(エディション・コウジ シモムラ)
オーナーシェフ下村浩司。22歳で渡仏し、「ラ・コート・ドール」「トロワグロ」「ギイ・サボワ」などの三ツ星レストランを中心に8年間研鑽を重ね1998年に帰国。2007年に六本木「エディション・コウジ シモムラ」(現在ミシュランガイド東京版二ツ星)をオープン、2011年にはシンガポール、タイにて海外イベントを実施。2013年よりJALの国際線の機内食を担当すると共にドイツ高級家電メーカー・ミーレジャパンの“食”の大使に就任するなど、現在も国内外のイベント招致が絶えない。
料理と空間を味わう芸術的フランス料理
地下鉄南北線六本木一町目駅から連絡通路で直結した、138メートルの高層ビル・六本木ティーキューブの1階に位置する「エディション・コウジ シモムラ」六本木の中心街やミッドタウンにも近いですが、たいへん静かなエリアです。店内はテーブルやイスをはじめ、お皿、カトラリー、オブジェにいたるまで、食事を彩る要素はすべてオーナーシェフである下村浩司自らのアイデアや買い付けによるもの。エレガントな料理と同じく、空間にも美へのこだわりが詰まっています。
料理に込められたストーリーとシェフの哲学を垣間見る
フランス料理のテクニックを駆使しながらも、バターやクリームを殆ど使わず、素材本来が持つ味や香り、食感を存分に引き出した料理を提案。塩味と酸味、牡蠣の旨味が口の中で一体化し、誰もがやみつきになるスペシャリテ料理「牡蠣の冷製 海水と柑橘のジュレ 岩海苔風味」などをはじめ「カダイフを纏った的鯛の軽やかなフリットブロッコリーのクーリとレモンのコンフィチュール」等、美しく彩られた料理が皆様をお迎えします。
厳選素材をさらに美味しくする魔法
シェフによって厳選された素材をさらに美味しく仕上げて皆様にご提供いたします。生産者の方に特別にお願いして生産している苺、“クリスティーヌ”をはじめ、シェフ下村の料理に対する情熱や熱意を感じていただいた皆さんのご協力のもと沢山の食材をエディションの為に特別に生産、確保していただいております。「牡蠣、岩海苔、的鯛、フォアグラ、野菜等」それらの食材をさらに美味しく進化させて皆様にご提供致します。


レストラン 尾前 ゼックス/寿司(れすとらん おまえ ぜっくす/すし)
バ−ラウンジと白木の寿司カウンタ−、大小2つの鉄板焼きカウンタ−を有すメインダイニング。国内外のセレブリティに愛される和と洋の絶妙なエクリクティックを味わえます。尾前XEXのテ−マは、「Integrity(高潔)」。六本木の隠れ家で印象に残る一皿一皿をお楽しみ下さい。
大人の隠れ家
白木の一枚板の寿司カウンタ−で旬のにぎり寿司をはじめ、シェフ尾前による日本人ならではの和と洋の融合した料理が愉しめます。水のせせらぎを聞きながら熟練した寿司職人、笑顔いっぱいの着物のスタッフによる優雅なおもてなしで、都会の喧騒から離れた「大人の隠れ家」で特別なお時間をお約束。カクンタ−後ろには最大8名様まで収容可能な京都のおばんざいを思わせる優雅な和室での、デートやご接待などを演出します。食後には食後酒やデザ−トを2階でゆったりとしたソファ−と心を和ませる暖炉の炎でおくつろぎしていただけます。
様々なシ-ンでの演出
私ども尾前XEXは、旬の多様な食材に対して素直になり、現代の日本人の味の好みに合わせて、日本各地や世界の食材や調味料を使い、表現いたします。料理のスタイルは、1Fの寿司フロア−では、白木の一本カウンタ−と和室に魚介料理をメインにした日替わりのコ−スメニュ−とアラカルト。地下のフロア−にございます鉄板より、こだわりのお肉や新鮮なお魚をお持ちすることが可能です。またお客様のお時間を一層楽しんで頂けます様に、食後には、ソファ−と暖炉のあるラウンジル−ムでデザ-トや食後のお時間を楽しんで頂けます。


ゼックス アタゴ グリーンヒルズ / 炙り焼き & 寿司 An(XEX ATAGO GREEN HILLS あぶりやき&すし あん)
東京タワーを間近にする愛宕グリーンヒルズ・森タワーの最上階。東京の宝石箱のような夜景が眼下に広がる地上180m42階の大人の空間、和食「aburiyaki & sushi An」。四季折々の新鮮な食材と職人技から生まれる華やかな料理の数々。寿司や懐石コース、豊富なアラカルトメニューを心配りが嬉しい繊細なおもてなしとともにご提供します。
視界いっぱいに広がるゴージャスな東京夜景 大人だけの時間を愉しんで
昼は陽光降り注ぎ、夜はまばゆい夜景が素晴らしいXEX ATAGO GREEN HILLS。ロケーションや料理の良さだけではなく、魅力はなんと言っても10,000本も揃うボトルワイン。他にもグラスワインをはじめ、日本酒、焼酎、ウイスキーなど多種多様に取り揃えているので、その時の気分に合う最高の1杯に出会えるはず。また、食後には併設のバーに移動して、シガーを愉しんだり、毎夜開かれる外国人アーティストによるJAZZやR&Bのライブに身をゆだねては。
四季を凝縮した日本料理
宝石箱のような東京の夜景が見渡せる絶好のロケーション。斬新なアイディアが溢れ、和の新しいスタイルを表現しているが、随所に日本料理の伝統姿勢を守るこだわりがうかがえる料理の数々。美酒と旬の素材がふんだんにつかわれたアラカルトを堪能するも良し、懐石コースを愉しむも良し、様々なシチュエーションで特別なひと時をお約束いたします。


オーシザーブル
Aux Six Arbres とはフランス語で「六本の木の元で」という意味です。六本木に1978年にオープンして以来、たくさんの方々においしく楽しくお過し戴いております。日本の方も外国の方も「やあ、ひさしぶり!」と入ってきていただける懐かしさと気軽さのある雰囲気で、皆様をお迎えしてきました。これからも皆様にとって楽しくおいしい空間を用意させて頂きたいと考えております。ご来店を心よりお待ちしています。
季節の花があふれた小さな六本木の隠れ家レストラン
六本木駅から程近い場所にありながら、静かで落ち着いた雰囲気のある隠れ家レストラン。季節のお花があふれたこじんまりとした店内では、伝統のフランス料理をお楽しみいただけます。晴れた日の昼にはお日様の光を浴びながらゆったりとした気分でお食事をお楽しみいただけます。また、15名〜30名様までのパーティも承っております。大切な日のお食事からご友人とのお食事、グループでのパーティまで、様々なシーンでご利用ください。
Aux Six Arbresを知り尽くしたベテラン・シェフ浜中良和
お客様に愛され続ける一皿を美味しく作りつづけると共に、フランスのエスプリを生かしたお料理で、季節の食材を美味しく楽しく召し上がっていただくことをモットーにしております。1978年創業の六本木の老舗フレンチである「Aux Six Arbres」を知り尽くしたベテラン・シェフ浜中良和が紡ぐ伝統の味を、こじんまりとしたアットホームな雰囲気のレストランで、気軽に楽しくお召し上がりください。
オープン以来の歴史を持つフォアグラのソテーなど、厳選食材を使用した料理の数々
シェフ自ら厳選した食材を使用したこだわりのフレンチをご提供しております。確かな素材を使用し、お客様に安心して美味しく召し上がって頂きたいと考え、シェフ自らの目で確かめ厳選した食材や、生産者から直接仕入れた食材を使用しております。特に創業から受け継がれるスペシャリテ「フォアグラのソテー」は、食材、調理ともにこだわり、多くのお客様に好評を頂いております。皆様に美味しく食べて戴く喜び、集う喜びの一時をお過ごし戴けますように、素材を吟味し、活かしつつ、スタッフ一同、心よりお出かけをお待ち申しております。


割烹 一献(カッポウ イッコン)
毎日厳選された食材で作られる、六本木の和食懐石料理の名店「割烹 一献」。一献では、お客様が心よりお愉しみ頂けますよう、1日5組様限定。厳選された全国各地の旬の食材をふんだんに使い、日本料理の美味しさを素材から厳選し、調味料や料理技法を追求した味は、逸品の一言。心に残る日本料理をご堪能頂きます。繊細な技から生まれた妙味を、より美しく味わっていただけるよう、一献では「心」と「間」を大切におもてなしいたします。
モダンな店内と和の雰囲気、お庭の佇まい、そして心からのおもてなし
六本木の裏路地にある黒塀に囲まれた建物。インターフォンを押し、扉をくぐるとそこには日本庭園風のお庭が広がっております。高級風情あふれる店内はカウンター席と個室に別れております。個室は2名様から12名様までご利用可能なお部屋がございます。カウンターは8名様まで入れます。ご接待・ご会合から大切な方との記念日まで、様々なニーズにお応えしております。
毎日、全国各地から取り寄せられる食材を使用し、唯一無二の味を堪能
日本料理は素材から始まります。厳選された食材で、シンプルですが裏には秘められた技と調理法があり、いずれも和食の「真髄」が感じられるものばかりです。コクと旨み、奥行きのあるその味わいは、旬の素材が秘めた力を極限まで引き出します。素材は毎日空輸で取り寄せ、本物を知るお客様に日本料理の美味しさを、お客様の趣向などを考慮し、至極の料理の数々をお任せにてお愉しみいただけます。料理長は北海道、京都、東京の料亭で修行し、料理講師なども務める鹿渡料理長の巧みな技とおもてなしを「割烹・一献」でお楽しみください。
一期一会の味覚の贅。六本木の粋にひたる、ひとときの至福を皆様と共に…
モノも、サービスも、情報も、満たされている今日。不足しているのは、本当の「おもてなし」の受け渡しです。おもてなしの気持ちを通じて、心から喜び合う機会を求めているお客様のために。一献では「おもてなしの心」を形にし、「一期一会一味」を大切にしていきます。これからも「本物」との出会いと共に、良質な御料理・サービスを御提供して参りたいと存じます。「一期一会一味、素材の持ち味、共に楽しむ味」そんな店としてこれからも御客様に心から楽しんで頂ける御料理をご提供出来る様、魂を込めながら日々歩んで参ります。


ヴァンサン
料理、店内や食事の雰囲気、接客まで「本物」を味わうことができるフレンチレストラン「ヴァンサン」。料理人とサービスする人の情熱、静かな音楽、柔らかな照明、美しい器、そしてお客様の会話、すべてが調和してはじめて、レストランの雰囲気はつくられるもの。シンプルな贅沢、素晴らしい時間と最高級の料理をお約束いたします。ようこそレストランヴァンサンへ。御来店を心よりお待ちいたしております。
食事の愉しみを華やかに演出する贅沢感のある空間
“シンプルな贅沢感” それは、店内のしつらえにもいかされている。高い天井、ゆったりとしたテーブル、200号の絵画。都会の中にあっては、心地よい空間の豊かさが、くつろいだ食事の愉しみを華やかに演出いたします。本物の「レストラン」の雰囲気とは何か。ヴァンサンにご来店いただき、是非本物を感じてみてください。
季節の素材がもたらす自然な味を最大限に生かす、フランス料理の真髄を味わう
オーナーシェフ城悦男の料理哲学は、19世紀の料理学者ヴァンサン・ラ・シャペルの料理書に、いみじくも表現されています。季節の素材がもたらす自然な味を最大限に生かすことによって、シンプルで健康にもよく、おいしい料理が生まれるという考え方がいつも基本にあります。手間暇をかけたソースが、素材の持つうまみをより引き立てる。本物のフランス料理をご堪能ください。
日本におけるフランス料理界の重鎮 城悦男が振る舞う美味の数々
〜シェフ経歴〜
1947年 広島県呉市生まれ。1967年 渡欧しスイス、フランス、ベルギーなどの高級ホテル、レストランで修業を重ね1973年に帰国。帰国後、当時日本で名店として名高かった六本木レジャンスに入店。1976年 銀座レカンに移り16年間シェフを勤める。日本を代表するフランス料理店に名を高め、グランシェフとしての地位を不動のものにする。1992年 六本木にヴァンサンを開店。1995年から3回フジテレビの「料理の鉄人」にも出演、鉄人・坂井宏行シェフと戦い「ソースの城」として名を馳せる。


Restaurant FEU(レストラン フウ)
今話題の東京ミッドタウンのすぐ近くのフランス料理、レストランFEU自然光が差し込む明るいダイニングで新鋭のシェフが創り出す感動の料理をお楽しみ下さい。
レストランFEU7代目料理長 松本浩之
2006年10月にレストランFEUの料理長に就任「ラ・コート・ドール」「ホテル アルベール1er」など6年にわたり二ツ星、三ツ星で修業を重ね、フランス料理の本質を踏まえ人々に感動や幸福を与える料理を志している。
色々な楽しみ方が出来るダイニング&バー
重い扉を開けるとバーカウンターが広がり食前酒や食後酒を楽しめます。バーだけのご利用や、またウエディングパーティーやレセプションパーティーまで幅広くご利用いただけます。


澤いち(サワイチ)
六本木駅より徒1分の立地に、イカの水槽を目印に、暖かな灯りをともす割烹「澤いち」。常に旬の魚介類に目を配り、全国から直送しております。客席はカウンター席から、最大14名まで利用できる個室など、小さな集まりにも大人数の会合にも対応できます。ひとときの安らぎと、心華やぐ味わいをどうぞ気を楽にしてお楽しみください。
カウンター席から個室まで…ゆったりとしたひと時をお過ごしください
六本木駅から徒歩1分。入り口の扉をくぐると、目の前には清潔感あふれるカウンター席が飛び込んできます。足を延ばせる掘りごたつ式の席なので、リラックスしながらお食事を堪能できます。店主との会話から、予期せぬ逸品に出会えることも、お食事の楽しみの一つです。小さな集まりにも大人数の会合にも対応できる個室も6室ご用意。二人だけの語らいから、大人数の宴会まで、さまざまな用途でご利用いただけます。
旬の食材を全国から直送、その日に旨い美味を堪能
その時期、その日に旨い食材を求め、北海道から九州までさまざまな地域から食材を直送しております。中でも、春はホタル、冬はヤリと季節ごとに種類を変えてふるまわれるイカ刺は、神奈川県三浦市の松輪港をはじめ、佐賀県は呼子など全国各地から直送され、季節のイカや魚介類を求めて通う常連客も少なくありません。他にも備長炭で焼く焼き魚や、土鍋仕立ての炊き込みご飯など「真の旨いもの」をご提供いたします。
とにかく気軽にきていただきたい
祖父の名前が、古澤澤一。そこから“澤いち”と命名いたしました。建具職人の祖父はとても職人気質で良い物作りをしておりました。そんな祖父から学んだ「素材に拘る・素材の持ち味を生かす・素材を大事に」をモットーに、お店をオープン。澤いち店内の組子欄間には祖父の作品を使用しておりますので、ご来店の際には是非ご覧くださいませ。


アジュール フォーティーファイブ/ザ・リッツ・カールトン東京
「アジュール フォーティーファイブ」では、壮大な眺望を見渡せる優雅な空間で心のこもったおもてなしと共に正統派フランス料理をお愉しみいただけます。フランス語で「青」という意味の“アジュール”は、45階の窓から広がる美しいスカイラインと東京湾を望む景色を表しています。最大17名の着席が可能な個室をご用意し、小さなお集まりからビジネスまで、様々なシーンにもふさわしい場所です。
45階に位置し、東京タワーをはじめとする東京の素晴らしい景観
旬の素材をふんだんに使い、多彩なオリジナルメニューを、東京タワーや眼下に広がる街並みを眺めながら、ゆったりとお楽しみいただけます
フレンチダイニング
山口県の萩の市場から届く新鮮な魚介類や、シェフが直接現地に赴いて仕入れるピュルゴーのシャラン鴨、ピエールオテイザのキントア豚など、こだわりの素材をフランス料理の技法を用いて贅沢に、シンプルに調理します。



La Colina(ラ コリナ)
本場の味にこだわった老舗メキシコ料理店でございます。伝統的な手法にモダンなテイストを加えた現代的なメキシコ料理は新鮮であり驚きをもたらしてくれます。また店内のインテリアや内装を彩る数々のアートなど洗練された空間の随所にそのコンテンポラリーな感性が満ち溢れております。 代表的な本格メキシコ料理を集めた大皿を囲み、自家製サングリアやテキーラなどのドリンクを片手に華やかな夜をお過ごしください。
モダンなインテリアで彩られた店内は本場メキシコの匂いが漂います
六本木駅直結の「東京ミッドタウン」内にあるアクセス抜群のところに位置しております。エントランスを通り抜けるとと、全面窓越しに広がる海外リゾート風のテラスと、外の桜並木がちょうどいい高さで目に視界に入ります。1階フロアでありながら、外からは2階の高さなので開放感も抜群でございます。本場から取り寄せた調度品や美術品が配された、ゆったりとしたカウンター席や奥のテーブル席をご用意しております。
多彩なドリンクと一緒に味わう本場メキシコ料理の数々
洗練されたアメリカンテイストのメキシコ料理を現代的な味で提案いたします。ご来店したお客様が必ずご注文する人気の特製タコスは一度は食べたい逸品です。トウモロコシを原料に食物繊維たっぷりの手作り生地を使用しております。種類豊富なメキシコビールを多数ご用意しております。自慢のフローズンマルガリータをはじめスパイシーフードに合うトロピカルなカクテルも多数ございます。本格絶品メキシコ料理と一緒に是非一度ご賞味ください。
都会の中心で感じる、現代のメキシカンが織りなす開放感
都内にいながら現代のメキシコを身近に感じることのできる空間がお客様をおもてなしいたします。メキシコ人が奏でる本場の音楽と美しい歌声に耳を傾けながらをお食事をお召し上がりいただけます。モダンなインテリアは全てメキシコから輸入しております。大人のためのリゾート空間を演出しております。お料理やお飲物はもちろん、店内の雰囲気の隅々までこだわっております。


バンク(BANQUE)
時は19世紀、ヨーロッパ郊外の地下セラーにて、今宵もワインを囲んで大人の寛ぎを楽しむ時が流れる。現実から隔離される欧風古城地下室空間に鎮座する巨大セラーへ収められたワインは1000種類2800本。大人の遊びが見え隠れする店内。お食事はイタリアンやフレンチにて修行を重ねたシェフがワインとのマリアージュを意識したアラカルトや季節のコース料理をご用意。ワインは身体に優しい自然派ワインや国産ワイン、お手頃品から超貴重品までオールドヴィンテージを幅広く揃えておりますので、バースデーヴィンテージなどの演出も可能です
時を忘れ、時代を忘れる異空間。巨大セラーを眺めながら過ごす大人の寛ぎ
世界一のテーマパークを手がける造作集団が、19世紀の欧風古城地下室を創り出した店内は、まさに現実から解き放たれる非日常空間。非日常を創り出すために店内の細部までにこだわった造作と、温度・湿度を管理した5000本収容の巨大セラーは、全てのテーブルから眺められ、ゆったりとした時間の流れと、大人の寛ぎを創り出します。きらめくシャンデリアと羽毛のソファーは、あなたの身体を優しく包み込み、BANQUEでしか味わうことができない幻想のひとときを、お好みのワイン、料理と共にお楽しみください。
選りすぐりの食材を使用し、ワインと最高のマリアージュを
大分県佐伯港からは、宮内庁御用達「丸昌水産」の産直の新鮮な魚介類、田園調布にある熟成肉の専門店「中勢以」の熟成但馬牛、松坂からの超大粒エスカルゴなど、食材を使用し、ワインとのマリアージュを意識したメニューを豊富にご用意しております。季節ごとに変化するシェフのおすすめコースや好みのメニューを選べるプリフィクスコース、アラカルトでもお楽しみいただけます。
ワインに寄り添いながら、過ごす時間を楽しむことを追求し続けます
美味しいワインって何だろう?答えは一人ひとりの心の中にあるものですが、ワインの味だけではなく、味わうその時間をより良いものにとBANQUEは考えています。ワインを囲むと料理が美味しくなり、話が弾み、贅沢な時間が流れる。時を遡り、そのワインが生まれた時代、その時を思い浮かべながら過ぎ去った時間に思いを馳せる。農家さんが大切に育てた葡萄からやさしいワインが生まれ、添加物の無いワインは身体も正直に受け入れる。理屈ではなく、自然体に無条件にワインから何かを感じていただければと思っています。


L’ESTASI(レスタジ)
「レスタジ」、イタリア語で「恍惚」を指し示す言葉通り、お客様に完全なる至福を提供する大人のリストランテ。コンセプトは「ス・ミズーラ」最高のお料理と心地良い時間をお客様のお好みに合わせてオーダーメイドでご用意致します。料理人の確かな腕と、サービススタッフの豊富な知識に裏打ちされた、ここでしか味わえない特別な一皿をお楽しみ下さい。
開放的なテラス席と落ち着いたダイニングで供される“至福の時”
約百坪の広々としたテラス席とベージュを基調とした落ち着いた雰囲気のダイニング席を併設した都内有数の大型レストラン。大小の個室も完備しており、家族連れのカジュアルなランチから大切な方とのとっておきのディナー、ビジネスでの会食まで様々なシーンに合わせて御利用いただけます。店内の調度品は全てイタリアからの直輸入。石窯でピッツァを焼き上げる姿や、壮大なセラーに並べられたワイン達も合わせて目を楽しませてくれます。
お客様だけの特別な一皿、「ス・ミズーラ」とは
ラ・ミズーラとは本来テイラー(仕立て屋)が用いるオーダーメイドを示す言葉です。様々な素材や生地を組み合わせて、お客様の身の丈に合った一着を仕立て上げるように、ここレスタジでは国内外の厳選食材を使い、お客様のご要望とカメリエーレ(給仕人)のアイディアを祈りこみながら、その日そのテーブルだけの特別なお料理をお作り致します。アラカルトはもちろん、コース形式にも対応しておりますので、文字通り「お好みの」料理に出会えることでしょう。
ワインに囲まれながら案内の時を待つ、心躍る瞬間
エレベーターを降りるとまず目に飛び込んでくるのは、5,000本を数えるワインが並んだ圧巻のワインセラー。常時600種類のワインが取り揃えられており、その内訳もイタリアを中心にフレンチ、ニューワールドと幅広く御用意しております。ワイン通をうならせるヴィンテージ物はもちろん、ワイン初心者の方には白、赤5種類ずつのバイザグラスでの御用意だけでなく、ソムリエ厳選のワインをお料理に合わせてお楽しみいただくテイスティングコースもございます。


御曹司 きよやす邸(オンゾウシキヨヤステイ)
落ち着いた空間と上質なおもてなしは接待や記念日に大好評!老舗旅館のような完全個室で本格鉄板焼和食の感動を。つかず離れずの心配りをモットーに、お席に合いましたサービスを心掛けます。スタッフ一同、皆様のご来店お待ち申し上げます。清水の湧き出る池をご覧頂きながらお食事のできる個室や完全個室があり接待、会食に最適です。
老舗旅館のような趣のある佇まいで、都会の喧騒を忘れさせてくれます
六本木交差点近くとは思えない老舗旅館を想わせる落ち着いた日常を忘れる和空間で、2〜35名様までの個室をご用意しております。大小様々なお部屋を御用意しております。御利用人数様、用途に応じて御案内させて頂きます。商談や御接待にうってつけのお部屋を御用意致します。カウンターは、目の前で鉄板職人の技を見ながらお食事を召し上がれる人気のあるお席です。店内の池は季節ごとに様々な草花を活けて、お客様に季節を感じていただいております。
きよやす邸自慢の「厳選黒毛和牛の鉄板焼き」と、海鮮魚介を沢山ご用意いたします
きよやす邸自慢の「厳選黒毛和牛の鉄板焼き」と、海鮮魚介を沢山ご用意いたします。お客様の“わがまま”を大事に受け止め、焼き・煮・造り・揚げと熟練職人の妙技をお楽しみください。鉄板焼きで召し上がっていただく和牛肉は、ミディアムレアで仕上げさっぱりと藻塩や山葵などで召し上がって頂きます。海鮮も鮮度にこだわり最高状態でお客様にお届けし、造り、鉄板焼き、炭火焼、など様々な調理法でお届けします。季節ごとのお鍋もご用意が御座います。
老舗旅館のような、日常を忘れさせる和空間で付かず離れずのサービスのおもてなし
六本木駅から徒歩1分。六本木通りに面し車でのご来店にも便利です。「最高級の国産黒毛和牛」をベテランの仲買人と熟練の職人が品質・産地・生産者を厳選して仕入れます。鉄板焼・炭火焼・刺身などで自信をもってご用意しております。老舗旅館のような、日常を忘れさせる和空間で、2〜35名様までの個室をご用意しております。清水の湧き出る池をご覧頂きながらお食事のできる個室や完全個室があり、接待・会食に最適です 。


ニルヴァーナ ニューヨーク
1970年、ニューヨーク・マンハッタンで創業し、数多くの著名人に愛され、まるで天国でディナーを楽しんでいるかのようにロマンティックな気分になれるインド料理ファインダイニング「NIRVANA」は、惜しまれつつもその歴史に幕を閉じました。その伝説を新たに、ここ六本木、東京ミッドタウンに復活。その料理は、ニューヨークから届いたカレーのみでは語りつくせない、薫り高きスパイスを操った本物のインド料理。目の前に広がる檜町公園の緑を臨む心地よいダイニングで、本物のインド料理をお楽しみ下さい。
都会の深緑と夜景を臨む全席パークビューのダイニング
店内はシックな内装に華やかな色使いが目を惹くミッソーニのファブリックがアクセントを添えるモダンな空間。1歩足を踏み入れると、そこはまるで「NIRVANA」(天国のような場所)、別世界でディナーを楽しんでいるような気分にさせてくれます。全席がパークビューになっており、大きな窓から見える檜町公園の深緑や夜景と共にお食事をお愉しみ頂けます。そして広々としたテラスには、ゆったりと寛げるソファー席とテーブル席を配置。都心の高層ビル群を背景にしたミッドタウンガーデンの緑の中で極上のひとときをお過ごし下さい。
薫り高いスパイスを使った奥深いインド料理と、シェフの感性が融合した一皿
インド北部のメニューを中心に、少し辛めな南部のメニューまで、カレーのみでは語りつくせない、薫り高きスパイスを操った本物のインド料理を、洗練された美しい盛り付けでお楽しみ下さい。名物料理は、タンドリー窯で焼き上げる様々な食材を使ったタンドリー料理。また、進化を続けるニルヴァーナのオリジナル料理も人気です。クラシックなインド料理を大切に守りながら、今までにない新しいインド料理を目指すシェフは、四季のある日本ならではの厳選された旬の食材をふんだんに使用し、素材を活かした新たな一皿を生み出しています。
N.Y.の伝説的インド料理レストランが東京ミッドタウンに復活
1970年、ニューヨーク・マンハッタンで創業し、数多くの著名人に愛されたインド料理ファインダイニング「NIRVANA」は、惜しまれつつもその歴史に幕を閉じました。その伝説的インド料理レストラン「NIRVANA」が、六本木・東京ミッドタウンに復活。目の前に広がる檜町公園の緑を望む心地よいダイニングで、洗練されたサービスとともに、スターターからデザートまで上品でスタイリッシュなインド料理をお楽しみください。


トリプルアール ラウンジ(RRR LOUNGE)
2012年3月1日、六本木「RRR Lounge トリプルアール ラウンジ」としてオープンいたしました。姉妹店トリプルアールと同様に国産黒毛和牛の炭火焼きステーキと100種類を優に超えるワインを、驚愕な価格でご提供いたします。さらにトリプルアールラウンジでは、ルーアン産鴨やフランス産ピジョン等のより本格的なフランス料理を、リーズナブルにご提供いたします。
大人の隠れ家的な心地よい空間
最上階の扉が開いた目の前には、ガラス張りのワインセラーがお客様をお迎えし、隠れ家らしい小さな店内にシャンパングラスのシャンデリアや絵画、装飾等細部に渡り大人の空間を演出。大切な人とお大切な時間をお楽しみ下さい。
ワンランク上のフランス料理とワインに酔いしれる
長年に渡りフランス料理を探求してきたシェフとソムリエによる、他にはないワンランク上の料理とマリアージュするワインで至福のひと時をお楽しみ下さい。


Roti American Wine Bar & Brasserie(ロティ アメリカン ワインバー & ブラッセリー)
ロティ アメリカン ワインバー&ブラッセリーは、60年代からの姿をそのまま残したような、北カリフォルニアのナパ・バレーのワインバーにインスパイアされたワインバー&ブラッセリー。店内はワインバーとブラッセリーの2つのエリアからなり、ブラッセリーエリアでは、厳選素材でご用意するブラッセリー料理の数々をエレガントな雰囲気の中でごゆっくりお楽しみ頂けます。ワインバーではニューワールドのワインをワインに良く合う前菜と一緒に。名店の由来でもあるロティ自慢の「ロティサリーチキン」も是非ご賞味下さい。
レトロ&モダンな60’sのカリフォルニアの雰囲気を味わえるインテリア。
エントランスをくぐると高い天井までそびえ立つワインセラーがお出迎え。店内奥のブラッセリーエリアはゆっくりお食事がお楽しみ頂けるよう、印象的なステンドグラスとソファー席でムードのある雰囲気に。手前側のワインバーエリアは軽いお食事とワインをお楽しみ頂けるカウンター席やハイテーブルで気軽な雰囲気の中にも高級感のあるデザインに。60年代カリフォルニアのノスタルジックな雰囲気を、モダンでありながらレトロなインテリアデザインで表現しました。
自慢の「ロティサリーチキン」を始め、シンプルかつ力強いお料理の数々。
アメリカで修行を積み、日本でも数々の人気店をプロデュースしてきたエグゼクティブシェフ、イアン・トーザー。1号店でも人気のロティサリーオーブンでじっくり焼き上げた「ロティサリーチキン」を始め、赤ワインでマリネしてグリルで焼いたオニオンを添えたミッドタウン店限定の「レッドワインバーガー」など、イアンがプロデュースするシンプルかつ力強いお料理をお楽しみ下さい。その他、オイスターなどの新鮮なシーフードや炭火焼きのリブステーキなどのお肉料理もご用意しております。ランチタイムにはお得なセットもございます。
厳選された約150種のボトルワイン。グラス、カラフェも20種類から
店内にそびえるワインセラーにはカリフォルニア、ワシントン、オレゴンなどの北米産ワインを中心に、オーストラリア産やニュージーランド産など、厳選されたニューワールドワインをボトルで約150種類ご用意。グラスやカラフェでも20種類以上のワインをお選び頂けます。エグゼクティブシェフのイアンが厳選した各国の生ハムやチーズ、オリーブ、ワインに良く合う前菜と一緒にどうぞ。ワインバーエリアではこれらのワインや前菜を気軽に立ち飲み感覚でお楽しみ頂けます。


bar,restaurant DEMODE6(デモデシックス)
30年以上前、DEMODEは福生米軍基地前のアンティークショップから始まりました。今ではインポートウェア、家具、アメリカンダイナーなど全15店舗で展開中。アメリカと日本のカルチャーがMIXした独特のテイストが、今日までに多くのファンに支持され続けています。2012年冬、六本木にオープンしたバー&レストラン「DEMODE 6」は肉料理を中心に、ワインやカクテルも充実させました。1階のカウンター席やハイテーブルは軽く呑みながら、腰を据えて飲み食いするなら2階のラウンジがおすすめです。
2012年11月OPEN。肉とワインのラインナップが際立つビストロ&ダイナー
六本木にバー&レストラン「DEMODE 6」がオープンしました。サーロインやヒレ、リブロース、鹿、羊などグリル料理は常時10種以上。牛、豚はもちろん、希少なジビエなど肉好きにはたまらないラインナップをご用意。シンプルに塩コショウ、レモンを添えて、絶妙な肉の焼き加減をお楽しみ下さい。メニューはひと手間、ふた手間加えた煮込み料理なども充実させ、フレンチ出身の料理長・五木田 正刀ならではのラインナップとなっています。お料理に合うワインはシニアソムリエ岡島が厳選。こちらもぜひお楽しみ下さい。
「DEMODE」とは、de mode。いつまでも愛される古き良き空間
米軍基地がある福生が発祥の地である「DEMODE」。六本木の「DEMODE 6」も、オールドアメリカを彷彿させる、味わい深い空間に仕立てました。デコレートするアイテムは、個性溢れるアンティークを使用。1階はロングカウンターにハイチェアのテーブルのお席。テラスでもワインを楽しんでいただけます。ゆったり過ごしたい時は2階へ。奥には個室もご用意しております。
「チョコレートテリーヌ」をはじめとした個性的な手作りスイーツもおすすめです
大人の街、六本木けやき坂にふさわしいスイーツをご用意しています。低温でしっとりと焼き上げる「チョコレートテリーヌ」。肉屋らしく、ピンクペッパーと塩を添えてご提供。カカオ61%、少し苦味の効いたクーベルチュールと、バター、砂糖、卵だけで作る濃密な味わいです。キンと冷やし固めたテリーヌは、最初はジェラートのような冷たいくちどけを、しばらくすると生チョコのようにこっくりとした味わいをお楽しみください。記念日には、ご要望に応じて特製のスイーツもご用意いたします。


ココノマ シーズンダイニング/六本木ホテルS内(ココノマ シーズンダイニング)
六本木と西麻布の中間地点、通称「ニシロクエリア」にある「六本木ホテル S」直営のレストラン。「箸で食べるワインダイニング」をコンセプトに、旬の食材を使った一流の味をお好みのワインと合わせて気軽にお楽しみ頂けます。フレッシュな野菜たっぷりの朝食に、カジュアルイタリアンのランチ。午後のティータイムのあとはゆったり楽しむ気ままなディナー。匠の手で仕上げた自然素材の壁や床に包まれて、誰もが自然とやさしい気持ちになる、そんなレストランです。
「心地よい空間・丁度良い広さ」という意味の「九間」が店の名の由来です
能舞台など、日本人が古くから意匠的に優れた空間として大切にしてきた間が「九間」。ココノマの空間もこの「九間」をベースとしているため、心地よさが自然と感じられるのです。壁面の漆喰は日本を代表する左官職人の久住 有生氏に依頼。とりわけ小上がりの漆喰は一般の方も参加してつくりました。荒削りな仕上がりが素朴さを感じさせます。カフェスペースの広い壁面は植物で覆い、森や草原の中にいるような気持ちになります。ダイニング中央の土の球体には植物のオブジェが飾られ、季節の移ろいを感じさせてくれます。
自然の心地よさを感じながら楽しむプリフィックスランチ
20種類をこえる野菜を使ったサラダオードブルとデザートブッフェ、焼きたてパンに加えて、お好きなメインディッシュをお楽しみいただけます。メインは季節の食材をふんだんに活かした、パスタ、リゾット、お魚やお肉料理の中からお選びください。カフェスペースの広い壁面を覆う目に鮮やかな植物たちにも心癒されることでしょう。
旬の食材と美味しいワインのマリアージュを気軽に楽しむ
日本の風土で育った食材をシェフが心を込めてワインとのマリアージュを楽しむ一皿に仕上げます。日本人醸造家が海外で造るワインやボルドー、ブルゴーニュ、ニューワールドなど、ワイン通もうなるコレクションをご用意しております。


知仙(チセン)
六本木駅からほど近い華やかな雰囲気の中に佇む、禅寺風の門構え。古都を思い起こさせる日本情緒豊かな空間です。お出しする料理は、板前の心意気が伝わってくる串喝と、日本料理の数々。日本ならではの季節感を大切にし、旬を感じられる素材をふんだんに使用しております。ゆったりとした時間の中で、日常を忘れて大切な方とお過ごし下さい。
古都鎌倉の情緒漂う 落ち着いた雰囲気のカウンター席
六本木の華やかな喧騒の中に佇む禅寺風の門構えは、幾多の歴史の舞台となった古都鎌倉の雰囲気を漂わせています。一歩足を踏み入れると、街の雑踏が遮断される落ち着いた空間です。知仙ならではの味わいと、日本情緒が溶けあう店内で、ゆっくりとくつろぎのひと時をお過ごしください。
四季を大切にし、季節を感じさせる旬の食材
一串一串、作り手の心意気を通わせ、旬の食材をお客様に召し上がって頂きます。当店自慢のおまかせコースでは、食べる量はお客様におまかせしておりますが、食べる品は板前にお任せ頂いております。お客様の食べるペースに合わせて一串ずつお揚げし、串の合間に日本料理をお出しいたしますので、様々なお味をお楽しみ頂けます。その他、知仙自慢の串喝がメインの知仙セット、日本料理と串喝を組み合わせた旬コースをご用意しておりますので、お客様の気分・ご用途に応じてお選び下さいませ。


バルコニーレストラン & バー(BALCONY RESTAURANT&BAR)
六本木1丁目駅直結。開放的なレストランとスタイリッシュなバーを併設したカジュアルダイニング。料理スタイルは、各国の調理法を取り入れて完成させた「モダンインターナショナルキュイジーヌ」。活気あるオープンキッチンを備えた明るくモダンな空間で仲間や友人とカジュアルにお過ごし頂ける時間を提供致します。まるで海外のバルコニーで過ごすような明るくにぎやかな雰囲気の中で楽しいひと時をお過ごしください。
仲間や友人とカジュアルにお過ごし頂ける時間をご提供
スタイリッシュな入口を入ると左手には気軽に飲めるバー、右手には開放的なダイニングが広がります。仲間と、ご友人とにぎやかに、そしてご家族や恋人と気軽になど多種多様なシーンでお楽しみ頂ける空間を演出致します。都会に佇むモダンでカジュアルな空間で、素敵なひと時をお過ごしください。
世界各国の調理法を取り入れたワールドワイドなメニュー
食への感動を求め続けたシェフ達が、現代における世界各国の調理法と50種以上の食材を用い、その英知を終結させ完成させた「モダンインターナショナルキュイジーヌ」。お客様の五感を刺激し、満足して頂くことをお約束致します。旬の食材を取り入れ、食の楽しさを伝える、ここでしか味わえないメニューをお届し、食の感動を皆様に伝えます。
いつ来ても心地よく、何度来てもMY PLACEだと感じ、感動ができるレストラン
気軽に楽しめて、居心地が良く何度でも行きたくなる…そんなことを感じていただきたいという想いを表現したBALCONY RESTAURANT&BAR。日常の生活の中で楽しいことや嬉しいと感じること、心が豊かになると感じることの一つに「食」があり、「人」は大昔から「食」が文化であると知り、現在もそうであり、今後も変わらない…そんな「食」というお客様の人生のワンシーンに密接し、食の楽しさを感じて頂きたいと願っております。心地よい空間で最高のひと時をお過ごしください。


Trattoria RYUDO(トラットリア リュウド)
星条旗通りから一本裏通り、六本木の喧噪から一歩離れた場所に「Trattoria RYUDO」はあります。一面ガラス張りの入り口は、ランチタイムは開放感のある空間を演出し、ディナータイムはろうそくの灯が落ち着いた雰囲気を、よりロマンティックに演出します。またオープンキッチンを通して作りあげる料理は、シェフが持つ感性を最大限に生かした一皿一皿となり、お客様からのご要望にも柔軟にお応えし、シェフとお客様との世界観を融合したお料理もお楽しみいただけます。「Trattoria RYUDO」で非日常的な時間を体験く
今夜はシェフのクリエイティブな料理とワインを
Trattoria RYUDOは「東京カレンダー」にも料理が掲載されたシェフメインのレストラン。ここは以前は龍土町と呼ばれ、明治より文豪達が集った新しきを進取する街でした。その進取の精神をリスペクトしRYUDOの名を頂きました。シェフは「イタリアンをベースにしたクリエイティブな料理」をオープンキッチンのライブ感と共に提供します。また、ワインはソムリエが料理に合うように丁寧に選びました。「料理に合う手頃で美味しいワイン」をビルの一軒家とも言える贅沢な空間で味わう。非日常な時間をゆっくり味わって下さい。
RYUDOの楽しみ方
その1「シェフにおまかせ」
クリエイティブな一皿の基本はあるものは素材から。野菜は農家直送、肉は半頭買いでソーセージから分厚いグリルまで、パスタは毎朝手打ち、ドルチェはアイスまで手作り。「シェフにおまかせ」がおすすめなのは、食材のポテンシャルを最大限に引き出すために、新しい創造性で調理するからです。お客様の驚きを約束する為に、毎日の手間や学ぶことを惜しみません。

その2「わがままや気分を伝える」
例えば親しい友人と御一緒。「今日は気楽にいきたい」と、シェフに相談して下さい。「まずはビール」メニューにない「大山鶏のフリットとラディッシュ」を提案致します。辛いラディッシュをかじりながら冷たいビールで。続いて赤ワインを3500円〜を一本。「栃木県産アサノ豚の分厚いグリル」を一皿。豪快350グラム厚さ3センチを切り分けながら飲み、次は「野菜も」と。メニューにない「旬野菜のココット焼き」にチーズソースをおすすめします。シェフの創造性はご要望があって初めて成立します。是非「わがままや気分」をお聞かせ下さい。ご要望にお応えして喜んで頂ける事がRYUDOの喜びです。

星条旗通り裏の、雰囲気ある空間
昼は陽の光が差し込み、夜はロマンティックなろうそくの灯がこぼれる大人の場所。50名様までの貸切パーティー可能な店内は、落ち着いたライティングでパーソナルな空間から数人で寛げるテーブル、そしてガラスとカーテンで仕切られたVIP席。多彩な表情で大切な方々とのさまざまな使い方が可能です。料理、空間、雰囲気、シェフの情熱の相乗効果で、五感全てに記憶に残る時間を提供します。


炭火焼肉 An
素材や料理に精通された、堺正章氏をプロデューサーに迎え、氏がご推薦している沖縄県産黒毛和牛の「もとぶ牛」や契約農場直送の野菜など、素材のご提案から、サンチュはもちろん、トマトやルーコラなどのハーブと一緒にお肉を食するなど、「安全」「健康」を意識した食のスタイルもご提案いただき、従来のイメージを覆す新しいYAKINIKU-STYLEをお届けします。
お洒落でカジュアルな雰囲気の中、新しいYAKINIKU-STYLEを
1階はテーブル席とバーカウンターがあり、お洒落でカジュアルな雰囲気。お友達やご家族と気軽にお使いいただける空間です。適度にプライベート感が保たれる席の仕切りがあるので、回りを気にせずお愉しみいただけます。2階は掘炬燵式の個室とテーブル席の個室が複数あるプライベート空間をご用意しております。
焼肉のイメージを覆す、安心・安全、そして美味しいものを追求しています
食に関するニュースが昨今の世論を騒がす中、食への「安全性」に意識が高まると共に、より健康的な生活を志向する消費者が増えております。私たちは、食の「安全」「安心」をお届けすることと共に、新しい付加価値をご提供していきたいと考えております。そしてたどり着いた、沖縄県産黒毛和牛「もとぶ牛」。一頭買いすることで、割安な価格を実現。 その美味しさを丸ごと、無煙ロースターの炭火焼肉や鉄板焼でお楽しみいただけます。


トリプルアール(RRR)
2011年9月16日、六本木・芋洗坂に「最高のコストパフォーマンス」をコンセプトにフレンチビストロ「トリプルアール」をオープン致しました。国産黒毛和牛の炭火焼ステーキ、そして80種類を超すワインを驚くほどリーズナブルにご提供致します。他にはない驚きのプライスと、クオリティーの高い料理とサービス、そしてソムリエが厳選したワインで楽しいお時間をお過ごしください。
六本木ヒルズを眼下に「赤」を基調とした店内
六本木ヒルズの麓にあるトリプルアールはR=ルージュと赤を基調とした内装に、シャンパーニュのテタンジェのグラスシャンデリア、そしてスタンディングテーブルもあるので友人との待ち合わせや軽く飲みたい方には最適な空間。ビールはマイナス3℃での提供ができるハイネケン エキストラコールドや、グラスシャンパンやグラスワインを豊富に揃えております。
フランスの家庭料理を厳選した食材でご提供
10年以上の経験を持つシェフが、厳選した食材でリーズナブルに提供。野菜は契約農家から毎日直送される新鮮な食材を使い、お肉はブランド牛をメインとし、お一人様1皿ずつ提供したいという思いから60gからお選び頂けます。野菜とお肉のうまみをお楽しみください。
驚愕の価格とコストパフォーマンス
トリプルアールでは、「全てのお客様に良いものをリーズナブルにご提供」をコンセプトにお料理とワインを破格でご提供しております。大切な方とのお食事や接待等で、今までなかなか手が出せなかったお料理やワインで至福な時間をお楽しみ下さい。


フレンチ キッチン / グランド ハイアット 東京(The French Kitchen)
伝統的なビストロ料理をスタイリッシュにアレンジし、オープンキッチンとテラスのモダンな空間で楽しめるオールデイ ダイニング。店内には3,000本のフランス産ワインが並ぶタワーセラーや、フロアを貫くキャットウォークをはじめ、広いオープンキッチンが大胆にレイアウトされています。
伝統的なビストロ料理をスタイリッシュにアレンジ
ブレックファストとランチ、週末のブランチにはブッフェもご用意しております。また、レストラン内のバーでは軽食をお楽しみいただけます。
個室「シェフズ テーブル」には専用のキッチンも備え、大切な記念日やビジネス パーティに最適です。テラス席では、よりエレガントで開放的な時間をお過ごしいただけます。また、ウェディングや各種パーティのご相談も承ります。
「シェフズテーブル」で過ごす至福の時
キッチン界のロールスロイスと称されるブルトハウプ社製の美しいキッチン付の個室「シェフズキッチン(写真)」では、シェフがお客様のためだけに腕をふるいます。

その他、テラスに通じる「テラステーブル」、そしてワインセラーに面した「ワインテーブル」など合計3つの個室をご用意しております。(個室料を別途頂戴いたします。)


鉄板焼き あおやま(てっぱんやき あおやま)
落ち着いた空間の中で季節を感じる食材をシンプルに鉄板焼きで。選び抜かれた特選黒毛和牛、新鮮な魚介類、旬野菜などをお楽しみください。
和の雰囲気感じる落ち着いた店内
六本木の裏路地にあり、隠れ家的なお店。中庭のある2階には、鉄板焼きの前のカウンター席とテーブル席をご用意。3階には4つの個室をご用意しています。色々なシーンに合わせご利用頂けます。写真のお部屋は掘りごたつのある和室。お子様連れのお食事等のご利用にオススメです。
素材本来の味をご提供
旬の食材をシンプルな調理法でお召し上がり頂きます。鉄板焼きの他、小菜、冷たい前菜、温かい前菜などをご用意し、旬を楽しんで頂きます。
こだわりの旬の食材を鉄板焼きで
契約農家より毎日仕入れる旬野菜。魚介は新鮮な活鮑、活伊勢海老などを直送。特選黒毛和牛は全国各地より仕入れ。四季折々の選び抜いた食材を鉄板焼きでお召し上がり頂きます。


オーク ドア / グランド ハイアット 東京(The Oak Door)
ウッドバーニング オーブンで素材の持ち味を最大限に引き出したダイナミックな料理をお楽しみいただけるステーキハウス「オーク ドア」。
開放的で活気に満ちたオープンキッチンが、心満ちるひとときを演出
世界各国から集められたニューワールドワインの数々を、天井まで届くほどのワインセラーの中に常備ご用意しております。隣接する「オーク ドアバー」は、軽いお食事とともにカクテルやワインなどを終日お楽しみいただけます。
食材の魅力を存分に引き出した、ダイナミックなグリル料理
炎が織りなすシンプルかつパーフェクトな味わいを、薪のはぜる音や芳しい香りとともにお楽しみいただけます。