旅行サイトに関する情報を掲載していきます。 各サイトを研究し各サイトの特徴などを紹介しています。

一休.comレストラン(赤坂・半蔵門・溜池山王・虎ノ門)

このページはアフィリエイトプログラムを利用した 一休.comレストラン の紹介ページです。
アフィリエイトプログラムの詳しい説明は下記のサイトを参照してください。
    VALUE COMMERCE(バリューコマース) LinkShare(リンクシェア) TG-アフィリエイトプログラム 


一休.comレストラン は、ワンランク上のレストラン予約ができます。地域やジャンルからカンタン検索、ネット予約。一休だけの限定メニューやお店・メニューの写真・利用者の感想などレストラン情報満載。記念日ディナー、接待に是非ご利用ください。

東京都のエリア


銀座  赤坂・半蔵門・溜池山王・虎ノ門  東京駅・丸の内・日本橋  新橋・汐留・竹芝  恵比寿・代官山・中目黒  六本木  青山・表参道  新宿・代々木  渋谷・原宿  西麻布・麻布十番  品川・天王洲  神楽坂・飯田橋・四ツ谷  池袋・目白  白金・広尾  お台場  上野・浅草・押上・東陽町  田園調布・自由が丘・二子玉川  日比谷・有楽町  吉祥寺・西東京  神田・御茶ノ水・水道橋 


赤坂・半蔵門・溜池山王・虎ノ門のレストラン一覧

ラ・ベル・エポック/ホテルオークラ東京
1973年のオープン以来、一般にはまだ縁遠かった本場フランスの著名シェフを招聘し「ガストロノミックフェア」を開催するなど、日本におけるフランス料理の普及に寄与してきたレストランです。フランス料理の父、オーギュスト・エスコフィエが確立した伝統的なフランス料理の流れを汲み、ホテルオークラ初代総料理長の故・小野正吉が頑なに守り通した手法に、斬新な発想、新しい技法を取り入れることで、モダンかつ正統派のフランス料理をご提供します。
重厚な装飾が歴史を感じさせながらも、開放感のある店内がゆったりとした時間を演出
1900年代初頭、フランスを中心とするヨーロッパ花開いたアールヌーボー。雅やかな店内には開業以来伝えられてきたステンドグラスやティファニーのランプが設えられ、当時の「古きよき時代=La Belle Epoque」の華やかさと気品を感じさせる、重厚かつゆとりある空間が広がります。一方、店内の一面に開かれた窓からは、ランチタイムには爽やかな陽光が差し込み、ディナータイムには眼下に広がる夜景をお楽しみいただけます。
日本におけるフランス料理を卓越した調理技術とサービスで牽引し続けるレストラン
厳格に伝統を守りながら常に斬新なアイディアを取り入れる柔軟さを忘れない。ホテルオークラ東京のフランス料理に対する思いの全てをラ・ベル・エポックには表現しています。シェフが自信をもってお薦めする「絶対の一品」特選和牛フィレ肉のウェリントン風は最上級の和牛フィレ肉を繊細な食感のパイで包み、シャンピニオンデュクセルとソースペリグールが絶妙なハーモニーを奏でます。心からのおもてなしでお客様をお迎えする熟練のサービススタッフが最高の料理を演出します。


ARENA ROSSA(アレーナ ロッサ)
東京・赤坂の一軒家で、自家製パスタをはじめ厳選素材から作り上げる北イタリア料理はいかがですか?東京メトロ千代田線・赤坂駅徒歩1分、北イタリア料理をもとにしたイタリアンを中心に、リーズナブルな価格でコース料理や各種ワインをご提供致します。少人数での貸し切りにも対応致しますので、お気軽にお問い合わせ下さい。
赤坂駅からすぐ隠れ家的なイタリアンレストラン
ホテルグランドフレッサ横の赤坂通りから入る路地の突き当たりに見え、人目を気にしないで入れる、まさに隠れ家としての店構えです。大きい窓が開放的な店内は、明るく、石造りを感じさせる落ち着いた雰囲気です。レストランは人が人に会い、食事をするために訪れる場所です。そんな場所で心地よく過ごしていただけるために、料理、雰囲気、サービスを提供しています。
手打ちにこだわるパスタ
パスタ料理の主役はソースや具材ではなくパスタです。独自の配合で主役となるパスタを作っています。コース料理には必ず組み込まれるパスタ。手間ひまかけた味を是非ご賞味ください。また、ドルチェも自家製にこだわっております。コースの最後まで余すところなくお楽しみください。
アレーナロッサお勧め イタリア各地のボトルワイン
イタリア各地のお手ごろワインを集め、3,480円でご提供いたします。イタリアを代表する銘柄ソアヴェや主要ブドウ品種のモンテプルチャーノ、アリアニコ、ネーロダーヴォラを中心に、スプマンテやDOCGのガヴィもハーフサイズでお楽しみいただけます。また、たくさん飲みたいグループのみなさまにはマグナムサイズも3480円でご用意いたしております。


J.H.V.Wine&Marriage(ジェ・アッシュ・ヴェ ワインアンドマリアージュ)
「ワイン&マリアージュ」我々がご提供するもの、それは料理とワインの幸福な出会い。その無限の可能性とストーリーが醸し出す、満ち足りた時間。ソムリエは“その料理のために”数あるワインの中から一杯を選び出し、シェフは “そのワインのために” 厳選した素材を活かした一皿を創ります。マリアージュを楽しんでいただくために、一皿からでも気軽に楽しめるメニューを用意し、数多くのワインをグラスでご提供します。
開放的な窓からは自然の優しい光と四季を感じる緑豊かな景色
ツイン高層ビルの愛宕グリーンヒルズのMORIタワー2F、ホワイトやチョコレートブラウンでカラーコーディネイトされたスタイリッシュな内装。テーブル席では開放的な窓から自然の優しい光と日本の四季を感じられる緑豊かな景色。バーカウンターは、落ち着いたワインバーのような雰囲気です。
生産者の思いが伝わる厳選された旬の食材とシェフの魔法
有機野菜やチーズ等、生産者の思いが伝わる厳選された旬の食材を使い、ワインとのマリアージュを考えたシェフの技術による逸品。ソムリエが多彩なワインの中からお客様に合わせたワインをご用意致します。


ペスケリア ラ・ルーナ・ロッサ
店舗名のペスケリアとはイタリア語で魚屋さんという意味です。名前の通り、お魚を主体に産地直送の野菜をふんだんに使ったお店です。お魚は相模湾からお野菜は長野の農園直送しており、安心・美味しい食材を皆さまにお届けしております。なかでも前菜のワゴンサービスは人気のメニュー。新鮮な魚介、野菜を中心とした前菜を一皿にお好きなだけとっていただけます。堅苦しくなく、まるでイタリアにいるかのような気取らない雰囲気の中で楽しいひと時をお過ごしください。
開放感あふれる外観と、まるでイタリアにいるかのような店内
少し隠れ家的な赤坂の住宅街にお店は突如現れます。やわらかく光る看板を目印に歩いてきていただくと全面窓の外観からは開放的な店内が伺えます。土壁のような内装には南イタリアの絵皿や、イタリアの写真などが並び、トラットリアのような気軽な雰囲気です。窓側のお席は10名までの団体様でご利用いただけるお席。店内の中央には大切な方とゆったりと過ごせる個室のお席もご用意しており、様々なシチューションで使い分けしていただけます。
各地から届く新鮮・厳選食材を、ストレートに引き出す調理法で
毎朝小田原から届く水揚げされたばかりの魚介類に、契約農家から直送される有機野菜のバーニャカウダなど、料理すべてが旬食材のおいしさをぎゅっと濃縮しております。食材の持つ真の味わいを損なわないよう、丁寧な下処理と素材に寄り添った調理法で料理に仕上げていきます。イタリアンをベースとしておりますが、ジャンルには固執せずに食材に合わせた調理法で食材の味を極限まで引き出す努力をしております。 出来る限りお客様のご要望にあわせてお料理をご提供させていただきますので、お気軽にお申し付けくださいませ。イタリアへ旅行に来た気分を味わっていただけるような、楽しいひとときをご提供させていただきます。
沢山召し上がっていただいても、次の日にまた食べたくなるように
当店は新鮮な魚介類とお野菜のお店です。素材をストレートに味わっていただくため、ハレの日のお料理というよりは移りゆく季節感を毎日感じていただけると思います。また、食後感が軽く感じていただけるようなお料理をご用意するよう工夫しております。旬は毎日移ろって行きます。年に一度しか行かないレストランではなく、日本の季節の移ろいを食材から、つぶさに感じていただけるレストランです。気取らず楽しんでいただける雰囲気のおもてなしでお客様をお待ちしております。


白碗竹快樓 赤坂店(ばいわんじゅうかいろう あかさかてん)
店名の「白碗竹快樓」 とは、“白いお碗”と“竹の箸”という意味であり、華美に走らず、料理は粗でありながら素材を生かした背筋の伸びた凛とした味わいをモットーとしております。そんな料理を赤坂の隠れ家でじっくりと味わっていただければと思います。
赤坂の路地裏に佇む一軒家レストランは、古い建物を改築した温もりのある店内
赤坂らしさが残る一ツ木通りから、路地を1本入ると白壁に竹林の一軒家、門をくぐり飛び石のアプローチを進む青々と生い茂る竹林を抜けて入り口へ。その昔は銭湯だった建物を改築した店内には、中国アンティークと和の調度品が混在する不思議な温もりのある空間です。5名様以上であれば個室のご用意もあり、最大20名様までご利用いただけます。
帝国ホテルで腕を磨いた丹村料理長の冴え渡る味の数々
中華といえば定番のエビチリ、酢豚、蟹玉、チンジャオロース、そんなおなじみの料理も丹村料理長の腕にかかれば誰かに自慢したくなるとっておきの逸品に。アラカルトでいろいろお好きなオーダーするのは中華の醍醐味の一つですが、料理長が季節の食材で組み上げるコースが一番のお薦めです。前菜からスープ、点心、野菜、海鮮、肉料理、〆の食事にデザートまで、バランスよく召し上がっていただけます。辛さの調整など細やかなリクエストにもお答えします。
自家製窯で焼き上げる鴨料理「北京式と広東式」と食べ比べ
レンガを組み上げた自家製の窯でじっくりと焼き上げた鴨、パリッと香ばしい皮のうまさを楽しむ北京式か、下ごしらえの段階から一手間掛けて下味をつけた鴨の肉の味をじっくりと味わう広東式、二つの鴨の違いを楽しんでください。また本国より呼び寄せた点心師の作る点心の数々や、シニアソムリエで中国酒鑑定士の店長水野が、お客様に最適な一品をお選びいたします。


響 風庭 赤坂(ヒビキ フウテイ アカサカ)
自然に恵まれた後背地を持つ赤坂インターシティ2Fにある「響 風庭 赤坂」。1つの店舗の中にメインダイニング、バーラウンジ、天麩羅カウンターがあり、 その時々に相応しい愉しみ方をご提供いたします。 旬の素材を活かした至高のお料理の数々をご用意しております。季節のお料理とご一緒に大切なひとときをお過ごしください。
和の空間に包まれる上質な雰囲気の店内
和の情緒漂う竹林を抜けると上質なエントランスがお客様をおもてなしいたします。ガラス張りのダイニングスペースからは、ライトアップされた日本庭園が一望できます。夜景とともに素敵な時間をお過ごしいただけます。和モダンな掘りごたつの個室はスタイリッシュなスペースになっています。開放的でラグジュアリーな個室も完備しております。大事な接待や、大切な人とのお食事など、幅広いシーンでご利用いただけます。
厳選された季節の食材をふんだんに使用した至高の逸品
板長自ら足を運び厳選された確かな素材の味を、卓越した技術で引き出した料理の数々が当店の自慢です。石釜で炊きあげられた艶やかなお米や、ここでしか味わえない宮城県椎葉村の雪肌豆腐など、他では味わえない珠玉の逸品を取りそろえております。体に優しい有機野菜を毎日仕入れるおりますので、季節感のある和食をベストなタイミングでお愉しみいただけます。専属パティシエが丁寧に作り上げるデザートもご用意。是非この機会にご利用ください。
旬だけでなく瞬にもこだわってお客様をおもてなしいたします
食材に旬があるように、お料理にも最も美味しい食べ頃がございます。温かい料理は温かいうちに、冷たい料理は冷たいうちにお客様にお届けします。お客様の目の前にサーブされるお料理の数々は感謝の気持ちとおもてなしの気持ちを伝えるという想いが込められています。シェフ熟練の技で調理された最高の食材の数々が、タイムリーにお召し上がりいただけます。味覚だけでなく心でも美味しさを味わえるサービスを心掛けております。


紀尾井町 藍泉/ホテルニューオータニ(きおいちょう らんせん)
本物の「日本料理」を、湧きいずる泉のごとく自然な形で、「紀尾井町  藍泉」
東京都千代田区紀尾井町、かつて紀州徳川家、尾張徳川家、井伊家、屋敷跡より町名の由来とされております。「藍泉」は、東京都内では数少ない、長良川の天然鮎を堪能できるとともに、厳選された季節の素材を、それぞれの地より取り寄せ、永きにわたり継承されてきた技術を基により多くの、お客様にご満足頂ける料理をご提供できますよう、常に心がけております。
樹齢千年を超える檜の一枚板のカウンターで、お好みでの一品料理を楽しむ
店内に足を一歩踏み入れると、否応なし目に飛び込んでくるのが見事な白木のカウンター。樹齢千年を超える檜の一枚板で、このカウンターではお好みの一品料理を心行くまで楽しむことができる。個室は座敷(10名)と洋室が2つ(4名、6名)となっており、洋室でいただく日本料理は、見事なまでの洋と和のマリアージュを演出している。また料理を楽しむためのドリンク類も充実しており、なかなか出会うことのできない、希少な日本酒、焼酎も堪能でき、併設するバー「RANSENはなれ」には200種類以上のワインを常備している。
丁寧にとられた極上出汁を活かした日本料理の真髄に浸る
「舌の肥えたお客様が多いので、素晴らしい食材を使わせていただける。料理人としてこれほど幸せな環境はありませんよ」。そう語る八田料理長は、料理人としてのキャリアを築地の老舗料亭でスタートさせ、銀座や日本橋の有名料理店でも修行を積んだ。鰹節をカンナで削り、頃合いを見計らって一番出汁をひくなど日本料理の基本を忠実に守り、自ら吟味した素材の良さを最大限に活かすべく料理を提供しています。美酒と共にご堪能ください。
極上の料理と最高の酒が、至高の夜を演出する
全国各地から届く食材と同じく、料理に合わせて各地の蔵元から選ばれた日本酒や焼酎も豊富に揃っております。酒類のメニューは隣接するバー「RANSENはなれ」と共通のため、他にもホルドー、ブルゴーニュ、カリフォルニアを中心に良質なビンテージが数多く揃うワインやシャンパーニュ、スピリッツ類などもございます。また、食前の待ち合わせや食後のひと時を過すなど、使い勝手も抜群の「RANSENはなれ」では、藍泉の隠れメニューを注文することも可能です。四季折々の料理に好みの酒を合せてお愉しみください。


乃木坂 鳥幸(ノギザカ トリコウ)
東京ミッドタウンから徒歩2分。閑静な路地裏の、大人が愉しめる落ち着いた雰囲気のお店です。提供しているのは、甲斐路軍鶏をメインに希少部位まで様々な串の数々。職人が丹精こめてつくる一串一串をゆっくりと味わい、お召しあがりください。また、鶏の旨みにあうような数多くのワインも取り揃えております。日常から解き放たれるひと時を、ご友人と、大切な方とお楽しみ下さい。
ミッドタウンから徒歩2分 都会の喧騒を忘れさせる大人が愉しめる空間
東京ミッドタウンから徒歩2分とアクセスの良い場所に位置します。大通りから1本入ったところにひっそりと佇み、一歩中に入れば落ち着いた雰囲気が漂いう大人の空間となっております。目に入るのは、迫力ある白木の大きなカウンター。照明を落とした程よい雰囲気の中で、しっとりと楽しくお食事をお召し上がり頂けます。職人たちが織り成すハンドメイドな時間と空気をお楽しみ下さい。
「甲斐路軍鶏」メインの希少部位含む数々の串
職人たちが魂精込めて一串一串味付けと焼き加減にこだわった串々をお楽しみ下さい。お召し上がり頂くのは、甲斐路軍鶏がメインです。八ヶ岳の雪解け地下水を飲み、とうもろこしを食べて育った歯ごたえあるお肉をご堪能下さい。また、有名ソムリエが選びぬいた世界のワインも多数ご用意しております。鶏の旨みを引き立てる特選ワインなど、常時100本はご用意しておりますので、お好みでお楽しみ下さい。


ORIGAMI/ザ・キャピトルホテル東急(オリガミ)
時間帯を気にせず終日ご利用いただける「ORIGAMI」。ご朝食からフレンチテイストのお料理や、ブイヤベース、ローストビーフなど、ソムリエお奨めのワインとともにお楽しみいただく本格ディナーはもちろん、旧キャピトル東急ホテルの時代から続く名物メニューをはじめ、バラエティ豊かなアラカルトもお召し上がりいただけます。柔らかな自然光と水庭に面した店内には、開放感のある個室もございます。

柔らかな自然光が差し込む水庭に面した、和モダンな空間
ザ・キャピトルホテル 東急のメインロビーから格子のデザインがつづく、和モダンな空間。「ORIGAMI」の名の通り、折り紙をモチーフにした壁面デザインは、旧キャピトル東急ホテルのコーヒーハウス「オリガミ」から継承されています。柔らかな自然光が差し込む水庭に面した開放感のある店内に、テーブルがゆったりと配置された、上質なしつらえ。爽やかな朝食から本格ディナーまで、時間のうつろいとともに少しずつ雰囲気も変わり行きます。
シェフ 中村 直人が創りだす、新しいORIGAMI料理
季節に合わせた野菜などをたっぷり使った、やさしいフレンチティストのメニューをご用意しています。ブイヤベースや伝統のローストビーフをメインとしたコースメニューから、旧キャピトル東急ホテル時代から続く名物メニュー、排骨拉麺(パーコーメン)やジャンボバーガーなどバラエティ豊かなアラカルトも魅力です。さらに、シェフ 安保 光治の高い感性が創りだす、四季折々のフェスティバル料理をお楽しみいただけます。
お客様にとっての「セカンド・ダイニング」でありたい
何よりもお客様とのコミュニケーションを大切にし、丁寧かつスピーディーなサービスと安心感のあるおもてなしで、ご自宅のように居心地のよい、お客様にとっての「セカンド・ダイニング」でありたいと願っております。旧キャピトル東急ホテルのコーヒーハウス「オリガミ」の伝統を継承しつつ、常に新しい「ORIGAMI」料理をご提案しつづけます。目移りするのも嬉しい多彩なお料理、そしてスペシャリティからカジュアルなものまで取り揃えたワインをお楽しみください。


KATO’S DINING & BAR /ホテルニューオータニ(カトーズ ダイニング アンド バー)
ホテルニューオータニの和食料理長、宮田勇が手掛ける繊細で本格的な日本料理の世界を、300種を超す多彩な銘酒とともに楽しめるダイニング&バー。ホテルならではの厳選素材を用いた季節感溢れる日本料理の数々を、お手ごろな料金でお楽しみいただけます。なかでも四季折々の食材を用いた季節御膳や季節会席がおすすめです。3つの個室も完備しているので、ご家族のお祝いはもちろんのこと、大切なおもてなしのお席や、賑やかなパーティーなど、様々なシーンにご利用ください。
和をデザインに取り入れた、優雅で落ち着いた雰囲気のダイニングバー
ホテルニューオータニ、ガーデンコートのロビィ階に位置するKATO’S DINING & BAR。赤坂見附駅からも程近く、ホテルの地下駐車場からもダイレクトにお越しいただける、アクセス至便なロケーションです。深いブルーを基調としたシックで和モダンなダイニングでは、優雅で落ち着いた雰囲気のなかでゆったりと日本料理をお楽しみいただけます。また、バーカウンターには日本酒をはじめ、焼酎、ウイスキー、ワイン、ブランデーなど300を超える銘酒が並び、バー利用にもおすすめのダイニングです。
厳選素材を用いた、季節毎に旬の食材をお楽しみいただける日本料理
ホテルニューオータニの和食料理長、宮田勇が手掛ける至福の日本料理。KATO’S DINING&BARでは、季節毎に旬の食材をお楽しみいただける御膳シリーズ「KATO’S GOZEN」をご用意しています。春は筍、夏は鮑、秋は松茸、冬はふぐ・・・と、四季を通して楽しみに通われるお客さまも多い人気の御膳です。また、シェフパティシエが手掛ける限定デザートも味わえるとあって、女性同士のご会食にもおすすめです。旬の食材に日本料理の職人の技がしっかりと施された季節御膳を、利き酒師のおすすめする多彩な銘酒とともにお楽しみください。
日本全国から取り寄せる厳選素材と、栄養価の高い玄米メニュー
「栄養価の高い玄米を美味しく召し上がっていただきたい」そんな料理長の強い思いから、最高級の「新潟県産玄米」を用いたこだわりメニューを多数ご用意しています。奥飛騨・焼岳温泉の源泉で育てられた「すっぽん」を使用した、コラーゲンたっぷりで滋味豊富な究極の“玄米雑炊”をはじめ、京都の老舗「半兵衛麩」の生麩を贅沢に味わう「玄米京粥膳」など、日本全国から取り寄せる厳選素材と共にお楽しみいただけます。


ラ・スコリエーラ(La scogliera)
南イタリア魚介料理「ラ・スコリエーラ」へようこそ。イタリア語で「岸壁」という意味です。南イタリアの小さな漁村にあるような、温かい雰囲気の店をイメージしています。毎朝築地や八丈島や静岡から届く、新鮮な魚とおいしい野菜に、上質なオリーブオイル、にんにく、トマトを加えてなるべく本物の“地中海の味”をお届けしたい…。ですから当店の皿の数々は、イタリアのボリュームそのままに、無骨で素朴な盛り付け方です。日本の海や山の天然の恵みをたっぷりと味わいながら、南イタリアの風を感じていただければ幸いです。
「ラ・スコリエーラ」の理想
レストランに行って一番わくわくドキドキするのが、この「メニューを選ぶひととき」。当店では、9割以上の方がアラカルトでお召し上がりになります。仕入れた鮮魚によってほぼ日替わりメニューになりますので、下記のメニュー以外に毎日、「本日のおすすめメニュー」というのがあります。でも本当は、我々が最終的に目指しているのは、「メニューの無い店」。シェフに、カメリエーレに、「おまかせするから旨いもの食べさせて!」と私たちに全幅の信頼をお寄せくださり、「おまかせ」状態になる。それが理想の最終形です。
オーナー/CAPITANO 船長 : 服部優希
1956年東京都八丈島生まれ。実家は民宿「友喜荘」を営んでおり、民宿のお客様の「こんなおいしい魚が東京でもたべられたらなぁ」という言葉に突き動かされ、さらに仲良しの従兄弟の漁師『勢寿丸』の「俺が釣れた魚を毎日送ってやるから」の言葉に後押しされ、30年前に、市ヶ谷のはずれに『ゆうき丸』1号店を開店。現在は、当店のほかに、八丈島『ゆうき丸』、鮨と和食『黒瀬』を営む。


赤坂 アプローズスクエア迎賓館(アカサカ アプローズスクエアゲイヒンカン)
私たちの目指すレストランは、シンプルに多くのお客様に笑顔になっていただきお客様の大切な方との時間をより素敵なものにすることです。料理は、選びぬかれた素材の味を最大限に活かすために、温度や時間にこだわって調理し、あえてシンプルにアレンジすることで、食材本来のうまみをぐっと引き出します。オープンキッチンだから伝わるライブ感、シェフが届ける最高の料理をゆっくりとお楽しみください。
都心にありながら緑豊かな高台に佇むこの迎賓館
赤坂サカス内にあるゲストハウス。館内に入るとスタイリッシュなシャンデリアが印象的な高級感のあるラグジュアリーでゆったりくつろげるロビーが広がります。大きな窓からは陽の光りがたっぷり入り、明るく開放的な空間となっています。窓の向こうには四季折々の爽やかな緑が広がり、都心にあるとは思えない落ち着いた雰囲気となっています。
シェフが届ける最高の料理
選びぬかれた素材の味を最大限に活かすために、温度や時間にこだわって調理し、あえてシンプルにアレンジすることで、食材本来のうまみをぐっと引き出します。鮮度にこだわった肉や魚、契約農家から届く彩り豊かな野菜を巧妙に組み合わせた、極上のイタリアンコース。ウエディングシェフ&パティシエが繰り広げるこだわりの逸品や色鮮やかなドルチェは目にも鮮やかです。シェフが届ける最高の料理をゆっくりとお楽しみください。


水簾/ザ・キャピトルホテル東急(すいれん)
ザ・キャピトルホテル 東急の「和のもてなし」を象徴するメインダイニング「水簾」。ロビーより渡殿を抜けるとそこは、庭園の豊かな緑に囲まれたホテルの“離れ”ともいえる特別な空間。四季の移ろいを感じながら、ていねいに美しく仕上げた旬のお料理をご堪能ください。伝統的でありながら創意工夫を凝らした懐石料理を中心に、カウンターでは寿司、鉄板焼をお楽しみいただけます。お祝いやご接待に最適な個室も充実しております。
庭園の水と緑に囲まれた、ホテルの”離れ”とも呼ばれる特別な空間
豊かな森を残す日枝神社に隣接するザ・キャピトルホテル 東急。デザインアーキテクトである建築家 隈研吾氏がテーマとした“自然との関係性”が象徴的に表現されたのが、ロビーから池を渡った“離れ”にあって、庭園の水と緑に囲まれた、この「水簾」です。水鏡の庭に面したテーブル席、寿司カウンター、鉄板焼カウンター、そして4つの個室をご用意しています。中でも専用エレベータで上がる特別個室は、その階に1部屋だけという極上のプライベート空間です。
食材の良さを最大限に引き出す、板長 柘植実の確かな技術
旬の魚介や野菜ふんだんに使い、ていねいに美しく仕上げる、板長 柘植実による懐石料理。伝統的でありながら創意工夫を凝らしたお料理は、月ごとに献立が替わり、いつ訪れても新たな美味をお楽しみいただけます。寿司カウンター、そして個室としてもご利用いただける鉄板焼カウンターでは、厳選した素材の良さを最大限に引き出したお料理を、鮮やかな手さばきとシェフのパフォーマンスとともにご堪能ください。
「走り、旬、名残」を大切に
時間、空間、人間(じんかん)の「三つの間」によって「和のおもてなし」をお届けするザ・キャピトルホテル 東急。そのメインダイニングとして、本物の良さを表現する「水簾」のお料理は、食材の走り、旬、名残を大切にして、目で、舌で、日本の季節をお楽しみいただけます。日枝神社の杜に隣接し、庭園の水と緑に囲まれた“離れ”とも呼ばれる特別な空間で、四季のうつろいを感じながら、和のもてなしに包まれるひとときをお過ごしください。


エスカーレ ホテルモントレ赤坂店(エスカーレ ホテルモントレ赤坂店)
赤坂御用地の緑が間近に見えるレストラン。優雅さと気品を備えた英国邸宅のダイニングルームをイメージさせる店内で殊玉のフレンチを。
旬の素材にこだわった華やかなコース料理を
2007年4月3日オープン。赤坂御用地の緑を眼下に、英国の伝統的なインテリアが心地よい空間と、頭上にはスワロフスキーのシャンデリアが輝くフレンチレストランエスカーレ。旬の素材に拘った華やかなコース料理をご堪能いただき、至福のひとときをお過ごしくださいませ。
ノーブルな大人の空間を・・・
座り心地の良い椅子と開放感のある空間。料理と共にノーブルなひとときを演出致します。


Nouvelle Korean Wine Dining KAYA(ヌーヴェル コリアン ワイン ダイニング カヤ)
韓国料理とワインから広がる、豊潤な人生をあなたとともに…それが「KAYA」の想いです。韓国の伝統を現代に融合し、韓国料理のグローバル化を目指し日々邁進するシェフの奏でる創作韓国料理と世界中の人々を魅了し、受け継がれてきたワインをただお勧めするだけでなく、創作韓国料理とワインのマリアージュを通じて、あなたの人生がさらに広がる、そんなおもてなしをご用意してお待ちしております。
黒を基調としミラーを随所に配置した落ち着いた店内
地下鉄の赤坂駅や赤坂見附駅からも近い所に立地しており、一歩店内に入ると赤坂の活気ある雰囲気とは異なり、上品で落ち着いた空間が広がっています。また、オーナーのソンミがコーディネートした食器やグラス、シルバーを使い優雅にお食事をお楽しみいただけます。
伝統的な韓国料理と西洋料理の伝統的な技法が融合
韓国料理や和食、西洋料理に精通したシェフの奏でる料理は、韓国の伝統料理を和食の丁寧な下ごしらえや西洋料理の調理技法、味付けや盛り付けなどを積極的に取り入れ、KAYA風にお洒落にアレンジした創作韓国料理です。デートや記念日、女子会、接待などにも非常に人気がありご利用いただいております。また厳選食材としては、毎日鳥取の契約農家から届く季節の有機野菜。新鮮なままサラダやナムルなどに仕上げご提供しています。本場韓国でも味わえない新しいスタイルの創作韓国料理を求めて、韓国の著名人も度々お忍びで訪れる隠れ家的なレストランで心行くまでお楽しみください。
料理とワインのマリアージュ
ランチでは2種類のランチコースがあり、ディナーではお勧めの3種類のディナーコースがあります。またディナー限定で約20種類のアラカルトもご用意しております。ワインがお好きな方は、少しのアラカルトとワインだけでもご利用いただけます。ワインはイタリアを中心に約100種類あり価格もお得感いっぱいです。また日本で唯一、ワインのプロの中のプロ、シニアソムリエが2名在籍しているため、お食事とのマリアージュやワインのことは安心してお任せ頂けるお店です。


日本料理 赤坂 紙音(にほんりょうり あかさか しおん)
昭和58年に六本木にて開店。現在の赤坂に移転してからも料亭ならではの細やかなサービスと伝統的日本料理を提供しお客様に長く親しまれ、本年25周年を迎えようとしております。個室5部屋・カウンター6席、全25席、1日15名様程で満席になってしまう小さなお店でございます。東京赤坂の隠れ家的個室として多くのお客様から親しまれてきました。旬の食材を繊細に、大胆に日本料理の伝統を頑なに守りながら四季の美味しさを自由自在に表す料理、全国各地の陶芸作家から白磁と土物の両方を用意した器はこの世に1枚しか無い物も多く取り揃え
東京赤坂の隠れ家的個室
細い路地の中にあり、ご自宅にご友人をお招きになったかの様にお寛ぎ頂けます。落ち着いた掘り炬燵式の個室で会食やご接待に最適でございます。又、記念日や昇進のお祝い、大切なデートにお薦め致します。2・3時間かけまして旬の料理とお酒を口に運びつつゆっくりとお寛ぎ頂き至福の時間をお過ごし頂けます。光と影を愉しむやわらかな灯り、懐かしさを感じさせる畳のかおり、足を伸ばせる掘り炬燵は外国のお客様からもご好評頂いております。侘びさびの風情を大切に土や紙の壁の温もりを感じて頂きながら日本料理をお愉しみ下さいませ。
豊かな自然を慈しみ、繊細な季節の味わいを賞でる
繊細に、大胆に日本料理の伝統を頑なに守りながら、四季のおいしさを自由自在に表現しております。四季の移り変わりに敏感な此の国には古より旬という言葉でおいしさについて独自の感性を培ってきました。紙音でも特選素材を職人の手で活かしきり、日本料理として表現できるよう努めております。旬の料理と向き合う至福の時間をどうぞごゆっくりお寛ぎ下さいませ。
大切な方との記念日に…
建築家川口通正氏の意匠により、懐石料理の既成概念を覆す斬新かつ洗練されたデザインと伝統を頑なに守る日本料理との対比が、主に接待や会食のご利用になるお客様からご好評です。又、記念日や昇進のお祝い、大切なデートにお薦め致します。侘びさびの風情を大切に土や紙の壁の温もりを感じて頂きながら、旬の料理をお愉しみ下さいませ。


ピッツェリア パージナ 虎ノ門(ピッツェリア パージナ トラノモン)
お料理を食べてくださったお客様がいつもよりもっとハッピーな気持ちになれたら・・・そんな4つ葉のクローバーの4つ目の葉をイメージしてつけられた店名「パージナ」。2010年には真のナポリピッツァ協会の認定を受けました。薪窯で焼き上げる熱々のナポリピッツァはもちろんのこと、小皿料理「ピアッティーノ」や窯料理などを豊富にご用意しております。イタリアワインも豊富にご用意。お料理やシーンに合わせてお選びいただけます。
路地裏のピッツェリア
大通りから少し入ったところにあるお店。大きなガラス戸からは、お店のカラーでもある真っ赤な薪窯が見えます。1階から4階まである店内は、各フロアごとに違った雰囲気。1階立ち飲みフロアでは、薪窯を目の前で見ることができます。また、3階には6〜10名様の個室もあり、シーンに合わせてご利用いただけます。
本格ナポリピッツァをより身近に
本場ナポリで修業をした、VERA PIZZAの看板を掲げる名古屋のピッツェリア・パージナの職人のもとで学んだピッツァイオーロ・伊藤誓郎。出来立ての熱々を、ワインとともにいただくのが本場流です。名物は鎌倉野菜をふんだんにつかったオリジナルのピッツァ。ぜひ、ご賞味ください。
ピッツァは楽しく食べるもの
ピッツァだけでなく、ワインと合わせたいピアッティーノ(小皿料理)やパスタも充実。ワインはリーズナブルなものからご用意がございますので、本場のピッツェリアのようにワイン片手にワイワイ楽しくお料理をお楽しみください。個室やフロア貸切も承っておりますので、ちょっとした集まりなどにもぴったりです。


Turandot 臥龍居(トゥーランドット ガリュウキョ)
オーナーシェフ脇屋の自由な発想から生まれる「今一番おいしいメニュー」を提供する「Turandot 臥龍居」。脇屋の料理は、季節の香り溢れる旬の食材をふんだんに取り入れた、身体に優しい中国料理。いつでも自由なスタイルでチャイニーズをお楽しみいただける当店、朝のお粥から、ボリュームのあるランチセット、夜はアラカルトをワインや紹興酒と共に。カジュアルにもフォーマルにもお使いいただけます。
様々なモチーフをミックスさせた開放的な空間
1階ホールは古材や大きなシャンデリア、現代アートなど個性的なモチーフをミックスさせた開放的な空間が広がります。お待ち合わせにはカウンターでお飲物やおつまみをどうぞ。大型の個室としてもお使いいただける奥のサロンでは、庭の緑を眺めながらゆっくりとコースメニューをお楽しみください。2階には和と洋2つのバンケットルームをご用意しています。大人数様の宴会だけでなく、会合やセミナーなどにもお使いいただけます。
「伝統と創作」をモットーに、上海料理の技を軸とした洗練された料理
脇屋友詞は、15歳で料理の道に入り、数々の名店での修行を経て27歳でホテルの料理長に就任。1996年にトゥーランドット游仙境代表取締役総料理長に就任し、現在では東京、横浜で四店舗のオーナーシェフを務める。脇屋の料理は、季節の香り溢れる旬の食材をふんだんに取り入れた、身体に優しい中国料理。五味(甘味、苦味、酸味、塩味、うま味)の調和がとれたコースメニューは、一人一皿ずつこだわりの器に美しく盛り付けられる。その日本人らしい繊細さと艶やかさが表現された料理は国内外から高い評価を得ている。
いつでも自由なスタイルでチャイニーズを
朝食からディナーまでクローズタイム無し、いつでも気軽にチャイニーズをお楽しみください。コースメニューをはじめ、中国料理の伝統的なメニューや人気の麺類を揃えたアラカルトなど、どんな時でもお客様の気分やシーンに合わせてお使いいただけます。お料理は、旬の魚介や野菜を取り入れ、オーナーシェフ脇屋の自由な発想から生まれる「今一番おいしいメニュー」をご用意しています。また、開放的な空間を活かした大人数様のご宴会やウェディングパーティーなども承っています。


銀座天一 赤坂店(ぎんざてんいち あかさかてん)
昭和5年創業の天一。80余年の歴史をもつ天ぷら専門店として、銀座・並木通り本店とともに、ここ赤坂店も開店以来、ゴルバチョフ・ロシア大統領夫人歓迎昼食会も催されるなど、多くの国賓や政財界の方々をお迎えしてまいりました。大切なお仕事でのご接待、特別な記念日の晩餐、日枝神社祝事のお食事などにもお使いいただけます。東京メトロ永田町駅や赤坂見附駅からも近く、地方からのお集まりにも便利。地下駐車場もございます。
伝統の天ぷらを上質なワインと共に
全国から届く新鮮な旬の素材を、目の前で一品ずつお揚げいたします。素材はその季節の、一番おいしいものを。春の山菜や若鮎、夏は脂ののった穴子、秋の銀杏やきのこ、冬は牡蠣などをもちろん揚げたてでお召し上がりいただけます。また当店はワインのリストも一品。ヴィンテージワインや世界の最新のワインまで、お客様のお好みにあわせてお選びいたします。おいしいお酒とともに、伝統の天ぷらの味をお楽しみください。
お客様のおもてなしにご好評、抜群の立地と落ち着いた佇まい
「天一 赤坂店」は赤坂エクセルホテル東急内、赤坂見附の真ん前に位置する絶好のロケーション。椅子カウンター席、お座敷カウンター席、テーブル席などシチュエーションに合わせてご利用いただけます。掘りごたつ式のお座敷カウンターは、6人様から12人様までのお集まりに貸切としてお使いいただけます。最高の環境で、落ち着いて日本の食の伝統を味わえることから、海外からのお客様のおもてなしにもご好評いただいております。
時代をこえて皆様に愛される「天一」
「天一」は昭和5年に創業し、これまで多くのお客様をお迎えしてきました。銀座の本店は国内外のVIPから愛され、武者小路実篤や志賀直哉などの文豪はもちろん、各国の首脳からもご愛顧いただいております。もちろんここ赤坂店も数々の著名人の方々にご愛用いただいており、一時にはゴルバチョフ大統領夫人の昼餐会が開催されるなど、皆様から多大なご信頼をいただいております。


VIEW & DINING THE Sky/ホテルニューオータニ(ビュー アンド ダイニング ザ スカイ)
洗練された大人の雰囲気溢れる空間で360度に広がる東京の景色を眺めながら、こだわり、厳選された旬の食材をさまざまな味わいでお楽しみいただくビュッフェダイニング。シェフの手捌きを目の当たりにできる「ステージキッチン」より、鉄板焼、寿司をはじめ、和・洋・中・スイーツと豊富な料理をその場で調理し、ご提供いたします。ニューオータニが誇る料理の粋が集められている「THE Sky」で、食の真髄をとことんご堪能ください。
360度東京の景色を望む、洗練された大人の雰囲気溢れる空間
ゆっくりと70分かけて1周する、世界最大級の回転展望ダイニング。ザ・メイン最上階(17階)から望む東京の景色を360度お楽しみいただくことはもちろん、天気の良い日には富士山をも望めます。店内は黒を基調とした大人の雰囲気溢れる空間。また、親しい方々と気兼ねなく楽しみたい、といったお客さまのために個室(2室、各4〜6名さま)もご用意しております。コースメニューもご用意しておりますので、ご商談やご接待などの会食にもご利用いただけます。
厳選された旬の食材を、和洋中それぞれのシェフが腕によりをかけて最高の一皿へ
「THE Sky」には和・洋・中のシェフが集結。それぞれのシェフが腕によりをかけて最高の一皿へと仕上げます。鉄板焼では、サーロインをはじめ、全国各地から取り寄せられる野菜、築地から毎日直送される鮮魚など、旬の素材を目の前で焼き上げます。寿司は、博多の名店「やま中」で修業した寿司職人が新鮮なネタを鮮やかな手さばきで極上のにぎり寿司に。デザートコーナーでは、シェフパティシエ中島眞介のスイーツを、クオリティはそのままにひと口サイズにしてご提供いたします。
シェフの手捌きを目の当たりにできる「ステージキッチン」から出来立ての料理をご提供
「THE Sky」のキッチンスペースは「ステージキッチン」と名づけられ、目の前で仕上げた出来立ての料理をお楽しみいただけるほか、料理が出来上がるまでのダイナミックな過程を見守る楽しさも存分に味わえます。また、厨房機器にはオール電化厨房システムを採用、熱とCO2の排出量の低減を図り、さらに直下の16階屋上部分(852平方メートル)を緑化することでヒートアイランド現象の緩和も目指す、環境に配慮した“クリーン&グリーン”なレストランです。


RANSEN はなれ/ホテルニューオータニ(らんせんはなれ)
「RANSENはなれ」カウンター12席、ソファー8席。スタッフは、バーテンダー3名と小熊が1匹の小さなお店です。快適な時間をお過ごし頂ける様、スタッフ一同努めてまいりますので、様々なシチュエーションにお使いいただければと思っております。お近くにお越しの際は、是非お立ち寄りください。お待ち申し上げております。
平日・土曜日は深夜3時まで営業。ゆっくりとくつろいだ時間をお過ごしください
本格的な日本料理を肴にお酒を楽しんで頂こうと、日本料理「紀尾井町 藍泉」に隣接するのが、「RANSENはなれ」です。店内はカウンターのほか、ラウンジ席と個室2室があり、お1人でも、グループでもゆったりとお過ごしになることができます。紀尾井町 藍泉と「はなれ」は、店の中でも行き来できる造りになっておりますので、食前の待ち合わせや、食後の一杯に立ち寄るにも大変便利です。平日・土曜日は明朝3時まで営業しておりますので、時間を忘れて楽しいひと時をお過ごしください。
本格的な日本料理と共に味わえる上質空間のダイニングバー
18時から22時(L.O)まで、隣接する「紀尾井町 藍泉」より本格的な日本料理をご用意しております。メニューは、藍泉で供されている四季折々の厳選素材を使用した一品料理からオーダーができます。お好みのお酒に贅沢な日本料理を合わせてお楽しみください。深夜メニューでは、特製の牛丼やビーフシチューなどのご用意もございます。はなれのメニューでも生ハムやチーズなども充実しておりますので、食後にもご利用ください。
木の温もりと柔らかい照明に包まれた和みの空間で、グラスを傾けながらゆったりと
アルコールは日本酒から焼酎、ウイスキー、ブランデー、カクテルまで、あらゆるニーズに応えてくれる。なかでも、特に力を入れているのがフランスとカリフォルニアを中心に揃えているワイン。ボトルだけではなく、グラスワインでも様々な銘柄を楽しめる。月ごとにテーマを決めて、グラスワインとしても提供している。ひとつのテーマでワインを飲み比べることができるので、そこから更にワインへの興味が広がり、スタッフとも会話も弾む。ここで飲むことでワインが2倍にも3倍にもおいしくなるようなサービスを目指している。


ザ・キャピトル バー/ザ・キャピトルホテル東急
ザ・キャピトルホテル 東急のメインロビーから専用階段を上がるとそこが「ザ・キャピトル バー」。ロビー吹き抜けに面したキャンドルが揺らめくハイカウンターと、庭園の緑と赤坂の街並みを望むラウンジの2つの表情を持つ都会の隠れ家です。メインバーにふさわしい、重厚で落ち着いたライブラリーのような雰囲気の中で、一日の緊張を解きほぐし、ゆったりとお寛ぎください。シガーの用意もございますので、お申し付けください。
書斎をイメージした店内に、庭園と都会が調和した風景
豊かな森を残す日枝神社に隣接するザ・キャピトルホテル 東急。建築家 隈研吾氏がデザイナーアーキテクトとして手掛けたメインロビーの天井には、「斗きょう(ときょう)」と呼ばれる日本建築の庇を支える構造体のモチーフが配され、日枝の自然とホテルの空間を緩やかにつなげています。ロビーから専用階段を上がり、ダイナミックな「斗きょう(ときょう)」を横目にバーの店内へ。キャンドルが揺らめくカウンター、書斎をイメージしたラウンジ、2つのシーンをお選びください。
かつてのゲスト、ビートルズにちなんだオリジナルカクテルも
世界のVIPが宿泊した歴史を持つキャピトル東急ホテルが、4年間の建て替え期間を経て、2010年秋、ザ・キャピトルホテル 東急として生まれ変わりました。ホテル名を冠したメインバーが「ザ・キャピトル バー」。ライトアップされた庭園を眺めながらお寛ぎいただけるラウンジ席の奥には、かつてのホテルに宿泊したゲスト、ビートルズのコーナーをご用意しています。そしてオリジナルカクテルの中には、ビートルズにちなんだものもございます。
名店「ORIGAMI」でつくるフードメニューも楽しみの一つ
「ザ・キャピトル バー」のフードメニューは、階下にあるオールデイダイニング「ORIGAMI」で調理する、バー専用のお料理。豊富な知識と確かな技術を持ったバーテンダーがおつくりするカクテルなど、多彩なアルコールメニューはもちろんのこと、お酒に合う「ORIGAMI」製フードメニューも魅力の一つです。ライブラリーのように落ち着いた都会の隠れ家で、グラスを傾け、ゆるやかに流れる大人の時間をお過ごしください。


桃花林/ホテルオークラ東京(とうかりん)
中国の歴史の中で、最も栄えた清朝の時代をテーマに、店内の設備を華やかなイメージで演出。個室はもちろん一般席もプライベートを重視したゆとりある造りとなっております。ダイナミックなカービングサービスは一見の価値あり。舌はもちろん、目でも味わえる極上の料理はお祝いの席にもぴったりです。厨房を取仕切るのは、中国料理界の重鎮の一人、梁樹能(りょうじゅのう)中国調理名誉総料理長より命を受けた新進気鋭の新総料理長 陳龍誠(ちんりゅうせい)。オークラグループの中国料理店のフラッグシップ店としての役割も担う「桃花林」の味
上質なひとときを過ごす、くつろぎの空間。世界をもてなすホテルオークラ東京
ランタンの淡い光がともる広々としたロビーに足を踏み入れると、しばし都会の喧騒を忘れるホテルオークラ東京。開業以来45年余にわたって、幾多の世界のセレブリティをおもてなししてまいりました。フランス料理や日本料理、中国料理など、目で楽しみ、舌で味わう逸品揃い。カジュアルなランチからフォーマルなディナーまで、豊富なメニューを揃え、ひときわ豊かな味の世界を広げます。快いホスピタリティにつつまれて、至福のひとときをお過ごしください。


アイニン ファンファン
上海・四川料理と薬膳料理のお店【アイニンファンファン】は、季節の旬の新鮮な素材を生かした伝統の上海四川料理、そして当店でしか味わえない中国料理の基本を見つめた創作料理に努力を惜しみません。広々とした空間、静寂と安らぎの空間に、心をこめた懐石風のサービスでごゆっくりと楽しいひと時をお過ごしください。
円卓テーブルのお部屋から洋風のお部屋、和室まで7部屋の個室をご用意しております
当店では、洋風のテーブル席の【薔薇の間】、畳の掘りごたつ式お席の【桜の間】など、中国風円卓のお部屋以外にも、大きさも雰囲気も異なるさまざまなお部屋をご用意しております。どのお部屋もシンプルで落ち着いた雰囲気のお部屋となっておりますので、顔合わせ、ご接待、ご会食など大切なおもてなしのシーンでご利用いただけます。
美容と健康にこだわった薬膳料理をお楽しみください
【アイニンファンファン】では美容や健康に効果的と言われる薬膳料理が人気でございます。フカヒレ姿、スッポン、鹿の角、烏骨鶏、合鴨、干し貝柱等15種類以上の高級な生材、干物と生葉を長時間煮込んだ“佛跳墻(フーティアージャン)”は当店自慢の料理です。これは中国政府が外国要人を招待した際に必ず出す料理で、一般中国料理店ではお目にかかれない逸品です。またお料理だけではなく、美肌にも良いとされる「アサイージュース」など、ドリンクメニューにもこだわっております。
“麻婆豆腐”は食の専門誌でも取り上げられた名物料理
ほどよい辛さと肉の旨みが合わさった名物の“麻婆豆腐”は、くせになる味とご好評いただいております。冬には上海カニのコース、その他には“フカヒレスープ”、“朝鮮人参スープ”など豊富な薬膳スープメニューやお粥のメニューなど、女性には特に嬉しい、体に優しいお料理を多く取り揃えておりますので、何度足を運んでいただいてもいろいろな角度でお楽しみいただけるかと思います。


ティー&カクテル ガーデンラウンジ/ホテルニューオータニ
四季折々の美しい日本庭園を一望するラウンジ。400年余りの歴史ある1万坪の日本庭園を望む特等席で贅沢なひと時をお過ごしください。シェフパティシエ中島眞介がその鋭い感性と豊かな発想で創り上げるホームメイドスイーツや、バラエティ豊かなお料理をお楽しみいただける「サンドウィッチ&スイーツビュッフェ」が人気です。毎週金・土曜日のカクテルタイムには、ジャズナンバーを中心に生演奏をお届けする“JAZZ NIGHT”を開催しています。
東京名園の1つにも数えられる歴史ある日本庭園を望むラウンジ
大パノラマの窓に広がる景色は、400年余りの歴史をもつ1万坪の日本庭園。春には桜、夏には溢れる緑、秋には紅葉、冬には雪景と、四季折々の景観をお楽しみいただけます。ホテルニューオータニの日本庭園は東京名園の1つにも数えられており、都心にありながらも都会の喧騒を離れ、心行くまで日本情緒にひたることができる安らぎの場所です。ラウンジからのガーデンビューはもちろんのこと、お越しの際は、情緒あふれる日本庭園の散策をお楽しみください。
サンドウィッチやスイーツを愉しむランチビュッフェが人気
王道のサンドウィッチからシェフの創作サンドウィッチをはじめ、ホテルメイドのスイーツのほか、スープ、サラダ、パスタやピラフなど、バラエティー豊かで充実のアイテムをとり揃えたランチタイム限定のビュッフェが人気!中でも、シェフこだわりのサンドウィッチ、“ホテル伝統の味・ローストビーフのサンドウィッチ”や、“BLTサンド”、ジューシーな“クラシックポークカツサンド”は、必ずお楽しみいただきたい人気サンドです。親しい仲間やご家族、カップルで楽しむ、優雅なランチタイムをお過ごしください。
毎週末にはジャズナンバーを中心に実力派アーティストによる生演奏を
毎週金・土曜日にはジャズナンバーを中心に、実力派アーティストによる生演奏をお届けする“JAZZ NIGHT”を開催しています。チャージ無料なので、誰にでも気軽にお楽しみいただけます。カクテルタイムには、シェフこだわりのサンドやバーガーなどの軽食のご用意もあるので、お待ち合わせだけでなく、お食事のご利用もいただけます。ジャズの調べに酔いしれながら、ビールやワイン片手に、大人の時間をお楽しみください。


菜根譚 月居(さいこんたん げっきょ)
菜根譚とは、17世紀の中国・洪自誠の著書による「人よく菜根の咬みえば、即ち百事なすべし」すなわち「堅く筋が多い菜根を噛み締めてこそ、真の味わいがわかる」という人生訓に由来します。赤坂の路地奥にひっそり佇む、落ち着きある旧い日本家屋にて、旬野菜をふんだんに使用し滋養に富んだ、シンプルでありながらも美味しい中国料理を召し上がっていただく、大人のための隠れ家「菜根譚 月居」です。
2013年5月リニューアルOPEN。昭和初期の日本家屋を生かした「菜根譚 月居」
赤坂の路地裏にひっそり佇む一軒家『菜根譚』が、この初夏に「菜根譚 月居」としてリニューアルオープンいたしました。昭和20年代に建てられた木造の日本家屋を生かしたお店は、随所に往年の風情が漂っていると人気をいただいておりましたが、以前は畳の掘り炬燵だった2階席を、アンティークの調度品を設えた趣あるテーブル席にし、また4つの個室を増室いたしました。
よりゆったりと寛げる空間へと進化した「菜根譚 月居」をお楽しみ下さい。
路地裏の古民家個室で、ワインとたしなむ大人の中国料理
四季を感じさせる「菜根譚 月居」の中国料理は、ワインとの相性も抜群です。月明かりがとてもよく似合う和の空間で、中国滋養四季菜とワインを嗜む夕べは、大人だけにゆるされる「菜根譚 月居」ならではの至極の宴のひと時です。
“素にして身体に優しいもの”がテーマの中国滋養四季菜
17世紀、中国で著された人生指南書をその名の由来とする『菜根譚』は、“素にして身体に優しいもの”がテーマ。若き料理人“船倉”が、自ら吟味し仕入れる野菜を始めとした素材で展開する斬新な中国料理の数々は、インパクトを兼ね備えながらも、自然とカラダが欲する美味を提供いたします。


シャンパン・バー/ANAインターコンチネンタルホテル東京
アトリウムロビーを見渡せる舞台風イメージの店舗。開放的な雰囲気で待ち合わせにも適したモダンで小粋なスポットです。人気の秘密には、シャンパン専門のバーとして25種類のグラスシャンパンを用意していること、そして、店内はホテル宿泊の外国人ゲストなど国際色豊かな人々の姿で演出され、女性が1人でも利用しやすい雰囲気がある点が挙げられます。待ち合わせの時間を利用して、あるいは、ちょっと立ち寄り型で華やかなシャンパンを一杯だけというような楽しみ方ができます。
メインロビーに浮かんだN.Y.テイストの新世界
店内は球体のペンダントライトが幻想的な雰囲気を演出するソファ席のフロアや、白色LEDライトが下からシャンパングラスのバブルを美しく照らすカウンター席があります。カウンター周りは、足元や壁を浮かび上がらせるヒップな色彩の照明使いがアクセントとなって、モダンで洗練された印象を与えています。全体の照明にもこだわりがあり、ティータイムからトワイライトへと姿を変えながら、それぞれのひとときを楽しめる印象的な空間となっています。
選べる週替わりのメインディッシュをお楽しみいただけるお得なランチ
グランメゾンのシャンパンを15種類、R.M.(レコルタン・マニピュラン)と呼ばれる葡萄の栽培から製造まで一貫した経営者で、品質までこだわったシャンパンを10種類ご準備しております。また、ジャンルではブランドブラン、ブランドノワール、ドサージュゼロなど多種にわたりお楽しみ頂けます。また、女性のお客様には特別にシャンパンのフリードリンクプランを設けており、夕刻からのトワイライトの時間の「レディースシャンパンソーシャル」が人気の一つとなっています。


下関春帆楼 東京店(シモノセキシュンパンロウ トウキョウテン)
下関では、ふぐは“福”に通じるとして「ふく」と呼び習わします。この「ふく料理」を明治より伝える名店の味と技を、「ふく」はもちろん、雲丹や鯛などの新鮮な食材をふんだんに使ってご提供いたします。彩り豊かで眼も愉しませるふく料理と季節料理の数々をどうぞお愉しみください。
個性豊かな個室を完備、様々なシーンでお寛ぎいただけます
高級感溢れる店内は、舟型天井に本漆塗りのテーブルを配した貴賓室「聴雨(ちょうう)の間」や、大人数での宴席にお薦めの和個室、日清講和記念館をイメージした和洋折衷で異国風のインテリアが優雅な雰囲気を醸し出す洋個室など、シチュエーションに合わせて選べる個室をご用意しております。カジュアルにご利用いただけるテーブル席もご用意しておりますので、ご接待、ご会食、ご慶事、ご法要から、ご家族やご友人とのお食事まで、多様な用途に対応できる空間となっています。
老舗ならではの素材へのこだわりと旬の食材を盛り込んだ季節の料理
「ふく」は稚魚から一貫して管理している通年商品の養殖物に加え、10月〜3月の期間は産地直送の天然物をラインナップし、「ふく」にしかない繊細でほのかな味わいを歴史が培った技法により最良の状態で提供します。その本場下関のふく料理はもちろんですが、春は天然桜鯛、夏の城下かれいからおこぜ・鱧・山口牛(予定)など、その季節々々の旬の食材を使用した「料理長おまかせ会席」もご用意いたします。日本の四季を感じられる「季節料理」もどうぞお楽しみください。
日本のふぐ公許第一号店「春帆楼」
日本のふぐ公許第一号店として伝統の味と心をお届けする春帆楼本店。下関春帆楼 東京店では、本場下関のふく料理と新鮮な食材をふんだんに使って、ご提供いたします。「ふく料理」は1年を通してご用意するのはもちろん、季節に合わせて「料理長おまかせ会席」をご用意します。昼は「春の籠盛りご膳」と「下関名物 瓦そば」を使用した「瓦そば鰻ご膳」もおすすめです。


RIB ROOM/ホテルニューオータニ(リブルーム)
ホテル開業当時の味を守り続ける、老舗ステーキハウスリブルーム。厳選された極上の牛肉を、熟練シェフが一枚一枚丹念に焼き上げます。最高級の和牛A5クラスからアメリカ牛までお楽しみいただく事が出来ます。また、ランチタイムには人気のレディスステーキセットなどお手頃なお値段のメニューもご用意しております。美味しいステーキを召し上がりたいなら、ホテルニューオータニアーケード階リブルームにお越しください。ご接待での利用やカップル、家族連れのお客様まで安心してご利用いただけます。
アールヌーボー様式の落ち着いた内装、隠れ家的な雰囲気のお店です
地下にある為、夜景を楽しみながらの食事とはいかないが、こじんまりとした静かで落ち着きのある知る人ぞ知る老舗ステーキハウスです。ディナータイムには黒のテーブルクロスにキャンドルと、より一層大人の雰囲気を演出しています。店内にはワインセラーもあり、フランス産を中心にリブルームの専属ソムリエが選んだ赤・白・シャンパーニュをご用意致しております。レンガ造りの壁にあるショーウィンドーに飾れらたA5・A4の黒毛和牛は往来する人の目を惹きつけています。
さまざまなスタイルでお楽しみいただけるステーキは、専門店ならではのシェフの技
シャトーブリアンや、A4・5等級の和牛のステーキをお楽しみいただけるだけでなく、専門店ならでは技を凝らした様々なスタイルのステーキをお召し上がりいただけます。特撰和牛のフィレを挽かずに粗く叩き、つなぎを一切使わずに仕上げた「グランドビーフステーキ」や、肉厚のアメリカンテンダーロインステーキを溶けたガーリックバターと絡めて食べる「VOLCANO〜ヴォルケーノ」など、お客さまの好みに合わせてお選びいただけるステーキをご用意いたしております。
厳選された黒毛和牛はA4・5等級のみ。サラダバーも充実
黒毛和牛の場合、A1〜A5まで5段階あるランクの中で、牛の種類、年齢、さし、肉の色・つやを確認し、A4とA5のみを提供しています。また、USビーフの場合も、肉の色・つや・弾力など、和牛同様シェフが食材を入念に確認し厳選しています。それらを熟成させ、食べ頃になったものだけを提供しています。また、肉と野菜をバランスよくお召し上がり頂ける様に、20種類以上の厳選野菜を使用したサラダバーもお店のこだわり。お客さまに安心して食べて頂きたいという気持ちからシェフが素材を厳選しています。


メゾン・ド・ユーロン
オープン以来、お客様の舌と心を魅了してやまないヌーベルシノワの先駆けともいえる中国料理店。2008年に新体制で再スタートし「ミシュランガイド東京2010」「ミシュランガイド東京・横浜・鎌倉2011」では2年連続で星を獲得しました。赤坂の喧騒を離れた閑静な場所に位置し、店内はゆったりとした空間が広まっております。都内で唯一ここでしか味わうことのできない「遊龍特製フカヒレの姿煮」ほか、お皿の中に「食の都」上海の伝統が詰まった華やかな料理の数々をお召し上がりいただけます。
白を基調とした軽やかで暖かみのあるメインダイニング
メインダイニングは、白を基調とした軽やかで暖かみのある心地の良い清潔感のあふれる空間が広がっています。また人数に合わせて使えるより落ち着いた雰囲気の個室もございますので、ビジネスシーンにもご利用いただけます。
シェフ/阿部 淳一
1964年東京生まれ。「東京會舘」「東京上海錦江飯店」「オー・セ・ボヌール」を経て、1995年 「メゾン・ド・ユーロン」開店に伴い、シェフに就任。その後独立し「A-Jun」を立ちあげたが、2008年オーナーが松田和子に変わった際、もう一度「メゾン・ド・ユーロン」で腕をふるうこととなり現在に至る。90年代、中華をフレンチのごとく華麗なコースに仕立て、ヌーベルシノワの先駆けとして活躍。“炒”の本質、火と油と水の使い方では、日本屈指とされる。
「美味しいもの」を食べやすく 提供するために
90年代日本・中国を中心に流行したヌーベルシノワ。西洋の食材を中華の技法で調理したり、フランス料理のように洋風の食器に料理を盛り付けコース料理のようにして1品ずつ提供する中華料理を指します。品数多く食べていただきたいということ、とりわけなくてもお召し上がりいただること、人とシェアするのを喜ぶお客様が少なくなられた、このような3つの理由からメゾン・ド・ユーロンではヌーベルシノワスタイルを取っています。


さざんか/ホテルオークラ東京
お客様の目の前で、特選和牛をはじめ、新鮮な魚介類や野菜など選び抜かれた極上の食材が鮮やかな手つきで焼き上げられる「さざんか」。ライブ感ある雰囲気を味わいながら、素材の持ち味を損なうことなく瞬時に仕上がる様子をお愉しみいただけます。鉄板がもつ、ダイレクトでシンプルな調理は幅広い世代に好評で個室やカウンターなども選べ、少人数でもグループでもご利用いただけます。また、エントランスに立ち並ぶワインセラーが更にお肉の味を引き立たせます。シェフの鮮やかな手さばきを見ながら極上の味わいをご堪能ください。
上質なひとときを過ごす、くつろぎの空間。世界をもてなすホテルオークラ東京
ランタンの淡い光がともる広々としたロビーに足を踏み入れると、しばし都会の喧騒を忘れるホテルオークラ東京。開業以来45年余にわたって、幾多の世界のセレブリティをおもてなししてまいりました。フランス料理や日本料理、中国料理など、目で楽しみ、舌で味わう逸品揃い。カジュアルなランチからフォーマルなディナーまで、豊富なメニューを揃え、ひときわ豊かな味の世界を広げます。快いホスピタリティにつつまれて、至福のひとときをお過ごしください。


ベッラ・ヴィスタ/ホテルニューオータニ ガーデンタワー40F
地上144mの眺望が圧巻の「ベッラ・ヴィスタ」のスペシャリティは、味わい豊かな自家製生パスタと、厳選素材をシンプルに焼き上げた備長炭グリル。オープンキッチンの活気が華を添える店内は、料理と同様に洗練され、食の愉しみを知る大人こそ相応しいもの。さまざまなシーンに対応できる、スタイリッシュな都市の美学に彩られたダイニングがここにあります。
料理もホスピタリティもハイエンド。肩ひじ張らない、スタイリッシュな大人の空間
飾らない本物の味を追い求め、来店いただいた皆さまに楽しんでいただきたいという想いで生まれた、新コンセプト“Semplice Italiano”(センプリーチェ イタリアーノ)。ホテルならではの厳選素材のなかでも、希少価値の高い食材の数々を用いて、本場イタリアの味わいを再現いたしました。ライブ感溢れるステージキッチンから繰り出される、「自家製生パスタ」や「備長炭炭火焼グリル」。ホテルだからこそ叶う、ゆったりと流れる時間とともに、シンプルなイタリア料理の真髄をお楽しみください。
世界中から厳選された旬の食材が持つ旨味と香りを最大限に引き出します
ステージキッチンで備長炭を使ってこだわり食材を焼き上げる炭火焼グリルはベッラ・ヴィスタのスペシャリティ。希少価値の高い北海道産の仔羊や九州赤鶏、特選和牛などを備長炭炭火焼でお召し上がり頂けます。また、シェフ高森のこだわり「自家製生パスタ」は、もっちりとした食感とフレッシュな風味が絶品。生クリームを使わない王道“ローマ風”カルボナーラをはじめ、季節の食材がふんだんに盛り込まれたラヴィオリやオレキエッテなど、本格的な生パスタが揃います。
世界的シェフ達の饗宴の舞台として選ばれるレストラン
イタリアのミシュラン三ツ星シェフをはじめ、料理ジャンルを問わず国内外の“時代の料理人”を招聘して、毎年フェアを開催。世界的シェフ達が東京でのパフォーマンスの舞台として選ぶベッラ・ヴィスタ。スーパーシェフのノウハウが自慢のパスタ料理をはじめ随所にちりばめられています。


ル・プティ・トノー虎ノ門(ル プティ トノートラノモン)
まるでパリの街角に迷い込んだような、本格フレンチビストロです。メニューはお手頃な価格ながら、フランスの巨匠フィリップ バットンにより構成され、料理とワインの双方をお楽しみ頂けるラインナップです。まさにパリのビストロにいるかの様な雰囲気の中で、グラスワイン、カラフ、ボトルと、お好みのワインスタイルをタパスと共にお召し上がり下さい。もちろんコースメニューのご用意もございます。ご来店の際には、ワインをお選び頂く為のアドバイスやその他の疑問点など、当店のスタッフにお気軽にお声をお掛け下さい。
パリに遊びにきたかのような雰囲気 100名様までのパーティーも可能
パリの街角に迷い込み、たまたま見つけたビストロにふらっと入ってしまう、そんな雰囲気に包まれるル・プティ・トノー。ワインレッドのカラーが印象的な店内に入ると、フランクなスタッフが皆様をお迎えいたします。広々とした店内は、100名様までのパーティーにもご利用頂けます。ウェディングパーティー、2次会などに最適です。また、毎週土曜の夜にノーチャージのライブミュージックを開催しているのも、虎ノ門店のおすすめポイント。外国の方のお客様も多く、旅行に来たかのような感覚でお食事が楽しめます。
フランスの巨匠フィリップ・バットンによる“お手頃本格フレンチ”と豊富なワイン
実にフランス的な雰囲気の中で、ワインと料理を軸にした今までに無いコンセプトを皆様にご提案したいと思います。メニューは、伝統的な料理から、温かい家庭料理までフランスを満喫できるバラエティに富んだラインナップ。さらに南仏を中心にセレクトしたワインはとても斬新で、他ではなかなか味わうことのできない銘柄も取り揃えております。ワインの知識豊富なスタッフが、皆様のメニューにぴったりなワインをご提案いたします。
肩ひじ張らずに、パリの味と雰囲気をお楽しみください
テープルチャージやサービス料もなく、気を張らずに楽しく料理とワインを頂けます。アラカルトの料理は全てタパス(小皿タイプ)のオーダーが可能です。また、ワインもグラスオーダーから承ります。当店が自信を持ってお薦めするワインを片手に、フィリップ・バットンのバラエティーに富んだ料理を十分にお楽しみ下さい。


大観苑(Taikan-en)/ホテルニューオータニ(タイカンエン)
1964年の開店以来多くの美食家に愛されてきた本格上海料理レストラン。黒を基調に洗練を極めた店内で、全面フルハイトウインドウの窓から眼下に広がる1万坪の日本庭園から遠く東京タワーまでを一望。“王道主義”を貫くメニューには、天日干しの最上質なものを用いるふかひれの姿煮や伊勢海老、鮑などの特撰素材メニュー、50年もののヴィンテージ紹興酒なども充実。料理長をはじめ、北京の高級技師の資格を持つ麺・点心の達人や香港から招聘した焼き物名人がオープンキッチンのガラス越しに鮮やかな技を披露しながら本物の味をお届けします
抜群の眺望と充実したプライベート空間
黒を基調にしたシックな店内“王道主義”を掲げる本格上海料理店の気品が漂います。窓は全面フルハイトウィンドウで、眼下に広がる1万坪の日本庭園から、東京タワーやミッドタウンまで東京のランドマークが一望でき、四季折々に目を楽しませる庭園から煌めく贅沢な夜景という景観まで、東京随一の眺望を約束します。更に、プライベート空間も充実。プライベートブース6室(4〜6名)、個室5室(6〜34名)まで、用途に合わせてお選びいただけます。
“王道主義”を貫く、本格上海料理店を支える技
ホテル開業以来、2世代、3世代にわたり多くの顧客から愛されてきた看板レストラン。その美味は1981年から初めて中国の北京飯店の厨房に入り、帰国後その味を日本に紹介したホテルニューオータニ中国料理最高顧問、呉 祥勇(ゴ ショウユウ)が育て上げ、現在の料理長、黒岩利夫に受け継がれています。更に厨房には「高級技師」の資格を持つ北京の麺・点心の達人 郭 慧薇(カク ケイミ)や、香港から招聘した焼物名人 呉 細陵(ゴサイリョウ)を擁しオープンキッチンのガラス越しに名人や達人の鮮やかな職人芸が眺められます。
王道の逸品、ふかひれ3種に3種の酢を合わせて楽しむ
上海料理といえばその代表は煮込み料理。天日干しされた吉切鮫を“原ひれ”の状態からゆっくりと時間を掛けて戻した大観苑の姿煮はまさに至高の逸品。姿煮に使う吉切鮫のほか、繊維が細かく柔らかい毛鹿鮫、歯ごたえがしっかりしている青鮫などが揃えられ、それぞれの特性を活かした姿煮と上湯の蒸しスープなどさまざまな形で共されます。ふかひれにはご希望で、黒酢、赤酢、能紅酢が添えられますが、まろやかな酸味との絶妙な調和は癖になる美味です。


味鉄赤坂店(アジテツアカサカテン)
神戸本店は創業60余年の老舗。赤坂店も今年で10周年。世界に冠たる神戸牛を希少な天然熟成(ドライエージング)にて、お客様のご来店に合わせた旨味最高のタイミングでご提供しております。神戸牛一頭買いにより、珍しい多様な部位もお楽しみ頂けます。お肉のお供には、手間暇かけて育てられた日本全国のこだわり旬野菜を素材の味を活かして豊富に御用意致しました。美味しさが成長する熟成神戸牛と改良進化する国産野菜のコラボ。外国のお客様は勿論、本物の味を求める多くの方のために、素材が語る美味しさを是非ご堪能下さい。
駅近!赤坂サカス前にひっそりと佇む隠れ屋的レストラン
木と竹を基調に落ち着いた雰囲気で開放的な店内。外国の方に加え、お忍びで来る著名人も多くいらっしゃいます。最大40名様まで収容可能なテーブル席は、外国人も多く訪れるためゆったりめ。テーブルには、ステーキからしゃぶしゃぶまで幅広く楽しませてくれる磨き上げられた特注鉄板が光ります。接待にも使えそうなプライベート感覚溢れるシックな個室は14名まで利用可能。最優秀賞神戸牛盾や多数の血統書に囲まれ、高級感があふれます。なお、店内テーブルレイアウトは自由自在。宴会・パーティーの人数・用途に合わせてご利用下さい。
行き着いた本物の素材をきわめてシンプルに頂く至高の贅沢
神戸牛オオトロ…周りを炙る程度に焼き、備前岡山の塩のみを振ってお楽しみ下さい。口に入れた香ばしさの中で甘く感じる身が一瞬で溶け、旨味だけが余韻に残ります。神戸牛いちぼ…鉄板で各面約15秒焼くと、厚めにカットされたステーキがサクサクと歯切れよく口の中でほどけ、熟成された肉汁が旨味一杯に溢れ出します。サーロインやヒレ、ロースに代表される部位を始め、それとは異なる食感・味・風味のものを、その素材に合った焼き方・食べ方で少量ずつ堪能する部位別味比べ、熟成神戸牛尽くしをお楽しみ下さい。
素材語る、天然熟成(ドライエージング)神戸牛とこだわり国産旬野菜
「神戸牛一頭買い」通常約40種の部位が神戸牛では約150種。馴染みの部位から希少なものまで多種多様にご用意しております。「不飽和脂肪酸」厳しく管理されたお肉の脂の大半はお魚と同じ不飽和脂肪酸。常温でも溶け易くコレステロールになりにくいものです。「ドライエージング」適正温度・湿度で管理された熟成庫にて、部位ごとに約4〜6週間天然熟成。サシ(霜降り)はもちろん、赤身、牛すじまで旨味がとことん醸されます。「旬の国産こだわり野菜」お肉に劣らず手間暇かけて育てられた日本全国の旬野菜を素材の味を活かして豊富にシンプルに。


django(ジャンゴ)
六本木と赤坂の間付近、赤坂から乃木坂に抜ける赤坂通りを1本裏の通りに入った、落ち着いた雰囲気のエリアに佇む、隠れ家のような雰囲気のレストランが「ジャンゴ」です。老若男女問わず様々なお客様が、お一人で、お友達と、接待等、多様な利用シーンでお使い頂いております。「とりあえずジャンゴに行けば」が可能な、どんなシーンでもご利用頂けるお客様にとって便利なお店として、時間を忘れて店内で過ごす一時をお楽しみ下さい。
黒を基調とした様々なシーンで使える空間。春から秋は窓を全面開放しオープンエアーに
場所柄、大使館も多く、外国人の方もよくご利用される店内は、お一人様のカウンタースタイルや、お友達とのシェアスタイル、接待でのコース仕立てスタイルと様々な利用シーンでお使い頂ける様、黒を基調としつつもカジュアル過ぎず、堅苦しすぎずの空間を心がけております。夜は照明を落として、キャンドルでリラックスしたムードのある一時を演出いたします。春から秋にかけては、通りに面したアコーディオン窓を全面開放し、オープンエアーな雰囲気でお食事をお楽しみ頂けます。
来る人を飽きさせない、定番メニューと豊富な日替わりメニューのカリフォルニア料理
カリフォルニア料理を中心とした、様々なお料理をご提供しております。リピーター歴の長いお客様も飽きないように、メニューの半分以上は日替わりメニューをご用意しております。開店以来、常連様にも人気の高い、蟹味噌のパスタと、チーズケーキは是非一度お試し下さい。蟹味噌のパスタの上には、エメラルドブルーに輝くとびこのわさび漬けが視覚的にも、味覚的にもアクセントを与えてくれます。こだわりのカリフォルニアワインも充実しておりますので、料理に併せてワインもお楽しみ下さい。


個室会席 北大路 虎ノ門店(こしつかいせき きたおおじ とらのもんてん)
国内外の大切なお客様へのおもてなしや、親しいお仲間との懇親会、ご結婚前のお顔合わせやお祝いの席に最適な数寄屋造りの個室を掘りこたつ式とテーブル式と2種類ご用意しております。そして、店内や室内に多数施された和の象徴でもある本物の竹や熟練された板前による和の料理の数々、ホスピタリティの精神が溢れる着物の女性スタッフのおもてなしをご堪能ください。
完全個室のおもてなし
桜田通りに面し、霞ヶ関、永田町からも程近く。
落ち着いた贅沢空間で、四季折々の本格日本料理をお楽しみ下さい。
ご接待やご会食に最適な熟練の板前が織りなす「和」の会席をどうぞ
常に新しいものを求める北大路総括調理長プロデュースのもと熟練の板前6名がお客様の多様なニーズにお応えすべく心をこめて調理しております。四季折々の食材はもちろんのこと、A4〜A5ランクの黒毛和牛がメインの「焜炉焼き会席」、漁港より直送の「とらふぐ会席」(冬期限定)や伊勢海老と和牛の「ぐりる会席」など多数取り揃えております。また、お客様のお好みに合わせ食材の内容も随時変更し、ご対応させていただきます。
「おもてなし」にこだわった空間と時間をプロデュースさせていただきます
若々しい気さくな和服の女性スタッフがホスピタリティの心をもってお出迎えからお見送りまで、幹事様のお連れ様へのおもてなしのお手伝いをさせていただきます。お食事やお飲み物の配膳はもちろんのこと、お帰りの際のお車の手配やご案内、さらに、お連れ様にお渡しする手土産等のお預かりなどもさせていただきます。当店では「できるかぎりお客様の側に」をモットーに、従業員一同皆様のご来店を心よりお待ち申し上げております。


ARGO(アルゴ)
9Fのエレベーターの扉が開くと、そこは初めて出会う別世界。まさに、「ARGO」の由来であるギリシャ神話に登場する巨船のような豪華な雰囲気です。目の前に広がる、皇居から千鳥ヶ淵へと連なる都心のパノラマビュー。フランスの名店で研鑽を重ねた、エグゼクティブ・シェフ山下敦司による料理は繊細にして独創的。旬の食材を生かした、軽やかでヘルシーな味わいを満喫いただけます。華を添えるインテリアは、4人の個性的な女性アーティストの作品たち。大人だけが知っている、五感がよみがえる時間をお楽しみ下さい。
「ARGO」の由来のギリシャ神話に登場する巨船のような豪華な雰囲気
華を添えるインテリアは、ロンドン、ベニス、ニューヨークの個性的な4人の女性アーティストに特別注文した、アートパネル、ガラス彫刻、照明、椅子といった作品たち。斬新でありながら、心からくつろげる癒しの空間を創りだしています。ふと窓越しに一望できるのは、皇居の豊かな樹々たち。上質なムードにみなさまをお連れいたします。
エグゼクティブ・シェフ 山下敦司
都内のフランス料理店で5年、大阪の洋菓子店で1年の経験後、1995年渡仏。エクスアンプロバンス「ル・クロードゥラビオレット」(二ツ星)、パリ「ル・ディヴェレック」(ニツ星)、アヌシー「マルク・ヴェイラ」(三ツ星)、ロワンヌ「トロワグロ」(三ツ星)、パリ「ピエール・ガニェール」(三ツ星)と5年間、、各地の星付きレストランで幅広い経験を積み、2000年に帰国。「ル・コルドンブルー・パリ」にて6年半、料理講座教授。2006年9月よりエグゼクティブシェフとして指揮をとる。
都会のパノラマビューを堪能しながら、感性豊かなフランス料理の世界を
フランス料理の伝統的な基本テクニックを守りつつ、アレンジや盛りつけに創造性や斬新さを発揮していく。そして、日本人ならではの和のテイストをプラスしていく。それが、クラシック・フレンチの名店「トロワグロ」や最先端フランス料理の「ピエール・ガニェール」で腕を磨いた、エグゼクティブシェフ山下敦司がつくり出すフランス料理の世界です。ひと目見たときの美しさはもちろん、驚きのあるおいしさを存分に味わえます。


鮨すずき 赤坂店(スシスズキア カサカテン)
赤坂駅徒歩3分の「鮨すずき 赤坂店」では、こだわり抜いた空間で極上の鮨をお愉しみいただけます。接待やご宴会、記念日にも最適です。 接待や大切な方とのお食事に是非ご利用ください。
熟練の技を見て愉しめるカウンター席
純和風の高級感溢れる佇まいが特長の店内には、職人の手元を間近でご覧いただけるカウンター席を設けております。熟練の技を見て愉しむ鮨は格別です。廊下の奥にある掘りごたつの座敷は、純和風の高級感溢れる佇まい。和の研ぎ澄まされた空間は、プライベートな空間をご希望のお客様に好評です。
その日で一番おいしい直送の新鮮素材
新鮮なネタを使ったお寿司。その日で一番おいしい直送の新鮮素材をご堪能ください。丁寧につくられた一品一品、旬の食材を職人たちが腕を振るい、最高の酒の肴に仕上げます。ご予算に応じたコースをご用意しております。新鮮な海の幸をご賞味ください。


エメ・ヴィベール
伝統の美食文化「ガストロノミ」を現代に表現したい…。古き良き伝統と洗練された都市文化、自然の豊かさを合わせ持つ地「イル・ド・フランス」。そのコンセプトのもと、フランス料理の真髄を探求し続けるキュイジニエとセルヴィス。ゆったりとした間隔の席からは、自然の恵みを堪能できるガーデンが見渡せ、食後にはディジェスティフなどのサロンスペースで心ゆくまで楽しめる…。ミシュラン東京創刊以来、連続星を獲得しているシェフ若月の料理と、他では決して味わうことの出来ない「ガストロノミ」のフルコースをご用意します。
パリ郊外・ブローニュの森にあるような瀟洒な邸宅レストランで、優雅なひと時を
洗練された都会的要素と、温かくて奥ゆかしい田舎の要素を併せ持つメゾン。2Fのウェイティングサロンには、オーナーがフランスやヨーロッパ各地で買い付けた家具や調度品が揃い、150m2以上の広々としたレストラン内からは、約100坪にも及ぶガーデンをどの席からもゆったりと眺めることができます。そして、そのコンサヴァトリーから降り注ぐ陽の恵みやライトアップをした夜の幻想的な雰囲気など、都会の中とは思えない空間が広がり、時間の経つのを忘れ大切な思いと共に食事を堪能することができます。
フランスで、古くから受け継がれてきた料理を現代に表現したい・・・
国内にて修行後、25歳の時に渡仏。フランスの三ツ星レストラン「エスペランス」や「メゾンブランシュ」「レカミエ」などで修行を重ね、帰国後「ホテル日航東京」「ロオジエ」を経て、当レストランのシェフに就任。ミシュラン東京創刊以来、連続星を獲得。厳選した新鮮な旬の食材を使い、素材の風味を活かすシェフの料理は、まさに「フランス料理たるフランス料理」。真の伝統的なフレンチが少ない日本にあって正統派のスタイルを継承している真摯な姿勢は、多くの食通を魅了しています。
独自のサーヴィススタイルで、お客様の思いを、特別な時間へ・・・
元来ヨーロッパでは自城に客人を招いて贅沢な時を過ごすのが最高の振る舞いでもあり、権力の象徴でもありました。古くから伝わる「おもてなしの心」。お客様の大切な時とその思いに、決して手を抜かず、皆様へ特別なもの(心)を御用意したい・・・。その思いから、席は10組までと限らせていただき、シェフの感性を散りばめたフランス料理の真髄を充分に堪能していただきます。今ではあまり見ることのできないデクパージュなどを取り入れ、「統一の美」をテーマにしたアンサンブルのクラシックなサーヴィスを是非お楽しみください。


MIXX バー&ラウンジ/ANAインターコンチネンタルホテル東京(ミックス バーアンドラウンジ)
赤坂の一等地、アークヒルズにそびえ立つANA インターコンチネンタルホテル東京の36階に位置し、国会議事堂や緑豊かな皇居、超高層の東京ミッドタウンタワーなど、東京の中心部を見渡せる最高のロケーション。店内を3つのエリアにゾーニング。利用目的に合わせて使い分けができる空間を実現。
東京の中心部を見渡せる景観を満喫
赤坂の一等地、アークヒルズにそびえ立つANA インターコンチネンタルホテル東京の36階に位置し、国会議事堂や緑豊かな皇居、超高層の東京ミッドタウンタワーなど、東京の中心部を見渡せる最高のロケーション。店内を3つのエリアにゾーニング。利用目的に合わせて使い分けができる空間を実現。
36階からの眺望と共に召し上がるランチブッフェ
ランチタイムは地中海料理を中心とした45種類の料理をブッフェメニューにてご提供、メイン料理の肉、魚料理に加えて生麺使用のパスタがテーブルサービスで召し上がれます。セルフサービスのサンドウィッチコーナーにてお好みの具材でオリジナルサンドウィッチもお楽しみ頂けます。デザートにはタルトやフルーツ、チーズケーキ等女性には嬉しい品ぞろえ。バータイムはお酒に合わせたア・ラ・カルト料理を御用意、おつまみからメイン料理まで取り揃えてラインアップしております。
アルコールと科学の融合「モレキュラーカクテル」
バータイムは六本木方面が見渡せる、カウンター席やスタンディングエリアを配置したバーエリア、窓際席や雰囲気に合わせて音楽を演出するDJブースを設置したラウンジエリア、20名様から貸切可能な個室にもなるMIXXエリアと3つの雰囲気で利用が可能。ドリンクのラインナップもカクテルを中心に食前、食後にも利用できるアペリティフからディジェスティフまで豊富な品ぞろえで御用意。中でもモレキュラーカクテルは液体に手を加え無形化しカクテルに使用し、おすすめの一杯です。


トップ/ホテルニューオータニ ガーデンタワー40F
最上階、40階からの眺望が秀逸の洋食ビュッフェレストラン。前菜からデザートまで、旬の味覚にこだわったメニューを約40種類ラインナップし、季節ごとに内容を変えフェアを開催しています。おすすめ料理は、お客さまの目の前で出来たての味をお届けする「シェフサービス」料理。ホテル伝統のローストビーフをはじめ、燻製料理や茹で上げパスタなど開催するフェアによってアイテムを変え提供しています。お好きなものをお好きなだけ、お子さまからご年配のお客さままで、ご家族そろってお楽しみいただけるビュッフェレストランです。
絶好のロケーションから眺める“東京の緑”と、“煌めく都心のパノラマ夜景”
ガーデンタワー40階、都心の大パノラマをお楽しみいただけるのは、都内でも「トップ」に勝るものは無いと言っても良いでしょう。昼間の眺めからは、都心に居ながらして緑に囲まれた都会のオアシスを感じられ、空気の澄んだ冬の夜空に浮かび上がる東京のパノラマ夜景は、新宿の摩天楼や、東京タワー、東京ミッドタウン、レインボーブリッジまで、煌めく都内の名所を一望する事が出来ます。味と共に、目でも十分お楽しみいただけるビュッフェレストランです。
いつまでも変わらぬ美味しさを。ホテルの伝統を受け継ぐローストビーフ
一番の目玉料理、旨みを閉じ込め、じっくり時間をかけて焼き上げた“ホテル伝統のローストビーフ”。ほんのりと赤みが残る程度に熱の通りを調節し、口の中で肉汁が染み出すように柔らかくジューシーに焼き上げたローストビーフは、香り高く、噛むほどに旨みが口の中に広がる赤身本来の旨みが際立つ逸品です。肉は、美味しさを熟知したシェフにより、お客様の目の前で、お好みのカットに切り分けて提供いたします。ホテルの中で唯一いつでもローストビーフを提供し続ける、トップの自慢の料理です。
少人数から100名以上の貸切パーティーまでビュッフェスタイルで楽しむパーティーを
歓送迎会や2次会など、さまざまな目的でご利用いただけるパーティープランをご用意いたしております。少人数から100名以上の貸切パーティーまで、用途に応じてお客さまのご希望にお答えいたします。お好きなものをお好きなだけお召し上がりいただけるビュッフェスタイルのお料理と、美しい眺望とあたたかなおもてなしで、賑やかでアットホームな雰囲気を演出いたします。また、ご要望に応じて、花束やアニバーサリーケーキなどのご準備なども承りますので、お気軽にスタッフまでお問合せください。


senang(セナン)
赤坂では珍しいテラスと夜景を楽しむことができるバリStyleダイニングバーsenang (セナン)。小ぶりではありますが、来店していただいたお客様が落ち着いて、お料理とお酒を愉しんでいただけるお店づくりを心掛けています。室内のカウンターは、15席。お一人でも気軽にお使いいただけます。ビルの最上階という立地上、晴天の夜は、心地よい風を存分に感じながら、星や月を眺めながらお食事をお召し上がりいただけます。スタッフ一同、みなさまのお越しを心からお待ちしています。精一杯のおもてなしをさせていただきます。
バリ島のリゾートホテルバーをイメージ
内装はバリ島のリゾートホテルバーをイメージ。店内に置かれる一枚板のテーブルや家具などは現地で直接買い付けたもので、南国のリゾートホテルで味わうようなゆっくりと時間が流れる空間や解放感を追求しています。ひとりでも気軽に過ごせる心地よさです。また、夜景を楽しめるテラス席もご用意。心地よい風に包まれながら、寛ぎのひとときをお過ごしいただけます。
美味しいお酒とバリフレンチをお楽しみください
チキンスープで炊いたご飯に蒸鶏をのせたシンガポール名物ライス「海南チキンライス」や、バリ島のソースを使ったヤキソバ「ミゴレン」など定番のバリ料理や、フレンチのエッセンスを加えたバリスタイルのグリルなど数々のお料理をご提供。またドリンクメニューは、「泡」にこだわったものをご用意しております。一日頑張った自分へのご褒美になりますように。スタッフ一同心を込めておもてなしいたします。


神戸牛懐石511(こうべぎゅうかいせきごういちいち)
世界を魅了する神戸牛。その極上の神戸牛を、一頭買いするという贅沢。511では、料理長自らが競りに参加して、選り抜きの「神戸牛」を仕入れます。一頭買いならではのさまざまな部位の味覚や食感の違いを、美味の響宴ともいうべき「神戸牛懐石」で存分にお楽しみください。ワインは、フランス産を中心に常時約80種ご用意しました。くつろぎのひと時をお過ごしいただける、ゆったりとした客席は、テーブル、ソファー合わせて46席。接待や大切なお客様をお招きする際は個室もご利用いただけます。
プライベートはもちろんビジネスのお付き合いでもおくつろぎいただける空間
赤坂の喧騒を抜けた大人の隠れ家。階段を下りると水が流れるエントランス、入口を開けると200本のワインが並ぶワインセラーそして「流れ」をイメージした広々とした空間が広がります。従来の懐石という響きから遠い、洗練されたデザインのスタイリッシュなメインダイニングと、メインダイニングのイメージとは少し異なるシックでモダンな色遣いの完全個室3部屋でお客様をお出迎え致します。メインダイニングは20名〜40名様規模のパーティーやイベントにもご利用いただけます。
神戸牛の妙味を味わいつくす「神戸牛懐石」をご賞味ください
「神戸牛懐石」のメニュープロデューサーに、究極の肉料理としてその名を轟かせている、京都『いっしん』のオーナーシェフ片桐秀一氏を起用。神戸牛に精通した料理長がその日に使用する部位を厳選してご提供致します。一頭買いならではの希少部位をも網羅した料理をご堪能いただくため、懐石仕立ての「神戸牛づくしコース」を編み上げました。「お肉を食べるなら、やはりステーキ」という方には「窯焼ステーキディナー」がお薦め。メインの神戸牛ステーキを贅沢に150gお楽しみください。
神戸牛の一番おいしい調理方、それは「窯焼(かまやき)」
神戸牛懐石511の神戸牛の有名店で修業を積んだ料理長が辿り着いた調理法、それが「窯焼(かまやき)」。1000度にも及ぶ特製の炉窯で短時間で一気に焼き上げるのでステーキの旨味を一気に封じ込めます。高品質な備長炭を使用しているのでステーキの焼きあがりの香ばしさ、表面のカリッとした食感は格別。また、ステーキだけでなく、しゃぶしゃぶやパーティー用の大皿料理にもご対応致します。ご接待やお祝いごとなどにも安心してご利用いただけるよう、出来る限りご対応致します。是非ご要望をお聞かせ下さい。


過門香 赤坂溜池山王店(カモンカ タメイケサンノウテン)
「世紀を越え、国境を越えて、五千年の歴史が誇る中国大陸料理を堪能していただきたい」、それがモダンチャイニーズダイニング「過門香」のコンセプト。 料理はもちろん、茶器や箸、皿も手作りのものを使用するなど、徹底的にこだわっています。

溜池山王駅より徒歩1分 様々なシーンでご利用頂けます
天井が高く開放感ある店内は、赤をさし色としたアーティスティックで上品な空間となっております。 ご宴会やご接待、ちょっとした青つまりに最適な個室を大小多数ご用意しています。 贅沢な空間でゆったりとお食事をお召し上がり下さい。
旬の食材を使用し、本場の味にこだわり続けます
各種メディアにも取り上げられており、数多くの芸能人や食通の方々の舌を唸らせてきた過門香総料理長・中野雅之。 四川料理の伝統的辛味料理を過門香に伝承した特級料理師・明信江と、中国全土の様々な点心に精通し本場の味にこだわり続ける特級点心師・王小徳。 三人の匠により受け継がれ、こだわり続けた本場の味を、皆様でご堪能下さい。


個室会席 北大路 赤坂茶寮(こしつかいせき きたおおじ あかさかさりょう)
ご接待ご会食、ご両家の顔合せや記念日など様々なご用途に最適な全席完全個室のご案内でございます。贅をつくした和の寛ぎと旬の味わい、都会の喧騒を忘れさせる静謐な空間でゆっくりとお過ごしください。会席料理は全国各地より厳選した素材を基に、四季の恵みを生かしたお料理でございます。熟練した伝統の技が息づく『旬』に込めた和の職人の心意気と繊細な心配りをご満喫いただけます。配膳やご案内などは、凛々しい和服姿の女性が大切なお客様をおもてなしいたします。特別な日の演出をお手伝いさせていただきます。
風格ある数寄屋門をくぐると、地下に広がる京町家風情の和の空間
おもてなしの心を大切にするため、すべて堀ごたつ個室のご案内でございます。各お部屋には、金泊手描き加賀友禅や越前創作和紙をあしらった本格的な数寄屋造りの掘りごたつ個室。一棟一棟が独立した離れのお部屋は12室、8〜12名様の中規模のお部屋は11室、団体様のご宴会ご会合に最適な別館大宴会場80名様1室(それぞれ分けますと5室)ご用意いたしております。総席数240席28室、地下とは思えない驚くほど開放的で贅沢な和空間をぜひお楽しみください。
北大路グループは総括料理長監修の下、四季折々の会席料理をご提供しております
熟練の和の職人の目利きにより新鮮な旬の素材を毎日仕入れしております。四季の恵みを生かした料理は、一品一品真心を込めた月替わりの会席料理。全国各地より厳選したA4〜A5等級の黒毛和牛会席は通年でお楽しみいただけます。実りの秋には松茸をふんだんに使用した松茸会席、冬の味覚 とらふぐは下関、敦賀港をはじめ日本近海より、毎日活とらふぐが直送されております。鮮度抜群のとらふぐを職人が手掛ける“てっさ”はまさに芸術品と言えます。艶々と光るとらふぐの身を贅沢に盛り込んだてっちりは本場の味でございます。
京風情の個室で季節を味わいながら大切なお客様をおもてなしさせていただきます
贅をつくした旬の味わいと趣の個室で優雅ひとときをお寛ぎください。腕利きの職人が紡ぎだす本格的日本料理は雅やかな和の瞬間を演出いたします。旬の素材に合った銘酒や焼酎もご用意しております。気さくな和服姿の仲居による笑顔のお迎え、お見送り、お車の手配、記念日の演出など様々なシーンに合わせご対応しております。風格漂う和の空間。心ゆくまで味わいつくす会席料理。自然と笑顔が出る心温まるおもてなしで居心地の良さのサービスをご提供しております。


山里/ホテルオークラ東京(やまざと)
「山里」は数奇屋造りの落ち着いた佇まいの日本料理店で、1962年の開業以来48年間ホテルオークラ東京の歴史とともに多くのお客様に愛されて参りました。伝統を踏まえた自慢の関西風会席料理のほか、突出しから焼き物、煮物などの一品料理も四季折々の旬の食材を取り入れ豊富にご用意しております。揚げたての天ぷらを楽しめるカウンター席やゆっくりお食事をお楽しみいただける個性ある個室もございます。
数奇屋造りを基調とした趣深い雰囲気の中、会席料理の真髄をご堪能いただけます
高い天井と切子玉型のランタンが独特の雰囲気を持つ本館正面ロビーから階段を降り、山里の店内にさしかかると窓一面に広がる日本庭園の緑が目に飛び込んできます。店内はテーブル間が広く取られ、ゆとりある空間で落ち着いてお食事をお召し上がりいただけます。全10室の個性あふれる個室は椅子席の洋間と掘りごたつの和室があり、人数や用途に応じてお選びいただけます。また、専用の小部屋に設けられ、熟練の職人がお客様の目の前で揚げたての天ぷらを提供する天ぷらカウンター席(12席)も好評です。
彩り鮮やかに旬な素材を盛り付けた料理長の逸品料理の数々
関西風会席料理のほか、特選和牛のすき焼きやしゃぶしゃぶ、一品料理は毎月替わりで料理長が季節の食材をつかい豊富にとりそろえます。ランチには、料理長おすすめの一品を盛り込んだ山里御膳の他、天重、鰻重などが好評です。ご結納、お顔合わせ、ご家族の記念日などお祝いに相応しいお料理などもございます。また、なかなか人には聞けない会席料理の召し上がり方やお箸、お椀の持ち方など和食の作法の基本を個室で特別会席をお楽しみ頂きながら、分かり易くご説明するテーブルマナー講習会を開催いたしております。
絶対の一品。「鯛のあら炊き」
ホテルオークラ東京には、開業以来、代々のシェフが受け継いできた料理の数々があります。その中でも、シェフが「生涯を代表する絶対に自信のある一品は何か」という視点から厳選した料理を「絶対の一品」と呼んでいます。山里の「絶対の一品」鯛のあら炊きは調理経験20年以上の職人のみが調理を許されます。大ぶりの天然鯛の御頭を、繊細な火加減と絶妙な間合いでアクを取り、丁寧に炊き上げた一品です。とろっとしたかまの脂、頬肉のしゃきっとした食感、ぷるんとした唇と目玉など、天然鯛の全てをお楽しみいただけます。


赤坂まき田(あかさかまきた)
角界伝統のちゃんこ鍋と、格調高い懐石料理の絶妙のハーモニーを是非御賞味下さいませ。粋とモダンが加味されました落ちついた個室、又35名様まで御宴会可能な広間、皆様の御要望に沿えますよう趣向を凝らせて参りました。ご接待や御会食会、又各種御宴会等に是非御利用下さいませ。
落ち着いた雰囲気の中で、お食事をお楽しみ下さい。
個室から、団体様向けの大広間もございます。ご接待や御会食会、又各種御宴会等に御利用いただけます。
季節料理をご堪能しながら、まき田で特別なひとときを…。
あっさりとした味のちゃんこ鍋と、旬の味覚をふんだんにつかった懐石料理をお楽しみ下さい。


紀尾井町 山ぐち(きおいちょう やまぐち)
一品一品選び抜かれた食材を生かし店主が京都、東京の名店で修得したこだわりの日本料理をご賞味下さい。コンセプトとしまして日本料理に欠かせない、「食材」「水」「器」を1番に考えております。また調理法については「はしり 旬 なごり」を使い分け、その中でも、特に旬の物にこだわっております。春は京都の朝堀り筍、明石の桜鯛 夏は淡路の鱧、太田川の天然鮎、三陸の鮑 秋は岩手の天然松茸 冬は愛知の天然河豚、長崎のくえ、丹後の松葉蟹、氷見の鰤 などその季節にある良質な食材でお客様をお迎えいたします。
店内はすべてを見ていただけるカウンター5席と、お座敷6席までお座りいただけます
都会の喧噪のなかで静かな時間をお過ごしいただけます。大事なお客様とのご接待、親しいご友人、ご家族での贅沢なひとときをこころゆくまで、お楽しみ下さい。
京都祇園の割烹店、東京、静岡の料亭旅館で15年間料理長を務めて参りました
祇園の割烹店では、礼儀、接客、いじらない料理など基礎を学びました。東京では青山、銀座、築地、赤坂、新宿、日本料理でも、料理屋、料亭、割烹、ふぐ料理などスタイルが違う10件ほどの店で仕事をさせていただきました。平成7年に静岡の料亭旅館では財界の大物元総理大臣をはじめ、芸能関係の方の食事を担当して参りました。平成19年12月に麹町に紀尾井町山ぐちを開店し、現在に至っております。
魚は天然ものを、野菜は露地物を使用し、焼き物は炭火で焼く事を1番に考えてます
日本料理は水が命です。当店の水、氷はシーガルフォーを使用しています。煮物や魚を洗う際などすべての際に使用しています。又当店で、使用している、器はほとんどが作家物で、白井半七、永楽、叶松谷、川瀬満之 竹志、中村東洸、星賢二、加藤雲泉など名工とよばれてる方の作品が主です。塗りものは輪島塗を使用しています。ぐい飲みやその他、自分で焼いた物も使用しています。
調理法は食べて体に良く、美味しい物を第一に、命ある食材を使い切ること、細かい時間を惜しまない事など、が当店のモットーです。


赤坂 うさぎや(アカサカ ウサギヤ)
赤坂でひっそりと佇む純和風の一軒家は常連様だけがたどり着くまさに隠れ家…
シェフ・高野氏のフレンチとサプライズのマジック、そして毎月変わるオリジナルカクテルなど「うさぎや」に溶け合う全ての要素が忘れることのできない特別な一日にしてくれます。
お寺の境内を通らないとお店にたどり着けない本当の隠れ家
赤坂で浄土寺の境内を通らないとお店にたどり着けない本当の隠れ家「うさぎや」。そこに赤坂の料理を嗜んできたお客様を納得させるシェフ高野のフレンチが堪能できます。そして、その味をさらに美味しくさせ最高の思い出にさせるサプライズのマジックはまさに忘れることができない一日となることが約束されています。
毎月変わるフレンチはシェフ高野が季節を感じる自慢のフルコース
オードブル、スープ、メイン料理、デザート…全てをシェフ高野が手作りでおもてなしするこだわりを楽しむことができます。食材もシェフみずから厳選した、直送のフィレ肉などは他店ではめったに味わうことができないものまでございます。天然の鮮魚や特製デザートはまさに圧巻の一言です。
著名人からも重宝されている個室や気軽なバーカウンターは多彩なシーンにぴったり
静謐な境内を通り、純和風の一軒家がひっそり。不思議空間から更に食通も唸る本格フランス料理…最後に他店では絶対に味わうことができないサプライズマジック…全てが非日常であると同時に幸せな思い出をお持ち帰りする事ができます。誰もが一度は大切な人と一緒に訪れたいそんな素敵なお店が赤坂でお客様をお待ち致しております。


日本料理 雲海/ANAインターコンチネンタルホテル東京(にほんりょうり うんかい)
様式美に満ちた伝統的な会席料理から季節の一品料理まで、日本料理の粋をご堪能いただけます。店内の色合いは重厚感にみち、窓からは日本風情を醸し出す、日本庭園が広がります。緑が豊富で四季折々の花が咲く庭園は夜にはライトアップされ、昼とは違う風情を造り出します。美しい庭園を愛でながら、しっとりとした日本風情の中で、心ゆくまでお楽しみください。
都会のオアシス、充実したお座敷や個室もご用意
重厚感に満ちた、静かな室内に面した庭園は、旧芝離宮の恩賜庭園を模し、四季八方見という考え方を取り入れた都内有数の人工地盤庭園(360平米)です。1年を通じて季節ごとの草花が移り咲き、四季折々の趣を奏でています。お座敷や個室は、各種集いの席、会食や商談をはじめ、結納やお祝い事などご家族の記念行事でも多数ご利用いただいています。
四季折々の味覚、伝統的な日本の味覚を五感で堪能
器・素材・盛り付け、そして味わい、すべてに繊細なまでにこだわりを追求し、お客様より高い評価をいただいております。四季折々の旬を味わえる期間限定メニューや特別会席、エステとランチをセットにしたプランもございます。人気メニューは松花堂や四季の会席料理です。
素材にこだわった会席料理から豊富な一品料理まで
季節の一品料理を含めた数々の一品料理を取り揃えています。本日直送の活魚をはじめ、毎日新鮮な食材をご用意。旬の味覚にもこだわり、夏は鱧、冬はふぐをお楽しみいただけます。


赤坂浅田(あかさかあさだ)
『萬治二年(1659年)加賀藩中荷物御用「浅田屋伊兵衛」創業、慶應三年(1867年)旅人宿「浅田」創業』をルーツとし、料理素材の鮮魚類は勿論野菜、水、蕎麦粉に至るまで産地金沢から直送。加賀料理の継承者として「伝統からの創造」をテーマに、今日に至るまで真摯に伝統と革新の料理を作り続ける姿勢が、お客様から高い評価をいただいております。
「浅田」は日本文化の最後の砦、あたかも櫻守のような使命を自覚しています
赤坂芸妓衆三百人の時代から連綿と続く花街の色気と香り。押し寄せる文明の波で忘れ去られようとしている日本を大切にしております。今日もほんのり桜色の赤坂の空気をお楽しみください。赤坂浅田ならではのおもてなしでお迎えいたします。
「浅田」は自然天然の恵みに感謝を忘れません
料理素材の鮮魚は勿論野菜、水、蕎麦粉に至るまで産地金沢から直送。加賀料理の継承者として「伝統からの創造」をテーマに、今日に至るまで真撃に伝統と革新の料理を作り続ける姿勢が、お客様から高い評価をいただいております。厳しい風土に育まれた自然の恵みと香りをご賞味いただけます。


京都 瓢喜 赤坂店(キョウト ヒョウキ アカサカテン)
京都の大人気店「京都 瓢斗」の姉妹店でございます。お料理は京都で大人気のオリジナル料理「出汁しゃぶ」や、日本三大和牛の一つ近江牛の「しゃぶしゃぶ」や「すき焼き」、熟練の職人による「本格会席料理」をお楽しみいただけます。店内は全室個室で周りを気にせず、お食事していただけます。接客は着物を着た仲居による、行き届いたおもてなしを目指しております。大切なご接待から法人様の宴会や記念日等様々なシーンでご利用いただけます。
京都の日本料理店を東京で再現
デザイナーの小椋氏が京都の日本料理店をイメージした、高級かつモダンな店内。全室個室で2名様から最大50名様までご利用いただけます。都会の喧騒を忘れ、まるで京都にいるような空間です。日本人にはもちろんですが、海外からのお客様をもてなす時に大変お喜びになられること請け合いです。夏場でもスーツを着てしゃぶしゃぶを召し上がっていただけるよう、すべてのテーブルにIHを埋め込んでおります。IHを利用することで、熱伝導効率が上がり、涼しい中でお召し上がりいただけます。
出汁しゃぶ 近江牛しゃぶしゃぶ・すき焼き 本格会席料理
京都で食通達をうならせた「出汁しゃぶ」は、厳選された豚肉をオリジナルのお出汁につけて召し上がっていただくしゃぶしゃぶです。是非一度お試しいただきたいしゃぶしゃぶです。日本三大和牛の一つ「近江牛」は、香りが良く、旨みがとても良いお肉です。さっとお湯に通し、薄桃色でお召し上がりください。会席料理は、日本料理で10年以上修行を積んだ職人による本格会席料理をご用意、しゃぶしゃぶのコース料理すべてに、日本料理の会席のコース料理を入れております。
東京赤坂に、京都の料理店。全室個室で京都で大人気の出汁しゃぶを是非
デザイナー小椋氏が京都の日本料理店をイメージした、高級感漂う内装。全室個室で周りを気にせずゆったりおくつろぎいただけます。料理は日本料理で10年以上修行を積んだ熟練の職人が調理、お客様のご満足をお約束いたします。接客は着物を着た仲居による行き届いたおもてなしで、大切なお席を演出いたします。50名様までお入りいただける個室をご用意しております。歓送迎会や忘年会・新年会等様々なシーンでご利用いただけます。


オーキッドルーム/ホテルオークラ東京
「オーキッドルーム」は1962年の開業と同時にオープンしたホテルオークラ東京を代表するダイニングです。麻の葉文様の木組格子など日本の文様が随所に施された和と洋の伝統が調和した佇まいの空間でヨーロッパ各国の料理を、お楽しみいただけます。長い経験と鮮やかな技術で提供する“フランベ”や“デクパージュ”サービスと、オークラの調理の伝統を受け継ぐシェフが自信を持って手がける料理を、目で、香りで、そして味でお楽しみください。
開業以来変わらない和の空間で提供される伝統的欧風料理
ホテルオークラ東京の特徴である本館ロビーは、吹き抜けの高い天井と、日本古来のデザインである切子玉型のランタンが独特の静寂感を醸し出します。隣接するオーキッドルームはロビー同様、開業当時の落ち着いた雰囲気を保っています。
オークラ伝統のヨーロッパ各国料理や名物フレンチトーストなど多彩な料理を演出
多忙なエグゼクティブに最適なエクスプレスランチから、旬の食材を使用したシェフおすすめのコースで優雅なディナーまでバラエティに富んだ料理を提供しています。土曜・日曜・祝日は「サタデー・サンデー&ホリデーブッフェ」を開催、サテライトキッチンで調理されたブッフェ料理はご家族連れにも好評です。朝食にはまる一日かけて用意されるフレンチトーストは事前予約が必要なほどの人気。英国式アフタヌーンティーではサクサクのスコーン、プティケーキやサンドウィッチとともにワゴンサービスでお好みの紅茶をお選びいただけます。
絶対の一品。「シェフこだわりのダブルコンソメ」
ホテルオークラ東京には、開業以来、代々のシェフが受け継いできた料理の数々があります。その中でも、シェフが「生涯を代表する、絶対に自信のある一品は何か」という視点から厳選した料理を「絶対の一品」と呼んでいます。オーキッドルームの「絶対の一品」は日本フランス料理界の父と言われる小野正吉初代総料理長のレシピに忠実に守りとおしてきた「シェフこだわりのダブルコンソメ」です。琥珀色に澄み切ったスープから広がる、香り高いコンソメの繊細かつ重厚な旨みをご堪能ください。


博多 い津み 赤坂(はかた いづみ あかさか)
赤坂に出店し、今年で26年。天然のとらふくにこだわり、確かな味わいをお客様に供しています。自慢のふく刺は、板前が腕によりをかけた二枚引き。い津み特製のポン酢につけていただくちり鍋を締める、最後のお楽しみは洗い米より炊くぞうすい。極上の天然もののふくの味、ご堪能頂ければ幸いです。
和風のお部屋は全室個室。ゆったりと流れる時間をお楽しみください
全室個室の和室を御用意しております。掘りごたつのお部屋もございますので、ご希望の際にはお申し付けくださいませ。都会の一画で、静かに寛げるお時間をお過ごし頂けます。大切なお客様のご接待、ご家族やご友人とのひとときを、心ゆくまでご堪能くださいませ。
ふく一筋の板前が、腕によりをかけて天然のとらふくを調理いたします
薄く広く引いた二枚引きのふく刺。皿の上に、あでやかなボタン造りの花が咲きます。特製のポン酢は、橙を手で搾って作る自家製のもの。たっぷりの鴨頭葱と、お好みで作り立ての赤おろしを入れたちり鍋をご賞味ください。最後を締めくくるのは、洗い米から炊くぞうすい。ふくの豊かなうま味を、たっぷり吸ったぞうすいは至福の味です。
天然ものならではの、豊かなとらふくの味わい。存分にお愉しみくださいませ
天然もののとらふくにこだわり、品質に一切の妥協は致しません。ちり鍋やふく刺し、唐揚げや焼きふくは勿論のこと、ふく尽くしの「ふく会席」も御用意しております。


カスケイドカフェ/ANAインターコンチネンタルホテル東京(CascadeCafe)
ホテルのオールデイダイニングとして、親しみのある定番の洋食メニューに加え、ブッフェでは上質な食材を贅沢に使用したレストラン自慢の料理の数々をブッフェラインにてご用意しています。又、ショーキッチンではお客様の目の前でシェフが調理し、華やかな雰囲気を演出しております。品数においても約100種類と豊富で、食べやすいポーションに仕上げた美しい料理を185席の広々とした店内でゆったりと寛いでお召し上がりいただけます。朝食から深夜の軽いお食事まで、お客様の用途に合わせてご利用いただけます。
店内はアトリウムロビーに連なる三角形の解放的な空間
地下鉄 溜池山王駅13番出口から徒歩1分の抜群なロケーションにあり、ホテルの隣にはサントリーホールやカラヤン広場があり、コンサート前の軽いお食事やコンサート後の余韻に浸り語らいながらのお食事に最適です。又、店内は西側のプロムナードに沿ってガラス張りになっており、アトリウムロビーに連なる三角形の空間で解放的な雰囲気に包まれ、1日のスタートの朝食、ご友人とのランチタイム、お仕事帰りのお食事会などお気軽にご利用いただけます。
上質な素材を使ったホテル自慢の料理
ブッフェでは、石釜で焼いた本格ナポリ風ピッツァ、ローストチキン、ローストビーフなどカッティングサービスをする肉料理は週ごとに変わり、ハム、魚介などのスモークフード、テリーヌ、マリネ類、野菜サラダ、チーズなどのオードブルコーナー、綺麗にカッティングされた色とりどりのフルーツコーナー、老若男女に人気のあるチョコレートファウンテンや種類の豊富さと器にもこだわり、食べやすくたくさん楽しめるポーションが魅力のデザートコーナーなどがあります。
ピザ釜、ロティサリー、グリヤードの設備を整えた食のステージ
ショーキッチンエリアに並べた臨場感あふれるブッフェカウンターが特徴。ピザ釜、ロティサリー、グリヤードの設備を整え、イタリアンテイストやアジアンテイストも含め朝・昼・夜それぞれに五感で楽しめる構成となっております。又、ブッフェカウンターではその場でシェフが調理し、出来たてをお召し上がりいただけます。品数も前菜からデザートまで約100種類と豊富にご用意し器にもこだわった美しさで、目でも舌でも飽きさせることはありません。


赤坂仁屋
鮮魚と鉄板と五寸鍋。粋な街で粋な料理を愉しめる男っぽさの溢れる粋な店、老舗感たっぷりの和空間。完全個室中心の歴史ある純和風の佇まいをそのままに、赤坂での接待の場に相応しい季節の素材と心を込めたおもてなしが赤坂仁屋です。すっぽん鍋や鱧しゃぶしゃぶ、鰤しゃぶしゃぶなど、季節ごとの鍋料理も多数ご用意しております。
ビジネス街に佇む、純和風の空間。有名料亭の造りをそのまま活かしております
赤坂通りに面した白い大きな暖簾と大きな木の看板が目印の「赤坂仁屋」。1階はカウンター席とテーブル席で構成された大人たち御用達の木造空間。凛とした白木の店内はまさに大人の為の純和風の佇まいです。テーブル席は席との間を簾(すだれ)で仕切らせて頂いておりますので、落ち着いてお過ごしいただけます。2階の個室は、まるで旅館のような和情緒たっぷりのお座敷個室。プライベートな時間を過ごせる格別の空間です。接待・会食はもちろん、ご家族連れの方にもおすすめです。
旬の食材を使った鍋会席、職人の技が光る炭火焼きを中心とした会席をお楽しみ下さい
当店では、季節の食材を使用した季節の鍋会席や、黒毛和牛の炭火焼きをメインにお召し上がりいただく炭火焼き会席など、職人の技をご堪能いただくさまざまな会席コースをご用意しております。特におすすめなのが「五寸鍋」。五寸鍋とは、五寸(15cm)の小ぶりな鉄製の鍋に、秘伝のタレと厳選した牛や鳥の肉を入れて仕上げる赤坂仁屋名物。 是非一度ご賞味ください。
逸品料理や常時20種類の日本酒もお楽しみ頂けます
北海道で修業した料理長のこだわりの紋別直送「ずわいがに甲羅焼き」や、わらの炎でさっと炙り鯖の脂が活性化し旨味と香りが膨む「〆鯖わら焼き」などのこだわりの逸品料理とともに、常時20種類の日本酒を取り揃えておりますので、一緒にお楽しみくださいませ。


紀尾井町 吉祥(きおいちょう きっしょう)
お座敷、個室を中心とした落ち着いた雰囲気の中、全国各地より厳選されたこだわりの食材を使用した会席料理・しゃぶしゃぶ・すきやきを匠の技・四季折々の名器、そして上質なおもてなしとともにご堪能頂けます。
紀尾井の記憶
三家の異なる屋敷が隣り合い歴史を刻んだ場所、それが紀尾井町であり、異なる文化や思想が新しいものを生み出していった場所です。これを背景に、お座敷空間は、新しい文化・芸術を育て、茶の湯の世界に深く関わってきた紀伊家。テーブル空間は、純日本を大切にしてきた尾張家。バー空間は、積極的に国外との交流を行うことで新しいものを取り入れた井伊家。これら三家の歴史や背景をストーリー化させ、異なる三つの空間を「くらべの手法」でつなぎました。迎えのあつらえ・回遊回路のみたて・間のしつらえに拘った寛ぎの空間で日本の春夏秋冬をお愉しみいただけます。
風雅を紡ぐおもてなしの粋
季節のお料理を愉しむ会席料理は、厳選された食材を息吹に込め、有田焼・京焼・輪島塗などの伝統ある器に盛付け、上質なおもてなしをいたします。厳選された松阪牛・国産黒毛和牛のしゃぶしゃぶには、吉祥自慢のごまだれと風味豊かなポン酢と共に、肉本来の味をお楽しみいただけます。
おもてなしの心を伝えて50余年
穏やかに和やかに時を慈しむのは人のあるところ。安らぎを供したるは優しき思い満ちるところ。そこにある、もてなしという思いやり。人と人、心と心を結ぶもの。これ、吉祥の誠なり。


春秋 溜池山王店(しゅんじゅう ためいけさんのうてん)
日が落ちれば眼下に遠く夜景を映すグラスビルの中に溜池山王店はあります。春秋の中でも最大の広さを有する空間は、563.42平米、およそ170坪。
眺望の美しい「メインダイニング」、中人数むけの堀炬燵の「和室スペース」
料理は旬の魚介、肉、野菜を使い、和を基調にイタリアンやフレンチの技法を柔軟に取り入れた料理をご提供いたします。
また春秋に隣接するヨーロピアンバル「Bierfaβ(ビアファス)」ではあくまでも気軽に本物をお楽しみ頂けます。
様々なシチュエーションに合せご利用頂けます。
春秋 溜池山王店 吟味した食材を奇を衒わず、季節感を大切に「春秋スタイル」と表現します
私たちは、料理というのは素材を食べていただくものと考えます。旬の美味、地の美味の豊富な日本における最良の食べ方と思うからです。

採れたてをなるべく手を加えず、煮る、焼く。時には生のまま豪快に。料理は簡単に素材を弄ばない。素材に四季を感じる。そんな「素材の料理」を春秋は目指しております。
【あくまでも気軽に本物を】Bierfaβ by Shunju
春秋溜池山王店に隣接するヨーロピアンバル【Bierfaβビアファス】ではしっかりとした食材の味を引き出しつつリーズナブルな値段を保った欧風なメニューを取り揃えました。なかでも自慢は自家製生地のPizza。さっくりとした歯ざわりと小麦自体の風味を追求した結果、イタリア産のOO粉(ゼロゼロ粉)を使用しております。あくまで気軽に本物を。


鉄板焼 円居 -MADOy- 赤坂(テッパンヤキ マドイ アカサカ)
MADOyでご提供している黒毛和牛はすべて最高級A5ランク。今話題の「熟成肉(エイジングビーフ」、定番「サーロイン」「フィレ」、そして、フィレの中で中央部の最も柔らかく味わいのある「シャトーブリアン」など最高級の和牛をご用意しております。また、「大伊勢海老」、天然「タラバ蟹」、塩水ウニと北海ホタテ、沖縄島豚「あぐー豚」など、素材には徹底的に拘りました。
時には大切な方とのひととき、時にはおおぜいでにぎやかに
鉄板焼の醍醐味を味わうなら、なんといってもカウンター席がおすすめです。目の前で、素材が調理されていく様は、更なる食欲を掻き立てること間違いありません。シェフの手さばきを眺めながら、グラス片手に、次の一皿への期待がどんどん高まることでしょう。
厳選素材酒を鉄板焼料理とご一緒にご堪能下さい
ワインは、常時80種類以上ご用意しており、鉄板焼との相性が良いものを国を問わずリーズナブルなものからハイクオリティーのものまで取り揃え、その日の気分でお楽しみいただけます。グラスワインも数種ございますのでこちらも是非お試し下さい。豪華料理とのマリアージュをご堪能下さい。


鉄板焼 赤坂/ANAインターコンチネンタルホテル東京(てっぱんやき あかさか)
最高の味わいと最高の眺望でお迎えする鉄板焼。選びぬかれた最高級の和牛を揃え、旬の魚介類、季節の野菜をナイフさばきも鮮やかに皆様の目の前で調理いたします。特製のソース、多彩なお飲物とともにお食事をお楽しみ下さい。
ホテル37階最上階より東京の夜景を見下ろしながら目の前の鉄板で調理いたします
ANAインターコンチネンタルホテル東京の最上階、37階に位置し、東京の景色を一望することができます。シェフが目の前で調理する鉄板を囲むように設置されたカウンターテーブルで、シェフのナイフさばき、新鮮な食材の調理、鉄板で焼く音も楽しみながら、お食事をお楽しみ下さい。
シェフの鮮やかなナイフ裁きとともに、皆様の目の前に御提供いたします
鉄板焼のメインとなる選び抜かれた牛肉は、最高級の和牛を取り揃えています。また、伊勢海老や鮑などの旬の魚介類や、季節の新鮮野菜をご用意し、目の前の鉄板でシェフが調理。また、鉄板でつくるガーリックライスは当店の人気となっています。カッティングやフランベなど、シェフ達の鮮やかなナイフさばきと、料理と食材に関する豊富な知識をお客様との会話でお楽しみ下さい。
特製ソース3種でお好みの味付けを
各種ハーブをまぜたオニオンソース、醤油ベースにガーリックとジンジャーの入ったソース、やや甘めのぽん酢の3種類のソースがあり、鉄板で焼いた食材は、それぞれお好みのソースにつけてご賞味いただきます。また、海の塩と山の塩(岩塩)でシンプルに食材本来の味をお楽しみいただくこともできます。


Bonne Femme(ボン ファム)
創業30年、溜池山王駅近の隠れ家。ビストロ価格で本格フレンチが楽しめます。駅から徒歩3分という利便性ながら、クラシカルなフレンチレストランの料理と雰囲気を、ビストロ価格で味わえます。天気のいい日は、テラス席でオープンカフェのように開放的に過ごすのもおすすめです。アニバーサリーにはデザートプレートのご用意いたしますので、お申し付けください。伝統の味を厳選したワインとともに、リーズナブルにご堪能ください。
オフィス街に佇む南仏スタイルの一軒家
溜池山王や国会議事堂前から程近い、オフィスが立ち並ぶ界隈。外堀通りから1本入ったとおりにある「ボム・ファム」。レンガを基調とした店内は、柔らかな光に包まれたアンティークの家具と調度品の数々が並び、暖炉、古レンガ、テラコッタで装飾された優しい空間です。ゆっくり流れる時間をお料理と共にお楽しみください。
オーナーシェフ 富山 勉 からのメッセージ
“レストランの味をビストロで”肩肘はらずに普段の食事を楽しんだり、仕事帰りやちょっとだけ贅沢をしたい時など、気の合ったお仲間や、ご友人、ご家族と、楽しいひとときを。美味しい料理と美味しいワインで、素敵な時間を過ごすお手伝いをさせていただきたい。そんな思いでビストロボンファムは生まれ変わりました。食事とお酒だけでなく、スタッフの笑顔も添えてお待ちしています。 そして食に携わる人間として、食を通してのフランス文化の広がりと、日本に根差したフランス料理の発展に微力ながら貢献できればと思っています。


Dinning&Bar マドゥレス
ビルが立ち並ぶ永田町に優雅な癒しのNostalgic Modern空間が誕生。「過去から現在、そして未来へと・・・」“成熟”という時の流れをコンセプトに美酒に酔いしれ食事と会話を楽しむことの出来る「大人のためのラテンビストロ&バー」。「一日に何度でも、毎日でも行きたくなる店」との思いを込めランチ、カフェ、ディナー、バーと表情を変えていく店内は、人々を日常から解き放ち情熱的でラテンな“ロマンティシズムへの旅”へと誘います。
自然光が差し込む爽やかなランチ、キャンドルの光が揺れる大人のディナー
扉を開けるとJAZZYなラテン音楽やキッチンから漂うパエリアを炊き上げるサフランの香りが訪れる人々を包み込む。
テラス・ソファ-ダイニング・バーの3つの空間で構成。テラスでは都会の真ん中で風を感じながら贅沢なひと時を・・・。手元だけを照らすライティングが心を落ち着かせるバーカウンター。ダイニングは全席ソファーでゆったりと寛ぎの空間でお過ごしいただけます。どこか懐かしいノスタルジックモダンのインテリアが優雅な大人の時間を演出致します。
マドゥレスから発信された新ジャンル“ラテンビストロ料理”
厳選素材と新鮮旬野菜にラテンのエッセンスを効かせ表現。スペインやメキシコの定番料理から、シェフこだわりのパエリアやピッツァ、イベリコ豚のグリル瞬間スモークは他では味わえない一品。気軽なライトフードからメインディッシュ、デザートまで幅広くカバー。ランチでは肉、魚料理がメインのコースやパスタランチをご用意致しました。本物志向の皆様へ良質の食材をカジュアルに楽しめるスタイルでご提供いたします。様々なシーンに合わせてご利用頂けるようランチ、ディナーコースとも種類豊富に取り揃えております。
デイリーに…スペシャルに…楽しむ「慣れた大人」の時間
マドゥレスでは三崎の太陽をたっぷり浴びて育った健康野菜をふんだんに使用。フランス直輸入の黒ワインやスパークリングワイン等こだわりのドリンクを取り揃えております。自家製プレミアムサングリアはファンがいる大人気の一品。温かい光に包まれた店内でエッジの効いた料理の数々と好みのお酒で情熱的な大人の時間をお過ごし下さい。仲間、恋人、家族と大切な方々との大切な時間を新星ラテンビストロ料理とともにお楽しみ下さい。


ロッソ エ ビアンコ(Rosso e Bianco)
溜池山王駅より徒歩7分、赤坂駅より徒歩5分のカジュアルイタリアン。オープンキッチンからダイレクトに運ばれる料理は赤坂の老舗グラナータで8年修行したシェフが自信を持って調理致します。ワインはイタリア中心に自然派ワインも取り揃えております。肩肘張らずに美味しいイタリア料理をお楽しみください。
赤坂に佇むカジュアルイタリアン
店名はイタリア語で「赤と白」という意味。赤と白のコントラストが特徴的な同店は、アラカルトメニューを中心に、コースもご用意しております。食材にこだわった日替わりの一品は、耳にしたことのないような食材をご提供することも。調理法をシェフと相談出来るのも、オープンキッチンならではのロッソエビアンコの自慢です。ご友人・ご家族・お仕事の仲間たちとの楽しいひとときを演出いたします。
人気の「生うにのトマトクリーム」の他、リピートしたくなるイタリア料理の数々
人気の「北海道産生うにのトマトクリームスパゲティー」は、濃厚ながらサッパリとしたトマトクリームに生うにとの相性が抜群の一品。アルデンテに茹であげたスパゲティーでお召し上がり下さい。その他、自慢の手打ちパスタもおすすめです。こだわりの食材が活かされたメインディッシュは、魚を豪快に1本調理したものや、塊で火を入れたお肉をステーキにしてみたりと、シェフのアイディアの詰まった逸品ばかりです。是非一度、ご賞味ください。




IL Casita 〜赤坂〜(イルカシータ アカサカ)
より気軽に、より楽しく、よりカジュアルに。カシータグループの中でも気軽にお越し頂ける“Pasta Table IL Casita”。
本当においしい食材・こだわりの食材をパスタ中心にご提供いたします。
赤坂エリアでは稀少なオープンテラス、昼夜問わずゆったりくつろぐ特等席
エレベーターを降りると、活気あふれるオープンキッチンがお出迎え。右手に広がるダイニングでは、少人数のお食事から、大勢での貸切利用も可能な空間です。オープンキッチンに沿って左手を行くと、喫煙可能なバースペースが。その先には赤坂エリアでは数少ないテラス席があります。3つの異なる空間は、お食事の進み具合に合わせて移動することもOK。乾杯はバーで。ダイニングで食事をした後はテラスでデザートを楽しむ…。こんなディナーも赤坂イルカシータの楽しみ方の一つです。
イタリア各地の美味しい郷土料理の特色を活かして
旬の食材や地の産物を使ったパスタをメインに、イタリア各地の郷土料理の特色を活かしました。気軽に楽しみたい方にはワゴン前菜をはじめとするアラカルトで。少し贅沢に楽しみたい方にはコースで。どちらもイタリアンを満喫できる料理をご用意しています。定番のバーニャカウダは、三浦半島からの直送新鮮野菜を使用。土や気候など自然の力を知り尽くした方々がつくる野菜は力強くて純粋に美味しいです。ぜひご堪能ください。
食べて、飲んで、話して。食事を通してコミュニケーションを楽しむイタリアンの醍醐味
日本よりも食生活を大切にするイタリア。朝食を簡単に済ませ、昼食はパスタとメインディッシュでしっかりと。そして夕食は20時頃からと遅め。食前酒で喉を潤し、小皿の前菜をつまみながらワイン片手に会話を楽しみます。ゆっくりと時間を掛けて楽しむ夕食は、お腹を満たすためではなく、コミュニケーションのための時間なのです。これこそがイタリアンの醍醐味だと、 IL Casita は考えています。素材本来の良さを大切にした料理とソムリエおすすめのワインで、皆様の食卓が大いに盛り上がり、つながりが深まりますように。


赤坂ジパングby なだ万
古き良き赤坂の復活がコンセプトです。軒を連ねた料亭に、煌びやかな灯りが彩るバーやクラブ、大人の街が赤坂エクセルホテル東急の最上階に甦りました。400坪・300席の広大なワンフロアには、旬の食材を生かし、確かな技術と匠の技でご用意する「アラカルト」約200種と「様々なコース料理」を、お食事の後はシガーバーで寛ぎのひと時をどうぞ。さまざまなシーンをご提案させて頂きます。
伝統が育んだ和食と、スタイリッシュな空間へ…
壁面を埋め尽くす6000本のワインに迎えられ店内に進むと、ダイニングとシガーバーが併設された広大なワンフロアが広がります。スタイリッシュなダイニングは個室、オープンキッチンのカウンター、テーブルの全300席。対照的的にシガーバーは熟練した大人を魅了してきた、昔の良き赤坂を再現している。ソファーとグランドピアノがナイトクラブ的空間。同じお店でも違う顔を持ち、シーンに合わせてお使いただきたいと考えます。
圧倒的なラインナップと、旬の食材を使ったおすすめ料理をご用意してお待ちしてます
オープンキッチンの中お客様の要望に応えられるよう専門の職人が腕を振います。お客様に美味しく召し上がっていただくために、また感動していただけるように、「なだ万」ならではの素材を生かした調理法にこだわり季節感のある新しいスタイルの和食をご提供させて頂きます。調理長は大嶋高幸。
「私にとって料理とは、生活の量・趣味・生き甲斐。色々な事を学んできたこの調理の世界で、生涯、一料理人として料理の勉強をして行けたら幸せです。」と話します。
ワイン・日本酒・焼酎・洋酒、どれも本格的な品揃えでご提供させて頂きます
お客様の様々なお好みにお応えできるよう、豊富なラインナップをご用意してます。ワイン・約400種、日本酒・約80種・焼酎・約60種・洋酒約50種など。旬の食材を使ったお料理とご一緒にお楽しみ下さい。


中国料理 花梨/ANAインターコンチネンタルホテル東京(ちゅうごくりょうり かりん)
広東料理を中心に、上海・四川・北京・潮州など中国各地の特徴ある料理や香港式本格飲茶をお楽しみください。188の座席数を感じさせないゆったりとした空間は緩やかな曲線が大胆に展開され、花梨ならではの贅を美しく演出いたします。
モダンでおしゃれな空間で最高級のおもてなしを
店内は全体がアール(曲線)の流れになっており、シンプルでありながらダイナミックな印象を与えます。4つのゾーニングが施され、それぞれに異なった内装や家具を用いているため、ひとつのお店でありながら、目的や気分に合わせてゾーンを選ぶ楽しさがあります。本格的な中国料理を、おしゃれな感覚で楽しみたい方に、ぜひお越しいただきたいレストランです。
さわやかな味わいの中に奥深さのある逸品の数々。厳選された素材を最高の技と感性で
長い歴史に培われた中国の美味珍味を、医食同源、多種多彩という中国料理の食思想を基本に、日本人の繊細な味覚に合わせて提供。広東料理を主に、上海・四川・北京・潮州、そして香港の新しい味覚にも常に目を向け、本場の味をバラエティ豊かに取り揃えています。素材の持ち味を生かし、さっぱりと調理された料理の数々は、上品な味わいに深みとこくを秘めています。
こだわりの海鮮素材をはじめ、中国料理の真髄がここに
素材の一つ一つの形状や盛り付けにも気を配り、見た目にも美しく仕上げています。45種類の多彩な香港式本格飲茶メニューもご用意。蒸し物、揚げ物、饅頭、クレープなどの点心やお粥類を、各種中国茶とともに楽しめるようにしています。海と山に囲まれた広東ならではの海の幸、山の幸、山海の珍味を味わうことができます。


赤坂璃宮本店(あかさかりきゅうほんてん)
赤坂ビズタワーにある「赤坂璃宮 赤坂本店」。一歩中に入ると、タイムスリップしたような異次元の空間が皆様をお席までご案内いたします。そこには中国の伝統的な工芸品の数々。まずは目で楽しんでくださいと言わんばかりです。「食は広州にあり」体に優しく医食同源をかなえてくれます。四季折々の広東料理をごゆっくりご堪能ください。
中国の伝統とモダンの融合
1階席フロアはクラシカルで落ち着いた空間。中国茶器や陶器で大人の雰囲気をかもし出しております。2階席フロアは、陽光が差し込む明るくて開放的な空間となっております。2階席フロアには4つの個性的な個室がございます。ご家族、大切な方との語らいやご商談、ご接待やご法要など、各シーンでの確かなおもてなしをお約束いたします。
譚 彦彬(たん ひこあき)オーナーシェフプロフィール
1943年横浜中華街生まれ。新橋「中国飯店」、芝「留園」を経て、仙台ホテル「梅花園」の副料理長、京王プラザホテル「南園」副料理長、ホテルエドモンド「廣州」の料理長を経て、1996年9月より「赤坂璃宮」のオーナーシェフに就任。さらに、調理師学校や料理TV等でも活躍中。また、中国料理正宗廣東会副会長として、広東料理の伝統を守りつつ普及に務めている。
「食在広州」…食は広州にあり
広東料理は世界中の食材を繊細に、大胆に使いこなすことで知られていますが、私は中国本土にさえひけをとらない日本の食在の瑞々しさをどこよりも讃えています。海鮮においても、野菜においても、日本の山海の幸は四季折々の滋味に富み、「医食同源をうたう広東料理にこそふさわしい」と考えております。「赤坂璃宮」は、焼き物、フカヒレ、海鮮料理を看板としております。スパイスや油をさりげなく控え、やさしく穏やかな味を演出しております。広東名菜・赤坂璃宮の味をご堪能ください。


海鮮酒家 海皇 赤坂店(かいせんしゅけ はいふぁん あかさかてん)
日本ではじめてと言われた、海鮮料理の『海皇』。驚きと楽しさ、大切な人をおもてなしする心。鯛や石鯛のお刺身、車海老のおどり・・・。昭和49年、神戸に開店以来今日まで、多くの皆様のご愛顧を頂いております。『海皇』では季節毎にとれたての海の幸をメニューを取り入れ、素材の持ち味に負けない調理を心がけております。旬を頂く海皇の海鮮料理、皆様で是非ご賞味下さいませ。又、大切なお客様のおもてなしや、親しい方々とのお集まり、ご会合にぴたりの大小個室をご用意いたし、皆様のご来店を心よりお待ち申し上げております。
一歩足を踏み入れると入口に生簀 まるで龍宮城を思わせるような店内とサービス
お店に入ると左手の大きな生簀には鯛や石鯛、伊勢海老が悠然と奥の小さな生簀には大小の車海老が店内には中国細工の施された壁掛け、椅子、テーブル。円卓には皇帝がすわるようなキングチェアー、中央には大きな龍と鳳凰のガラス細工の壁。奥には2名様〜20名様までの落ち着いた雰囲気の大小の個室をご用意しております。又お店のつくりに負けることなく、記念日にはサプライズのお祝いの寿饅頭のプレゼント等、『付加価値の創造』をテーマにサービスも内装のひとつとして取り組んでおります。そんな雰囲気とサービスをお楽しみください。
新鮮な魚介類の鮮味を大切にしながらの匠の技、本来の食材の味を際立たせるタレの妙味
新鮮な海の幸のそのままの美味しさを際立たせる努力を惜しまず、医食同源にもとずいた調理方法にこだわりを持ち、さらに活けの食材は生きたままに楽しさ、感動を盛り込めるような調理方法を、通常のオーソドックスな海鮮料理のフルコースとは別に春、夏、秋、冬と季節に応じ、海鮮に固執せず日本全国の美味しい食材を駆使し、時にはアンチエージンジングを意識したフルコース、時には中国古来のお母さんのやさしい手料理をおりまぜたコース等新たな季節メニュー、チーフオリジナルメニューも取り入れ提供させていただいております。
創業昭和49年から頑なにこだわり続けた味の継承
創業当時の思いそのままにまったく変わらない調理方法でお客様のテーブルで、鯛や石鯛のお刺身にピーナッツオイルをかけ、カシュナッツ、揚げワンタン等と一緒に鮮やかに混ぜ合わせ調理する、日本で初めてと言われた中国海鮮料理の『中国風鯛や石鯛のお刺身』や、生きた車海老に紹興酒をかけて食べる『車海老の踊り』、それだけ食べても美味しい『葱生姜のタレ』、最後は蓮の葉でつつんだ『蓮のご飯』等、世代を超えて懐かしく、美味しく、楽しく食事をしていただけるようそのままの味を大切に日々お料理を提供させて頂いております。


赤坂維新號 赤坂本店(アカサカイシンゴウ アカサカホンテン)
「維新號グループ」唯一のメゾネットタイプ一軒家のレストランです。 紀尾井町の閑静な清水谷公園の側に立地し、場所柄、多くの要人の方々に愛されて参りました。 素材と確かな技を常に大切にし、歴史を守る事百十余年。どんなに時代が変ろうとも料理店の基本だけは昔も今も変りません。 「おもてなし」の精神が料理店の心です。一流と呼ばれる人々の育まれた感性は独特なものです。 その感性にもまれ、研かれ、そして愛される存在であり続けることが赤坂維新號の願いです。

街の喧騒を感じさせない、都内とは思えない閑静な場所…今も昔も東京の中心、紀尾井町
東に平河町、南は永田町、北は麹町に囲まれて、番町と並ぶ山の手の一つとして緑多き優雅な佇まいに位置する紀尾井町。 地名はこの地にかつてあった紀州徳川家中屋敷、尾張徳川家中屋敷、彦根井伊家中屋敷に由来しており、各家の文字を1文字ずつとって町名としたと言われております。 その風情を今に伝える特別な場所。静かでいて、こころ華やぐもてなしの愉悦。大切なお方への「心」が生きる極上の空間をご堪能いただけます。 街の喧騒を忘れて味わう至福のひととき、エグゼクティブなあなた様にこそ、お使い頂ければ幸いです。
周恩来、魯迅が留学時代に愛した味を今に伝える確かな技と素材へのこだわり
総調理長自らが厳選した素材を、手間隙かけて労を惜しまず仕込むこと。 中国料理の高級食材の乾物は、その扱い方で味が大きく左右されます。 私たちは全ての食材を店で丹念に仕込み、時間をかけて最良の状態でお客様にご提供できる事を、最上の喜びと感じます。 名物の「ふかひれの姿煮」は、本当に時間をかけた白湯スープと丁寧な仕込みのふかひれの相性が生きる究極の一品です。 上海料理の真髄を、是非お召し上がり下さい。リーズナブルなコースから、ご希望の料理を選りすぐったコースまで、様々な御要望にお応え致します。
上海料理をベースに日本の食材の四季を活かす、洗練された中国料理
日本は世界でも有数の選りすぐりの食材が入る国です。その中でも東京は、世界や日本全国からの最高の野菜や、魚介類が毎日ふんだんに直送されてきます。 維新號が創業した明治32年にはとても想像も出来ない様な最高の食材が豊富に手に入る時代です。高級中華食材と言われる乾物も日本が世界有数の産地です。 私たちはこの恵まれた環境の中で、最高の食材の一番良い部分だけを贅沢に使用し、伝統に基づいた上海料理の技を活かせる喜びを感じて、常に技と伝統を研いて参りました。 飾らない、しかし決して色褪せない王道の上海料理を最高の食材でご堪能下さい。


グリージョ ラ ターヴォラ(grigio la tavola)
旬の食材のおいしさを存分に活かしたイタリアン・ダイニング。赤坂サカス仲通り沿いの心地よい陽だまりのテラス席や木の温もりを感じるやさしい店内で、イタリア料理と豊富に取り揃えたワインをカジュアルにお楽しみください。
大人が集う、赤坂のイタリアン
赤坂駅・赤坂見附駅からすぐの赤坂Bizタワー一階にあり、アクセス抜群で。グレイッシュなテーブルは落ち着いた大人の雰囲気を演出します。ワイン好きには嬉しいお好みのワインをワインセラーから選ぶこともできます。また、隣接するb&rはパブのような賑わいを見せるシガー・バー。ほのかな灯りに照らし出されるウッディなインテリアもまた、大人の時間を演出します。寛ぎのバータイムをお過ごしください。
ヘルシー産直野菜や手打ちパスタを使用したイタリアン
新鮮な旬の有機野菜をふんだんに使ったお料理をお楽しみください。素材にこだわり良い食材のみ扱っています。旬の季節の野菜を特製熱々ソースでいただく「産直野菜のバーニャカウダ」など、こだわりの逸品をお作りします。パスタは手打ちパスタを使用。ちもち食感のタリアテッレに、オマール海老ブイヨンの濃厚な出汁にすりつぶした香味野菜とバナメイ海老の旨みが溶け合った味わい深いトマトソースが美味の「オマール海老のトマトソース手打ちタリアテッレ」など、是非ご賞味ください。


割烹松葉(かっぽうまつば)
赤坂でも希少な創業60余年の和食割烹料理店【割烹 松葉】は、「赤坂の味・京の味」をコンセプトに掲げ、四季折々の懐石料理を始め、米沢牛をメインにしたコース料理や、冬場にはご好評のふぐ料理など、厳選した旬の素材にこだわっております。完全個室・掘り炬燵のゆったりとした空間で、お好みに応じたお料理をご堪能いただけます。大事な方のご接待にも、お客様がお気を使わずに済む様、お席のご趣旨、雰囲気に合わせた気配りを心がけております。
数寄屋造り、書院造りなど和風建築の名工による、京風の落ち着いたお座敷個室
赤坂見附駅から1分という活気溢れる場所ながら、夕刻には軒先にともる行灯が風情ある佇まいでお客様をお迎えします。お部屋は数寄屋造り、書院造り、茶室風など、全室掘りごたつの個室になっており、ご接待や歓送迎会、記念日、慶弔の際のお会食など、さまざまなおもてなしのシーンには最適な空間となっております。京風料亭の佇まいの中でしばし都会の喧噪から離れた、おだやかなひと時をお過ごしくださいませ。
金田中系列の「鶴の家」で修行を積んだ二代目が供す本格京料理
大学卒業後、先代の後を継ぐために料理人の道へ。基本を金田中系列の「鶴の家」で学び、サラリーマンでも通える先代の松葉から、本格京料理を出す割烹へと方向転換をはかりました。暖簾の重さを感じながら“粋・華・旬”と言った食三道の伝承をひたむきに追い求め、創業60年余の老舗の品格を保ち続けています。
最高の料理に華を添える最良のおもてなしを
女将を中心に、出すぎることも引きすぎることもない、お客様との絶妙な間隔を保った最良のおもてなしを心がけ実践しております。そのおもてなしが料理にさらなる華を添え、ご来店いただくお客様によりご満足いただけるようこれからも努めてまいります。


チャイニーズテーブル スターライト/ホテルオークラ東京
本格的飲茶メニューをオーダーバイキングにてご用意しております。アラカルトメニューのほか、コース料理もお楽しみいただけます。
3方向を窓に囲まれた開放的で華やかなダイニングでお食事を
東京タワーをすぐ目の前に臨む長いエントランスを通るところから、チャイニーズテーブル スターライトでの楽しいお食事は始まります。3方向を広いガラス窓に囲まれた店内は開放的で華やかな空間が広がります。店内中央では数々の煎れたての中国茶をご用意しています。個室を2室備え、家族での気の置けないお集まりのお席やお祝いのお席、同窓会などにも最適です。また、結婚式の二次会などにも最適なパーティプランもご用意しております。
伝統の中国料理の継承と本格飲茶
蒸し点心、揚げ点心、煎り点心、小皿料理など合わせて50種をお好きなだけお楽しみいただける「頂級飲茶」のコースや、金華ハム、ふかひれやアワビなど豪華食材を使用したプレミアム点心をお召し上がり頂けるコースをご用意いたしております。特におすすめの「頂湯スープに入った金華ハム、ふかひれ入り餃子」は厳選した太いふかひれを餃子の皮に包み、蒸し上げた物をスープ仕立てにした極上の逸品です。コースメニューに加えて、肉料理や海鮮料理、おそば・ご飯など各種ア・ラ・カルトメニューもございます。
絶対の一品「フォアグラの茶碗蒸し ふかひれソース」
ホテルオークラ東京には、開業以来、代々のシェフが受け継いできた料理の数々があります。その中でも、シェフが「生涯を代表する絶対に自信のある一品は何か」という視点から厳選した料理を「絶対の一品」と呼んでいます。チャイニーズテーブル スターライトの「絶対の一品」は「フォアグラの茶碗蒸しふかひれソース」です。フランス料理のフォアグラを和食の技法である茶碗蒸し仕立てにし、中国料理を代表する食材のふかひれを贅沢に使ったソースでお召し上がりいただきます。和・洋・中のエッセンスが凝縮された一品です。


ル・プティ・トノー九段下(ル プティ トノー クダンシタ)
まるでパリの街角に迷い込んだような、本格フレンチビストロです。メニューはお手頃な価格ながら、フランスの巨匠フィリップ バットンにより構成され、料理とワインの双方をお楽しみ頂けるラインナップです。まさにパリのビストロにいるかの様な雰囲気の中で、グラスワイン、カラフ、ボトルと、お好みのワインスタイルをタパスと共にお召し上がり下さい。もちろんコースメニューのご用意もございます。ご来店の際には、ワインをお選び頂く為のアドバイスやその他の疑問点など、当店のスタッフにお気軽にお声をお掛け下さい。
プティ・トノー第一号店 閑静な場所に佇むアットホームなお店です
九段下というオフィス街にありながら、静かな落ち着いた雰囲気のル・プティ・トノー。第一号店です。ワインレッドのカラーが印象的な店内に入ると、まるでパリのビストロに来たかのような雰囲気に包まれ、フランクなスタッフが皆様をお迎えいたします。こじんまりとした店内はアットホームな雰囲気でありながら、外国の方のお客様も多く、旅行に来たかのような感覚でお食事が楽しめます。
フランスの巨匠フィリップ・バットンによる“お手頃本格フレンチ”と豊富なワイン
実にフランス的な雰囲気の中で、ワインと料理を軸にした今までに無いコンセプトを皆様にご提案したいと思います。メニューは、伝統的な料理から、温かい家庭料理までフランスを満喫できるバラエティに富んだラインナップ。さらに南仏を中心にセレクトしたワインはとても斬新で、他ではなかなか味わうことのできない銘柄も取り揃えております。ワインの知識豊富なスタッフが、皆様のメニューにぴったりなワインをご提案いたします。
肩ひじ張らずに、パリの味と雰囲気をお楽しみください
テープルチャージやサービス料もなく、気を張らずに楽しく料理とワインを頂けます。アラカルトの料理は全てタパス(小皿タイプ)のオーダーが可能です。また、ワインもグラスオーダーから承ります。当店が自信を持ってお薦めするワインを片手に、フィリップ・バットンのバラエティーに富んだ料理を十分にお楽しみ下さい。


赤坂スクエアダイニング/赤坂エクセルホテル東急(あかさかすくえあだいにんぐ)
東京の中心に位置する赤坂。その中にあって駅からのアクセスも非常に良く、赤坂見附駅の目のまえ徒歩1分にある赤坂エクセルホテル東急〔3階ロビー〕直営レストラン「赤坂スクエアダイニング」。ウッディで落ち着きのあるモダンな空間は、カジュアルなお食事からビジネスのお打ち合わせなど多彩にご利用いただけます。とくに人気なのはレストランコーナーでのブッフェ。ローストビーフや蟹、そして季節の食材を厳選したメニューを豊富に取り揃えております。会社の同僚や友人と、またはご家族と気軽にご利用いただけます。
ウッディで落ち着きのあるモダンな3つの空間を持つ個性的なフラットスペース
「レストランコーナー」、「サロンコーナー」、「テラスコーナー」に仕切られたフラットスペースは、それぞれに特徴を持ち香り高いコーヒーやハーブティー、スイーツなどを楽しめるコーナーからシェフが食材を活かして作るコース料理や、ホテル自慢のローストビーフをはじめ、季節の食材を活かしてシェフが織りなすパフォーマンス料理の数々を心行くまで楽しめるブッフェなど様々なシーンにあわせてご利用いただけます。
人気のローストビーフをお好きなだけ!赤坂スクエアダイニング「レストランコーナー」
赤坂スクエアダイニングでは、一年を通してブッフェをお気軽にお楽しみいただけます。とくにホテル自慢のローストビーフはレギュラーメニューとしていつでもお召し上がりいただけます。そして季節毎にはテーマを持ったイベントを開催し、厳選された食材をバラエティに富んだお料理に仕上げております。セミオープンキッチンでのシェフのパフォーマンス料理もお楽しみください。会社の仲間やご友人、ご家族などでお気軽にお越しください。
月替りで楽しめるカジュアルフレンチ 「クインテットディナー」
月ごとに担当シェフが変わり、それぞれが自慢の腕を振るってお届けするカジュアルコース「クインテットディナー」。季節感とシェフの創意工夫を毎月お楽しみいただけます。メインディッシュは魚料理と肉料理2種類ずつから、お好きなお料理をお選びください。オードブルからデザートまで、季節の移ろいとともに心ゆくまでお楽しみください。


バロン オークラ/ホテルオークラ東京
極上のワインの空間として、ワインダイニング&シガーバー「バロンオークラ」を2004年にオープンいたしました。常時500種1万本のワインを所蔵するとともに、それらのワインに合う料理としてフランス料理や中国料理を取り入れた独自のメニューを考案、ワイン愛好家の皆様にご好評をいただいております。さらにバロンオークラでは本格シガーもとりそろえております。初めての方から愛好家の方まで、どなたにもお楽しみいただけるシガーのための独立したスペースをご用意しております。日常を離れた至福の時間をお過ごしください。
上質なひとときを過ごす、くつろぎの空間。世界をもてなすホテルオークラ東京
ランタンの淡い光がともる広々としたロビーに足を踏み入れると、しばし都会の喧騒を忘れるホテルオークラ東京。開業以来45年余にわたって、幾多の世界のセレブリティをおもてなししてまいりました。フランス料理や日本料理、中国料理など、目で楽しみ、舌で味わう逸品揃い。カジュアルなランチからフォーマルなディナーまで、豊富なメニューを揃え、ひときわ豊かな味の世界を広げます。快いホスピタリティにつつまれて、至福のひとときをお過ごしください。


あかさか弥市
赤坂にある「あかさか弥市」では、築地で毎日仕入れる魚本来の旨さを引き出し、四季の味を大切にした割烹料理をお召し上がりいただけます。1階のカウンター席やテーブル席で気軽に美味しいものを食べたい、という方から、個室でゆったりと過ごしたいという方まで、安心して店に入っていただき、満足してお帰りいただける店です。
明るい店内で安心して料理を楽しんでいただけます。
「あかさか弥市」では、一階、二階、地階にそれぞれの目的に合わせたお部屋を用意しておりますので、人数と好みに合わせてお選びいただき、ゆったりと料理と会話の時間を過ごしていただけます。ちょっとしたお食事や、お気軽なご会食には一階のカウンターやお座敷を、ご宴会や大切なお客様とのご会食には個室にできるお部屋を用意した二階、地階をご利用ください。
毎日築地に行き仕入れる旬の魚を、本来の旨みを味わっていただけるよう提供します
毎日、築地に仕入れに行き、旬の魚のその日の一番良いものを仕入れ、手をかけすぎないように、魚本来の味を楽しんでいただきます。日本橋、赤坂、京都と20年の修行の中でつかんだ味で店をやっていこうと、この赤坂の地で早30年、魚なら弥市と信頼を頂いています。季節の会席料理もご用意できますが、魚好きなお客様にとっては、その日のおすすめの魚を好みに応じてご注文いただけるよう一品料理もご用意できます。
店主挨拶
私ども弥市では、新鮮な魚介を中心に、四季折々の味をお客様に楽しんでいただいております。旨さ、鮮度にこだわり、毎朝築地にて私が選びぬいた素材だけを供させていただいておりますので、おかげさまで「旨い魚なら弥市」と、多くのお客様にかわいがられてまいりました。これからも、気軽に旬の味覚を楽しんでいただけるよう努めてまいりたいと思っております。今後とも、尚一層のご愛顧の程、よろしくお願い申し上げます。


心・技・体 うるふ
『心・技・体 うるふ』は、「think body think food」をテーマに、体と食を考える方々に最高の味をカジュアルに楽しんでいただけるレストランです。店名の『心・技・体 うるふ』は、第58代横綱「千代の富士」九重親方の現役時代の愛称「ウルフ」に由来しています。全国の巡業を通して「日本の旨いもの」を食した九重親方による監修のもと、「焼きふぐ」「すっぽん丸鍋」を中心に、四季折々の食材を活かした一品料理や、「ちゃんこ鍋」もご用意しております。
白木の温かい雰囲気の中で食する、「焼きふぐ」と「すっぽん」
店内は、パリの日本蕎麦店「円」をはじめ、日本各地の旅館や料亭を手掛けた辻村氏の監修による内装で、白木の温かい雰囲気の中、ゆっくりお食事していただけます。
五種類のタレに漬けた「焼きふぐ」と、厳選したすっぽんを使用した「すっぽん丸鍋」
当店の看板メニュー「焼きふぐ」は、骨のない上身を中心に様々な部位を使用。数時間寝かした後にオリジナルのたれ(ネギ塩味、にんにく味、辛味噌味、梅肉味、醤油麹柚子味)を揉みこんだ切り身を、軽くあぶってお召し上がりいただきます。またコラーゲン豊富な「すっぽん」は、「丸鍋」と「水炊き」のお鍋や、その他すっぽん料理をご用意しております。
気軽に楽しめる「ふぐ」と「すっぽん」、「ちゃんこ鍋」
当店では、“高たんぱく・低カロリー”な高級食材として知られている「ふぐ」と「すっぽん」をお手頃な価格でご提供できるよう、仕入れや調理方法に工夫を凝らしました。「ふぐ」と「すっぽん」の他に、九重部屋秘伝のちゃんこ鍋、その他一品料理もご賞味いただけます。


とゝや魚新(トトヤウオシン)
「魚新」は、110年以上前に赤坂の鮮魚店として始まり、赤坂花柳界の料亭への仕出し屋を経て、現在の日本料理屋となりました。創業以来、変わらぬ鮮魚へのこだわりを持って営んでおります。25年以上の和食のキャリアを持つ料理長の、伝統的日本料理と、独自の創作を織り交ぜた料理の数々をお楽しみいただけます。
静かでゆったり落ち着いた空間、お座敷もご用意
洗練された店内、職人が差し向かいでもてなすカウンター席は、カウンター割烹の醍醐味を存分にお楽しみいただけます。「二合半亭」と名付けらた個室は、大切な人を招いての接待にふさわしい空間。季節ごとに表情を変える坪庭を臨みながら、ゆったりと語らいの時間をお過ごしいただけます。
その日に仕入れた旬の魚を匠の技で至高の逸品に
魚の味わいを通じて四季を感じてていただけるよう、四季折々の食材を取り揃えております。その日仕入れた最上級の素材を匠の技で、旬の彩りに溢れる料理へ仕立て上げます。風趣を凝らした一品一品は、舌も目も満足できる料理。老舗の魚屋こころが感じられます。
店長・村松 喜久夫
開業からの料理長山本より引き継ぎ2013年から店長を務める。25年以上の和食のキャリアを活かし、素材を引き立てる料理を季節ごとに創り上げます。


沖縄懐石 赤坂潭亭(おきなわかいせき あかさかたんてい)
東京ミッドタウンの裏手にひっそりと佇む隠れ家のような大人のお店。
土壁に囲まれた木の扉を開けると、ゆったりと時を刻む美しい沖縄との出会いが待っています。
大切な食事の時間を一層愉しんでいただけますよう、お部屋はすべて茶室風の掘りごたつ個室になっております。
沖縄の太陽、水、土で育った食材はビタミン、ミネラルも豊富です。
沖縄料理で唯一ミシュランの星を獲得した琉球宮廷料理と和懐石の融合をお楽しみください。
大切な方との語らいやご接待からご友人同士、ご家族の記念日にどうぞお気軽
伝えたいのは、食の心。
食はクスイムン
三里四方の土地のものを食し、食べるもので身体を整える。これは中国の医食同源やヤマトの身土不二に通ずる食の原風景です。食の歴史を問い、風土をみつめる赤坂潭亭は琉球とヤマトの出会う処。
沖縄の土と光と水を食す
苦みや香りが身上の沖縄島野菜を中心に、那覇漁港直送の島魚、やんばる牛を加えたコース料理です。ホーチューと呼ばれた料理人が支えた士族の料理から漁師の浜料理まで、沖縄の風土と歴史を見つめ、洗練の技を加えて幅広くお楽しみいただきます。


溜池山王 聘珍樓(ためいけさんのう へいちんろう)
レストランとバーでくつろぎの時間を。新しいスタイルの“聘珍樓”です。
新たなミレニアムを迎えた2000年に選りすぐりのワインと広州名菜が、新しく誕生いたしました溜池聘珍樓で出会いました。ここ山王パークタワーで洗練された時間がゆったりと流れる中、赤坂の夜景と共に「至上の口福」をお楽しみ下さい。
SINCE1884 日本で広東料理を紹介したのは、私たち聘珍樓です。
1884(明治17年)創業以来、日本に現存する中国料理店のいちばんの老舗として多くの皆さまに愛されてきました。街の様子も人々の暮らしもずいぶん変貌しましたが、聘珍樓のおもてなしの心と職人気質は変わりません。「良き人、素晴らしき人の集まり来る館」という聘珍樓の名にこめられた想いのように、お客さまにひたすらつくし、新鮮な素材を前に一流の厨師たちが日夜、腕を磨いていく。心と技が生みだす本格広東料理は、私たちの誇りです。
本場の味にこだわれば、磨き抜かれた技と厳選素材にたどりつきます。
広東料理は「食材廣州」とたとえられるように、山海の幸の幅広い食材をふんだんに使って多種多彩に仕上げます。その特徴は、素材の持ち味を最大限に生かして調理すること。火を通しても、鮮度を殺さずに天然の旨味を引き出し、あっさりと、しかも味わい深く仕上げます。聘珍樓の味は、新鮮でかつ上質な食材の追求、有機無農薬野菜の多用。そして、すべて素材の持ち味を十二分に引き出すために、化学調味料や添加物は一切使用せずに作り出されています。


PARK SIDE TABLES(パークサイド タブレス)
紀尾井町にオープンした「PARK SIDE TABLES」。“素材のもつ魅力をナチュラルに引き出すこと”をテーマに、レストランとは違った、カジュアルでくつろげるスタイルのお料理を皆様にお届けします。新鮮野菜をたっぷり味わえるサラダバー付きのランチ、素材にこだわったパンケーキ、専用ロースターで焼き上げるスパイシーなロティサリーチキンをお楽しみいただけます。緑あふれるパークサイドのロケーション。ゆったりとしたソファー席、BARゾーンをご用意しております。スタイリッシュな空間で、素敵なひとときをお過ごしくださ
「TABLES」とは、テーブルの上にあるものを全てデザインすることがコンセプト
重視しているのは、スタイル。壁はモルタル、裸電球にワインボトルで作られた照明。手頃な素材を使っていながら、エレガントな雰囲気を演出する“チープ&シック”がコンセプト。カジュアルでも良いものは良い。気張らずに、でも洗練されている、そんな店を目指しており、大きな店内には、ソファーが配されたラウンジスペースと、ダイニングテーブルの並べられたダイニングスペース、個室、そしてバーカウンターと、空間が分けられています。
バリエーションの多いメニューが魅力
通日のカフェ利用からレストラン、そしてバーとしてもその役目を果たしてくれるバリエーションの多いメニューが魅力。大山鶏を独自にブレンドしたスパイスとハーブで香り付けし、専用ロースターでじっくりジューシーに焼き上げた「ロティサリーチキン」など、ボリューミーな食事から、生地に粒状のクリームチーズを練りこみ、ふんわりと口溶けやわらかに焼き上げたパンケーキ「バナナキャラメリゼ」などデザートも充実しています。


鮨処 いとう(スシドコロ イトウ)
赤坂のイメージからは想像のつかない閑静な場所に佇む、隠れ家的な鮨処いとう。落ち着いた雰囲気のエントランスを抜けると活気に満ち溢れたカウンター、そして日々の疲れを癒してくれる寛ぎの御座敷がお待ちしております。地方で獲れる新鮮な魚を直接仕入れ、新鮮なものをお気軽にお愉しみいただけます。創作料理と地酒のハーモニーを是非ともご堪能ください。
至高の料理と地酒の美味しさを、粋な離れが演出します
茶室として使っていた民家を改築し、個室のみで構成しているのが鮨処いとうの離れ。粋な離れで食す絶品の数々にぴったりの雰囲気になっております。
江戸前鮨をはじめとした和食の数々を、豊富なお酒と一緒にお愉しみ下さい
供されるのは江戸前鮨を基本とした和食となっております。いいシャリが炊けて、いいネタが用意できて、いい板前仕事をするのは当前と豪語する板長。地方で獲れるいい魚をダイレクトに仕入れ、新鮮なものを低価格で味わってもらえるように努力を惜しみません。ワインやシャンパンで和食を堪能することも。多様なスタイルでお愉しみいただけます。


トレーダーヴィックス/ホテルニューオータニ
都会の喧騒を避けて一歩足を踏み込めば、たちまち南国リゾートの雰囲気に包まれる楽園ダイニング。椰子の葉で編まれた天井、貝殻のシャンデリア、所狭しと並ぶポリネシアン・アンティーク、そしてスタッフのあたたかいサービスがお客さまをお迎えします。1934年にアメリカ・サンフランシスコで、「トレーダーヴィック」ことヴィクター・J・バージェロンによって創立された当店は、世界で27店舗を擁すまでになった現在も、彼の陽気な性格とこよなく愛したポリネシアスピリットが散りばめられた、上質のカジュアルレストランです。
アールヌーボー様式の落ち着いた内装、隠れ家的な雰囲気のお店です
所狭しと並べられたアンティークの数々は、どれも本物。東京店が開店した際に、創立者のバージェロンによって贈られたものばかりです。時を経ても変わらない、ポリネシアの薫りにあふれる店内はまるでミュージアムのよう。あたたかな色調に包まれたダイニングルームや南太平洋をイメージしたボートハウスバーで、トロピカルカクテルを傾ければ、そこはもう海のロマンに抱かれたアイランドリゾート。他では味わえない、寛ぎの時間をお楽しみいただけます。各種個室のご用意もございますので、パーティ利用にも最適です。
さまざまなスタイルでお楽しみいただけるステーキは、専門店ならではのシェフの技
南国リゾートの雰囲気を醸し出す店内でひと際目立つのが、ダイニングルームから眺められる、高さ2mものチャイニーズオーブン。創始者ヴィクター・J・バージェロンが中国の薪窯をヒントに考案したこのオーブンは、薪には桜・栗・楓などを使い、ほのかな薫りを含みながら、輻射熱の効果で素材の旨みをしっかり閉じ込めます。中でも「スペアリブ」はトレーダーヴィックスを代表する逸品。かのフランク・シナトラも目がなかったというこのスペアリブは、凝縮された旨みがたまらない、是非味わっていただきたい一品です。
トレーダーヴィックスのこだわりは、トロピカルカクテル
中でも今や世界中に広まった「マイタイ」は、そのシンボル的存在です。創立者バージェロンが考案したこのカクテルは、最初に試飲した彼の友人の言葉「Mai Tai(タヒチ語で「最高!」)」から名づけられました。かのニクソン大統領が愛し、しばしばナイトキャップとしてホワイトハウスに届けられていたというストーリーも持つ、まさにトロピカルカクテルの王様です。このマイタイをはじめ、リゾート感あふれる料理とも相性の良いオリジナルカクテルを、是非お試しください。


Curare(クラーレ)
青山一丁目から一歩離れた名所「裏赤坂」の閑静な住宅街にひっそりとたたずむ一軒家のカジュアルダイニング。落ち着いた空間でお食事をしたい!素敵なランチ、素敵なディナーを満喫したい!そんなお客様の願いを叶えるお店です。
「裏赤坂」にある、知る人ぞ知る隠れ家ダイニング
場所は青山と赤坂の間、閑静な住宅街である「裏赤坂」に位置し、知る人ぞ知る隠れ家といった佇まいです。店内は、白を基調とした落ち着いたダイニングスペースと、開放感溢れゆったりと寛げるソファ席とがあり、ひとつの店の中で2つの雰囲気が楽しめます。
本格的イタリアンからパーティにもぴったりなカジュアルな料理まで幅広くご用意。
旬の食材を用いて料理長が腕を奮う料理は、舌の肥えたお客様にもご好評いただいています。デートや記念日におすすめしたい本格イタリアンから、女子会やパーティにも最適なメニューまで幅広いメニューを取り揃えておりますので、用途に応じてチョイスしてください。


NOBU TOKYO
「NOBU TOKYO」はオーナー ノブ・マツヒサが世界展開するNOBUレストランの日本店。 毎日築地をはじめ日本全国、世界より旬の食材を取り寄せオーソドックスな和食メニューのほか、「NOBUフード」と呼ばれる南米や欧米のエッセンスを取り入れたお料理が楽しめます。ベーシックな食材から、ロブスター、鮑、フォアグラ、キャビアなど高級食材を堪能できるメニューも多く、お酒も幅広いセレクションを揃えております。接待やお祝い、お食事についてリクエストも柔軟に承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。
大使館が並ぶ閑静なエリアに位置するNOBU TOKYO。開放感あふれ賑わう店内
広い店内は解放感に溢れ、活気のある空間。ダイニング席の他、入り口付近にはウエーティングバー(10席)、ダイニングにはスシカウンター(10席)をご用意。カウンター席はまぢかで職人の動きが見れる特等席です。少人数から団体まで幅広いご利用が可能。奥には12名様までご利用いただけるプライベートルームを完備。接待や特別な会食に是非ご利用ください(ミニマムチャージ制)。
オーナーシェフ ノブ・マツヒサと“NOBU FOOD”
寿司職人として修業した後、南米、アラスカでのレストランの経験を経て、1987年にビバリーヒルズに「Matsuhisa」を開店。ハリウッドの著名人たちを魅了し人気店へ。開店から7年後、俳優ロバート・デ・ニーロ氏の誘いに応え1993年に「NOBU New York City」を開店。2000年10月にはデザイナーのジョルジオ・アルマーニ氏とパートナーシップを組み「NOBU Milan」をオープンと話題を呼んできたマツヒサは現在も世界中から出店のオファーが絶えない状態である。
厳選した食材をオリジナルスタイルで提供。気を張らずリラックスできる空間
活気があり海外を髣髴させる空間の中でオリジナルの「NOBUフード」を提供。毎日築地をはじめ日本全国、世界より旬の食材を取り寄せ、お刺身、お寿司、天ぷらといったオーソドックスなメニューのほか、「NOBUフード」と呼ばれる南米や欧米のエッセンスを取り入れたお料理が楽しめます。また石窯で焼き上げるお料理はお肉、魚介、お野菜の持ち味を最大に引き出す人気メニューです。接待やお祝い、お食事についてリクエストも柔軟に承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。


ピエール・ガニェール/ANAインターコンチネンタルホテル東京(Pierre Gagnaire)
「ピエール・ガニェール」は、三ツ星シェフとして名高い美食の巨匠、ピエール・ガニェール氏がプロデュースする現代風フランス料理のレストランで、世界で展開する同氏のレストランの中でももっとも天空に近い高層階に位置します。厳選された素材に情熱が注ぎ込まれるガニェール氏の料理は常に驚きに満ち溢れ、きめ細やかなサービス、洗練された空間、息をのむ素晴らしい景観と共に、感動を呼び醒ますような価値ある時間をご提供します。
東京タワーを眼前に都心の素晴らしい景観を満喫
赤坂の一等地にそびえ立つANAインターコンチネンタルホテル東京の36階に位置し、ランドマークである東京タワーなど東京の中心部を見渡せる最高のロケーションです。店内は白と淡い茶を基調色に、丸みを帯びた曲線的なモチーフのインテリアを採り入れたコンテンポラリーな空間で、ごゆっくりとお食事をご堪能いただけます。個室2室と半個室1室もございますので、プライベートにもビジネスにも目的に合わせてご利用いただけます。
「厨房のピカソ」の異名をとるガニェール氏ならでは独創的で芸術性の高い料理
「厨房のピカソ」の異名をとるピエール・ガニェール氏の料理は、独創的で芸術性が高く、細部へのこだわりと想像を超えた味と素材の組み合わせによって生み出されます。その土地の旬の食材を用いることを大切にする考え方から、日本の四季の味覚を織り交ぜながら、個々に創造性あふれるメニューを展開して行きます。中でもその特徴は、コース料理に組み込まれる豊富な品数によって表現され、このスタイルはランチでもディナーでもお楽しみいただけます。
芸術的料理、コンテンポラリーな空間、スタッフコスチューム、本物の質を求めて
レストランマネージャー及びシェフパティシエはパリ本店より迎え、シェフほかコックには、ガニェール氏に従事したスタッフを加えています。そして、ピエール・ガニェール氏ならではのモードな創作料理の数々をよりお楽しみいただける環境にするため、スタッフコスチュームのデザインをコシノジュンコ氏に依頼。芸術性の高い料理に、コンテンポラリーな空間、そこに映えるスタッフコスチューム、すべてに本物の質へこだわり、至福のひとときをお約束します。


星ヶ岡/ザ・キャピトルホテル東急(ほしがおか)
中国料理の王道という基本スタイルを守りつつ、繊細かつダイナミックなメニューをご提供する「星ヶ岡」。ふかひれなどの高級食材を使用した、ここでしか味わえない新時代の中華をお楽しみいただけます。シックな空間には、最大16名様までご利用いただける7つの個室をご用意。ビジネスにもプライベートにも、多人数でも少人数でも、ご用途に合わせて幅広くご利用いただけます。土日祝祭日には、伝統のオーダー式バイキング「スペシャルトリート」を開催しております。

落ち着きのモダンデザインと「翠松の庭」の眺め
インテリアは都会的なモダンチャイニーズスタイルのデザイン。伝統的な中国式造形のエレメントをスクリーン、床タイルのパターン、ペンダントライトなどにアクセントとして散りばめました。また中国人現代新鋭作家のPan Wel氏の軽快な書をアートワークとして随所に設置し、モダンなタイポグラフィの世界を形成しています。店内は落ち着きと重厚感を表現しつつ、赤松の並ぶ庭園の眺めは開放感に溢れ、都心にいながら和らぎを感じられます。
料理長 小林昇による中国料理の真髄
中国料理「星ヶ岡」料理長 小林昇。横浜中華街「華勝楼」、自由が丘「楼蘭」を経て、1986年からキャピトル東急ホテル「星ヶ岡」の厨房に立つ。2003年より同レストラン料理長。2010年秋、ザ・キャピトルホテル 東急として新装オープンしたホテルにて、新生「星ヶ岡」の料理長に就任。基本に忠実に、そして何より心を込めてつくる料理は、シンプルで飽きがこない、まさに中華の王道として多くのファンを魅了しつづけております。
「食徳飲和」(徳を食し和を飲む)・・・
長い歴史と伝統に培われた中国料理の真髄を一同に集め、ゆったりとした雰囲気の中で心ゆくまでお食事をお楽しみいただけるレストランです。中国宮廷料理をご提供してきた旧キャピトル東急ホテルからつづく伝統を守りつつ、「料理は芸術である」をモットーに、常に新鮮さ、驚きのある新時代の料理を、そしてザ・キャピトルの誇るサービスを、ぜひ一度お試しください。ビンテージの紹興酒やシャンパン、ワインなどお飲物も豊富にご用意しております。


ヴィラモウラ赤坂サカス(ヴィラモウラアカサカサカス)
東京メトロ千代田線赤坂駅直結、赤坂サカス内にある「ヴィラモウラ 赤坂サカス店」。懐かしさと優しさを感じるポルトガル料理。ポルトガルの民族音楽“ファド”をBGMに、ポルトガルのビールやワインとともにご堪能ください。
ポルトガルの家庭的な雰囲気
ポルトガルの装飾タイル・アズレージョが施されたクリーム色の壁、真っ赤な椅子が映えるアットホームな雰囲気です。BGMには、ポルトガルの民族音楽“ファド”が流れ、賑わいのある赤坂から別世界に来たかのような錯覚に陥ります。少人数でゆったりとくつろげるソファのブース席から、女子会などグループでのお集まりにも対応した個室は、天井が高く、大人数でご利用いただいても開放感を感じるつくりになっています。
ヴィラモウラ名物「魚介のカタプラーナ」など、本格的なポルトガル料理を
ポルトガルの大衆食「いわしのオーブン焼き」や、ヴィラモウラ名物「魚介のカタプラーナ」など…ポルトガルの代表的な味をご堪能ください。メインにはカタプラーナだけでなく、マデイラ島の名物料理・串焼きのエスペターダ、ご飯料理もございます。店頭では本格ポルトガルスイーツのテイクアウトもご用意しております。


ザ・ステーキハウス/ANAインターコンチネンタルホテル東京
昼間は天窓から降り注ぐ光に包まれ、夜は天窓に吊るされたオブジェのプリズムが印象的な空間。各種肉・魚、新鮮野菜を吟味・厳選し、オープンキッチンに設置した備長炭炭火焼グリル(全長3m)で、素材の持ち味を最大限に引き出しながら、シンプルかつダイナミックに調理します。ダイナミックでカジュアル感あふれる雰囲気の中、ホテルならではの国際色豊かなお客様で日々賑わうステーキハウスで、香ばしい風味と味わいのグリル料理をお楽しみください。
落ち着いた雰囲気でシェフとの会話を交えながら、贅沢なひとときが過ごせる
店内入口は、全長3mの大型チャコールグリルを設置したオープンキッチン。木目調でダークな茶褐色をベーシックカラーとした店内は、ワイン樽をイメージした空間や開放的なドーム型天窓を中心に配します。その吹き抜けのトップライト下に設置された“光のプリズム”の演出(ホログラフィーアーティスト石井勢津子さんの作品)により、日中はプリズムの色の変化が楽しめ、夜はアッパーライトによる幻想的な色の光が感じられます。都心のビジネスエリアにありながら、旅先にでもいるような楽しさや寛ぎ感を味わっていただけます。
ウエスタンスタイルのステーキハウス
ビーフを中心に、ポーク、チキン、ラムなど多品目の肉とシーフードを揃え、全長3mの備長炭炭火焼グリルでダイナミックに調理します。ソースは3種類からお好みのもので仕上げ、8種類のマスタードとともに味わっていただきます。アラカルトメニューを主体に自由な組み合わせができるのも魅力の一つです。ワインは、主にアメリカ、オーストラリア、ニュージーランドをはじめ、チリ、南アフリカ、など、“ニューワールド”と呼ばれるワインを豊富に取り揃え、各種炭火焼ステーキの味覚の幅をより拡げます。
季節にちなんだ食材の“瞬間と旬感”を常に最高の状態で表現し続ける
ソースはマッシュルームソース、グレービーソース、ジンジャーガーリック醤油をご用意し、粒マスタード、ディジョンマスタード、アメリカンマスタード、グリーンマスタード、コールマンマスタード、ホースラディッシュ、わさび、ゆず胡椒など8種類のマスタードとともにお好みに合わせてお召しあがりいただきます。グラスワインを14種類ご用意しているのも特徴。サービススタイルは、カジュアルなユニフォームでのナチュラルサービスで、リラックスした雰囲気を一層盛り上げます。