旅行サイトに関する情報を掲載していきます。 各サイトを研究し各サイトの特徴などを紹介しています。

一休.comレストラン(埼玉県)

このページはアフィリエイトプログラムを利用した一休.comレストランの紹介ページです。


一休.comレストランは、ワンランク上のレストラン予約ができます。地域やジャンルからカンタン検索、ネット予約。一休だけの限定メニューやお店・メニューの写真・利用者の感想などレストラン情報満載。記念日ディナー、接待に是非ご利用ください。

埼玉県のレストラン一覧

中国料理 瑞麟/パレスホテル大宮(ちゅうごくりょうり ずいりん)
瑞麟とは、瑞は大変おめでたいしるし。麟は麒麟からつけられています。瑞麟とは、世の中に聖人が現れると天上から天下る聖獣とされている儒教の想像上の生物です。中国料理瑞麟では、北京、上海、四川、広東と大きく4つに分かれた中国料理の中の、上海料理を中心として、四季折々の食材を使ったコース料理を御用意しております。またその他三大料理を取り入れた内容豊かなグランドメニューも多彩にご用意。スタッフ一同、皆様のお越しを心よりお待ちいたしております。
大宮駅西口より徒歩3分と好立地!地域に根付いた親しみやすいレストラン
大宮ソニックシティ(JR大宮駅西口にある埼玉県の産業文化複合施設。)31階建てのソニックビル、各種コンサート・会議などが開かれるソニックホール、そしてパレスホテル大宮からなります。中国料理瑞麟はホテル内2階にあり、落ち着いた雰囲気の一般席62席、個室5部屋(5名様から最大30名様)からなります。平日は近隣のビジネスマン・OLを中心に、休日はお祝い事・記念日・ご家族でのお集りなど、幅広い方々からご支持をいただいております。
新しい食材と味を日々追求し続ける料理人
藤井実料理長 プロフィール
1956年埼玉県生まれ。新宿の「園」入社。ダイヤモンドホテル、赤坂飯店などを経て、浅草ビューホテルにオープニングスタッフとして勤務し、94年パレスホテル大宮入社。03年に料理長就任。上海料理がメインではあるが、北京・広東料理など今までの経験を生かし新しい食材、味を求めてさまざまなニーズに対応する事で地域に親しまれる「瑞麟」であり続けたいと願っています。
「医食同源」体に優しく、旬の素材を存分に活かした上海料理中心の中国料理レストラン
私達、パレスホテル大宮では、厨房や宴会から出る生ゴミを発酵処理した有機肥料を作り、地元の契約農家によって使用され栽培した新鮮な野菜を季節のコース料理の素材として取り入れております。又、グランドメニューは、前菜盛り合わせ、海老のチリソース煮、ふかひれの姿煮込み、北京ダックから、炒反・湯麺に至るまで種類も幅広く取り揃えており、油ひかえめであっさりと仕上げる事により、体と心に安全かつ優しい味の食事を提供しております。


カフェレストラン パルテール/パレスホテル大宮(カフェレストラン パルテール)
埼玉の交通の中心・大宮駅より徒歩5分の所に位置するパレスホテル大宮。その1階にあるレストラン・パルテール。ホテル自慢の60品目以上からお選びいただける和洋朝食ブッフェ。また、ランチ、ディナーバイキングではフェア毎に種々様々な、新たな味わいに出会っていただけるように趣向をこらしております。
心が躍る 旬の食材を用いた多彩なメニュー
120席ある広々とした店内と、大きな窓から差し込む明るい日差しで、爽やかな時間を満喫していただけます。恋人同士、お友達、女子会や歓送迎会など、様々なシーンでのご利用に対応できます。70名様〜の貸切パーティも可能です。
料理長が自ら足を運んで厳選した食材を活かしたお料理をご提供いたします
シェフ自らが現地に足を運んで厳選した食材や、特産物、郷土料理をお楽しみいただけます。また地産地消をテーマに、ホテルから出た生ゴミを堆肥化した肥料【エコパレス】を使ってさいたま市内で収穫されたおいしい野菜を沢山用意いたしております。自慢のブッフェカウンターでのワゴンサービスも是非ご賞味下さい。年間を通してリーズナブルな価格設定でバイキングをご提供いたしております。カフェレストラン・パルテールで、楽しいひと時をお過ごし下さい。
体に優しく美味しいお料理をふんだんに使ったバイキングをリーズナブルな料金にて
つくばのエコ農園と提携し、シェフ自らが足を運んで種植えから収穫まで携わっています。そこで採れた有機野菜や、さいたま市内の契約農家で採れた野菜をふんだんに使った料理の数々をご堪能いただけます。また、2ヶ月ごとに替わるフェアでも、現地に直接足を運んで、農場や牧場などをみてまわり、郷土料理や特産品など、様々なかたちでお客様にご提供いたしております。


ビストロ アーブル・ド・パン(BISTROT L’Arbre de Pin)
アットホームな雰囲気の中、正統派フレンチを堪能できるワイン&ビストロ。鮮度と産地にこだわった食材を活かした数々の料理は、美しいバランスで盛り付けられ、味覚・視覚ともに楽しませてくれる逸品ばかり。アラカルトやコースで、しっかりめのお食事はもちろん、サッと食べられるビジネスランチから、夜はワインと一品料理でワインバーのように…など、シチュエーションによって使い方もさまざま。本格フランス郷土料理を気軽に楽しめるお店です。
アイボリーを基調にシンプルでセンスある店内
アイボリーを基調にシンプルでセンスある店内。調理の様子が伺えるオープンキッチンは、シェフのきびきびとした動きを楽しめます。ランチタイムは陽が差し込む明るい店内を、白で統一された家具が爽やかなお昼を演出します。ディナータイムは各テーブルにキャンドルの灯りが美しく輝きます。
永く愛される骨太料理
素材のパワーを生かしつつ、正統なフレンチのエスプリを吹き込んだ料理には、揺るがない安心感のある世界があります。繊細さとダイナミックさのバランスを常に意識しながら、解りやすい、また食べたくなる料理に仕上げることで、地域のお客様に支持されています。


日本料理 四季彩/浦和ロイヤルパインズホテル(ニホンリョウリ シキサイ)
素材の持ち味を余すことなく引き出す日本料理の技。テーブル席のほか掘ごたつ式の落ち着いたお座敷もご用意し、白木を生かした清潔感あふれる雰囲気のなかで、伝統の味わいを心ゆくまでお楽しみいただけます。
地元女性グループに人気のゆったりくつろげる店内
外の喧騒から離れ、気のおけない仲間と静かな時間を共有できる、ホテル5階に位置する店内。大小合わせて6室備える個室は最大20名さままで収容可能で、週末はご結納・ご法要・七五三など、ご家族の節目節目の行事にご利用いただいております。
素材の持ち味を活かした伝統の日本料理
匠の技をふるい、素材の良さを余すところなく伝えるメニューは、日本料理を手軽に楽しめる御膳から本格的な懐石料理までさまざま。盛り付けの器にもこだわり、料理の美しさをさらに引き立たせています。
こだわりは食材選びから
「走り」「旬」「名残」それぞれの時期の素材を、ひとつひとつ確かな目で選りすぐり、その食材の持つ本来のうま味を逃すことなく、繊細に味わい豊かに仕上げていきます。季節の幸を充分にご堪能いただけるよう献立にも工夫しておりますので、月ごとにさまざまな旬の味をお楽しみいただけます。


eglise de 葉山庵(エグリーズドゥハヤマアン)
「教会のあるレストラン」という意味の店名どおり、広大な敷地内には独立型のセントパルク教会が温かな佇まいを与えるガーデンレストラン。選ばれた特別な方だけなく、どなたにも気軽に最高の料理を愉しんでいただきたい。葉山庵グループ共通のコンセプトです。特製の幼児向け「フレンチ離乳食」や小さなお子さま向け「ワンプレートメニュー」などもご用意しておりますので、小さなお子様をお連れのお客様でも気軽にフレンチをお楽しみいただけます。
大宮駅から程近い、緑豊かな自然に囲まれた寛ぎのガーデンリゾート空間
大宮駅に程近い好立地ながら、緑豊かな自然に囲まれた寛ぎのガーデンレストラン「 eglise de 葉山庵」。大宮の地で皆様に愛されてきた「セントパルク教会」の敷地内に2007年9月グランドオープン。広大な敷地内には木々たちが青々と繁り、また季節の移ろいと共に色とりどりの花が咲き誇る。足元から天井まで前面ガラス張りの開放的なダイニングには、そのまま外に出られるオープンテラスが付属。森の中の別荘を思わせる佇まいがまるでリゾート地にいらしていただいているかのような癒しの時間をお楽しみいただけます。
地元彩の国さいたまの新鮮素材と葉山庵「ナチュラルフレンチ」の融合
最高の食材を最高の状態でお楽しみいただく自然と技巧のマリアージュ”葉山ナチュラルフレンチ”。佐島の魚介、三浦が誇るブランド葉山牛、鎌倉の野菜・横須賀の果物など、本店のある三浦を中心に全国の生産者の方から直接仕入れた新鮮で安心、最高の食材のみを使用しています。技巧と工夫を凝らし最高の自然食材を最高の状態でお楽しみいただくのが葉山庵の葉山ナチュラルフレンチです。eglise de 葉山庵では地元彩の国さいたまの新鮮素材も使用し、三浦とさいたまのコラボレーションが実現しました。


ブッフェレストラン ミケーラ/浦和ロイヤルパインズホテル
本格的なピザ窯やブッフェコーナーを備えた、オープンキッチンのレストラン。ご家族で楽しめる明るくカジュアルな雰囲気の中、バラエティーに富んだメニューをお届けいたします。
ホテル入口に位置するカジュアルな雰囲気の店内
ホテル1階の玄関を入ってすぐのところに位置するブッフェレストラン。カジュアルな雰囲気はお子さま連れのお客さまでも安心してご利用いただけます。また店内奥にはパーティースペース「カテリーナ」を備え、会社の歓送迎会や納涼会など、54名さままでのグループ利用も可能です。
毎月異なるテーマのメニューをブッフェスタイルで
朝食、ランチ、ディナーと一日を通して洋食を中心としたバラエティあふれる料理をブッフェスタイルでお召し上がりいただけるレストランです。また毎月テーマに沿った内容にメニューを変えているため、リピーターのお客さまが多いのも自慢です。
リーズナブルでありながらホテルのクオリティを維持して
シェフの谷口は都内のホテルやレストランで経験を積み、ロイヤルパインズではバンケットシェフとして活躍 2013年9月よりブッフェレストラン「ミケーラ」シェフに就任
日々オリジナリティーあふれるメニューを研究しています。
ホテル内のレストランとしては、ランチ2500円〜、ディナー3500円〜と非常にリーズナブルでありながらホテルにふさわしいレベルに仕上げています。


和食堂 欅/パレスホテル大宮(わしょくどう けやき)
大宮駅西口、ソニックシティ内パレスホテル大宮の2階に和食堂 欅がございます。四季折々の食材をもとにした会席料理、寿司、天ぷら、すき焼き、しゃぶしゃぶ、鉄板焼きなど、パレスホテル大宮自慢の料理人が腕をふるい、大切なお客様をまごころ込めて、おもてなしさせて頂きます。月替わり、または季節ごとのお料理、お祝い会席、ご法事会席など、落ち着いた雰囲気の店内で、伝統的な日本の味覚と、四季の色どりをごゆっくりとお楽しみ下さいませ。
落ち着いた雰囲気の店内で、日本料理をごゆっくりご堪能下さい
ゆっくりとご利用頂ける一般席(46席)では、伝統的な会席料理から、すき焼き、しゃぶしゃぶ、季節ごとの一品料理をお召上がり頂けます。また幅広くご利用頂くことの出来る洋個室(5〜30名様)とくつろげる和室(5〜10名様)もご用意いたしております。新鮮なネタをそろえた寿司カウンター(8席)、ナイフさばきも鮮やかに、皆様の目の前で調理する鉄板焼カウンター(8席)もございます。旬の味覚と磨かれた技をご堪能下さいませ。
鏑木富男和食料理長は、常に一期一会の精神でお客様に料理を提供しています
鏑木富男和食料理長は昨年埼玉の名工を受賞し、なおますます料理道にはげんでいます。料理長は食材にこだわり、四季折々の素材の持ち味をいかしながら、温かい物は温かく、冷たい物は冷たく、さらに味はもちろん、色あいや盛り付けに工夫を凝らし、お客様に目でも楽しんでもらえる様な料理にこだわっています。また地元の食材を取り入れたり、自ら農園で野菜を育てるなど、常に食の安心、安全にも気をくばっています。
四季折々の食材をもとに、大切なお客様をまごころ込めて、おもてなしさせて頂きます
落ち着いた雰囲気の店内で、埼玉の名工が腕をふるい、選び抜かれた旬の素材をふんだんに使用したお料理をご提供すると共に、大切なお客様が心からお寛ぎ頂けます様、まごころ込めておもてなしさせて頂きます。大切な方々とのお集りに、ご家族との記念日に、ご両家様の結納に、ご商談、偲ぶ会に個室のご利用はいかがでしょうか。洋個室は、外国人のお客様を招いてのお集まりにも、おすすめでございます。料理長おすすめの日本料理を、お楽しみ下さいませ。


割烹旅館 二葉(かっぽうりょかん ふたば)
小京都小川町にあり創業260年を数えます。駅近くに位置しながら千坪の敷地には、国指定登録有形文化財の築80年の大規模な数奇屋造りの建物、離れ茶室、鉄筋三階建の建物が建ち、回遊式日本庭園が心癒してくれます。当館の名物は「忠七めし」というご飯で、明治の偉傑山岡鉄舟が名付親です。
料理は地元有機野菜を中心にした会席料理で最後に忠七めしをお出ししています。
天皇陛下をはじめ皇族方、映画監督黒澤明、作家向田邦子、人間国宝石黒宗磨、陽明学者安岡正篤氏など各界の方々から愛されております。
国指定登録有形文化財の料亭で、会席料理を食べる楽しみ
外観写真は正面向かって左側が国指定登録有形文化財の本館、右側は新館です。本館玄関は昔の佇まいを残し、その先の廊下にはご来館者の色紙と写真が展示してあります。その先の部屋は日本庭園に面し黒澤明、向田邦子氏が愛した部屋です。建築当時の面影を残す「錆壁」が印象的です。二階宴会場は当時のままで、古い良き時代にタイムスリップしたようです。日本庭園はマイナスイオン一杯で、離れ茶室とあいまって癒しゾーンです。新館には各客室の他にお風呂が用意してあり、日帰り入浴も人気です。一階には山岡鉄舟の書などを展示した記念室がございます。
日本五大銘飯「忠七めし」と地元有機野菜を使った会席料理
忠七めしとは、海苔をまぶしたご飯に薬味の柚子、さらしねぎ、わさびを適量のせ秘伝のおつゆをかけて、お茶漬をいただくようにさらさらと召上っていただきます。海苔は瀬戸内産を厚めに焼上げ、お米は富山で契約栽培しています低農薬のこしひかりです。鰹節は焼津の極上品です。薬味に使用している柚子とねぎは地元の無農薬栽培で、料理の一部にも地元有機野菜をできるだけ使用しています。毎月変わる献立の有機野菜を調達するのは大変ですが、お客様の喜びのお顔を楽しみに、日々頑張っております。
お料理の献立が毎月変わるように、ロビーや部屋の室礼(しつらえ)も毎月変わります
私達は消えゆく日本文化を少しでも守りたく日々打込んでいます。毎月料理の献立が変わるようにロビーや部屋の室礼も変わります。日本人は季節感を大切にし調和を重んじます。高価な物ではありませんが、毎月部屋の絵や調度品を変えているのは、料理との調和であると考えています。それにロビーなどのパブリックスペースもそのことに準じて合わせるようにしています。部屋数も15室ありますので、絵や室礼を変えますことは毎月の行事のようになっています。和楽器のコンサートは年4回、五節句や十五夜などには独自のイベントを行っています。