旅行サイトに関する情報を掲載していきます。 各サイトを研究し各サイトの特徴などを紹介しています。

一休.comレストラン(東京都)

このページはアフィリエイトプログラムを利用した一休.comレストランの紹介ページです。


一休.comレストランは、ワンランク上のレストラン予約ができます。地域やジャンルからカンタン検索、ネット予約。一休だけの限定メニューやお店・メニューの写真・利用者の感想などレストラン情報満載。記念日ディナー、接待に是非ご利用ください。

東京都のエリア


銀座  赤坂・半蔵門・溜池山王・虎ノ門  東京駅・丸の内・日本橋  新橋・汐留・竹芝  恵比寿・代官山・中目黒  六本木  青山・表参道  新宿・代々木  渋谷・原宿  西麻布・麻布十番  品川・天王洲  神楽坂・飯田橋・四ツ谷  池袋・目白  白金・広尾  上野・浅草・押上・東陽町  お台場  田園調布・自由が丘・二子玉川  日比谷・有楽町  吉祥寺・西東京  神田・御茶ノ水・水道橋 

東京都のレストラン一覧


お台場




ラウンジ&シャンパンバー ベランダ/ホテル日航東京
ランチタイムは、優雅にゆったりと、厳選された香り高い紅茶と、季節のフルーツをたっぷりと使用したスイーツが自慢のアフタヌーンティーを愉しむラウンジとして。
バータイムはドラマチックな夜景とともに、シャンパンを片手にフィンガーフードを愉しめるシャンパンバー。
コンセプトは「クルーズ」。ホテル内にある日本、フランス、オーストラリア、地中海沿岸など、各国のレストランへのアペリティフバーとして位置付けられる。テラス席では、爽やかな海風の中、東京ベイエリアの景色をより身近に感じられる空間をご提供いた

楼蘭/ホテルグランパシフィック LE DAIBA(ろうらん)
エキゾチックにして格調高い雰囲気の中、旬の素材をふんだんに使った本格的な広東料理が楽しめる「楼蘭」。食在広州とまで讃えられる絶妙な味わいの中国料理に、ご家族やお友達など親しい方々や大切な方々との会話も弾むはずです。

bills お台場(ビルズ オダイバ)
「世界一の朝食」と称されたリコッタパンケーキやスクランブルエッグを手掛けるビル・グレンジャー氏。彼がプロデュースするレストラン「bills」はオーストラリア シドニー発。ハリウッドセレブに愛されるシンプルで独創的なメニューの数々を、ビルがセレクトしたこだわりのインテリアの中、親しみやすいおもてなしでご提供します。

キャプテンズバー/ホテル日航東京(CAPTAIN’S BAR)
昼と夜の境界、時の止まるひととき・・・一日の出来事に思いを馳せる時間・・・
母港に戻った船長(キャプテン)が、長い航海に想いを馳せるように・・・
自分自身をリセットする大切な時間を、世界の銘酒と多彩なカクテル、バーテンダーとの会話で彩ってみては・・・
数あるお酒の中から、自分との相性のいい物を見つけたときは至福の瞬間。そのお酒の飲み方にも拘り、自分のスタイルを見つけることもバーでの愉しみ方の一つ。

リストランテマンジャーレ お台場(リストランテマンジャーレ オダイバ)
私たちの目指すレストランは、シンプルに多くのお客様に笑顔になっていただきお客様の大切な方との時間をより素敵なものにすることです。料理は、選びぬかれた素材の味を最大限に活かすために、温度や時間にこだわって調理し、あえてシンプルにアレンジすることで、食材本来のうまみをぐっと引き出します。オープンキッチンだから伝わるライブ感、シェフが届ける最高の料理をゆっくりとお楽しみください。

鉄板焼 銀杏/ホテル日航東京(てっぱんやき いちょう)
やや丸みを帯びた松の一枚板の使用したカウンター、それに合わせ天井などもカーブを描いており曲面を多用したこだわりのある内装。玄昌石を使用した床面や聚楽土の土壁は落ち着いた雰囲気をかもし出しています。日本全国から選りすぐった黒毛和牛を初めとして、鮑や伊勢海老などの新鮮な海の幸も充分に吟味しており、シェフの鮮やかな手さばきとともに愉しんでいただけます。

大志満 お台場店(オオシマ オダイバテン)
石川県の山中温泉で江戸時代から続いてきた旅館を前身とする「大志満」。そこで供された加賀料理は多くの名士たちに愛されてまいりました。中尊寺貫主であり、直木賞作家でもある今東光氏もそんな名士のお一人で、氏がしたためた「大志満」の名には「大きな志を満たす」という私たちの願いが込められています。加賀料理の伝統を大切に、新しい感性を取り入れた美しく美味しいお料理を多くの方に味わっていただこうと、1971年に「ホテルパシフィック東京和食堂 大志満」を開業いたしました。

チャイナグリル マダムシェンロン有明/東京ベイ有明ワシントンホテル(チャイナグリル マダムシェンロンアリアケ)
「マダムシェンロン」・・・食の王道、中華という大舞台でただ単なる高級ではなく、細部に至るまで、手間を掛けた「質・美」を追求し、伝統ある中国料理をニューヨークスタイルで楽しむことができる美食を提供するチャイニーズレストラン。美味しいワインも取り揃え、ご好評頂いております。有明の各駅からすぐ。ゆりかもめ国際展示場正門駅より徒歩6分。ゆりかもめ有明駅より徒歩7分。りんかい線国際展示場駅より徒歩7分。


吉祥寺・西東京



一寿し/吉祥寺第一ホテル(イチズシ)
吉祥寺第一ホテル直営レストラン「一寿し」。板長のこだわりの寿司で皆様に喜びのひとときをご提供します。日本の伝統美が漂う明るい空間は、カウンター席を始め、個室も完備。ご接待やグループでのお食事会、ご家族のお祝いなどにも最適です。またゆとりの空間使いはバリアフリーやお子様連れへの配慮もしっかり。

鉄板焼 むさしの吉祥/吉祥寺第一ホテル(テッパンヤキ ムサシノキッショウ)
吉祥寺第一ホテル直営 の「鉄板焼むさしの吉祥」は、特選“神戸牛”と海の幸、野菜を堪能できる高級鉄板焼レストラン。気軽に鉄板焼をお楽しみ頂けるランチコースから、オプションメニューで自分好みのコースにカスタムできるディナーコース、お祝いプランなど様々なシーンでご利用頂けます。ご接待、ご家族の大切な記念日やお祝い等に最適です。お気軽にお問合せ下さい。

リストランテ 大澤(リストランテ オオサワ)
リストランテ大澤は、室町時代より続く旧家・大澤家の36代目が300坪の敷地に建つ私邸を改築してできた本格イタリアンレストラン。京都の天竜寺をモチーフに作られた庭園では樹齢280年になる白梅が、春夏秋冬、違った豊かな表情を見せます。産地にこだわった絶品レストランを口にしたその日は、特別な一日になること間違いありません。「和」と「洋」が融合された気品高い上質な空間で、本格イタリアンの味の奥行きを噛みしめながら心を癒していただけます。

花懐石 ふる林
1日三組の予約限定の隠れ一軒家のふる林は、静かな住宅街にあります。賑わいの商店街から離れ、茶庭を楽しみながらゆったりとした数寄屋の部屋でお食事を楽しんでいただけます。日本の心を大切に、四季折々の器としつらい。こだわった食材を取り寄せ、おいしい食事、心地よいお部屋と調度類、心のこもったおもてなし、この三つが一体となってお客様を心安らぐ癒しの世界へお誘い致します。

料理 吉祥寺わるつ(リョウリキ チジョウジワルツ)
料理吉祥寺わるつは、遠く武蔵野から新宿副都心の夜景を臨むM-9ビル最上階(2層吹き抜け)にある、床暖房完備の、懐かしいJAZZが漂うラグジュアリーな日本料理店です。和食の隠れ家スペース、心地よい空間にて季節のお料理の数々をお楽しみください。最近は新しいコースやアラカルトも充実しました。

SULLY(シュリー)
JR中央線吉祥寺駅中央口から徒歩4分。吉祥寺中道通りにあるフレンチキッチン。「五感で味わう」をテーマにした美味しい料理とワインとのマリアージュをお楽しみ下さい。建築家・船曳桜子氏によるフレンチ・シックの落ち着いた空間。忙しい日常を忘れ、羽を広げてリラックスした時間をどうぞ。

リストランテMON 東村山店(リストランテモン ヒガシムラヤマテン)
こちらはオーナー、中島武が育った自宅です。白壁の洋館に暖炉、コットンのカーテン…どこか懐かしくほっと心落ち着く場所です。 ここに住んだ中島の母は花をこよなく愛し、特にマーガレットが大好きでした。イタリア語でマーガレットはマルゲリータ。 敷地内は四季の移ろいを感じる数々の草木が、お食事の時間を演出してくれます。日本の旬食材、武蔵野の地元食材をふんだんに使ったここでしか味わえない武蔵野イタリアンを作らせていただきます。

リストランテ プリミ・バチ
都会の喧騒を離れた、東京・吉祥寺、井の頭公園を望む閑静なロケーション。腕を振るうのは、イタリアで腕を磨いた実力派エグゼクティブ・シェフ、宇賀神 崇。「プリミ・バチ」とはイタリア語で“First Kiss”を意味する、かわいらしい店名でありながら、いたずらに新しさを求めるのではなく、伝統的イタリア料理に回帰し、その上で現代に合うライトな料理法や、美しい盛り付けを取り入れた本場のイタリアンを提供しています。

ブラッスリー アミカル(Brasserie Amicale)
パリの街角に佇むようなフレンチ・ブラッスリー。店名のAmicale(アミカル)は『友情のこもった』、『親しみのある』といった意味があります。皆様に温かな料理とサービスで美味しく楽しいひと時を過ごして頂こうと願い名付けました。飾らない美味なフランス料理、豊富に取り揃えたフランスワインをリーズナブルな価格で、グラス1杯、おつまみ1品からお楽しみ頂けます。ビストロとして、ワインバーやカフェとして・・・皆さまのその日・その時のニーズに合わせて気軽にお立ち寄り下さい。


銀座



ヴァンピックル銀座(ヴァンピックルギンザ)
フランス人が炭火焼をつくったら?という発想から生まれた新しいタイプの炭火焼屋。当店自慢の吉田豚や旬の食材をシンプルかつ豪快に炭火焼に! ワインはフランス産のものが中心で、南仏、ボルドー、ブルゴーニュワインなど常時約200種以上を取り揃えています。 また、グラスワインも常時10種類程度ご用意しておりますので、その日、その場の気分でお選び頂けます。気軽にワインと炭火焼をお楽しみください。

クルーズクルーズ ザ ギンザ(クルーズクルーズ THE GINZA)
銀座駅直結、350坪の開放感あふれる店内はルネサンス時代のフィレンツェの貴族邸宅をモチーフにした瀟洒な空間。伝統的イタリアンに和の本質、フレンチの華を取り入れた料理革命といえる華やかな美食。「和」のテイストとは日本発祥といえる「旨み」と「旬の素材を活かしきること」。その全ての旨味を融合させた料理がクルーズクルーズTHE GINZAのスタイルです。

響 boeuf(ヒビキ ブッフ)
最高級素材を使用した鉄板焼。フレンチ・イタリアンのアラカルトも豊富に用意し、枠に囚われず、ゲストに合わせ、和や洋のリクエストにも対応するわがままの利く銀座のプライベートダイニング

バーアンドレストラン ルーツ(Bar&Restaurant Roots)
銀座駅から徒歩1分にある、隠れ家ダイニング&レストランで特別な夜を。カラオケ付VIP個室も完備。ラグジュアリーな大人の合コンや、誕生日パーティー、デートにも大人気。ラグジュアリーな空間で大人の時間を楽しみたい。そんな方にぴったりのBar&Restaurant Roots。ワインに合う、旬の野菜や海の幸たっぷりのフレンチイタリアンを是非どうぞ!

シンガポール・シーフード・リパブリック銀座 /銀座マロニエゲート(シンガポールシーフードリパブリックギンザ ギンザマロニエゲート)
アジアで最もインターナショナルな国「シンガポール」の数あるシーフードレストランの中から、シンガポール政府が自信を持っておすすめする名店がスペシャルチームを組んで日本へ上陸。産地から直接空輸される活きたマッドクラブを使用したシンガポールの名物料理「チリクラブ」をはじめとした数々のシンガポール料理をお届けいたします。国際性豊かなシンガポールならではのアジア各国のおいしさがミックスされた料理の数々を、銀座の街並や東京タワーを一望できる開放的なダイニングでお楽しみください。

過門香 銀座本店(カモンカ ギンザホンテン)
「世紀を越え、国境を越えて、五千年の歴史が誇る中国大陸料理を堪能していただきたい」、それがモダンチャイニーズダイニング「過門香」のコンセプト。 料理はもちろん、茶器や箸、皿も手作りのものを使用するなど、徹底的にこだわっています。


マエストロK’s /銀座三越(まえすとろけいず)
パティシエだからこそのこだわりは、生地に使用される厳選小麦粉や天然酵母・ルヴァンリキッドを使ったオリジナルのピッツァ生地。
ピッツァイオーロが丹精こめて焼き上げる、もちもちとした食感と奥深い味わいの生地と、他にはない具材やソースとの抜群の相性をお楽しみいただけます。


アルケントーレ(AL KENTRE)
洗練された大人の街・銀座、コリドー通り沿いにある「リストランテアルケントーレ」。当店では、銀座の街並みを一望する空間で、“ヴェジス”をテーマにしたお料理をご堪能いただけます。“ヴェジス”とは、英国用法ではvegetarian、米国用法ではvegetableの意。の意味の通り野菜の旨みを余すことなく引き出すことを強く意識しております。野菜の魅力が詰まったヘルシーなお料理を、落ち着いた雰囲気の中ゆっくりとお楽しみくださいませ。

セストセンソ /銀座三越(SESTOSENSO)
レーガン、ブッシュ、クリントン米国大統領就任晩餐会総料理長、マンダリンオリエンタルホテル初代総料理長を経た“山本秀正シェフ”が満を持しての日本初出店!第六感を刺激する「色鮮やかで多彩なアンティパスト」と「旬の素材とクラシックを生かした新発想のパスタ」を存分にお楽しみいただけます。


恵比寿・代官山・中目黒



Casa bianca cafe(カーサ ビアンカ カフェ)
白い家(カーサ=家、ビアンカ=白)という店名にあるとおり、白を基調に黒のアクセントを用い、各所に火と緑の演出を施したスタイリッシュなカフェ レストラン。「オーガニック&ヘルシー」がメニューコンセプト。有機野菜はもちろんのこと、小麦からワインまで食材の産地や鮮度にこだわったカーサ・ビアンカ・カフェならではの味をご提供いたします。また、忙しい毎日、遅めの朝食やランチをゆっくりとお楽しみいただけるように11:30〜16:30 をブランチタイムとし、各種ランチメニューをご用意いたしております。

ル・ジャポン(Le japon)
代官山の高級住宅街、その一角にある【Le japon】。かつてフレンチと和食が融合した本格創作料理の隠れ家的名店「SHIMPEI」で腕を奮っていたシェフの中田耕一郎が、その系統を感じさせる【Le japon】を2011年にオープン。フレンチと和食両方の修行を積み、その技術を活かした新しいフュージョン料理を提供しております。

代官山ラブレー(だいかんやまらぶれー)
代官山駅より徒歩3分、恵比寿駅からも5分という好立地。住宅街を一本裏手に入ると、南仏を思わせる花々がアプローチからテラスに至るまで所狭しと咲き乱れています。

アーティーショー(Artichaut)
ミシュラン ピブグルマン取得。恵比寿と広尾の中間に位置する”Artishaut(アーティーショー)”。店名由来は、シェフのフランスでの下積み修行時代に、仕込み中、ひたすら皮をむいていた野菜“アーティチョーク”から。ゆったりとした店内で、厳選素材を最大限に引き出したお料理をお楽しみください。

ラ ターブル ドゥ ジョエル・ロブション(LA TABLE de Joel Robuchon)
ロブション氏のモダンフレンチを、コースとアラカルトでカジュアルに提供します。料理もサービスもお客様に心地よさを感じていただくことをモットーに、少人数から大人数のパーティーやウエディングまでご利用いただけるレストランです。フランスの伝統色であるパープルのイメージで統一された店内は、上品で開放的な雰囲気に満ちています。裏庭の素敵なガーデンテラスでもお食事をお楽しみいただけます。

アマーリエ(cafe bar amalie)
目黒駅東口近くにある「アマーリエ」。女性の方でもお一人で気軽にお越しいただけるお店をモットーに、季節の旬の果物を使ったカクテルやハーフサイズの料理もご用意しております。カフェバーと謳っておりますが、ドリンクだけではなく、フードにもこだわっております。特製ローストビーフなど、ボリュームたっぷりのお肉メニューが人気です。気軽にカクテルを1杯、からしっかりとしたお食事まで、その日の気分でご利用いただけます。

鉄板Diner JAKEN 恵比寿店(テッパンダイナージャケン エビステン)
瀬戸内産の魚介類や最高級の黒毛和牛等をご提供する恵比寿・代官山の隠れ家鉄板焼き店「鉄板Diner JAKEN 恵比寿店」。広島出身のオーナーが独自の仕入れルートで入荷する瀬戸内産の新鮮な魚介類を始め、低脂肪でコクのある高級地鶏の阿波尾鶏、最高級のA5黒毛和牛などの食材を使用。また、美味しい食材を更に美味しくし、ヘルシーな「食べ方」も提案するなど新しい食の楽しみを提ご案します。

Q.E.D. CLUB(QED CLUB / キューイーディークラブ)
数学の証明でも使われるQ.E.Dとはラテン語で「以上、証明終わり。これ以上最高のものはない。」を意味します。
この3文字のアルファベットには、常にお客様へ最高のおもてなしをする場所でありたいというポリシーが込められています。1,100坪の広大な敷地とヨーロッパの洋館を思わせる重厚なクラブハウス。最高のサービスと料理で皆様方のオアシスになりたいとQ.E.D.CLUBは考えています。

サリーヴ(サリーヴ)
「サリーヴ」は、非日常を演出する渋谷のフレンチレストラン「ロアラブッシュ」が提案する“普段着スタイル”のお店です。世界のワインや食とのときめく出会いを楽しむために、カジュアルかつリラックスできる空間づくりにこだわりました。


渋谷・原宿



Dining Restaurant ENGAWA(ダイニングレストラン エンガワ)
「渋谷の街に大人の楽しめるスタイリッシュでハイセンスな和食ダイニングを」というテーマのもと、渋谷・宇田川の地に店を構えました。玄関よりも縁側からお客様を招くような、開放感、親近感のある存在になりたい。人の「縁」の側にあって、多くの「縁」が集まる場所にしたい。多くの「縁」が「縁」を繋ぎ、そこには多くの「賀(いわい)」がきっと生まれる。そんな思いでお店を「ENGAWA」(縁賀和)と名付けました。

Mr.ズーガンズー(ミスターズーガンズー)
日本でも数少ないオーストラリア、ニュージーランドワインの専門店。お魚は石川県金沢港の漁師さん重複水産からの直送、野菜は農家直送野菜や、その日市場で仕入れた野菜ソムリエ厳選の旬の野菜を使った物もご用意しております。もちろんオーストラリアの食材のラム、ワニ、カンガルー、ダチョウもご用意しております。店内は土壁で覆われ落ち着いた雰囲気。2名〜6名様でご利用頂ける個室もございます。


Oysterbar&Wine BELON 渋谷(Oysterbar&Wine BELON)
プチビストロ風な落ち着いた雰囲気の店内で、全国より直送された新鮮な生牡蠣を味わえます。今や生牡蠣は一年中安全に食べられるものです。海水がきれいで温度が低い海域や技術の進歩で一年中おいしい牡蠣があります。全て産地直送で安全で鮮度の良い牡蠣をご提供しております。生牡蠣は常時7〜10種類、牡蠣料理も豊富にご用意しております。それぞれ違う味わいの牡蠣に合わせることができるよう、ワインも70種類揃えております。その他、手づくりのイタリアンでお楽しみください。

トゥッカーノ渋谷店
渋谷Bunkamura向かいの地下1階。サッカー選手や数々の著名人のサインプレートが飾られたエントランスを抜けると、そこには本場ブラジルのシュラスケリアが広がります。シュラスコとは、ブラジルのカウボーイ“ガウショ”のバーベキューが起源。フォーゴジションと呼ばれる“大地の火”で豪快に焼かれたジューシーなお肉や珍しいブラジル料理、サラダ、デザートをビュッフェスタイルでおなかいっぱいお召しあがりください。ボサノバライブは毎日開催。サンバショーは毎週水曜日、木曜日に定期開催しております。

春秋 文化村通り(しゅんじゅう ぶんかむらどおり)
「気取らず本物を出し続けたい 旬の味をシンプルな技法で」その日一番美味しいものを市場で選び、海の幸と山の幸との最高の出会いを追求。ご来店のたびに新鮮な驚きと楽しみに出会っていただけるよう努めてまいります。契約農家直送の農園野菜や日替わりの日本酒セレクト、世界のワインはもちろん、50種類を越える焼酎のラインナップも自慢です。

数寄屋 金田中/セルリアンタワー東急ホテル(すきや かねたなか)
数寄屋 金田中は、セルリアンタワー東急ホテルの地下二階、奥まった処に在ります。つくりはその名の通りの数寄屋づくり、三十畳の広間と六畳中板の茶室です。一日、夜はひと客、昼はふた客、贅を尽くした店開きでお客様をお迎えします。大切なお客様をお迎えする特別な場としてお使いください。

アロッサ 渋谷店(Arossa shibuya)
お店の外観はレンガ造りになっています。階段を数段下りると、1階は一枚板のカウンター席、2階へ上がるとテーブル席になっております。店内はアボリジニのアート作品が飾られ、ローソクの明かりがとても落ち着きのある雰囲気を醸し出しています。松涛という閑静な高級住宅街の入り口に位置する為、大人が楽しむための落ち着いたロケーションです。入り口に飾る花は季節が感じられるよう、数週間に一度植え替えをし、店内の入り口と化粧室には西オーストラリアの植物を使ったセミドライフラワーが飾られています。

ア ビエント/渋谷エクセルホテル東急
ホテル最上階、地上100mの絶景を臨むフレンチダイニング。渋谷駅に直結するロケーションながら、ひとたび足を踏み入れると、落ち着きがありリラックスできる空間が広がります。お料理は、旬素材の持ち味を生かしたヘルシーで美しい本格フレンチをどうぞ。肩肘張らず、気軽にお過ごしいただける天空のオアシスです。


上野・浅草・押上・東陽町



ラ・ソラシド フードリレーションレストラン/東京ソラマチ31F(ラ ソラシド フードリレーションレストラン トウキョウソラマチ 31F)
山形県屈指の自然派レストラン「アル・ケッチァーノ」の奥田政行氏と「Food Relation Network」プロジェクトが実践の場として展開するリストランテ。 日本の優れた食材を生産者の想いと共にひと皿ごとに表現していきます。 ランチは野菜をふんだんに食べていただくビュッフェスタイル、ディナーは“日本”を感じて頂けるコースをご用意し、東京スカイツリー(R)を一望できる最上階でお楽しみ頂きます。


ブラスリー ハーモニー/ホテル イースト21東京(ブラスリー ハーモニー)
ホテルイースト21東京は19世紀のヨーロピアンクラシックを基調としたエレガントなホテル。館内の至る所に絵画や美術品が並び、まるで美術館のような趣き。レストラン&バーも豊富で全てホテルならではの上質で豊かな味わい。ブラスリーハーモニーはフランス料理を主としたコンチネンタル料理レストラン。経験豊かなシェフが作る至高のコース料理の他、週末にはブッフェを開催。記念日のお食事からビジネスの集いまで様々なシーンでご利用いただけます。

日本料理 さくら/第一ホテル両国
国技館、江戸東京博物館をはじめ、旧安田庭園や隅田川など日本の伝統文化と美しい自然が現代にとけあう街両国に建つ第一ホテル両国。日本料理「さくら」はその25階にあり、24名様までご利用可能な個室からは、約1.8キロ先に世界一の東京スカイツイリー(R)や東京湾、反対側のホール席からは東京タワーや都心の街並みを望むことができます。旬の材料を活かした会席料理やお気軽にご利用いただけるご膳など、ご利用の機会に合わせた幅広いメニューをご用意してご来店をお待ち申し上げております。

レストランアラスカ 吾妻橋店(レストランアラスカ アヅマバシテン)
創業85年を迎える老舗洋食レストラン「アラスカ」。古き良き時代を伝えながらも、新しい文化を吸収していく浅草。その中でも、個性的なオブジェがひときわ目を引くアサヒグループ本社ビル21階に吾妻橋店は位置します。隅田川や浅草の街並みを一望できるすばらしいロケーション、静かで落ち着きのある空間。シェフが季節ごとに吟味した食材を真心込めて調理しお客様をおもてなし致します。

歌留多/浅草ビューホテル(かるた)
街の喧騒を忘れさせる落ち着きと、静けさに満ちた日本料理「歌留多」。日本庭園を眺めながら、本格的な日本料理の数々をお楽しみください。また個室もご用意いたしております。

食幹 ソラマチ店/東京ソラマチ30F(ショッカン ソラマチテン トウキョウソラマチ30F)
2007年にオープンするやいなや、口コミで瞬く間に評判を獲得。現在も東京の和食シーンを牽引する人気店として君臨する「食幹」が、ソラマチ30階に出店。東京一と言われる壮大な一枚板のカウンターを備えた独自のカウンター割烹スタイルは、ソラマチ店でも健在。迫力あるフルオープンキッチンから生み出されるのは、確かな技術を基盤に下町のエッセンスを取り入れたオリジナリティ溢れる“新・東京和食”。昔ながらの東京の町並みを一望できる絶景のロケーションを引き連れて、未体験の和食の世界へと誘います。

Trattoria Piccole Lampare(トラットリア ピッコレ・ランパーレ)
「piccole lampare」という名前は、piccole(小さな)lampare(集魚灯)を意味しています。東京スカイツリー(R)(大きな集魚灯と例え)の麓で、小さな集魚灯(piccole lampare)として、『気軽に人が集まっていただける、心温まる灯をともしていきたい。』と思いこの名前を付けました。食材に合わせた心温まるお料理を南イタリア料理でご賞味していただきます。

桜なべ 中江(サクラナベ ナカエ)
創業明治三十八年。百年続く明治の味、東京の郷土料理「桜鍋」の味を守り続けております。桜肉とは馬肉の別名です。一般的には刺身(馬刺し)で食べられることが多く、九州地方、東北地方や長野県で好まれています。数多くの食通をとりこにしてきた当店の桜肉。「フワッと柔らかくクセのない馬肉」と「口に入れて実感するさっぱりと味付けた割り下」は、創業当時から特にこだわり抜いており、今でも変わらぬ味を提供し続けています。

江戸匠苑(エドショウエン)
旨い処、此処にあり。厳選された最高級神戸牛をリーズナブルな価格で提供する店です。神戸ビーフは、サシ(脂肪分)が人肌で溶けるほど融点が低いのが特徴です。きめ細かく上品な甘みのある赤身が、脂肪の風味・香りと溶け合い、肉本来の美味しさを味わうことができます。店内は最新の無煙ロースターを完備、上品で落ち着く和空間の中、東京スカイツリー(R)を見上げながら本格的な神戸牛炭火焼肉をご堪能ください。


新橋・汐留・竹芝



おまかせ会席 銀座/ホテルアジュール竹芝(おまかせかいせき ぎんざ)
わがままに愉しむのが銀座の作法
格調高い掘り炬燵式の個室でゆったりと会話を楽しみながら、一品一品の奥深い味わいに舌鼓を打つ。大切なお客様のご接待やご結納、記念日のお祝いなど、心に残るシーンを演出するために、「銀座」の夜営業は個室のみで、前日までの完全予約制となりました。

美寿思(みすじ)
安政二年、江戸 木挽町に「美寿志」として創業。「美味な寿司を、美しく盛り付ける。それを、末長くお客様に供することを志す」。初代の寿司への気持ちはいささかもかわることなく、脈々と受け継がれています。古き佳き江戸前の技と心意気。新鮮な近海ものだけにこだわる素材選び。新しい時代にふさわしい味とスタイル。寿司への「志」をお客さまへの「思い」にかえて、新しい「美寿思」の誕生です。お気軽なランチコースから接待でもご利用いただける会席コースまで幅広くご対応できます。



おまかせ料理 滴屋(シズクヤ)
和食一筋30年の板長・坂西が、蓄えてきた知識と技術の限りを尽くして、週替わりお通しの「御献立」を組み立てています。当館は豪勢な食材を使った派手な料理の観光料理屋ではございません。目指すは第二の我が家。あくまで身近だけども常に旬を意識した食材に職人の技を持って精を吹き込みます。ほっとするお出汁の香り、ほっこり炊けたお旬野菜の旨味。そんなものを季節の日本酒と共に楽しんでいただきたく存じ上げます。


パリアッチョ ドゥエ(pagliaccio due)
オフィス街の合間に、そっと佇む隠れ家的トラットリア。食材にこだわる当店のシェフは、厳選した旬の食材を築地から仕入れ、その季節ならではのイタリアンをみなさまにご提案いたします。またお料理に合うソムリエおすすめのイタリアワインもご用意しております。イタリアワインを片手に旬の味わいを楽しむカジュアルなパーティーや、大切な人と本格的なイタリア料理をフルコースで楽しむディナーなど、自由なスタイルでお過ごしいただけます。

コラージュ/コンラッド東京(COLLAGE/CONRAD TOKYO)
フレンチをベースにさまざまな国の技法を取り入れた新スタイルのモダンフレンチレストラン『Collage(コラージュ)』。2013年8月にオープンして以来、2年連続でミシュラン1ツ星を獲得。さまざまな種類、性質やパターンの素材を切り貼りし組み合わせることで作り出され、時には特殊効果を生み出すアート「コラージュ」を由来とする店名に表されるように、シェフの国際色豊かな経験と新しい調理技法を取り入れて創造される、繊細で洗練されたお料理を、エレガントな空間でお楽しみいただきます。

明石/第一ホテル東京(あかし)
熟練の技と心温まるもてなしが織り成す日本料理。築地から仕入れる魚と四季折々の味わいとくつろぎの和空間。見た目も楽しませてくれる洗練された会席・一品料理をご堪能いただけます。


新宿・代々木



かがり/京王プラザホテル
有機栽培の朝採れ野菜、産地直送の地魚。料理長自ら産地へ出向き、素材を厳選。ここから生まれる、素朴な中にも気品漂う逸品料理。スタイリッシュな店内でお楽しみください。


セラーバー/リーガロイヤルホテル東京(セラーバー)
インテリア、調度品などをすべて英国風でまとめ、シックな薫りに包まれた本格的なバー。ウイスキーや季節ごとのオリジナルカクテルの他、シガーも種類豊富に取り揃えております。ホテルのシェフが腕をふるうお料理や、パティシエによるチョコレートなど、お飲物に合わせて幅広くご用意しております。

代々木VILLAGE MUSIC BAR(ヨヨギヴィレッジ ミュージックバー)
新宿や渋谷から電車、車で数分の場所に位置する「代々木VILLAGE」。小林武史、片山正通、大沢伸一、西畠清順らトップクリエイター達が600坪の空間に“想いとこだわり”を閉じ込めた都会のランドスケープの「庭園」を抜けた奥にある、空間・音楽・お酒・お食事すべてがハイエンドなBAR。最高峰サウンドシステム&世界の名盤から最新チューンまで厳選された約6,000枚のアナログレコードライブラリー。常駐のミュージックセレクターが最高の音楽をお届けする中、本格カクテル、ワイン、お食事をお楽しみ下さい。

Bistro COLORIS(ビストロ コロリス)
新宿の小滝橋通りの裏手に「隠れ家的ビストロ」がひっそりとあります。アーチのあるエントランスを通り、ドアを開けるとそこはまるで童話の中に迷い込んだかのような店内。厳選したワインと料理のマリアージュを堪能したり、人なつこいスタッフと会話を楽しんだり、お客様と一緒に食事だけでなく、その時々のシチュエーションによって普段使いとしても、特別な日にも、様々なシーンに合わせて素敵なお時間を過ごして頂きたいと思っております。

和風ダイニング&バー FUGA(風雅)/新宿プリンスホテル25F(ワフウダイニングアンドバーフウガ)
新宿プリンスホテルの最上階(25階)地上約90mから東京の煌めく夜景を一望。「ダイニングエリア」と「バーエリア」の2つからなり、またカップルのための2組限定「プレミアムペアシート」、5名さま〜10名さまでご利用可能な「個室」も備えるなど、様々なシーンでのご利用が可能です。料理長特製の和を基本とした斬新な創作料理を世界の美酒とともにお楽しみいただけます。

新宿 京懐石 柿傳(しんじゅく きょうかいせき かきでん)
日本文化の良さを伝える新宿の柿傳。茶の湯文化とともに、本格的な茶懐石の味をお伝えしようと、東京・新宿に柿傳が誕生して四十余年になります。

店名の“柿傳”の文字は、ノーベル文学賞受賞作家・川端康成氏の直筆です。店内は、東宮御所・迎賓館日本間・帝国劇場などを手掛けられた、谷口吉郎博士の設計によるものです。凛とした、日本の茶室建築の良さを、ご満喫いただきながらの茶懐石は、十二分にご満足していただけることと存じます。

京懐石 みのきち 新宿住友店(キョウカイセキ ミノキチ シンジュクスミトモテン)
享保元年 三条河原で腰掛茶屋を開いた京都の老舗「美濃吉」。その東京本店が自亭「みのきち」です。旬の食材を使用した本格的な京懐石を季節に合わせてご準備させていただきます。京都ならではの食材や伝統的な調理法を用いて作られる京懐石は五感でも楽しんでいただけます。超高層にある唯一の本格的料亭で、数奇屋造りの全席完全個室のお座敷から眺望がご覧いただけます。2名様から60名様まで色々なタイプのお部屋で椅子・テーブル席、掘りごたつがございます。

音音 新宿センタービル店(オトオト シンジュクセンタービルテン)
新宿駅から徒歩5分。高層ホテル群のある新宿は、各地からのお客様のアクセスにも抜群です。店内は掘りごたつ席や、ソファー席、椅子席のプライベート空間で、ごゆっくりおくつろぎ頂ける為、落ち着いた大人の会食や、接待、お顔合わせや、ご結納など大切なお集まりにも最適です。料理長が自らの目で見て厳選した食材を使用し、作り出す料理は日本の四季を感じさせます。 お料理に合う日本酒や女性に人気の果実梅酒も取り揃えております。


神楽坂・飯田橋・四ツ谷



ルヴェソンヴェール本郷(ルヴェソンヴェールホンゴウ)
昔はお屋敷町。そして文豪が多く住んだといわれる歴史のある街に包まれ、ひっそりとたたずむ、小さなホテルの1階にある隠れ家的レストランです。落ち着いた空間の中で、手間を惜しまず、基本に忠実に、しかしながら現代的なテイストを持ったフランス料理をお楽しみください。

Enoteca Frutteria Stagione Fruttificare(エノテカ フルッテリア スタジオーネ フルッティフィカーレ)
神楽坂上の路地裏にひっそりと佇む小さなかわいらしい一軒家。スタジオーネ・フルッティフィカーレは、フルーツを使った優しい味わいが特徴の本格イタリアンレストランです。目で見て、味わってお楽しみください。心安らぐ落ち着いた雰囲気の店内で、心身ともに癒される充足のひと時をどうぞ。

日本料理 いちがや/アルカディア市ヶ谷(私学会館)(ニホンリョウリ イチガヤ アルカディアイチガヤ シガクカイカン)
JR・地下鉄4線が乗り入れる市ヶ谷駅から徒歩2分、桜並木に隣接したアーバンオアシス「アルカディア市ヶ谷」。2階レストランフロアに位置する「日本料理いちがや」では、落ち着いた雰囲気の中、旬の素材を贅沢に使ったこだわりの日本料理をお楽しみいただけます。お客様の目の前で板前が腕を振るう、寿司カウンターもご用意。季節の会席料理からお寿司まで、幅広いメニューをご用意してお待ちしております。

神楽坂 久露葉亭(かぐらざか くろばてい)
情緒あふれる歴史の街、神楽坂。古き良き時代の面影を今なお残す元料亭の店内で味わう和食の粋。四季折々の食材を職人が手間ひま惜しまず丁寧に仕上げる繊細な懐石がお楽しみ頂けます。様々な場面にお使い頂ける大小個室を8部屋完備。4名様から48名様まで幅広い人数様に対応させて頂きます。

Au 13 juLLiet(オートレーズジュイエ)
2011年10月に神楽坂にOPEN。都営大江戸線・牛込神楽坂駅のA3出口から徒歩2分。心をこめたおもてなしの為に、一日10食限定としています。ご予約のお客様限定にすることにより、無駄なコストを省き、その分をお料理に還元させていただいていますため、本格的なお料理をリーズナブルにお楽しみ頂けるようにしています。


鉄板焼 grow 後楽園店(テッパンヤキ グロウ)
後楽園・春日に位置するワインとお肉を楽しむカジュアルな鉄板焼きレストランgrow。従来のA5ランク=最高級という概念を捨てた鉄板焼きをご堪能いただけます。お肉の美味しさは脂とお肉のバランスです!バランスにこだわり、A4ランクの中でも厳選したお肉を知り合いの牧場から直送しています。本当においしいお肉を楽しんでください。

今彩(こんさい)
神楽坂にある隠れ家的レストラン【今彩】は、和食とフランス料理が融合されたユニークで個性的な料理が愉しめる。その店名には「今と言う時間を彩る」「根菜」「彩った美味しい野菜」といった様々な意味が込められているそう。契約農家から仕入れた地野菜を使用した料理が、野菜本来の味が堪能でき、かつ健康的であるとのことで人気を呼んでいる。

レストランアラスカ パレスサイド店
皇居の緑を一望するロケーションを誇るパレスサイド店は、大都会を感じさせない落ち着いた空間で、優雅なひとときを演出。あわせて美しく眩い東京の夜景もお楽しみいただけます。そして最高の雰囲気にふさわしい豪華なディナー。シェフが腕によりをかけて、おもてなしいたします。100名様収容のメインダイニングの他、大小5つのスペース、カウンター席も用意。様々なご要望にお応えいたします。


神田・御茶ノ水・水道橋



GRILL & BAR 流/庭のホテル(グリル アンド バー リュウ)
2009年5月に開業した「庭のホテル 東京」のメインダイニング。ホテルの中庭を流れる水と、フランス語で場所を意味する「Lieu」から名付けられました。駅から徒歩3分の場所にありながら、駅前の喧騒とは無縁な緑溢れる静かな空間は、まさに大人の隠れ家。カジュアルフレンチをワインと共にお楽しみ下さい。

BISTROばんごはん(ビストロバンゴハン)
『ばんごはん』の店名は、フランス語から「Vin(ワイン)+ごはん」と「晩ごはん」の2つの意味を込めました。テーブルワインと気軽なフレンチで肩ひじ張らずにお寛ぎ頂けましたら幸いです。深夜まで営業していますので、一日の終わりに是非、お気軽にお立ち寄りください。

PIZZERIA BAR LA STAGIONE(ピッツェリア バール ラ スタジオーネ)
石窯ナポリピッツァと本格イタリアン料理。イタリアワインを片手に…。「PIZZERIA BAR LA STAGIONE」は、1階にはフラッと立ち寄れるカウンター席のイタリアンバール、2階には落ち着いた内装のピッツェリア、と2つの顔を持つ店舗です。そのときのシチュエーションで1階でも2階でもお楽しみいただけます。こだわりのピッツァは毎朝生地から仕込み、丸1日以上かけて熟成。もちもちの食感が自慢のナポリピッツァです。旬の素材にこだわった本格イタリア料理など、おすすめが盛りだくさんです。

日本料理 縁/庭のホテル(にほんりょうり ゆくり)
美しい和のホテル「庭のホテル 東京」は2009年に開業しました。日本料理 縁(ゆくり)はホテルを象徴する本格懐石料理のレストランです。縁(ゆくり)とは古語で「人の縁」を意味します。人と人とが出会い、縁を結び、ゆっくりと寛いでいただきたいという願いを込めて名付けました。個室もあり、ビジネスでのご利用はもちろんのこと、慶事や法宴などに広くご利用いただけます。大きな窓に広がる中庭の景色をお楽しみいただきながら、産地直送の魚介など厳選された素材で作られた四季折々の懐石料理をご堪能ください。

春風萬里/東京ドームホテル直営店(しゅんぷうばんり)
オープンキッチンのカウンター、東京ドームを一望出来る半個室、大小の宴会場など142席からなる安らぎの空間は様々なシーンに対応します。食材にこだわったお料理を都心の夜景に浮かんだゆったりとした空間でごゆっくりご堪能下さい。
店舗の名前は中国の詩人、李白の漢詩にある言葉で、陶芸家でもあり美食家でもある北大路魯山人が好んでいた言葉。店内を一歩くぐれば、陶器(笠間焼き)が埋め込まれた土壁、石畳のエントランスには大きな生け花がお客様をお迎えします。

銀座 鹿鳴春 秋葉原UDX店(ギンザ ロクメイシュン アキハバラユーディーエックステン)
「銀座 鹿鳴春」〜素材本来の味と食感を引き出す「医食同源」本格中華〜銀座フカヒレ専門店「鹿鳴春」が手がける広東料理店。 お手頃価格ので人気の「フカヒレ姿煮ランチ」から、点心をはじめ本格中華料理のコース料理も充実しております。個室もございますので、ご接待などにもご利用いただけます。ゆっくりとお寛ぎくださいませ。


アーティスト カフェ/東京ドームホテル43F(The artist’s cafe)
進化し続けているアーバンリゾート、東京ドームシティ内のホテル最上階に位置するアーティスト カフェ。料理、音楽、眺望、サービス全てがシンクロナイズされた独自の愉しい空間。働いているスタッフ全員がアーティストとしてお客様をおもてなし致します。

割烹 三福(カッポウ サンプク)
三福は昭和二年創業、商談や接待等、重要なお仕事の場で数多くのお客様にご利用いただいている老舗割烹店です。ふぐ・かに等の新鮮な海の幸と四季折々の旬の素材を使った懐石には定評があり、何度もお使い下さる法人様も多くいらっしゃいます。また、利酒師の資格を持つ女将自ら厳選した、他では手に入りにくい地酒や焼酎も出来る限り取り揃えておりますので、本場の味をご存じの方、味に煩い食通・酒通の方も必ずご満足いただけるものと存じます。ご所望の魚もご用意できますので、何なりとお申し付け下さいませ。

ラレンツァ L’Alleanza(ラレンツァ)
「ラレンツァ L’Alleanza」は、開店10周年を迎えた神楽坂のフレンチレストラン ラリアンスによる新しいイタリア料理店です。都心にありながらも、その由緒と伝統を永く守り続ける街 神田末広町に、長い人生をより楽しくしてくれるライフパートナーズレストランをコンセプトに掲げ、2013年9月にオープンいたしました。神楽坂ラリアンス総料理長 鈴木剛志をシェフに迎え、体が自然に求める優しく楽しい料理、ラリアンスの提案する新感覚イタリアンをお愉しみくださいませ。


西麻布・麻布十番



コントワール ミサゴ
コントワール ミサゴは、四季折々の食材をふんだんに使用したフレンチレストラン。私どものご提供するお料理で、お客様に食材を通し季節を感じて頂きたいと願っている。春は山菜採り、夏は海へ釣りに、秋は山へキノコ狩り、冬は真鴨網捕り猟など、季節の食材をふんだんに取り揃えている。お客様に最高の食材・お料理をご提供できるよう、日本全国を旅して食べて、飲んで、 旨い食材を探している。「コントワール ミサゴ」はフランス料理のテクニックを使った「旨いモノ屋」です。

霞庭まつばら(カスミテイマツバラ)
手練れな人々が集う西麻布。六本木という華やかな都会に隣接する場所でありながら、大人の街という雰囲気の西麻布霞町。そこに2010年9月に「霞庭まつばら」はオープンしました。都会の喧騒から離れた落ち着いた店内で、旬の素材にこだわった季節感のある和食がお楽しみいただけます。「旬の食材を最高の調理法」により皆様にご提供できる事に感謝し、大切にしております。

One Garden 西麻布店(ワンガーデン ニシアザブテン)
六本木ヒルズから徒歩5分、西麻布交差点から徒歩30秒、大人の街、西麻布の本格和食店。ご利用シーンに合わせて使い分け出来るゆとりの寛ぎ空間と四季折々の表情を散りばめた空間演出が自慢です。産直(鮮魚、黒豚、地鶏、和牛、有機野菜、特製コラーゲン等)素材の良さを活かした本格和食と豊富な美酒の数々で、心を込めたサービスと共に皆様をおもてなしいたします。

ビストロ・ド・ラ・シテ(ビストロ ド ラシテ)
フランス料理と言えば堅苦しい店をイメージされる方が多いと思いますが、ビストロ・ド・ラシテは、ビストロの古き良さも残し、又、新しさもお楽しみ戴けます。当店では、 季節感のある家庭的な雰囲気を大事にしています。フランス料理といえば堅苦しい店をイメージされる方が多いと思いますが、気取りのないこんな店もいかがですか。

コット(Cot)
〜あなたの“おかかえシェフ”を持ちませんか?〜 西麻布交差点近く外苑西通りにある隠れ家的レストラン「Cot」。フレンチとイタリアンで研鑚を積んできたオーナーシェフ紫原が繰り広げる料理は基本を忠実ながら、○○料理と一言では言い表せないゲストを喜ばすオリジナリティ溢れる一皿を出すことも。美味しさとちょっとした驚きを堪能したい、そんな想いをお持ちの方は是非一度足をお運びください。

HOUSE(ハウス)
西麻布にある「HOUSE」は、世界の名だたるシェフたちが愛用するフランス製鋳物鍋「STAUB(ストウブ)」を使用したココット料理が楽しめるネオビストロ。コンセプトは、“料理人の素材へのこだわり”と、“その素材の持ち味や旨みを最大限に活かす調理法(STAUB)によるオリジナル料理の提案”。ココット料理の素朴な味わいをお楽しみください。

やき肉 かのや(ヤキニク カノヤ)
国産黒毛和牛A5ランクのみ使用のこだわり。店内は個室もあり、落ち着いた雰囲気。西麻布の隠れ家的焼肉店で極上の黒毛和牛をご堪能くださいませ。

モロッコ料理・地中海料理 ルマグレブ シャンデリア
大使館御用達のモロッコ人オーナーシェフによる本格的なモロッコ・地中海料理専門店「ルマグレブ シャンデリア」が西麻布交差点すぐにオープンしました!エキゾチックな雰囲気の中、地鶏とじゃがいものチキンタジンや野菜たっぷりクスクスなどモロッコのご家庭で楽しめる気軽な家庭料理から大切なお客様をご招待するおもてなし料理まで、旬な食材とモロッコ独特のスパイス使いで滋味にあふれた本場の味をお楽しみください。毎週金曜日にはアラビアンなベリーダンスショーも開催しています!

麻布 春秋(アザブ シュンジュウ)
料理スタッフ自ら頻繁に各地を訪ね歩いて食材を探し求め、生産者とのつながりの中で手に入る極上の素材。今おいしい「旬」の素材を意識したラインアップを心掛け、その日入荷する厳選素材を春秋らしく調理してご提案致します。季節のお料理にあわせるお飲物は、ワインセーバーシステムによる高品質のバイザグラスワインを始め、厳選した日本酒もハーフサイズでもお楽しみいただけます。その他、ソフトドリンクや洋酒など豊富に取り揃えております。


青山・表参道



リストランテ ケン ヴェンティクワトロ
四季折々の季節と気候、良質の土壌と水、そして生産者の丹精が生み出した最良の食材だけを厳選、その食材が持つ味覚・食感・鮮度の頂点ともいうべき“瞬間”を、総料理長・宮川健一が独自の感性と熟練の技で恍惚たるイタリアンへと昇華します。人が身体中で美味しいと感じ、深い余韻と満足感に包まれる豊かな「食」の世界がここから始まります。

Lounge UncleHat(ラウンジ アンクルハット)
表参道スパイラルビル最上階に位置する、フランス料理 レストランラマージュの姉妹店 アンクルハット。青山エリアが一望できる大人のためのバーラウンジです。吹き抜けのサロンをはじめ、カウンターバーや個室、バンケットルームなど、プライベートからビジネス、パーティーなど様々なメンバーやシチュエーションに合わせてご利用いただけます。

ル・カフェ・ベルトレ(Le Cafe BERTHOLLET)
「ParisのモダンなCafe」をコンセプトにした、スタイリッシュでクォリティーの高い大人の為のCafeです。フランスのカフェのようなメニューとフランス帰りのシェフがこだわりの食材を使いカジュアルな料理から、しっかりとした一品料理まで幅広く提供しております。自分なりの使い方で楽しい時間をお過ごし下さい。

キハチ 青山本店(KIHACHI あおやま ほんてん)
青山本店のコンセプトは「BY THE KITCHEN(バイ ザ キッチン)」。 1987年よりキハチは、産地に出向く、素材を生かす、ジャンルを超える、誰をも真似ないことを大切にしてきました。 この自由な発想やアイデアは、全てキッチンから生まれました。私たちの原点であるキッチンを更に進化させたお店をオープンします。臨場感と躍動感。 いつまでも見ていたくなる、料理が生まれる瞬間をすぐ側で眺めるひとときは明日誰かに話したくなる小さな発見であふれています。

フェリチタ
表参道駅から徒歩2分、閑静な住宅街の中に佇むイタリアンレストランフェリチタ。洗練された調度品と静かな空間の中で至福のひとときをお楽しみください。季節に合わせた新鮮な素材をシンプルに調理し、アレンジしながらも伝統的なイタリア料理を追及しています。ゆったりとしたスペースの中、心地よいサービスで皆様をお迎えいたします。選りすぐりの200種3000本のイタリア産ワインや希少なグラッパを多数ご用意してお待ちしております。


アントニオ 南青山本店
日本におけるイタリアンのパイオニア、アントニオ・カンチェーミはムッソリーニの料理学校を主席で卒業した後、イタリア海軍の指揮官付きコック長として同盟国である日本にくることとなりました。運命のイタズラによって1944年、日本に初めての本格的なイタリア料理を紹介することになりました。いつの時代もおいしさを追及し、アントニオの料理は進化しつづけています。ベストセラーよりロングセラーをモットーに2代目ジャーコモのもと、3代目アントニオ、妹のテレサとともにカンチェーミファミリーで守り続けている伝統の味をお楽しみくだ

セントベーネ(Sento Bene)
「予約が取れない料理教室」で有名な加藤政行シェフが外苑前にオープンしたイタリアンレストラン「Sento Bene」。ライ麦やそば粉からパスタマシーンを使わず手作業で仕上げた『手打ちパスタ』の数々、生クリームを使わず卵をたっぷり使った『カルボナーラ』、一品一品グリルで焼き上げる名物の『ラザニア』、そして、野菜は有機野菜が中心です。加藤シェフが織り成すローマ風イタリア家庭料理をご堪能ください。フォカッチャ、ドライトマトのパン、グリッシーニなども全て手作りで、他所では食べられないメニューです。

シェ松尾 青山サロン
オーナーシェフ松尾幸造が、ヨーロッパ留学を経て、渋谷区松濤にハウスレストランをオープンして以来20余年。格調高い高級レストランの代名詞として、皇族をはじめ各国元首、大使等世界のVIPに愛されているレストラン、シェ松尾。ヨーロッパの格式ある社交空間を提供するべく、1995年にオープンした「青山サロン」では国内外のVIPから長きに渡って愛されてきた極上の料理と、おもてなしの心伝わる一級のサービスで皆様をお迎えいたします。


赤坂・半蔵門・溜池山王・虎ノ門



ラ・ベル・エポック/ホテルオークラ東京
1973年のオープン以来、一般にはまだ縁遠かった本場フランスの著名シェフを招聘し「ガストロノミックフェア」を開催するなど、日本におけるフランス料理の普及に寄与してきたレストランです。フランス料理の父、オーギュスト・エスコフィエが確立した伝統的なフランス料理の流れを汲み、ホテルオークラ初代総料理長の故・小野正吉が頑なに守り通した手法に、斬新な発想、新しい技法を取り入れることで、モダンかつ正統派のフランス料理をご提供します。

大観苑(Taikan-en)/ホテルニューオータニ(タイカンエン)
1964年の開店以来多くの美食家に愛されてきた本格上海料理レストラン。黒を基調に洗練を極めた店内で、全面フルハイトウインドウの窓から眼下に広がる1万坪の日本庭園から遠く東京タワーまでを一望。“王道主義”を貫くメニューには、天日干しの最上質なものを用いるふかひれの姿煮や伊勢海老、鮑などの特撰素材メニュー、50年もののヴィンテージ紹興酒なども充実。料理長をはじめ、北京の高級技師の資格を持つ麺・点心の達人や香港から招聘した焼き物名人がオープンキッチンのガラス越しに鮮やかな技を披露しながら本物の味をお届けします

赤坂 アプローズスクエア迎賓館(アカサカ アプローズスクエアゲイヒンカン)
私たちの目指すレストランは、シンプルに多くのお客様に笑顔になっていただきお客様の大切な方との時間をより素敵なものにすることです。料理は、選びぬかれた素材の味を最大限に活かすために、温度や時間にこだわって調理し、あえてシンプルにアレンジすることで、食材本来のうまみをぐっと引き出します。オープンキッチンだから伝わるライブ感、シェフが届ける最高の料理をゆっくりとお楽しみください。

あかさか弥市
赤坂にある「あかさか弥市」では、築地で毎日仕入れる魚本来の旨さを引き出し、四季の味を大切にした割烹料理をお召し上がりいただけます。1階のカウンター席やテーブル席で気軽に美味しいものを食べたい、という方から、個室でゆったりと過ごしたいという方まで、安心して店に入っていただき、満足してお帰りいただける店です。

シャンパン・バー/ANAインターコンチネンタルホテル東京
アトリウムロビーを見渡せる舞台風イメージの店舗。開放的な雰囲気で待ち合わせにも適したモダンで小粋なスポットです。人気の秘密には、シャンパン専門のバーとして25種類のグラスシャンパンを用意していること、そして、店内はホテル宿泊の外国人ゲストなど国際色豊かな人々の姿で演出され、女性が1人でも利用しやすい雰囲気がある点が挙げられます。待ち合わせの時間を利用して、あるいは、ちょっと立ち寄り型で華やかなシャンパンを一杯だけというような楽しみ方ができます。

下関春帆楼 東京店(シモノセキシュンパンロウ トウキョウテン)
下関では、ふぐは“福”に通じるとして「ふく」と呼び習わします。この「ふく料理」を明治より伝える名店の味と技を、「ふく」はもちろん、雲丹や鯛などの新鮮な食材をふんだんに使ってご提供いたします。彩り豊かで眼も愉しませるふく料理と季節料理の数々をどうぞお愉しみください。

ル・プティ・トノー九段下(ル プティ トノー クダンシタ)
まるでパリの街角に迷い込んだような、本格フレンチビストロです。メニューはお手頃な価格ながら、フランスの巨匠フィリップ バットンにより構成され、料理とワインの双方をお楽しみ頂けるラインナップです。まさにパリのビストロにいるかの様な雰囲気の中で、グラスワイン、カラフ、ボトルと、お好みのワインスタイルをタパスと共にお召し上がり下さい。もちろんコースメニューのご用意もございます。ご来店の際には、ワインをお選び頂く為のアドバイスやその他の疑問点など、当店のスタッフにお気軽にお声をお掛け下さい。

ピエール・ガニェール/ANAインターコンチネンタルホテル東京(Pierre Gagnaire)
「ピエール・ガニェール」は、三ツ星シェフとして名高い美食の巨匠、ピエール・ガニェール氏がプロデュースする現代風フランス料理のレストランで、世界で展開する同氏のレストランの中でももっとも天空に近い高層階に位置します。厳選された素材に情熱が注ぎ込まれるガニェール氏の料理は常に驚きに満ち溢れ、きめ細やかなサービス、洗練された空間、息をのむ素晴らしい景観と共に、感動を呼び醒ますような価値ある時間をご提供します。

鮨すずき 赤坂店(スシスズキア カサカテン)
赤坂駅徒歩3分の「鮨すずき 赤坂店」では、こだわり抜いた空間で極上の鮨をお愉しみいただけます。接待やご宴会、記念日にも最適です。 接待や大切な方とのお食事に是非ご利用ください。


池袋・目白



桂林/ホテルメトロポリタン(けいりん)
四川料理の王道への回帰をコンセプトに、本来、四川料理がもつ“香辛料特有の辛味の中にあるコクと旨み”を追求し、工夫と探求を尽くした極上の料理とダイナミックなスタイルの料理、そして彩り鮮やかな点心と、オリジナルブレンドの中国茶をお楽しみください。

キュイジーヌ エスト/ホテルメトロポリタン
本格イタリア料理にフレンチの技巧を散りばめた最新のレシピを当ホテルの誇るイタリアンシェフ小林明が提供いたします。“ART & RICH”をデザインコンセプトとしたスタイリッシュな内装の店内では、窓外の景色が一望でき、ディナータイムには壮大な夜景パノラマをお楽しみいただけます。ディスプレイから食器、カトラリーにいたるまで、妥協なく演出の行き届いた空間、スタッフの洗練されたサービスで、お客様の特別な日の晩餐を最高の思い出にするお手伝いをいたします。

フランス料理 GINKGO(ふらんすりょうり ぎんきょう)
目白通りから一本裏手に入った一角に、白い外壁といちょうの大木が一際目立つ一軒家レストラン「GINKGO」があります。
「大人のためのフレンチ」をコンセプトに、流行にとらわれない基本をしっかり押さえた料理、内装や食器、調度品に至るまでシェフとスタッフのこだわりが溢れている。そして、そういったこだわりがバランス良く調和していて非常に居心地の良い上品な空間を演出している。

オザミサンカントヌフ/サンシャインシティ59F(オザミサンカントヌフ)
オザミサンカントヌフはサンシャイン60の59階に位置し、東京で一番高層にあるフレンチレストラン。銀座オザミデヴァンの雰囲気をそのままに、アットホームなあたたかさ、楽しさを味わっていただけるよう心がけております。上質のフランス料理とワインを、大パノラマの夜景と共にお楽しみくださいませ。

GINTO 池袋店(ギント イケブクロ)
伝統的なフランス料理に大胆かつ自由な発想を取り入れた「ニューヨークコンテンポラリー」。 素材本来の味を活かす和のエッセンスを加え、ヘルシーで美しい料理の数々。大切な方と、最高の料理とおもてなしをご堪能ください。


Restaurant Au Bon Coin(レストラン オーボンコワン)
路面電車、けやき並木と石畳、鬼子母神堂の大銀杏、法明寺の桜並木、四季折々の花咲く霊園。都心にいることを忘れて、緩やかな時間の流れる街“雑司が谷”で美味しいフランス料理を楽しんでみませんか?オーボンコワンのコンセプトは「普段着のレストラン」。雰囲気はビストロより少しだけ上品に。でも、かしこまらずに普段着でリラックスして、どうぞ楽しいひとときをお過ごしください。

Il Cucchiaio di Angelo(イル クッキアイオ ディ アンジェロ)
高田馬場駅戸山口から徒歩2分にある「Il Cucchiaio di Angelo」。イタリア語で『天使のスプーン』の意味です。全国の漁港より届く新鮮な旬魚や、新鮮な無農薬&有機野菜を使用した健康的なイタリアンをお楽しみください。

華湘(カショウ)
より美味なるものへの飽くなき追求。洋の東西を問わず、様々な地から旬の最高の食材を求め、湖南料理の伝統の技を活かし、 自然の恵みを一番美味しい形で引き出す調理技法を磨く、切磋琢磨する厨房からは日々新しいスタイルが誕生します。 秦由弘総料理長がお届けする湖南の味をお楽しみください。

オールデイダイニング クロスダイン/ホテルメトロポリタン
『和・洋・中の専門シェフによるインターナショナルな食の交差点』をコンセプトにしたホテルの総力を結集したレストラン。 朝食、昼食、デイタイム、アフター5、ディナーとすべての時間帯それぞれにふさわしい表情に変わります。 和洋中の多彩な料理とスイーツを豊富に取り揃えたビュッフェには、数量限定特別メニューなども織り込まれ、シェフのライブパフォーマンスがひときわ目を引きます。


田園調布・自由が丘・二子玉川



レストラン サレ・ポワヴレ(Salez et Poivrez)
レストラン サレ・ポワヴレは、東急田園都市線、大井町線 二子玉川駅から徒歩4分。玉川高島屋S・Cすぐ後ろにある、20席の小さなレストランです。フランス・日本各地から食材を吟味したフランス料理はシェフ信國が丁寧に作るフレンチの定番とスペシャリテな季節料理シェフが選んだ、こだわりワインをご用意して皆さまのご来店をお待ちしております。


ビストロ オードスルス(Bistro eau de source)
目黒線洗足駅から徒歩1分のカジュアルフレンチ「ビストロ・オードスルス」。フランス語で『湧水』を意味します。古く、この洗足界隈では湧水が豊富なエリアであり、私たちのコンセプトである『土着』土地に根付き深く長くの思いを込めての店名です。フランスを一周して各地の郷土料理を知り、修行してきたシェフがつくるフランス料理を気軽に楽しめ、ワインも豊富に取り揃えておりますので、料理とワインを存分にお楽しみいただけます。ワインと一緒にちょっとだけ贅沢をしたい方にはピッタリのフレンチレストランです。

ラ フィーユ(La feuille)
〜シアワセのまほう、ヤサイのまほう〜「ラ フィーユ」は、『野菜の魔法使い』加藤健二のレストランです。おいしくて身体にいい、ちょっと贅沢な野菜の宝石箱。みなさんを笑顔で元気にしたいから、旬のメニューでお待ちしています。

Le JOUJOU(ル ジュジュ)
「joujou」とは、フランス語の「おもちゃ」=jouetの幼い子供の言い方で、そこから「お気に入りのもの」「自分だけの宝物」のような意味で使われます。小さな子供の、それさえあればご機嫌!というような「お気に入りのおもちゃ」自分にとってそのような存在であり、また皆様にもそんなふうに思って頂けますように、思いを込めました。

鉄板焼 田焼(てっぱんやき でんしょう)
田園調布という高級住宅街にある田園調布倶楽部のシェフがプロデュースする鉄板焼。新鮮な魚介類や極上の国産黒毛和牛、旬の野菜をお客様の目の前で豪快に調理いたします。

代官山ASO チェレステ 二子玉川店(だいかんやまあそ ちぇれすて ふたこたまがわてん)
シェフ阿曽達治のイタリア料理に新たなエッセンスを加えて表現した料理の数々を、気軽に楽しんで頂けるもうひとつのASO。“碧空、天空”の意味する“Celeste”チェレステの名のごとく開放的な空間で贅沢な時間をお過ごしいただけます。リストランテの楽しさをより気軽にご堪能ください。

bistro-confl.(ビストロ コンフル)
丁寧にしっかりと調理した、フレンチをカジュアルにアラカルトで楽しんで頂ける【ビストロ コンフル】。グラスワインは赤白合わせて常時10種類。お料理に会わせて、最高の一杯をご提案いたします。ワインはフランス、イタリア中心に4000円〜10000円の価格帯で50種以上、自然な造りをしたワインを揃えております。オープンキッチン前にゆったりとしたカウンター席がございますので、お一人様での安心してご来店ください。しっかりお食事、ワインとチーズで軽めに、TPOに合わせてご利用いただけます。

カーサ・ジャルディーノ
自由が丘の街並みに溶け込んだ、食の庭園【カーサ・ジャルディーノ】。おいしい料理はもちろんのこと、自然と会話が弾むような居心地の良い「空間」は、気心の知れた仲間や大切な人とのかけがえのないひとときを過ごすのに最適なスペースとなっております。大人数の貸切パーティやウェディング、デートから普段の食事までお楽しみいただけます。

CHEZ・SOMA(シェ ソーマ)
自由ヶ丘にたたずむ、一軒家のアットホームで落ち着いた雰囲気のフレンチレストランです。フレンチが初めてという方から、もっと気軽に楽しみたいという方まで、どなたでもおいしく楽しく召し上がって頂けます。


東京駅・丸の内・日本橋



過門香 KITTE丸の内店(カモンカ キッテマルノウチテン)
「世紀を越え、国境を越えて、五千年の歴史が誇る中国大陸料理を堪能していただきたい」、それがモダンチャイニーズダイニング「過門香」のコンセプト。 料理はもちろん、茶器や箸、皿も手作りのものを使用するなど、徹底的にこだわっています。

レ ロジェ ビストロ ド ロア(LES ROSIERS BISTROT DE L’OIE)
フランス史上で、女性初のフランス国家最優秀職人(M.O.F)を受賞した最も注目されている女性スターシェフ、一つ星を獲得したアンドレ・ロジェ氏が銀座三越のフレンチレストラン『レ ロジェ エギュスキロール』に続き、京橋『東京スクエアガーデン』にオーセンティックなパリのビストロを再現。フォアグラを名物とした正統派ビストロ料理を気取りのないカジュアルな雰囲気で堪能できる。ソムリエが厳選した幅広く取りそろえたワインと共にお楽しみください。


ソルト バイ ルーク マンガン(Salt by Luke Mangan)
シドニーのスターシェフ“Luke Mangan”の海外第一号店として2007年3月にオープン。オーストラリアの大自然が育てた新鮮な食材と、日本をはじめ様々な国のエッセンスを加えたコンテンポラリーなオーストラリア料理。常時300種類以上が揃うオーストラリア産のワイン。かしこまりすぎず、それでもエレガントなサービスでご提供いたします。

チャイニーズ チンツァイ(CHINESE 青菜)
食材がもつ、瑞々しさ・美味しさをイメージしてその名がつけられた青菜(チンツァイ)。
四季折々、旬の食材を家常菜(中国の家庭的な料理)を中心に、老若男女皆さまにご堪能頂ける中国料理店でございます。プロの料理人の技を見ることが出来るオープンキッチン、バーカウンターを設置した店内は、中国伝統の味を肩肘張らずに楽しめ、気軽にご来店を頂ける開放感あるつくりになっており、お食事をしながら心地よい時間をお過ごし頂けます。


八重洲大飯店
戦後、東京駅前で小さな料理屋として創業し昭和42年に北京料理の中国料理店として現在の日本橋にリニューアル。以来、2011年には一店舗でのべ二百万人のご来店数を越えました。現代で清朝時代の技法を継承する数少ない中国料理店です。一時、ジャズ喫茶だった時があり店内には面影が残っています。一階には、樹齢300年の栗の木が立っています。開店以来の調理スタッフでしっかりしたお料理をご提供しています。

ふらんす料理 オステルリーラベイ
オステルリーラベイでは、すべてのお料理をシェフがひとりでお作りしています。その為、ご来店は限定数とさせて頂いております。その日のための大切な素材を様々な技術で丹精込めて下ごしらえし素材の持ち味をさらに引き出せるよう日々追求しています。メニューはすべて「シェフおまかせのコース」シェフがその時一番美味しいと思うものをお出し致します。

ピャチェーレ/シャングリ・ラ ホテル 東京(PIACERE)
皇居を一望できるすばらしい景色、開放感あふれる吹き抜けの天井、世界中から集められたワイン。シャングリ・ラ ホテル 東京のシグネチャーレストラン「Piacere」でドルチェ ヴィータなひとときをお楽しみいただけます。



日比谷・有楽町



春秋 ツギハギ 日比谷(しゅんじゅう つぎはぎ ひびや)
三宿のはずれに最初の春秋がオープンして20年。その間に私たちは様々なモノに出会い、発見し、そしてぶつかりました。春秋は変化し、進化します。全260席を有するスペースには大小10部屋の個室、セミプライベート席、テーブル席、堀席、カウンターと、シーンに合わせ楽しみ方も様々。又、大人数のお集まりにはパーティー対応個室もご用意しております。

京都 つる家/ザ・ペニンシュラ東京(きょうと つるや)
京都つる家は、皇族方をはじめ世界中から多くのご来賓をお迎えして参りました、京都岡崎の料亭でございます。今年で創業100年を迎えるにあたり、昨年秋にザ・ペニンシュラ東京に出店いたしました。本店の味を東京のホテルでお気軽にお召し上がり下さいませ。

KAMONKA 點(カモンカ テン)
「世紀を越え、国境を越えて、五千年の歴史が誇る中国大陸料理を堪能していただきたい」、それがモダンチャイニーズダイニング「過門香」のコンセプト。 料理はもちろん、茶器や箸、皿も手作りのものを使用するなど、徹底的にこだわっています。そんな「過門香」が、点心・デザート・飲茶を表す新ブランドをプロデュースしました。 女性向けに点心・スィーツ・蒸し料理・健康ドリンクメニューが充実。美味しさと健康を追求したおしゃれな中華ダイニングです。



ザ・ロビー/ザ・ペニンシュラ東京(The Lobby)
ザ・ペニンシュラホテルズの象徴でもあるレストラン「ザ・ロビー」は、東京と世界の出会いの場でもあります。歓迎ムードが漂う待ち合わせに最適なコンチネンタルダイニング。ご朝食、ランチ、ディナーのほか有名なザ・ペニンシュラ クラシックアフタヌーンティーセットを生演奏と共にお楽しみいただけます。

日比谷 聘珍樓(ひびや へいちんろう)
日比谷公園のほとり。地上28階。眼下に広がる眺望と広州名菜はビジネスマンに人気です。ご宴会、ご接待などおもてなしに最適。ビジネスチャンスをバックアップいたします。


アピシウス
店内には50席のゆったりとしたスペース。ビュッフェやユトリロ、シャガールなど印象派の絵画に囲まれ落ち着いた雰囲気で、心ゆくまでお料理をご賞味いただけます。また、4名様から24名様までの個室を3室ご用意いたしております。親しいお仲間や、ご家族の集いに、あるいは、ビジネス等のご会食に利用いただけます。

日比谷パレス(ひびやぱれす)
NYのセントラルパーク、ロンドンのリージェントパーク、パリのブローニュの森と並ぶ、東京のランドマーク、日比谷公園。「百年の森」と呼ばれるこの美しい公園が、世界の名園と同じように、大切な人と集い、生涯忘れられない幸福を分かち合える空間であって欲しい。そんな想いから「日比谷パレス」は誕生しました。木々の緑に囲まれ、ひっそりと佇む都会の森の一軒家。ここで豊かな自然を存分に感じ、旬の料理をゆっくり味わいながら、人生最良の時間をお過ごしください。

LOBOS 日比谷店(ロボス ヒビヤテン)
絶品パエリアやお手軽なタパスなどのスペイン料理を中心にオリジナルメニューの数々を楽しめる「LoBoS 日比谷店 」。JR有楽町駅、地下鉄日比谷駅からも程近い当店、地下への階段を下り、ドアを開けると都会の喧騒から一転、非日常的な空間が広がります。ワインセラーにて品質管理されたワインは、スペインを中心にワインバリエーションに富んだ世界各国のワインを取り揃えております。お料理とともにお愉しみください。


白金・広尾



マーヴェラス パラディ白金(マーヴェラス パラディシロカネ)
2010年7月神戸北野の「レストラン花の館パラディ北野が白金に2号店をオープンしました。東京白金×神戸北野のコラボレーションをお楽しみください。店内には女性オーナー自ら生けた花々が飾られ、夢と安らぎの空間で美味しいお料理と心温まるおもてなしをお客様にご提供し、最高の幸福感を味わって頂けますよう願っております。

香土(カドー)
店名の香土(cadeau)とは「香り豊かなワインとなるブドウを育む大地への感謝」と「大切につくられたワインを楽しんでいただける時間と空間を“cadeau”(フランス語で贈り物)としてお客さまにご提供したい」という思いで名づけました。大人がゆっくりと落ち着ける空間を演出。美味しいものを最高の状態で味わってほしい、そんな想いの詰まった場所です。

ジョンティアッシュ(gentil-h)
もっと気軽にワインとフレンチを楽しんで頂きたい。肩肘を張って臨むのではなく、気が向いた時に仲間を誘ってすぐに行ける、お気に入りのワイン1杯とオードブル1品だけでも楽しめる。皆様のリビングの様にくつろいで頂ける空間でありたい。そんな想いでスタッフ一同お待ちしております。

レストランひらまつ 広尾(東京)
「レストランひらまつ」の歴史は、1982年、「ひらまつ亭」として西麻布の地から始まります。わずか24席、従業員わずか2名でスタートしたこの小さなレストランは、たちまち評判を呼ぶようになりました。その後、1988年に現在の広尾に移店し、店名を「レストランひらまつ」に改名。席数を40席に増やし、バー・ラウンジも併設したグランメゾンへと進化を遂げます。創業以来、「レストランを通して日本にフランス文化を広める」を企業理念に掲げ、記憶に残る料理とホスピタリティに満ちたサービスをご提供しております。

BLUE POINT
白金のプラチナ通りに面した『アメリカン バル』。世界的なデザイナーにより創られたスタイリッシュな空間で、シンプルに盛られたシズル感のある料理をカジュアルに愉しむ、大人に許された遊び場。外国人のお客様が多いインターナショナルな雰囲気で、サービススタッフも外国人が常駐しており英語のほか中国語なども対応も可能です。

白金料庭 槐樹/八芳園(しろかねりょうてい えんじゅ / はっぽうえん)
一万二千坪の日本庭園を有する八芳園内の日本料理レストラン「白金料庭 槐樹」(えんじゅ)。日本人には心のふるさととして、懐かしさを感じながらも心癒される穏やかな時間を過ごしていただける様に、外国のゲストには日本の文化を感じていただける、日本らしいOMOTENASHIのできる場所として皆様をお迎えいたします。

ルカンケ(REQUINQUER)
フランス伝統料理を肩肘張らず、気軽なビストロの雰囲気で味わっていただきたい、美味しい料理を食べ、美味しいワインを飲み、楽しい会話をし、笑顔になってほしいという想いから、2009年11月3日に『REQUINQUER』をオープンしました。REQUINQUER〈ルカンケ〉とは、フランス語で『元気になる』という意味ですが、美味しい料理を食べ、美味しいワインを飲み、楽しい会話をし、笑顔になって帰っていってほしいという想いも込めて名付けました。

カフェ カリフォルニア/シェラトン都ホテル東京
「カフェ カリフォルニア」では、ヘルシーさが魅力のフレンチジャポネーズスタイルをコンセプトにしております。日本の旬の素材、産地にこだわった食材を使い、フランス料理のテクニックで作り上げる新感覚の料理を店内のモダンな雰囲気と共にお楽しみいただけます。またカリフォルニアワインを中心に、常備しているワインの数は約300本。料理とワインのマリアージュをぜひお楽しみください。

四川/シェラトン都ホテル東京(しせん)
日本庭園を臨み、ボールチェーンのカーテンに仕切られた席や、ハイテーブルのダイニング席、個室など寛ぎある空間で、バラエティあふれる四川料理の醍醐味を堪能できます。本場中国、四川省へ料理長自ら訪れ、吟味して持ち帰った最高の香辛料。料理の素材もここでしか味わえない珍味からスタンダードなものまで、それらをバランスよく用いて複雑な味が絡み合い四川料理の概念にこだわることなく、お楽しみいただけます。


品川・天王洲



エア ターミナル グリル キハチ(エア ターミナル グリル KIHACHI)
「エア ターミナル グリル キハチ」は無国籍料理やイタリアン、パティスリーで有名なキハチプロデュースのレストランです。全長60メートルの大きな窓から飛行機の離着陸を望むことができ、夜になると、滑走路の誘導灯が幻想的な空間を醸し出します。雄大かつ幻想的な大パノラマからの景色を眺めながら、キハチがプロデュースした無国籍料理をお楽しみください。

美食米門 品川(ビショクマイモン シナガワ)
肉や魚、野菜、米そして水といった日本中のあらゆる食材の響宴(シンフォニー)を実現させた、「美食の社交劇場」(シアター)。素材の味を存分に引き出し、日本中の “旨いもん” を、和食文化の真髄が息づいた調理法でおもてなしいたします。「日本発のフードベンチャーとしてアメリカ(米)へのゲート(門)を開く」という海外進出の実現に由来した店名のもと、五感で味わう美食のエンターテインメントをご堪能ください。

リストランテ カフェ チリエージョ/ザ・プリンス さくらタワー東京(リストランテ カフェ チリエージョ)
2013年秋リニューアルのザ・プリンスさくらタワー東京1Fに、グランドオープンしたイタリアンレストラン。和の食材や調味料を使用し、和を意識したイタリア料理をお楽しみいただけます。朝食ブッフェから、安全で新鮮なこだわり食材を使用した栄養バランスのとれたランチコース、夜は豊富なアラカルトメニューまで、1日を通してご利用いただけます。


鉄板焼 円居 -MADOy- 品川(テッパンヤキ マドイ シナガワ)
黒毛和牛だけでなく、沖縄産「あぐぅ豚」、「フォアグラ」などの厳選素材をはじめ、鉄板焼の定番「伊勢えび」「北海ほたて」等海鮮類をご用意しております。また、鉄板焼ならではのお酒にあう単品メニューも豊富に揃えておりますので、ワイン・焼酎・日本酒など相性の良いお酒と共にどうぞ。厚さ3cm×200℃の鉄板と厳選素材でお届けする料理で、お客様に最高級の満足をお届けします。

フリコトー
フランス料理をベースに、淡路島より直送の新鮮な魚介類や有機野菜をふんだんに使ったヘルシーなこだわりハーブレストラン。フランス、イタリアなどの三ツ星レストランで勤務したシェフによる本物の素材にこだわった本場の味をご提供いたします。リーズナブルな価格で、落ち着いていて暖かい雰囲気のレストランです。御商談、御家族の会食など大切な日のお食事から、個室を利用してのパーティーなどさまざまな用途でご利用いただけます。

中国料理 品川大飯店/品川プリンスホテル
お気軽に上海料理がお楽しみいただける中国料理レストランです。平日の昼はリーズナブル価格のメニューや一品料理を、また、土・休日は飲茶の食べ放題などはいかがでしょうか。夜はコース料理やアラカルトメニューもご用意しております。落ち着いた個室では各種会食のご予約を承っております。

グランド・セントラル・オイスター・バー&レストラン 品川店(グランド・セントラル・オイスター・バー アンド レストラン シナガワテン)
ニューヨーク・マンハッタンの玄関口“グランド・セントラル・ステーション”駅構内の老舗オイスター・バー「グランド・セントラル・オイスター・バー&レストラン」の世界2号店。ニューヨークの本店同様のインテリアを再現するとともに、レシピにしたがって忠実に調理されるメニューの数々を、ぜひお楽しみください。

トップ オブ シナガワ プリンスコート/品川プリンスホテル(トップ オブ シナガワ プリンスコート)
品川プリンスホテル最上階39階からの眺めはひときわです。昼はゆったりとスカイ ブッフェ(ランチ&スイーツ)を、夜は夜景を楽しみながらお食事やお飲物をお楽しみください。レストラン プリンスコートでは、シェフ自慢の料理とソムリエおすすめのワインがお待ちしております。また個室では各種パーティーや会食のご予約も承っております。


六本木



六本木 遊ヶ崎(ロッポンギ アソビガサキ)
“安全に娯楽が楽しめる場所”を探していた源頼朝が、わざわざ舟を使って遊びに来た、という由来の残る遊ヶ崎(現在の神奈川県三浦市城ヶ島)。その名前を受け継ぐ『六本木 遊ヶ崎』は都心に現れた大人の為の遊び場です。本物が分かる大人だからこそ楽しめる「一流の遊び」をぜひご体験ください。

サーティーセブン ステーキハウス アンド バー(37 Steakhouse & Bar)
37 Steakhouse & Barは、本場ニューヨークなどのステーキハウスに引けを取らないプライムステーキをご用意する本物のステーキハウス。おすすめは21日熟成された厚切りのオーストラリア和牛のポーターハウスステーキや、赤身と脂身のバランスが絶妙なブラックアンガス種のリブステーキ。価格も本格的なステーキハウスの常識を破ったリーズナブルな価格でお楽しみ頂けます。ワインはカリフォルニア産やオーストラリア産を中心に厳選。バーエリアではお酒だけでも気軽にご利用頂けます。

ビルボードライブ東京(Billboard Live TOKYO)
音楽に抱かれて夜を過ごす。美味しい料理とお酒を心ゆくまで愉しむ。そんな上質な都会の夜を演出するクラブ&レストラン、それが“ビルボードライブ”。100年以上の歴史を持ち、世界で最も信頼される音楽ブランドである“ビルボード”の名のもと、世界の、そして日本のトップクラスのアーティストが出演。そのパフォーマンスを堪能する至福の時間のために、一流シェフによる料理と選りすぐりのドリンク、快適なインテリアをご用意して、皆様をお待ちしております。

ヴァンサン
料理、店内や食事の雰囲気、接客まで「本物」を味わうことができるフレンチレストラン「ヴァンサン」。料理人とサービスする人の情熱、静かな音楽、柔らかな照明、美しい器、そしてお客様の会話、すべてが調和してはじめて、レストランの雰囲気はつくられるもの。シンプルな贅沢、素晴らしい時間と最高級の料理をお約束いたします。ようこそレストランヴァンサンへ。御来店を心よりお待ちいたしております。

Restaurant FEU(レストラン フウ)
今話題の東京ミッドタウンのすぐ近くのフランス料理、レストランFEU自然光が差し込む明るいダイニングで新鋭のシェフが創り出す感動の料理をお楽しみ下さい。



レストラン 尾前 ゼックス/寿司(れすとらん おまえ ぜっくす/すし)
バ−ラウンジと白木の寿司カウンタ−、大小2つの鉄板焼きカウンタ−を有すメインダイニング。国内外のセレブリティに愛される和と洋の絶妙なエクリクティックを味わえます。尾前XEXのテ−マは、「Integrity(高潔)」。六本木の隠れ家で印象に残る一皿一皿をお楽しみ下さい。

Roti American Wine Bar & Brasserie(ロティ アメリカン ワインバー & ブラッセリー)
ロティ アメリカン ワインバー&ブラッセリーは、60年代からの姿をそのまま残したような、北カリフォルニアのナパ・バレーのワインバーにインスパイアされたワインバー&ブラッセリー。店内はワインバーとブラッセリーの2つのエリアからなり、ブラッセリーエリアでは、厳選素材でご用意するブラッセリー料理の数々をエレガントな雰囲気の中でごゆっくりお楽しみ頂けます。ワインバーではニューワールドのワインをワインに良く合う前菜と一緒に。名店の由来でもあるロティ自慢の「ロティサリーチキン」も是非ご賞味下さい。